スポットライト 世紀のスクープ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『スポットライト 世紀のスクープ』とは2015年に製作された伝記・犯罪・ドラマを扱ったアメリカ映画である。第88回アカデミー賞において作品賞を受賞するなど、様々な映画賞で受賞する非常に大きな評価をされた作品である。カトリック教会の神父による小児への性的虐待への真相を暴いた、新聞社『ボストン・グローブ』の特集記事『スポットライト』を担当しているメンバーが奔走する姿を描いた、実話に基づいている。監督はトム・マッカーシーが務め、『アベンジャーズ』シリーズのマーク・ラファロらが出演した。

日本語吹替:山本満太。ロビーの古くからの友人で、ロビーをカトリック教会の慈善パーティへ招く。神父による小児への性的虐待の真相を探るロビーに対して、手を引くように警告する。

フィル・サヴィアノ(演:ニール・ハフ)

日本語吹替:丸山智行。神父による性的虐待を受けた被害者の会SNAPの一員で、『スポットライト』のメンバーが過去の新聞記事をあたっていく中で辿り着いた人物である。彼は事情を細かく話してくれるが、資料は5年も前に送っていると声を荒げる。さらにアメリカ同時多発テロの後も新聞記事への掲載が一向にされない状況に対して、5年前に資料を送っても無視された過去を思い出して、また見捨てられるのではないかと思っている。

ジョー・クロウリー(演:マイケル・シリル・クレイトン)

サーシャが取材することになる聖職者による虐待被害者。大人になってからも立ち直ることができず、サーシャの取材中に泣き出してしまう。後に電話でSNAPの一員であるサヴィアノや弁護士のマクリーシュにも会っていたことを明かす。

コンスタンス・スウィーニー(演:ローリー・ハイネマン)

ガラベディアン弁護士が提出して後に封印された文書を『ボストン・グローブ』が開示請求する際に担当する判事。カトリック教徒であり、『ボストン・グローブ』は開示請求をしても自社にとって不利であると予想している。

ビル・カメザ(演:ティム・プロゴシュ)

ロビーの出身校であるBC高校の理事長。BC高校が神父による小児への性的虐待を隠蔽していたのではないかと質問したロビーに対して、当時の理事長なら知っていたはずであると答えてくれる。

『スポットライト 世紀のスクープ』の用語

ボストン

本作の舞台となるのはアメリカのマサチューセッツ州ボストンである。マサチューセッツ州はアメリカの北東部に位置する州で、ボストンはマサチューセッツ州の州都であり州内最大の都市である。

『ボストン・グローブ』

マサチューセッツ州ボストンにおける地元新聞社である。1872年創業の老舗であるが、1993年にニューヨークタイムズの傘下になっている。また、定期購読者の52%がカトリック信者である。

『スポットライト』

『ボストン・グローブ』内に掲載される特集記事の名前である。1度ネタを決めたら1年間連載し、そのネタを決めるのは記者であるのが慣例であるが、神父による小児への性的虐待の真相を暴きたいバロン局長からの指示で、『スポットライト』のメンバーはその真相を調査することになる。

カトリック教会の神父による小児への性的虐待

カトリック教会の神父による小児への性的虐待は、2002年に『ボストン・グローブ』が報じたことでアメリカ国内のみならず世界的に大きな衝撃を与えた。貧しい家庭の子供や同性愛の子供などをターゲットに神父らが性的な虐待を行っており、性的虐待を犯した神父は療養所で治療を受けたのち再び別の教区へ転属されるなど、聖職という立場を剥奪されることはなかった。その転属先でも性的虐待を起こし続ける神父もいたが、それらの事実は教会によって組織的に隠蔽され続けてきた。

SNAP

SNAPは聖職者虐待被害者の会の略称である。『スポットライト』のメンバーが会うサヴィアノがそのSNAPの一員である。ボストン支部だけで10人の会員がおり、女性メンバーがいることも明かされる。

『スポットライト 世紀のスクープ』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

アベンジャーズ/エンドゲーム(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

『アベンジャーズ/エンドゲーム』とは、2019年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。マーベル・コミック『アベンジャーズ』の実写映画化作品としては4作目で、完結編となる。マーベル・コミックの実写映画で、世界観を共有するクロスオーバー作品として2008年公開の第1作『アイアンマン』から続いてきたMCUシリーズとしては22作目、本シリーズのフィナーレとなっている。サノスとの戦いに敗北し宇宙を漂流していたトニー・スタークは、キャプテン・マーベルの協力によって地球へと帰還する。

Read Article

トランスフォーマー/最後の騎士王(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トランスフォーマー/最後の騎士王』とは、2017年公開のアメリカ合衆国のSFアクション映画。実写版『トランスフォーマー』シリーズ5作目であり、4作目の『トランスフォーマー/ロストエイジ』の続編でもある。オートボットの総司令官「オプティマス・プライム」が宇宙へ旅立って数年後、ケイドは新たな仲間と共にトランスフォーマーたちを守るため、人類とトランスフォーマーたちの生存競争に身を投じていく。

Read Article

スパイダーマン:ホームカミング(MCU版)のネタバレ解説・考察まとめ

スパイダーマン:ホームカミングとは2017年に公開されたアクション映画である。監督はジョン・ワッツ、主演はトム・ホランドが務めている。マーベル・コミックのスパイダーマンを原作とした作品でアクション映画だが超能力を得た高校生の主人公が高校生活とヒーロー活動の両立に悩みながら成長していく人間ドラマも描かれている。

Read Article

トランスフォーマー/ロストエイジ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トランスフォーマー/ロストエイジ』とは、2014年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。実写映画『トランスフォーマー』シリーズの4作目であり、前作『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』から5年後を描いた作品でもある。シカゴ惨劇から5年後、オートボットを排除しようとする組織によって、オートボットたちが次々と消されていってしまう。そんな中、廃品回収業を営む発明家・ケイドは、映画館の中で眠っていたオプティマス・プライムと出会い、戦いに巻き込まれていく。

Read Article

プラダを着た悪魔(The Devil Wears Prada)のネタバレ解説・考察まとめ

『プラダを着た悪魔』とは、2006年の公開から時間が経ってもなお人気を得ているアメリカ映画である。名門大学を卒業後、アンドレア・サックスはジャーナリストになることを夢見て田舎町からニューヨークへと移ったが、何故か超人気ファッション誌『ランウェイ』の悪魔のような編集長ミランダ・プリーストリーのアシスタント職に配属されてしまう。ファッションとは無縁だったアンドレアであったが、本来の彼女の夢をかなえるためにミランダの無謀な要求を乗り越え、ファッション業界とアシスタントの仕事の魅力に気付き始める。

Read Article

シャッター アイランド(Shutter Island)のネタバレ解説・考察まとめ

『シャッター アイランド』とは、2010年公開のサスペンス映画である。監督はマーティン・スコセッシ、主演はレオナルド・ディカプリオ。 連邦保安官のテディ・ダニエルズは、同僚のチャック・オールとともに、シャッター アイランドという孤島にある精神病院に、女性患者の失踪事件を捜査しに船で向かう。その精神病院には多くの犯罪者が収容され、失踪した女性患者も、自らの子供たちを殺害した犯罪者だった。事件を捜査していくうちに意外な事実が浮かび上がってくる。

Read Article

はじまりのうた(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『はじまりのうた』は『ONCE ダブリンの街角で』を手掛けたジョン・カーニー監督の音楽映画である。シンガーソングライターとして成功した彼氏とともにニューヨークに引っ越した主人公だが、浮気をきっかけに彼氏と別れてしまう。失恋に押しつぶされそうになりながらも、ライブハウスで知り合ったプロデューサーに声を掛けられアルバムを作ることになる。主演に「パイレーツオブ・カリビアン」シリーズのキーラ・ナイトレイ、恋人役には世界的バンドのMaroon5のボーカルであるアダム・レヴィーンを起用した作品である。

Read Article

目次 - Contents