はじまりのうた(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『はじまりのうた』は『ONCE ダブリンの街角で』を手掛けたジョン・カーニー監督の音楽映画である。シンガーソングライターとして成功した彼氏とともにニューヨークに引っ越した主人公だが、浮気をきっかけに彼氏と別れてしまう。失恋に押しつぶされそうになりながらも、ライブハウスで知り合ったプロデューサーに声を掛けられアルバムを作ることになる。主演に「パイレーツオブ・カリビアン」シリーズのキーラ・ナイトレイ、恋人役には世界的バンドのMaroon5のボーカルであるアダム・レヴィーンを起用した作品である。

『はじまりのうた』の概要

『はじまりのうた』は2015年に公開された音楽映画である。本作品の原題は『Begin Again』となっており直訳すると「再び始める」つまり再出発を意味する。原題のようにストーリーは苦悩を経験した人間が再び立ち上がる様子を描いており、それに共感して人々の口コミにより世界で大ヒットを果たした。パイレーツオブカリビアンで注目された、キーラ・ナイトレイや、世界的バンドのMaroon5のボーカルであるアダム・レビーンを役者として起用している。また、本作の主題歌「Lost Stars」は第87回アカデミー賞にノミネートされており、2015年1月21日にはその主題歌も収録したサウンドトラック『はじまりのうた-オリジナル・サウンドトラック』が発売された。
『ONCEダブリンの街角で』を手掛けたジョン・カーニー監督が描く、どん底に浸っていた人が様々な人間と交流していき、他の人の人生やその背景に触れていくことで哀しみを乗り越え成長する姿を音楽というジャンルを通して表現している映画となっている。ジョン・カーニー監督は元ミュージシャンでもあり、低予算で作成した『ONCEダブリンの街角で』などは口コミのみで人気広がり、世界で大ヒットした。またその映画で使用された主題歌「Falling Slowly」は第80回アカデミー賞オリジナル歌曲賞を受賞しており、ブロードウェイにて演じられるまでにもなった。音楽を題材とした映画が多く、同監督の『シング・ストリート 未来へのうた』も音楽を通して少年の成長を描いている。
主人公グレタは彼氏であるデイヴとともに制作した曲を売り出すために、イギリスからニューヨークへと引っ越す。新たな環境下で暮らし始める二人だが、レコード会社の提案で楽曲制作に参加予定だったグレタがメンバーから外されてしまう。楽曲制作やツアーなど仕事に忙しくなったデイヴは、次第にグレタと過ごす時間が減ってしまい、とあるライブツアーを行うために行った出張先で職場の女性と浮気をしてしまう。新曲のデモも聴いて浮気に気づいたグレタは、デイヴと別れてしまう。失恋の哀しみに打ちひしがれたグレタは、ニューヨークに住む友人のスティーブを頼りともにライブハウスへと向かう。スティーブは彼女を励まそうと、一曲披露するようグレタを誘いグレタはステージで一曲披露する。そんな彼女のステージに観客としてたまたま居合わせたのが、プロデューサーのダンである。彼はそのセンスで過去に有名なアーティストを世に出しているが、その後はなかなか結果が出せずについには、自分で設立した音楽会社を追い出されてしまう。そんな心境の中ダンはライブハウスでたまたまステージにいたグレタの曲に感銘を受けてしまう。演奏を聴いたダンはグレタに一緒にアルバムを作成しデビューしようとスカウトを行う。はじめは乗り気でなかったグレタだが、ダンの集めた仲間とともにニューヨーク中をめぐって自分の作品を作り上げる喜びを楽しめるようになる。アルバムが出来上がるにつれ、哀しみに浸っていたグレタの気持ちも次第に晴れていく。最後には元恋人となったデイヴともう一度話をし、お互いの気持ちを整理していく。グレタの作った曲をライブで披露すると、デイヴはグレタをライブへ招待する。グレタはそのライブへ行くか迷ってしまう。

『はじまりのうた』のあらすじ・ストーリー

音楽プロデューサー:ダン

会社をクビになりバイオレットとバーへ行くシーン

二日酔いで目覚めた音楽プロデューサーのダンは、出勤途中の車で彼宛てに届いたデモテープを聴く。しかし、彼のセンスが反応するような楽曲は一枚もなく、ついには届いていたCDを車の中から外に投げ出してしまう。妻であるミリアムの仕事の都合で、出勤前に娘のバイオレットを学校まで迎えに行く。会議へ出席すると言い娘とともにオフィスへ向かうが、向かった会議先で突然同僚のサウルに解雇を言い渡されてしまう。気持ちの整理がつかないままダンは娘とともにカフェに入る。ビールを飲んだ後娘にお金を貸してほしいと頼むが、どちらもお金がないためついには食い逃げを働く。しかし、すぐに店長に追い付かれてしまいダンは一発殴られる代わりに無罪放免となる。その後娘を別居中の妻が住む家に送り届け、妻と会話をするが娘のことで口を出すなと責められたダンは、昼間からお酒を飲みすぎてしまう。
酔いに任せて向かった先は、とあるライブハウスである。そのライブハウスで飲みなおしていたダンはステージで歌うとあるシンガーソングライターと出会う。

ニューヨークへの引っ越し

二人でニューヨークへ引っ越してきたシーン

ミュージシャンとしてイギリスで活動していたグレタと彼氏のデイヴは、ニューヨークのレコード会社と契約することになり、ニューヨークへと引っ越してくる。会社の用意した二人には広すぎる家ではしゃぐ二人。その後二人で会社へと挨拶をしに行く。はじめは二人で楽曲に参加するつもりだったが、プロデューサーはデイヴのみで楽曲を作成してほしいという意向だったため、グレタはレコーディングから外されてしまう。しかたなくグレタはマネージャーのような仕事をデイヴとこなして行くが、ある日デイヴは仕事仲間のみでロサンゼルスへ行くと言い出す。デイヴがロサンゼルスへ向かう中、グレタは友人であるスティーブのもとを訪ねる。そこでグレタは昔デイヴとともに曲を作成している動画を楽しむが、彼のいない状況に寂しさを覚える。

デイヴの帰りと浮気

デイヴの浮気が発覚するシーン

出張からの帰ってきたデイヴに飛びつくグレタ。デイヴは出張先で新しい曲を作成したという。その曲をグレタに聴かせるが、その歌詞の内容にグレタは違和感を感じる。その曲の歌詞はグレタにささげたものではなく、会社内の別の女性ミムを今すぐ手に入れたいという内容の歌だと気づいたグレタはデイヴに手をあげてしまう。家にいることに耐え切れなくなったグレタは最低限の荷物とギターを持って、路上ライブを行うスティーブのもとを訪ねる。事情を察したスティーブは、グレタを自宅へと招き入れ優しく接する。恋人の裏切りにショックを受けたグレタは、泣きながらイギリスへ帰る手続きを進めようとする。。少しでもグレタを励まそうとするスティーブは、今夜彼が行うライブへと誘う。乗り気でない彼女を無理やりライブハウスへと誘い、ついには彼女にステージに立つよう勧める。

ダンのスカウト

グレタがステージで歌うシーン

ライブにてダンと知り合ったグレタは、翌日になってもダンの持ちかけた楽曲制作の話が気になり彼に連絡をする。会社への復帰を試みるダンは、グレタを連れて本社へと向かう。オフィスにて彼女に演奏をさせるが、社長の反応はいまいちであった。弾き語りではなく、バックミュージックをつけデモテープを作れば真価が分かると社長を説得するが、受け入れてはもらえなかった。デモテープを作るお金がないダンは、ついには録音機材さえあればどこでもレコーディングはできるという発想で、ニューヨーク中の様々な場所で屋外レコーディングを行おうと言い出す。それからグレタ、ダンとスティーブはニューヨークにいる時間を持て余したミュージシャンを集めデモテープ作成を始める。ダンはプロデューサーとしての名声、そして編曲の才能を活かしグレタの曲に合う編曲を行っていく。

トラブルガム

トラブルガムを訪ねるシーン

ダンとグレタは、ダンが昔プロデュースしたラッパーのトラブルガムを訪れる。トラブルガムにデモテープ作成の為にベースとドラムを紹介してくれと頼むが、ダンにはギャラを支払う資金がない。その相談をしたところ、トラブルガムはダンのおかげでデビューできた恩があることを理由にギャラの支払いを引き受けてくれ、無事バンドの体制が整うことになる。

ダンと娘

路地裏でレコーディングをするシーン

バンドメンバーのそろったグレタとダンは、はじめに路地裏をレコーディング場所と選ぶ。ストッキングをポップガード(マイクのノイズを軽減する道具)として使用したり、路地裏で遊ぶ子供たちにコーラスの依頼を行うなど様々な工夫を凝らしレコーディングを行っていく。レコーディング場所提供の交渉をする途中、ダンは娘を迎えに行くついでに娘のバイオレットにグレタを紹介する。好きな男子の話などを通してグレタとバイオレットは距離を縮めていく。恋のアドバイスをするグレタは、バイオレットにショッピングデートなどを提案する。距離が縮まったことをきっかけに、グレタはバイオレットにレコーディングへ参加するよう誘う。その夜中華料理店にて、グレタはダンと家庭の話をするが、家族と別居中のことに関して触れてほしくないダンの気に障ってしまい言い争いになってしまう。

音楽の価値観

ダンとグレタが互いについて語り合うシーン

言い争いのあと何とか落ち着いた二人は、お互いの現在の思いや状況、自分の夢などを打ち明ける。次第に友人として仲良くなる二人は、お互いのルーツとなる音楽やプレイリストを紹介しようと話をする。音楽プレーヤーにイヤホンを取り付けた二人はニューヨーク中を音楽とともに駆け巡る。音楽を聴くうちに踊りたくなったというグレタを連れ、ダンはクラブへ忍びこみダンスを繰り広げる。恋人の浮気や仕事の解雇などにより、人生のどん底におり世界が残酷にみえてしまう二人にとって、音楽は世界を彩りあるものに変えてくれると語る二人は、デモテープ作成に向けてさらに気持ちを高めていく。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

バンブルビー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『バンブルビー』とは、アメリカで2018年12月に公開されたSFアクション映画。映画『トランスフォーマー』シリーズの登場人物であるバンブルビーを主人公にしたスピンオフ作品でもある。映画シリーズ第1作目の『トランスフォーマー』より20年前、惑星サイバトロンで正義のトランスフォーマー”オートボット”は、悪のトランスフォーマー”ディセプティコン”がオールスパークを巡って戦うが、劣勢に立たされる。そこでリーダーのオプティマス・プライムは、バンブルビーに新たな拠点と定めた地球を守るように命じる。

Read Article

シング・ストリート 未来へのうた(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

シング・ストリート 未来へのうた(Sing Street)とは、1985年のダブリンを舞台にした音楽、青春映画である。不景気や転校でサエない日々を送っていた男子高校生の人生が、一目惚れした女の子の気を引くためバンドを結成することで変化していく様子を描く。MVのゲリラ撮影を重ねるうちに 、年上の女性との切ない恋と、それぞれが家庭に問題を抱えたメンバーたちとの胸を打つ友情が加速していく。 監督はジョン・カーニー。代表作は『ONCE ダブリンの街角で』『はじまりのうた』。

Read Article

ピッチ・パーフェクト2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ピッチ・パーフェクト2』とは、2015年にアメリカで大ヒットした青春ミュージカルコメディ映画。 2012年公開『ピッチ・パーフェクト』の続編で、前作で大学アカペラ選手権優勝に輝いたアカペラグループ「バーデン・ベラーズ」が、数々の失態を乗り越えながら、今度は世界アカペラ選手権優勝を目指す。アカペラへの情熱や将来の夢、不安を抱えながら突き進むポンコツアカペラガールズのその後をコメディタッチで描いている。

Read Article

アベンジャーズ/エンドゲーム(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

『アベンジャーズ/エンドゲーム』とは、2019年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。マーベル・コミック『アベンジャーズ』の実写映画化作品としては4作目で、完結編となる。マーベル・コミックの実写映画で、世界観を共有するクロスオーバー作品として2008年公開の第1作『アイアンマン』から続いてきたMCUシリーズとしては22作目、本シリーズのフィナーレとなっている。サノスとの戦いに敗北し宇宙を漂流していたトニー・スタークは、キャプテン・マーベルの協力によって地球へと帰還する。

Read Article

ピッチ・パーフェクト ラストステージ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ピッチ・パーフェクト ラストステージ』とは2017年にアメリカで製作された青春アカペラミュージカル映画。 2012年の映画『ピッチ・パーフェクト』、2015年の映画『ピッチ・パーフェクト2』の続編。 前作で世界アカペラ選手権で優勝し、大学を卒業した「バーデン・ベラーズ」メンバーだったが、実社会の厳しさに揉まれる毎日を送っていた。しかしひょんなことから再結成し、米軍慰問団ツアーに参加することになる。ポンコツぶりを発揮しながらも突き進み、いよいよベラーズは感動の「ラストステージ」を迎える。

Read Article

シャッター アイランド(Shutter Island)のネタバレ解説・考察まとめ

『シャッター アイランド』とは、2010年公開のサスペンス映画である。監督はマーティン・スコセッシ、主演はレオナルド・ディカプリオ。 連邦保安官のテディ・ダニエルズは、同僚のチャック・オールとともに、シャッター アイランドという孤島にある精神病院に、女性患者の失踪事件を捜査しに船で向かう。その精神病院には多くの犯罪者が収容され、失踪した女性患者も、自らの子供たちを殺害した犯罪者だった。事件を捜査していくうちに意外な事実が浮かび上がってくる。

Read Article

目次 - Contents