ゼルダの伝説 ムジュラの仮面(The Legend of Zelda: Majora's Mask)のネタバレ解説まとめ

B1vv9ijciaar4b

『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』は、2000年に任天堂からNINTENDO64用に発売されたアクションアドベンチャー。1998年発売の『ゼルダの伝説 時のオカリナ』の続編で、基本システムは『時のオカリナ』を踏襲しつつ、「3日間システム」や「仮面」による異種族への変身など、独自の要素も盛り込まれている。3日後に滅亡する運命の異世界「タルミナ」に迷い込んだリンクは、時のオカリナで滅亡までの3日間を繰り返しながら、タルミナを救うべく、世界を滅亡に導く仮面「ムジュラの仮面」を追う。

『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』の概要

『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』とは、2000年に任天堂からNINTENDO64(以下「ロクヨン」)用に発売されたアクションアドベンチャーゲームである。ロクヨンのメインメモリを拡張する周辺機器「メモリー拡張パック」がなければ遊ぶことができない専用ソフトであったため、メモリー拡張パックと本作の同梱版も発売された。
本作は、2004年に任天堂の会員制サービス「クラブニンテンドー」の景品として配布されたゲームキューブ用ソフト『ゼルダコレクション』に収録されたほか、2009年よりバーチャルコンソールでの配信もされ、2015年にはリメイク作品であるニンテンドー3DS用ソフト『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面3D』が発売された。
本作のキャッチコピーは、「こんどのゼルダはこわさがある」。コピーの通り、本作は「滅亡の運命にある世界」をはじめとする、「死」を連想させる多くの設定や演出、不安感を煽る不気味なBGMなど、恐怖を全面に出したものとなっており、ゼルダの伝説シリーズの中でも異色な世界観になっている。
1998年発売の『ゼルダの伝説 時のオカリナ』の直接の続編にあたる作品で、基本的な操作方法やシステムは、『時のオカリナ』のものを引き継いでいる。『時のオカリナ』のプレイを前提としているためか、謎解きも難易度が高く、かつヒントが少ないものとなっており、シリーズの中でも難易度の高い作品である。
ストーリーも、『時のオカリナ』から続く物語になっており、『時のオカリナ』をプレイしていなくても問題なく遊ぶことはできるが、演出やキャラクターなどに、『時のオカリナ』を知っていれば思わずニヤリとしてしまう要素が多数盛り込まれている。
3日間を繰り返しタイムリープすることや、身に着ける仮面によって姿が変わるなど、新しいシステムも取り入れられている。

『時のオカリナ』における冒険の後も旅を続けていたリンクは、森のなかで奇妙な仮面を被った小鬼スタルキッドと出会い、彼に誘われる形で、4日後の朝に月が墜ち滅びる運命にある異世界「タルミナ」に迷い込んでしまう。滅びの元凶がスタルキッドの被る仮面「ムジュラの仮面」であると知ったリンクは、時のオカリナで滅びまでの3日間を繰り返しながら、月の墜落を阻止し「ムジュラの仮面」を奪還する方法を求めて、タルミナを冒険する。

バージョンによる相違点

『ゼルダコレクション』版(ゲームキューブ版)

画面のボタン表示がゲームキューブコントローラーに合わせられ、メニュー表示に入手したハートの欠片や仮面の個数が表示されるなど、細かな表示面に変更が加えられている。また、ロクヨン版ではできなかった中断セーブができるようになった。
ゲームの内容に関して大きな変更はないが、ゾーラリンクのバリアがいつでも使えるよう仕様変更されたり、グレートベイ神殿の水車を氷の矢で止める謎解きで、水車が必ず水平に止まるよう調整される、同じムービーは2回目以降スキップできるなど、全体的にプレイの快適化が図られている。

バーチャルコンソール版(Wii・WiiU版)

ロクヨン版、『ゼルダコレクション』版から目立つ変更は無いが、一部のエフェクトや点滅表現が控えめになっている。
微妙な変更点としては、スノーヘッドの神殿のボス戦前に入るムービーで、ゴートに跳ね飛ばされたリンクが叫ばなくなった。

『ムジュラの仮面 3D』(3DS版)

操作面の大きな変更点としては、ニンテンドー3DS本体のジャイロセンサーを使った操作に対応し、ゲーム機を傾けることで視点の調節が可能になった。
また、アイテムの使用がボタンに加えてタッチパネルからも行えるようになり、アイテムをその都度つけ替える煩わしさが大幅に緩和されている。
グラフィックも全面的に作り直され、ロクヨン版では表現できなかった表情変化などの細かい表現がわかりやすくなっている。
ゲーム内時間の表示も、ロクヨン版のアナログ時計から、デジタル時計に変更され、具体的な時間がわかりやすくなったが、これについてはロクヨン版のアナログ時計が雰囲気として好評だったこともあり、賛否両論ある。
ゲーム内容に関しては、ストーリーに変更は無いものの、ダンジョンの構造やアイテムの配置、一部メロディの効果に大幅な変更、追加が加えられている。
例えば、ロクヨン版では「ゲーム内時間の進行速度を1/3にする」という効果だった「時の逆さ歌」は、3DS版では「ゲーム内時間の進行速度を1/2にする」という効果に調整されている。
最も大きく変更されたのは、ダンジョンボスの攻略法である。各ボスの行動パターンに変更が加えられたほか、弱点部位の「目玉」が追加され、そこを攻撃しなければ倒すことができなくなった。
特に、ロックビルの神殿で戦うことになるボス・ツインモルドは、ロクヨン版とは全く別物と言っても過言ではないほど大幅に変更されており、手順が煩雑化、難易度も急上昇している。
その他の追加要素としては、『時のオカリナ』にあった「つりぼり」がウッドフォールとグレートベイに追加され、釣りのミニゲームが楽しめるようになっている。

ゼルダ史の中の『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』

8f47188d

ゼルダの伝説シリーズは、通称「ゼルダ史」と呼ばれる時系列によって整理することができる。
「ゼルダ史」は『ゼルダの伝説 時のオカリナ』を分岐点にいくつかの時間軸にわかれており、本作『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』は、『時のオカリナ』にてガノンドロフとの戦いに勝利し、子ども時代に帰還したリンクが主人公である。
時間軸としては、ガノンドロフの野望が未然に阻止されているため「時の勇者がいない時間軸」にあたり、この時間軸のまま進むと『トワイライトプリンセス』の世界となる。

『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』のあらすじ・ストーリー

スタルキッドたちとの出会い

5625cc2ce4dcc6c077fd6a774e513209

『時のオカリナ』における戦いの後、世界を救った時の勇者・リンクは元の時代に戻り、旅の終わりで別れてしまった友人(本編で語られることはないがおそらく妖精・ナビィのことだと思われる)を探すため、愛馬エポナにまたがって旅に出た。
道中の霧深い森の中で、奇妙なお面をかぶった小鬼・スタルキッドと妖精の姉弟・チャットとトレイルにエポナがイタズラされ、リンクは落馬してしまう。
気絶したリンクは、スタルキッドにゼルダ姫から託された時のオカリナを奪われてしまった。
エポナに乗っていってしまったスタルキッドを追いかけたリンクだったが、スタルキッドに植物のような種族のデクナッツの姿に変えられてしまう。
スタルキッドとはぐれてしまった妖精の片割れ、チャットと共にスタルキッドを追いかけ辿り着いた先は異世界・タルミナのクロックタウンという町の時計台の中だった。

リンクは時計台の中で「しあわせのお面屋」と名乗る怪しげな男に出会い、取引を持ち掛けられる。
取引の内容は、デクナッツの姿から元の姿へと戻る方法を教える代わりに、スタルキッドをがかぶっているムジュラの仮面というお面を取り返してほしい、というものだった。
お面屋いわく、ムジュラの仮面には恐ろしい力が秘められており、早く取り返さないと「大変なこと」になるという。
リンクはこの取引に応じ、まずは元の姿に戻るのに必要だとお面屋から言われた時のオカリナの奪還をすることにした。

月の落下と繰り返す3日間

142413576075906292179 0551231354

リンクが迷い込んだクロックタウンでは、3日後に行われる予定のお祭り「刻のカーニバル」の準備が進められていた。
しかし、上空に浮かぶ巨大な人面の月が段々と近付いてきており、このままだと落下してしまうとのウワサで持ちきりだった。

チャットと共にスタルキッドを探していたリンクは、刻のカーニバルの夜、時計台の屋上でスタルキッドと対峙する。
スタルキッドはムジュラの仮面の邪悪な力によって月を落下させ、この世界タルミナを滅亡させようとしていた。
しかし、デクナッツに変えられたリンクでは、「ムジュラの仮面」で強力な力を得たスタルキッドに太刀打ちできず、時間だけが過ぎていった。
チャットの弟であり、スタルキッドと行動を共にしていたトレイルは、月の落下を食い止めるために沼・山・海・谷にいる四人の人たちを連れてきてほしい、とリンクに依頼する(この四人とはタルミナのおとぎ話に出てくる四つの神殿に封印された巨人たちのことである)。
トレイルの言っていることが分からず、月が落下すると思われたとき、リンクはスタルキッドの隙をついて時のオカリナを奪還し、ゼルダ姫から教わった「時の歌」を奏でた。
すると時間がさかのぼり、お面屋と取引をした3日前の時計台へと戻った。

無事に時のオカリナを取り戻したリンクを見て、お面屋はさっそく「いやしの歌」をリンクに教えた。
リンクがいやしの歌を奏でると人間の姿に戻り、顔からデクナッツが仮面となって外れた。
いやしの歌は、魂を癒し仮面に変える力があるという。
人間の姿に戻ったリンクは、特殊な力を扱えるようになる仮面をいやしの歌で作り出し、それらを駆使して3日後の月墜落を避けるため、時の歌で時間を操作しながらトレイルの言っていた四人を探すこととなった。

ムジュラの仮面との対決

Wvw69i5knsogvd8nip

月の落下までの3日間を繰り返しながら、リンクはタルミナの4地方、沼地のウッドフォール、雪山のスノーヘッド、海岸のグレートベイ、渓谷のイカーナを冒険し、それぞれの地域の住人を悩ませるスタルキッドの呪いを解き、スタルキッドに封印されていた巨人たちを目覚めさせていった。
その冒険の中でリンクを助けたのは、身につけることで不思議な力を発揮する「仮面」であった。
とくに、デクナッツ化の呪いが解けたときに手に入れた「デクナッツの仮面」、岩のような体と凄まじい腕力を持つゴロン族の英雄・ダルマーニⅢ世の遺志を託され手に入れた「ゴロンの仮面」、水辺に暮らし水中を自在に泳ぐ魚人ゾーラ族のミュージシャン・ミカウの魂を受け継いだ証として手に入れた「ゾーラの仮面」は、被ることでリンクをそれぞれの種族へと変身させる力を持ち、変身によって各種族特有の力を借りて、リンクは数々の困難を乗り越えていった。
ウッドフォールでは、神殿から流れ出す毒を止め、囚われていたデクナッツの姫を助け出した。
スノーヘッドでは、神殿から吹き付ける猛吹雪に襲われていたゴロン族を助け、山里に春を取り戻した。
グレートベイでは、海水温の上昇に悩まされるゾーラ族を助け、声を失っていたゾーラの歌姫に声を取り戻した。
イカーナでは、呪いによって目覚めた亡者たちの無念を鎮め、再びの眠りにつかせた。
4体の巨人を目覚めさせたことにより、リンクは月の落ちるその時に、巨人たちを呼んで力を貸して貰うメロディ「誓いの号令」を得る。

そして、時間は再び3日目の夜、カーニバルの夜に至る。最初の3日目の夜と同じように、時計塔の屋上で、リンクはスタルキッドと対峙した。
時計台の屋上で巨人に教わった「誓いの号令」をリンクが奏でると、4人の巨人が現れて月を支え、月の落下を食い止めた。
一件落着かと思われたそのとき、スタルキッドの様子が一変した。
巨人の登場に動揺したスタルキッドからムジュラの仮面が剥がれ落ちるが、仮面は無気味な音を立て、自らの意志で動き出す。
スタルキッドはまるで操り人形のようになり、ムジュラの仮面が言葉を発した。
スタルキッドがムジュラの仮面の力で世界を滅亡させようとしていたのではなく、ムジュラの仮面がスタルキッドを操り世界を滅亡させようとしていたのである。
使えなくなったスタルキッドを「ただのゴミ」と称し、ムジュラの仮面は月の中へと吸い込まれていった。
ムジュラの仮面を吸い込んだ月は再び落下を始めた。
ムジュラの仮面を壊さない限り、月は空に戻ることはない。
リンクはムジュラの仮面を止めるため、月の中へと突入した。

月の内部でリンクはムジュラの仮面と対峙し、激しい戦いの末にムジュラの仮面を討ち破る。
魔力を使い果たしたムジュラの仮面はただの仮面に戻り、無事にお面屋に引き取られ、リンクとお面屋の取引は完了した。
月の脅威が去ったクロックタウンでは、予定通り刻のカーニバルが行われ、リンクはカーニバルを楽しむ。そして、タルミナでの旅で力を貸してくれた人々に感謝されながら、リンクは元の世界「ハイラル」へと帰った。

再び霧深い森の中、エポナに跨り、チャットに導かれながら進むリンクの前に、スタルキッドが現れ、一連の悪事をリンクに謝罪し、二人は友達となる約束をして和解する。チャットは、スタルキッドとトレイルとともに行くことを決め、リンクと別れることになった。
スタルキッドと2匹の妖精に見送られ、リンクは霧深い森を後にし、再びハイラルでの友人探しの旅に戻ったのであった。

502563c2

『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』の世界観

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ゼルダの伝説 夢幻の砂時計(夢砂、The Legend of Zelda: Phantom Hourglass)のネタバレ解説まとめ

2007年に任天堂からニンテンドーDS用ソフトとして発売された、ゼルダの伝説シリーズのひとつ。「ゼルダの伝説 風のタクト」から数か月後の話で、主人公リンクが幽霊船にさらわれたテトラ(ゼルダ)を助けるために冒険に出るストーリーとなっている。システム面では、ニンテンドーDSのタッチスクリーンやマイク機能を活かした謎解きがダンジョン各所に散りばめられている。

Read Article

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス(トワプリ、The Legend of Zelda: Twilight Princess)のネタバレ解説まとめ

任天堂より発売された、Wii・ニンテンドーゲームキューブ用のアクションアドベンチャーゲームで、ゼルダの伝説シリーズの1つです。略称は「トワプリ」。ハイラルと呼ばれる世界を舞台に、主人公のリンクが、多くの人々との出会いの中で、彼らの助けを借りながら、困難に立ち向かい、ゼルダ姫を助けだしたり、巨悪から世界を守るお話です。

Read Article

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(The Legend of Zelda: Breath of the Wild)のネタバレ解説まとめ

2017年に任天堂より発売されたWii U/Nintendo Switch用アクションアドベンチャーゲーム。本作の特徴としてオープンワールドを使用しており、一本道の攻略ではなく自分で選び新しく探すゲームになっている。 それに伴い、武器防具の破損など『ゼルダの伝説』として新たな要素が組み込まれおり、今までにないハイラルの世界をリンクと共に冒険し、救うことが目的になる。

Read Article

ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし(The Legend of Zelda: The Minish Cap)のネタバレ解説まとめ

『ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし』とは、2004年に任天堂からGBA用に発売された、アクションアドベンチャーゲーム。リンクの体を小人サイズに小さくする魔法の帽子「ふしぎのぼうし」を使い、通常の世界と小人の世界を行き来して謎解きを行う。「カケラあわせ」やモグラグローブなど、他シリーズ作品にない要素が多く盛り込まれている。復活した魔人グフーの呪いで石に変えられてしまったゼルダ姫を救うため、リンクは喋る帽子エゼロとともに、伝説のピッコル族の剣を手に入れ、グフーを倒す旅に出る。

Read Article

ゼルダの伝説 風のタクト(風タク、The Legend of Zelda: The Wind Waker)のネタバレ解説まとめ

『ゼルダの伝説 風のタクト』とは、2002年に任天堂からGC用に発売されたアクションアドベンチャー。アクションや謎解きはそれまでの3Dゼルダを踏襲しつつ、アニメ調グラフィックが採用され、雰囲気は一新された。舞台もハイラル大陸ではなく、大海原と島々という、風と海の世界である。魔物にさらわれた妹を救うため大海原の冒険へと飛び出したリンクは、やがて世界の秘密を知り、ハイラルとガノンドロフの因縁の戦いに巻き込まれていく。

Read Article

ゼルダの伝説 神々のトライフォース2(神トラ2、The Legend of Zelda: A Link Between Worlds)のネタバレ解説まとめ

2013年に任天堂からニンテンドー3DS用ソフトとして発売された、ゼルダの伝説シリーズのひとつ。世界観は、1991年にスーパーファミコンで発売された「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」からはるか未来の設定である。ロウラルの司祭・ユガによって絵画にされたゼルダ姫と七賢者たちを救うため、リンクは冒険に出る。今作新たに加わったシステムは、主人公リンクが壁の中に入り込める壁画化能力である。

Read Article

ゼルダの伝説 時のオカリナ(時オカ、The Legend of Zelda: Ocarina of Time)のネタバレ解説まとめ

『ゼルダの伝説 時のオカリナ』とは、任天堂からNINTENDO64用に発売されたアクションアドベンチャーゲーム。シリーズ初の3D作品で、奥行きのある世界観や立体的な謎解き、壮大な物語など、その完成度の高さから、国内外で現在もなお非常に人気の高い作品である。神々の子孫が住むと言われる地ハイラルを舞台に、主人公リンクは子どもと大人2つの時代を股にかけた冒険を繰り広げ、伝説の秘宝トライフォースを手にし世界を支配しようと企む魔王ガノンドロフと戦う。

Read Article

ゼルダの伝説 神々のトライフォース(神トラ、The Legend of Zelda: A Link to the Past)のネタバレ解説まとめ

『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』は、1991年に任天堂からスーパーファミコン用ソフトとして発売されたアクションアドベンチャーゲーム。シリーズ3作目で、『ゼルダの伝説』のゲーム性を踏襲しつつ、アイテムやリンクの行動が増え、より多彩な謎解きを楽しめる。また、シリーズ定番の伝説の剣「マスターソード」は本作が初登場。世界の支配を企む大魔王ガノンを倒しゼルダ姫を救うため、光と闇の世界を巡るリンクの冒険が始まる。

Read Article

ゼルダの伝説 4つの剣(4剣、The Legend of Zelda: Four Swords)のネタバレ解説まとめ

『ゼルダの伝説 4つの剣(The Legend of Zelda: Four Swords)』は、2003年に任天堂からGBA用に発売された『ゼルダの伝説 神々のトライフォース&4つの剣』収録のアクションアドベンチャーゲーム。GBAの通信ケーブルを使い2~4人で遊ぶ、多人数プレイ用のゼルダである。プレイヤーは協力して4つのステージを攻略しながら、ステージ中で集めたルピーの獲得総額を競う。復活した風の魔人グフーにさらわれたゼルダ姫を救うべく、リンクは伝説の剣フォーソードで4人に分かれ冒険に出る。

Read Article

リンクの冒険(Zelda II: The Adventure of Link)のネタバレ解説まとめ

『リンクの冒険』とは、1987年に任天堂からファミリーコンピュータディスクシステム用ソフトとして発売されたアクションアドベンチャーゲーム。シリーズ2作目である本作は、他のシリーズ作品とは異なる、横スクロール視点のアクション性が非常に強いRPGとなっている。前作『ゼルダの伝説』でリンクがガノンに勝利してから数年後、未だガノンの影響が残り荒廃するハイラルを舞台に、「勇気のトライフォース」を復活させ、初代ゼルダ姫とハイラルを救うべく、リンクは再び剣と盾を手に、トライフォースの試練に挑む冒険に出る。

Read Article

ゼルダの伝説 4つの剣+(4剣+、The Legend of Zelda: Four Swords Adventures)のネタバレ解説まとめ

『ゼルダの伝説 4つの剣+』とは、2004年3月18日に任天堂から発売された、ゲームキューブ(GC)用アクションアドベンチャーゲーム。専用アダプターでゲームキューブ都ゲームボーイアドバンスを接続することにより、最大4人までの多人数プレイができる。『ゼルダの伝説 4つの剣』の続編ストーリー「ハイラルアドベンチャー」のほか、「シャドウバトル」「ナビトラッカーズ」という2つの対戦ゲームが収録されており、3つの毛色の異なるゲームを楽しむことができる作品である。

Read Article

ゼルダの伝説1(初代、The Legend of Zelda)のネタバレ解説まとめ

『ゼルダの伝説』とは、1986年に任天堂からファミリーコンピュータディスクシステム用ソフトとして発売されたアクションアドベンチャーゲーム。シリーズ第1作目ながら、物を押す、壁を爆弾で破壊するなど後のシリーズ作品に受け継がれる謎解き要素の基礎は完成されている。主人公のリンクは、「力のトライフォース」とゼルダ姫を大魔王ガノンの魔の手から取り戻すため、広大なハイラルに点在する8つの迷宮から「知恵のトライフォースのかけら」を入手し「知恵のトライフォース」を完成させるべく冒険に出る。

Read Article

目次 - Contents