大乱闘スマッシュブラザーズX(スマブラX)のネタバレ解説まとめ

『大乱闘スマッシュブラザーズX』とは、株式会社ソラが開発、任天堂が販売したニンテンドーWii用のゲームソフトである。複数人が入り乱れて戦う大乱闘をメインとした対戦アクションゲームで、今作には大乱闘やミニゲームに加えて長編アドベンチャーモード『亜空の使者』が収録されている。更にフィギュア収集などのコレクション要素、『亜空の使者』の100%クリアなどやりこみ要素も多く含まれている。また任天堂社製のキャラクターのみが登場していた歴代シリーズに於いて、他社製のキャラクターが初めて登場した作品でもある。

ピクミン&オリマー(ピクミンシリーズ)

左がピクミン、右がオリマー。

『ピクミン』シリーズ主人公の宇宙飛行士と植物のような生物のチームファイター。ほとんどの攻撃にピクミンを使用するため、ピクミンが倒されるたびに必殺ワザでピクミンの補充をしなければならない。攻撃力は高いがリーチは短いので接近戦で強さを発揮できる。なお赤ピクミンは炎耐性持ち、黄色ピクミンは電気耐性持ち、青ピクミンは溺れない、白ピクミンはつかみ攻撃が強い、紫ピクミンは攻撃力が強いという特徴がある。
最後の切り札はオリマーが宇宙船ドルフィン号に乗って飛び立ち、地上では原生生物が大量発生。しばらくするとドルフィン号が墜落して大爆発する『一日の終わり』。
キャラクターボイスは任天堂のサウンドディレクター・若井淑(わかい はじめ)氏。

ベールを脱ぐ戦士

『亜空の使者』で解放すると使用できるようになるファイター達。使用するには『亜空の使者』か『シンプル』、『大乱闘』いずれかのモードで条件を満たさなければならない。

ルイージ(スーパーマリオシリーズ)

『スーパーマリオ』シリーズのキャラクターでマリオの双子の弟。『シンプルモードをコンティニューなしでクリア』『大乱闘で22試合プレイする』『亜空の使者で解放する』のいずれかで使用可能になる。
ジャンプ力が高く身軽なので空中戦に強くふっとばし力も強い。復帰も強く、本来ダメージ判定のないアクション・アピールで攻撃可能な唯一のファイター。足が早い分ブレーキが利きにくいので滑りすぎての不意の落下に注意。
最後の切り札は周囲にいろいろな効果を持つオーラを放つ『ネガティブゾーン』。効果は「よく転ぶようになる」「勝手にアピールする」「寝る」といったユニークなものから、「強制的に落下させられる」「攻撃力が大幅にダウンする」など脅威的なものもある。
キャラクターボイスはチャールズ・マーティネー。マリオとワリオと同一人物である。

キャプテン・ファルコン(F-ZEROシリーズ)

『F-ZERO』の主人公で諸金稼ぎのFーZEROレーサー。『シンプルを難易度ふつう以上で12っ分以内にクリアする』『大乱闘を70試合プレイする』『亜空の使者で解放する』のいずれかで使用可能となる。
大柄な重量級ファイターだがスピードが早く小回りも利く。パワータイプとしてずば抜けた攻撃力はないが、攻撃のリーチが長くハメ攻撃も持っている。
最後の切り札は自身の車ブルーファルコンを呼び出して突進し、当たった相手をF-ZEROコースに放り出してふっとばす『ブルーファルコン』。
キャラクターボイスは堀川りょう(ほりかわ りょう)。

ネス(MOTHER2)

『MOTHER』シリーズの主人公。『大乱闘を5試合遊ぶ』『ファイターは誰でもいいので1つの試合で10回以上リフレクトを決める』『亜空の使者で解放する』のいずれかで使用可能となる。
リュカと同じく超能力PSIを操り、リュカ同様扱いに癖のあるファイター。横必殺ワザの『PKファイヤー』は強力なハメ攻撃で威力も高い。軽量級でふっとびやすいので注意。
最後の切り札はリュカと同じ『PKスターストーム』。リュカと違い垂直ではなく末広がりに降る。
キャラクターボイスは大本眞基子。

プリン(ポケットモンスターシリーズ)

『ポケットモンスター』シリーズのキャラクター。『亜空の使者をクリアして湿地ステージに行く』『亜空の使者をクリアした後にイベント戦を20まで進め、乱入者に勝つ』『大乱闘で350試合プレイし、乱入者に勝つ』のいずれかで使用可能となる。
全ファイター最も軽量でふっとびやすく、手足も短いためリーチが短いが、攻撃にスキがなく空中戦の強さはトップクラス。下必殺ワザ『ねむる』は密着している相手を即撃墜できる超強力。
最後の切り札は、体を大きく膨らませて相手を押し出す『おおきくなる』。最後はチーム戦の味方すらも巻き込んで爆発する。
キャラクターボイスはかないみか。

マルス(ファイアーエムブレムシリーズ)

『ファイアーエムブレム』シリーズのキャラクター及び『ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣』『ファイアーエムブレム 紋章の謎』の主人公。『大乱闘を10試合プレイする』『亜空の使者をプレイして解放する』『シンプルをクリアする』のいずれかで使用可能となる。
剣の先にクリティカルがあるので、攻撃時は剣先を当てるようにすると威力が上がる。攻撃自体もスキがなく発生まで時間がかからないので、先手を取るとペースを持っていきやすい。復帰が苦手なので足場の少ない場所は注意。
最後の切り札は目の前の相手に向かって突進する『必殺の一撃』。
キャラクターボイスは緑川光(みどりかわ ひかる)。『亜空の使者』に対して「このクオリティの映画なら絶対に見に行く」とコメントしている。

ファルコ(スターフォックスシリーズ)

『スターフォックス』シリーズのキャラクターでフォックスのチームメンバー。『百人組み手をクリアする』『大乱闘を50試合プレイする』『亜空の使者で解放する』のいずれかで使用可能となる。
ジャンプ力は全ファイターでトップ。スキがなくワザのリーチも長く空中戦も地上戦も得意。体が軽いのでふっとばされやすいが復帰も得意。
最後の切り札はフォックスと同じ『ランドマスター』。
キャラクターボイスは江川央生(えがわ ひさお)。

ガノンドロフ(ゼルダの伝説シリーズ)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ニンテンドウオールスター! 大乱闘スマッシュブラザーズ(スマブラ64)のネタバレ解説まとめ

NINTENDO64用として発売された、大乱闘スマッシュブラザーズシリーズの第1作目。 対戦アクションゲームの新機軸として、多くのゲーム作品のキャラクターがステージ上を所狭しと闘い相手をふっ飛ばすという対戦アクションゲームで大人気となった。今作はその後も続いていく大乱闘シリーズの礎を築き上げた作品である。

Read Article

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL(スマブラSP)のネタバレ解説まとめ

『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』とは、任天堂が開発・販売したニンテンドーSwitch用ソフト。画面内を所狭しと動きながら乱闘を繰り広げる対戦アクションゲームである。登場キャラクター70人以上、ステージが100個以上、BGMは900種類以上という大ボリューム。更に2作ぶりにアドベンチャーモードが登場し、更新のたびに新要素も続々追加されている、歴代シリーズの集大成とも言える作品である。

Read Article

大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii Uのネタバレ解説まとめ

『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』とは、株式会社ソラとバンダイナムコが開発、任天堂が販売したニンテンドー3DS用及びニンテンドーWiiU用ソフト。相手を画面の外にふっとばすというシンプルルールのメインゲームの他、多数のミニゲームやキャラクターのカスタマイズも楽しめる。3DS版とWiiU版のそれぞれにしかないステージやゲームモードもあり、双方への互換性もある1人でも大人数でも遊べるゲームである。

Read Article

ファイアーエムブレムをスマブラシリーズに参戦したキャラが出演する作品で振りかえる

今年第一作が発売されて25年目を迎える人気SRPG「ファイアーエムブレム」。当初はあまり名前が知られていませんでしたがGCで発売された「大乱闘スマッシュブラザーズDX」に初代主人公のマルス、先行登場となったロイが参戦したことで知名度が上がりました。 現在までリメイク版を除き13作品発売されていますが、ここでスマブラシリーズに参戦したキャラが出演する作品にスポットを当て振り返ってみます。

Read Article

「星のカービィ」いろんなゲームまとめ!

カービィは、あの身長は20cm程度のピンクで小さく丸い姿をしているかわいいかわいいキャラクターです。カービィのゲームは横スクロールから始まり(ゲームボーイ世代)、今ではレースをしたり、大乱闘したりと、様々なジャンルで発売されてます。今回はそんなカービィのかわいい楽しいゲームを、面白いポイントともにまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents