大乱闘スマッシュブラザーズX(スマブラX)のネタバレ解説まとめ

『大乱闘スマッシュブラザーズX』とは、株式会社ソラが開発、任天堂が販売したニンテンドーWii用のゲームソフトである。複数人が入り乱れて戦う大乱闘をメインとした対戦アクションゲームで、今作には大乱闘やミニゲームに加えて長編アドベンチャーモード『亜空の使者』が収録されている。更にフィギュア収集などのコレクション要素、『亜空の使者』の100%クリアなどやりこみ要素も多く含まれている。また任天堂社製のキャラクターのみが登場していた歴代シリーズに於いて、他社製のキャラクターが初めて登場した作品でもある。

近くに居る人とも世界中の誰かとも遊べる

ニンテンドーWiiのインターネットサービス『ニンテンドーWi-fiコネクション(2014年5月20日終了)』を利用して対戦できるモード。
『フレンドと』は、特定の知り合いと遊べるモード。遊びにはお互いの個人番号(フレンドコート)を交換し、登録する「フレンド登録」が必要。フレンド登録した人と「大乱闘」「チーム組み手」「ホームランコンテスト」を遊べる。
『だれかと』はフレンド登録は必要なく、世界中の誰とでも遊べる。「おきらく乱闘」は大乱闘よりは緩い乱闘を楽しめ、「チームバトル」はランダムで選ばれた実力の近い相手とチームを組んで戦う。
他に自分は戦わず他の誰かの試合を見られる『大観戦』、任天堂提供のサービスの受信可否の設定ができる『オプション』がある。

コレクション

収集要素ややりこみ要素の確認や各ゲームのデータを見られる

収集要素やデータの確認など、戦闘のないモード。

『シール&フィギュア』の小ページ

シューティングミニゲーム『コインシューター』

『シール&フィギュア』は今作の収集要素であるフィギュアやシールの閲覧や確認ができる。フィギュアをじっくり眺めたり、他のモードで貯めたコインでフィギュアを撃つインベーダーゲーム、シールブックを閲覧する事もできる。
『ステージ作り』は、背景や設置する足場など、好きにキャンバスに作成できるモード。作ったステージは『大乱闘モード』で使用できる。
『アルバム』は今作のプレイ中に撮影したスナップ写真を閲覧できる。
『クリアゲッター』は、特定の条件を満たすとごほうびがもらえるやりこみ要素の1つ。珍しいCDを聞けるようになったり、隠しステージが開放されることもある。
『リプレイ』は大乱闘モードで遊んだ試合をまるまる保存したものを閲覧できる。リプレイを保存するには、『大乱闘』のリザルト画面でZボタンを押す。なお3分以上の試合は保存できない。
『名作トライアル』は、各ファイターの出典元ゲームを少しだけ遊べるモード。
『ゲーム年表』は今作以前までに任天堂から発売されたゲームを、プラットフォームごとに一覧で見られる。

オプション

画面や音量の設定、ボタン操作の設定変更ができるオプションモード。

本作を遊ぶにあたっての設定ができるモード。
『画面』は画面対比を4:3(通常)か16:9(ワイド)に変更できる。
『デフリッカー』は画面のちらつきを抑え、見やすくなるように変更できる。
『振動』はコントローラーの振動を設定できる。コントローラーごとに設定できるので、プレイヤー個人の好みに合わせられる。
『ボタン』はボタンの割り振りを好みで変えられる。本作をしばらく遊んでみて、使いやすいボタン設定を探すのも上達への一歩である。
『サウンド』はBGMと効果音の音量の個別調節ができる。全くの無音にも設定可能。
『オレ曲セレクト』はステージごとにランダムに選ばれるBGMの出現率を設定できる。1曲しか選ばれなくすることも、全曲出現率100%にすることも可能。
『データを消す』は本作のセーブデータを消去する。「ハイスコア」はゲーム内で叩き出したハイスコア記録のデータ、「対戦記」はファイターやステージの使用回数やプレイ時間などプレイしていく中で自動でカウントされていくデータ、「アドベンチャー」はアドベンチャーモード『亜空の使者』のデータ、「作ったデータ」はゲーム中に撮影したスナップ写真(スクリーンショット)、リプレイ、作成したステージのデータ、「ぜんぶけす」は本作全てのデータを一括削除できる。

データ集

アドベンチャーモードなどの映像を見たり、ゲーム中のサウンドを聞けるモード。

今作の映像や音楽・プレイ記録を閲覧・視聴できるモード。
『ムービー』では今作のE3発表時の映像や、アドベンチャーモード『亜空の使者』内のムービーを視聴できる。
『戦いの記録』は今作を遊んだ時間や使用したファイターなど、今作を遊んだ全ての記録を見られる。自分のプレイの傾向や指向を確認する場合に使用できる。
『サウンドテスト』は今作のBGMやキャラクターボイスを自由に聞くことができる。

アイテム

全てのアイテムは攻撃ボタンで手に持ったり自動で使用できる。1個までしか持てないが、装備できるタイプのアイテム装備中なら手に持てる。アイテム装備中には他のアイテムは装備できないが、装備中のものと同じものなら使用時間の延長ができる。
投擲アイテムは攻撃ボタンかつかみボタンで投げられ、移動ボタンを組み合わせれば上や下にも投げられる。
以下アイテムの内、アイテム名横に出典元ゲーム名を記載する。『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズのアイテムは『スマブラシリーズ』と省略している。

スマッシュボール(スマブラシリーズ)

スマブラマークのついたアイテム

本作オリジナルアイテム。出現してから一定時間は空中を漂い、ステージ中を飛び回る。攻撃を当てて破壊すると『最後の切り札』を使える。ただしこのアイテムを所有している間に他のファイターに攻撃されると落としてしまう。

ドラグーンパーツ(カービィのエアライド)

3つで1セット

3つのパーツを集めると完成する飛行機。バラバラのタイミングでステージに出現し、1人のファイターが全て集めると完成し、画面に照準が現れる。照準は好きに移動させられ、通常攻撃ボタンを押すか一定時間で攻撃できる。
尚その場回避や緊急回避で避けることが可能。またパーツが出現している間はスマッシュボールが出現しない。

アシストフィギュア(スマブラシリーズ)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ニンテンドウオールスター! 大乱闘スマッシュブラザーズ(スマブラ64)のネタバレ解説まとめ

NINTENDO64用として発売された、大乱闘スマッシュブラザーズシリーズの第1作目。 対戦アクションゲームの新機軸として、多くのゲーム作品のキャラクターがステージ上を所狭しと闘い相手をふっ飛ばすという対戦アクションゲームで大人気となった。今作はその後も続いていく大乱闘シリーズの礎を築き上げた作品である。

Read Article

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL(スマブラSP)のネタバレ解説まとめ

『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』とは、任天堂が開発・販売したニンテンドーSwitch用ソフト。画面内を所狭しと動きながら乱闘を繰り広げる対戦アクションゲームである。登場キャラクター70人以上、ステージが100個以上、BGMは900種類以上という大ボリューム。更に2作ぶりにアドベンチャーモードが登場し、更新のたびに新要素も続々追加されている、歴代シリーズの集大成とも言える作品である。

Read Article

大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii Uのネタバレ解説まとめ

『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』とは、株式会社ソラとバンダイナムコが開発、任天堂が販売したニンテンドー3DS用及びニンテンドーWiiU用ソフト。相手を画面の外にふっとばすというシンプルルールのメインゲームの他、多数のミニゲームやキャラクターのカスタマイズも楽しめる。3DS版とWiiU版のそれぞれにしかないステージやゲームモードもあり、双方への互換性もある1人でも大人数でも遊べるゲームである。

Read Article

ファイアーエムブレムをスマブラシリーズに参戦したキャラが出演する作品で振りかえる

今年第一作が発売されて25年目を迎える人気SRPG「ファイアーエムブレム」。当初はあまり名前が知られていませんでしたがGCで発売された「大乱闘スマッシュブラザーズDX」に初代主人公のマルス、先行登場となったロイが参戦したことで知名度が上がりました。 現在までリメイク版を除き13作品発売されていますが、ここでスマブラシリーズに参戦したキャラが出演する作品にスポットを当て振り返ってみます。

Read Article

「星のカービィ」いろんなゲームまとめ!

カービィは、あの身長は20cm程度のピンクで小さく丸い姿をしているかわいいかわいいキャラクターです。カービィのゲームは横スクロールから始まり(ゲームボーイ世代)、今ではレースをしたり、大乱闘したりと、様々なジャンルで発売されてます。今回はそんなカービィのかわいい楽しいゲームを、面白いポイントともにまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents