ブッダ(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブッダ』とは、漫画家・手塚治虫が手がけた、仏教を生み出した釈迦こと「ブッダ」の物語についての漫画作品である。少年漫画雑誌『希望の友』(潮出版社)にて、1972年〜1982年まで連載された。後のブッダである主人公「ゴータマ・シッダルタ」が苦悩しつつ仏教をどのように悟ったのかを描き出している。実在の人物と手塚治虫自身の創作の人物が入り混じっているも、2000万部を超える売り上げを記録し、非常に評価されている作品である。

本名はゴータマ・シッダルタ。
この物語の主人公であり、仏教を生み出した人物である。
カピラヴァストウの王子であったが、身分の差に納得がいかず、また死の恐怖から出家を決意し、王宮を出ていった。
体は決して強くなく、むしろ虚弱体質で特に胃腸機能が弱かった。
霊媒の力を持っており、動物や人間の心の中に入り込み、その動物や人間に直接語りかけることができた。
彼の人生を大きく変えたのは、スジャータという死んでしまった少女の魂を呼び戻そうとした時の経験だった。
スジャータの心の中に入り込んだブッダは魂が寄せ集まった物体、宇宙を目の当たりにしたのだった。
そこでブッダは全ての魂が同じものであり、故に全ての生き物は平等でつながっているということを知った。
そこからブッダは悟りを開いたのだった。
悟りを開いた当初は誰からも相手にされなかったものの、ブッダの言葉を聞いた者は次々にブッダの話の魅力にとらわれ、ブッダの話をさらに聞きたがった。
高位のバラモンさえ、ブッダの話を聞けばブッダの弟子になってしまうほどだった。
悟りを開いてからは、ブッダは念力を使えるようになったが、積極的に使うことは嫌っていた。
この作品ではブッダの高貴さよりも、人間らしさにスポットが当たっており、ブッダが普通の人間のように苦しむ姿が何度も描かれている。

タッタ

第1巻から登場している。
バリアというカースト制で最も地位が低い人間扱いされないような身分。
年少期から青年期までは動物に精神を乗り移らせることができる特殊能力を持っていた。
コーサラ国に肉親と親友、親友の母親を殺されたため、コーサラ国に強い憎しみを持っており、いずれはコーサラ国の王を討ち取ることを考えていた。
ブッダを王宮から連れ出し、王宮の外の悲惨な状況を伝える役割を担った。
ブッダが出家してからは山賊になり、ミゲーラを妻としていた。
ブッダに王室に戻って欲しがっていたが、ミゲーラの病をブッダに治してもらってからは考えが変わり、ブッダの1番弟子になることを決めた。
そしてブッダの弟子になり、人を殺すことを禁じられた。
それからしばらくはブッダの弟子として行動していたが、それでも復讐の気持ちは消えておらず、最終的にはブッダの教えに背いてコーサラ国に戦を挑み、戦死した。

デーパ

ブッダが出家して初めて出会ったサモンであり、苦行者だった。
タッタたちにさらわれたときにミゲーラに目を焼くように言われて、片目を自ら焼いている。
ブッダに苦行について教え、苦行こそが至高の修行なのだと信じていた。
「苦行は自己中心的な行為でしかない」と考えたブッダと対立したが、ブッダに命を救われてからブッダの弟子となった。
ブッダに命を救ってもらったことに非常に恩を感じており、それを返すことを望んでいた。
ブッダは彼を信頼しており、最後に彼に教団のことを任せて旅立った。

五比丘(ごびく)

王子時代のブッダが王宮の屋根で修行を行っていたときに、ブッダを屋根から下ろそうとした5人のサモンたちで、苦行を行なっていた。
催眠術を扱うことができ、ブッダに催眠術をかけて屋根から下ろそうとした。
催眠術はブッダを脅かすことはなかったが、ブッダのその頑強な精神に感服した彼らはブッダに出家することを勧めた。
その後、苦行林で再会したが、この5人のうち一人は苦行の末に亡くなっていた。
苦行をやめたブッダとは対立していたが、ブッダの話を聞くとその話に夢中になり、4人ともブッダの弟子となった。

アナンダ

悪魔に取り憑かれ、ブッダを倒すべく育てられた悪魔の使者。
ブッダに出会うまで非常に荒れた生活をしており、数多くの悪行を働いていた。
悪魔に取り憑かれていることから「まともな人間」にはなれないと思っていたが、ブッダにそれを否定され、希望を見出したアナンダはブッダの弟子になった。
ブッダの弟子になってからは夢で今まで殺してきた人間に復讐される悪夢を見て非常に苦しんだが、最終的にはそれを乗り越えた。
ブッダはアナンダのことを非常に気にかけ、旅に出る際には必ずアナンダを伴った。
悪魔の囁きもブッダと過ごすうちになくなっていき、アナンダは立派なブッダの弟子になっていった。

ダイバダッタ

バンダカの忘れ形見の、非常に狡猾な人物。
バンダカが死んだ後は継父にいじめられ、弱気な性格をしていたが、学校での遠足中に象に襲われた際に性格が一変し、わずかに流れる水を自分のものだけにするために他の生徒たちを全員殺害した。
その結果として獣に生きたまま喰われるという処刑に処されたが、キツネの親子に救われ、そのままキツネの親子と共に過ごし、キツネとして育った。
その後、キツネたちと死に別れた際にナラダッタと出会い、ナラダッタに生き物の理を教わる。
後に人間社会に帰り、青年になってからはマガダ国に住み着き、マガダ国に仕えて成り上がることを夢見ていた。
そのときに出会ったタッタと共にマガダ国の近衛兵とそのマネージャーになることができ、それからはマガダ国のアジャセに懐かれて信頼される相手になっていった。
ブッダの教えに心を動かされていたが、本質的なところを理解してはおらず、自分の理想のために動くだけだった。
ブッダの教団を乗っ取ろうと画策し、毒でのブッダの殺害を目論むも失敗し、逆に自分が毒を受けてしまい、死亡した。

ウルヴェーラ・カッサパ

元は火を崇める教団の教祖であり、500人の弟子を従えていた。
念力の他に科学的な術を使ったりする非常に頭のいい人物。
ブッダの弟子になったきっかけはアナンダとアヒンサーが彼の教団に押し入ったことだった。
ウルヴェーラはアナンダとアヒンサーを殺害しようとしたが、ブッダがその二人を救ったことからブッダのことを「只者ではない」と見抜き、念力を試そうとした。
しかし、その最中にアナンダにより教団の拠点を焼かれ、消火もままならない状態になった。
すると、雨が降ってきて火が消えた。
ウルヴェーラはブッダが雨を降らせたのだと思ったが、ブッダは否定した。
さらに、言葉を話せなかったリータが言葉を話せるようになった様子を見たウルヴェーラは、ブッダの弟子になることを決意した。
ウルヴェーラに従っていた500人の弟子も続き、彼の弟であるナディーとガヤーとその弟子たちも続いてブッダの弟子に加わった。

ヤタラ

3メートル近い巨躯を持つ巨人のような人物。
スードラ出身で、「薬を研究していて生意気だから」という理不尽な理由で両親が殺されている。
彼の父親が最後に作った薬を飲んで体が強靭になっていき、最終的にはほぼ不死身の体を手に入れている。
ビドーダバにその力強さを見込まれ、コーサラ国の近衛兵となった。
そこでビドーダバの母親に出会い、自らの母親と重ね合わせて非常に慕っていた。
しかし、疫病によってビドーダバの母親も喪い、深い悲しみと絶望に暮れていたところでブッダと出会う。
ブッダはヤタラに「生き物はすべてつながっており、ヤタラがいなくては何かが狂う」ということを告げ、それからヤタラは意気を取り戻した。
その後、正式にブッダの弟子となった。

リータ

suma719
suma719
@suma719

Related Articles関連記事

火の鳥(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

漫画界の巨匠、手塚治虫の描く壮大な物語が『火の鳥』だ。その血を飲むと永遠の命が得られる伝説の鳥である「火の鳥」。この伝説の鳥を巡り、古代から未来へ、未来から古代へ。またミクロからマクロへ、マクロからミクロへと想像を絶するスケールで世界が流転する。文明の進化と衰退、科学の罪、生命進化、人間の心と、「火の鳥」を狂言回しに、あらゆる要素を紡ぎ、手塚治虫が読者へ送る「究極の物語」だ。

Read Article

PLUTO(プルートウ)のネタバレ解説・考察まとめ

『PLUTO』とは、手塚治虫の作品「鉄腕アトム」の中のエピソード「史上最大のロボット」を原作とした浦沢直樹の漫画作品。 舞台は人間とロボットが共存する世界。世界最高水準の能力を持つ7体のロボットが、次々と何者かに破壊される事件が起きる。7体のロボットの1人・ドイツ刑事ロボットのゲジヒトは、一連の事件に深く関わっているとされる謎のロボット「プルートウ」の正体に迫っていく。

Read Article

ブラック・ジャック(BLACK JACK)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブラック・ジャック(BLACK JACK)』とは、手塚治虫の代表的な漫画作品の1つで、天才無免許医師が法外な治療費と引き換えに多くの怪我や難病を治療していく人間ドラマ作品。1973年~1983年に『週刊少年チャンピオン』で連載され、連載終了後も読み切り作品が掲載された。さらに、他の漫画家の執筆による作品も数多くあり、医療漫画のパイオニアにして、金字塔と言われる。映画、OVA、実写のTVドラマ、アニメなど、さまざまな形で映像化されてきた。

Read Article

テイルズ オブ エクシリア(Tales of Xillia)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ エクシリア』とは、2011年にPlayStation3用タイトルとしてバンダイナムコゲームスから発売されたRPG。同シリーズの15周年記念作品である本作は、シリーズ初のダブル主人公を採用し、同シリーズのキャラクターデザインでお馴染みの藤島康介、いのまたむつみが本作のキャラクターデザインを担当。精霊マクスウェルが創造し、人間と精霊が共生する世界リーゼ・マクシアを舞台に、創造主と同じ姓を名乗る謎の女性ミラ=マクスウェルと、医師を志す青年ジュード・マティスの世界を救う物語が描かれる。

Read Article

神の手を持つ男 ブラック・ジャックの生い立ちと謎について考察まとめ

手塚治虫の漫画『ブラック・ジャック』。一話完結の作品の中に完璧な人間ドラマを描きだす手塚治虫は間違いなく天才だったといえるでしょう。漫画を読んだことのない人はもちろん、ある人にとってもブラック・ジャックは謎の多い人物です。今回は間黒男がいかにして伝説の無免許医ブラック・ジャックになったのか、ブラック・ジャックとはいったい何者なのか、その本性に迫ります。

Read Article

テイルズ オブ エクシリア2(Tales Of Xillia2)のネタバレ解説・考察まとめ

リーゼ・マクシアとエレンピオスを隔てる断界殻が消えて約1年後。 エレンピオスの首都トリグラフに住む青年ルドガー・ウィル・クルスニク。 就職先へ初日出社日、見知らぬ少女エルと列車テロに巻き込まれる。 事件解決のため奔走する彼だったが多額な借金と分史世界の破壊という使命を背負うこととなってしまう。 「テイルズ オブ」シリーズの本編作品、第14作目。

Read Article

三つ目がとおる(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

『三つ目がとおる』とは、手塚治虫による漫画及び、それを原作とするアニメ作品である。無邪気な性格の中学生、写楽保介は古代種族三つ目族最後の生き残り。額の絆創膏を剥がすと第三の目と共に超知能、超能力を操る冷酷な人格が現れ悪魔のプリンスと化す。写楽は世界征服を目論む一方で、時にクラスメイトの和登さんらと共に古代遺跡絡みの陰謀に巻き込まれる。オカルトブームの中、人気を博し第1回講談社漫画賞を受賞。漫画の神と呼ばれた作者の没後初のアニメ化作品でもある。

Read Article

火の鳥の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『火の鳥』はあの『鉄腕アトム』を生み出した漫画界の巨匠、手塚治虫による『火の鳥(不死鳥)』を題材とした長編漫画である。日本の漫画文化を代表する作品の一つ。仏教の「六道輪廻」の考え方を軸に「死と再生」を主なテーマとした壮大なストーリーとなっている。 全12編ともなる独立したストーリーの舞台が過去と未来を行き来する独特な構成や、宗教思想と漫画の融合が当時画期的であり、現在でも数々の作品に影響を与え続けている。 この記事では、生命の本質や人間の業を説くような火の鳥の名セリフの数々を紹介する。

Read Article

アドルフに告ぐ(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

『アドルフに告ぐ』とは、漫画家・手塚治虫が手がけた第二次世界大戦中のドイツと日本、そして3人のアドルフについての漫画作品である。『週刊文春』にて1983年1月6日〜1985年5月30日まで連載された。ヒットラー、カウフマン、カミル、3人のアドルフの人生が入り混じり、狂言回しの峠草平を中心に物語が進んでいく。1986年度の第10回講談社漫画賞一般部門を受賞し、手塚治虫の作品の中でもトップクラスの名作である。

Read Article

奇子(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

『奇子』とは手塚治虫が小学館『ビッグコミック』に1972年1月25日号から1973年6月25日に連載していた漫画作品。戦後史最大の闇とされた下川事件をモデルにした事件を核に、旧家一族の愛憎劇を絡めた物語となっている。第二次世界大戦直後、天外仁朗(じろう)が外地から復員すると、実家には末の妹・奇子(あやこ)が増えていた。実は奇子は仁朗の義姉と彼の父親の不義の子であり、彼女の存在が家族間に緊張を生む。一方仁朗はGHQのスパイに成り下がり、司令部からの命令で様々な汚れ仕事や諜報活動に手を染めていく。

Read Article

浜崎あゆみ(Ayumi Hamasaki)の徹底解説まとめ

浜崎あゆみとは、キッズモデル・アイドル時代を経て1998年に歌手デビューした福岡県出身のミュージシャン。自らが作詞を手掛ける事が多く、そのストレートな表現で若者たちの心を魅了した。後に総売上枚数が5000万枚を突破し、ソロアーティスト及び女性アーティストとして史上初の快挙を成し遂げた。また、楽曲のみならず彼女のファッションやメイクをお手本にする若者たちが急増し、女子高生のカリスマ的存在に。ファッションリーダーとして、ネイルアート、大きなサングラス、豹柄などを流行させ社会現象となった。

Read Article

半妖の夜叉姫(犬夜叉続編アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『半妖の夜叉姫』とは、高橋留美子の漫画作品『犬夜叉』の十数年後の世界を描いたアニメ作品。 普通の女子高生日暮かごめと、半妖の少年犬夜叉が、現代と戦国時代を行き来しながら繰り広げた大冒険から十数年。2人の姪であるとわは、幼い頃に生き別れた双子の妹せつなと再会するが、せつなは夢の胡蝶という妖怪によって眠りを奪われ、過去の記憶も失っていた。かごめと犬夜叉の娘であるもろはも加わり、かつて彼女たちの親がそうしていたように、3人は現代と戦国時代を行き来しながら大妖怪麒麟丸を追う冒険を繰り広げる。

Read Article

犬夜叉(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『犬夜叉』は高橋留美子による少年漫画。1996年から2008年まで週刊少年サンデーで連載された。2000年から2004年にかけてよみうりテレビ、サンライズ制作でアニメ化。現代において受験を控えた女子中学生・かごめが、実家にある曰くつきの井戸から戦国時代にタイムスリップ!妖怪と人間のハーフである半妖の少年・犬夜叉と共に、どんな願いも叶えるといわれる四魂の玉を巡った争いに身を投じる。

Read Article

NEW

半妖の夜叉姫 弐の章(犬夜叉続編アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『半妖の夜叉姫 弐の章』とは、現代と戦国時代を舞台にした、人と妖怪の混血の少女たちの冒険譚『半妖の夜叉姫』の続編である。高橋留美子原作の『犬夜叉』とは世界観と一部キャラクターを共有しており、同作が本作の前日譚となっている。 時を行き来する力を持つ時代樹の精から、世を滅ぼさんと画策しているという大妖怪・麒麟丸の討伐を請け負った、それぞれに妖怪の血を引く日暮とわ、その妹のせつな、賞金稼ぎのもろは。麒麟丸を倒す力を求めて新たな旅を始めたとわたちの前に、その麒麟丸の娘だという少女・りおんが現れる。

Read Article

半妖の夜叉姫の武器・必殺技まとめ

『半妖の夜叉姫』とは、高橋留美子の漫画作品『犬夜叉』の十数年後の世界を描いたアニメ作品。 普通の女子中学生日暮かごめと、半妖の少年犬夜叉が、現代と戦国時代を行き来しながら繰り広げた大冒険から十数年。2人の姪であるとわは、幼い頃に生き別れた双子の妹せつなと再会するが、彼女は夢の胡蝶という妖怪によって眠りを奪われ、過去の記憶も失っていた。かごめと犬夜叉の娘であるもろはも加わり、かつて彼女たちの親がそうしていたように、3人は現代と戦国時代を行き来しながら大妖怪麒麟丸を追う冒険を繰り広げる。

Read Article

犬夜叉 鏡の中の夢幻城(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『犬夜叉 鏡の中の夢幻城』とは高橋留美子による『週刊少年サンデー』で1996年から2008年まで連載された、戦国時代を舞台にした半妖・犬夜叉と女子中学生かごめのタイムスリップ漫画『犬夜叉』を原作とする2002年に公開された2作目の映画作品である。ついに宿敵・奈落を倒した犬夜叉たち。その日から満月が何日も続く奇怪な現象が起き、犬夜叉たちの前に神久夜(かぐや)と名乗る女が現れた。竹取物語の5つの宝物がそろった時、封印がとけ、神久夜の支配する「夢幻城」が出現し、犬夜叉とかごめを引き裂いていく。

Read Article

犬夜叉 時代を越える想い(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『犬夜叉 時代を越える想い』とは高橋留美子による『週刊少年サンデー』で1996年から2008年まで連載された、戦国時代を舞台にした半妖・犬夜叉と女子中学生かごめのタイムスリップ漫画『犬夜叉』を原作とする初の映画作品である。その昔、大陸から元の大軍が日本に攻めてきたときに一緒に日本に渡ってきた大陸の妖怪軍団の首領の息子・瑪瑙丸。彼は完全なる復活を目指し、犬夜叉の持つ刀・鉄砕牙を狙っていた。激しい戦いの中で犬夜叉とかごめは引き裂かれ、絶体絶命の危機が迫る。

Read Article

犬夜叉 天下覇道の剣(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『犬夜叉 天下覇道の剣』とは高橋留美子による『週刊少年サンデー』で1996年から2008年まで連載された、戦国時代を舞台にした半妖・犬夜叉と女子中学生かごめのタイムスリップ漫画『犬夜叉』を原作とする2003年に公開された3作目の映画作品である。 かつて西国を支配していた犬の大妖怪がいた。そしてその血を引く息子、兄・殺生丸と弟・犬夜叉。父から譲り受けた剣「鉄砕牙」と「天生牙」の他にもう一つ「叢雲牙(そううんが)」という3本目の剣が存在した。

Read Article

犬夜叉 紅蓮の蓬莱島(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『犬夜叉 紅蓮の蓬莱島』とは高橋留美子によって『週刊少年サンデー』で連載されていた少年漫画『犬夜叉』を原作とした映画作品。2004年に公開された。劇場版としては4作品目であり、『犬夜叉』最後の映画作品でもある。『犬夜叉』とは、戦国時代を生きる半妖・犬夜叉と、その時代にタイムスリップした女子中学生かごめのファンタジー漫画。 50年に一度姿を現す幻の島、蓬莱島は四闘神(しとうしん)に支配されていた。島に残った半妖の子供たちを助けるべく、犬夜叉一行は蓬莱島へと乗り込み熱いバトルが繰り広げられる。

Read Article

七色いんこ(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

『七色いんこ』とは1981年より手塚治虫が『週刊少年チャンピオン』で連載していた漫画、およびそれを原作とした舞台作品。七色いんこは、代役専門の天才役者。本人そっくりのメーキャップに、時には本人以上の演技力で観客を魅了する一方、劇場内の金持ちから金品を巧みに奪う泥棒でもある。シェイクスピアなどの海外古典から近代演劇まで実在の演劇をベースにした1話完結の犯罪活劇。

Read Article

【ブラック・ジャック】記念すべき第1話「 医者はどこだ!」のネタバレと感想

「鉄腕アトム」や「火の鳥」「ジャングル大帝」などの名作を世に生み出した手塚治虫先生。そんな彼の作品の中で「医療漫画の傑作」と言われ、現在でも高い支持を集めているのが「ブラック・ジャック」です。今回は2004年に発売された新装版の特徴を踏まえながら、第1巻収録話についてまとめていきます。(※参考画像なし)

Read Article

いつの時代も面白い!テレビアニメ『ブラック・ジャックシリーズ』

どうも。最近話題になっている「ヤング ブラック・ジャック」効果で再びB・Jブームが到来した筆者です。子供の頃に何気なく見ていたストーリーは、今改めて見ると中々に感慨深いものがあったりします。という事で今回は、テレビで連続放送されていたB・J各シリーズを1話無料動画と合わせてご紹介。

Read Article

ぐるなびにて連載のエッセイ漫画【田中圭一のペンと箸-漫画家の好物-】をご存知ですか?

田中圭一先生と言えば、漫画界の巨匠・手塚治虫先生の絵柄で下ネタギャグな作風を確立したパイオニア。その田中先生が現在webサイト「ぐるなび」にて、漫画家ご本人とそのご家族にまつわる“食”にスポットを当てたエッセイ漫画を連載しており、これが大変おもしろい!ですのでこちらでは、田中先生の作品を通して、ご自身も漫画家や他分野で活躍されているご家族も紹介させて頂きます。

Read Article

目次 - Contents