シャーマンキング(Shaman King)のネタバレ解説まとめ

『シャーマンキング』とは1998年から2004年にわたって週刊少年ジャンプで連載された武井宏之の作品。一度は打ち切りになったが完全版が発売され、約380Pの描き下ろしが追加され完結した。シャーマンの少年が修行を経て、全てのシャーマンの頂点「シャーマンキング」を目指し、それを決めるシャーマンファイトに参加し、成長していく。

蜥蜴郎(とかげろう)

木刀の竜の持ち霊。阿弥陀丸に恨みを持っていたが、葉と出会ってそれが昇華される。
その後竜の持ち霊となりシャーマンファイトに参加。

ファウストVIII世(ふぁうすとはっせい)

持ち霊で夫婦だったエリザにもう一度会うためシャーマンファイトに参加。
医者でどんな手術もこなしてしまう。
しかし持ち前の探究心でまん太に危害を加えるなど、初期は危ないキャラクターとして描かれている。

ハオ / 麻倉葉王

ハオ

陰陽師であり、シャーマンファイトの揺るがない勝者。
現世での肉体は葉の双子の兄として生まれたが、魂は1000年の時を生きている。
人の心を読むことができ、人心掌握術に長けている。

麻倉葉王(あさくらはお)

「超・占事略決」を残した麻倉家の先祖で、ハオはこの魂と術を輪廻の間に保有しながら現在の子供の姿まで生まれ変わった。
天才陰陽師と名高く、マタムネを愛猫としていた。

チーム・THE蓮

道蓮(たおれん)

とんがり頭がトレードマークの葉のライバル。
常に葉のようなユルい生き方を許せないと突っかかってきたが、家の問題を乗り越えることにより葉と友人関係を築く。
シャーマンファイトの参加資格を得るために十祭司のクロムを殺したことをずっと悔いていて、度々その心を仲間に救われる。

武孫(ぶそん)

蓮の持ち霊。1800年前から道家に仕える武将で、蓮が父親に折檻されている最中葉に助けを求めに行ったこともあった。
蓮が友人に恵まれたことを何より喜んでいる。

ホロホロ / 碓氷ホロケウ(うすいほろけう)

アイヌの末裔で、シャーマンファイトにはコロボックルを守るための広大なフキ畑を作るため参加。
ホロホロは本名ではない。本名のホロケウとはアイヌ語で狼を意味し、それを終盤近くまで隠していた。
アイヌにとって狼は神様と同一の言葉である。
スノーボードなどを媒介に氷を操るオーバーソウルを使う。

コロロ

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

シャーマンキングの持霊まとめ

『シャーマンキング』とは、武井宏之による漫画、及びそれを原作としたアニメ作品である。 平凡な中学生、小山田まん太のクラスに転校してきた不思議な少年麻倉葉。彼は霊と心を通わせることのできる霊能力者、「シャーマン」だった。500年に一度開催されるというシャーマンの王を決める戦い、「シャーマンファイト」に参加するべく上京してきたのだ。 葉は伝説の侍、阿弥陀丸を自らの“持霊”にし、シャーマンファイトに挑む。シャーマンは皆それぞれ持霊がおり、霊を物体に憑依させ具現化させて戦う。

Read Article

目次 - Contents