シャーマンキング(Shaman King)のネタバレ解説まとめ

『シャーマンキング』とは1998年から2004年にわたって週刊少年ジャンプで連載された武井宏之の作品。一度は打ち切りになったが完全版が発売され、約380Pの描き下ろしが追加され完結した。シャーマンの少年が修行を経て、全てのシャーマンの頂点「シャーマンキング」を目指し、それを決めるシャーマンファイトに参加し、成長していく。

李白竜戦で、刀がなく苦戦を強いられる葉と阿弥陀丸のために、木刀の竜から無理やり木刀を借りてきたまん太のセリフ。
二人の友情はここで揺るがないものとなる。

「この世に救えない奴なんかいねえ」

トカゲロウを自分に憑依させようとした葉のセリフ。
これも葉の行動理念のひとつであり、どんな悪党でも救って成仏させるのがシャーマンの正しいありかただと信じている。

「オレ達 仲間じゃねェか…」

木刀の竜はただの不良ではなく、仲間達に慕われていた。
居場所がなくて困っていた人間に優しい言葉をかけ、「一緒にベストプレイスを探そう」と誘った。
トカゲロウに憑依され、悪行をおこないそうになる竜を、その仲間が説得し助けようとするシーン。

「知恵とは閃き 無から有を生み出す力 それはつまりこの世に新たな可能性を見出す光」

シャーマンファイトへの参加権を得るために、シルバに挑む葉。
憑依合体では倒せない、とのセリフに頭を悩ませるが、シルバはこのセリフを言い、葉のまだ底知れない可能性を示唆する。

「お前の夢をかなえてやればいいんだ オイラがシャーマンキングになってな!!」

ホロホロとのシャーマンファイトの際、ホロホロの夢も大切だと気付いた葉が言うセリフ。
葉らしいおおらかさとユルさにあふれたセリフで、ホロホロは怒るが、最終的には葉と友情を結ぶことになる。

「そ…それじゃ競争して負けてく“夢”はどうなるんだ?少なくとも負けたみんなの“夢”はだめになっちまうじゃないか」

ホロホロ戦終了で、家の温泉に浸かっている時葉は気付いた。
今回は葉が勝ってホロホロの夢を引き受けると言う話で決着したが、シャーマンファイトに参加する人間全員に夢がある。
負けていった人間はその夢を諦めざるを得ず、自分が勝利に近づくほどに周りは夢を諦める。
そのジレンマに悩まされるが、まん太にフォローされて、納得がいかないながらも心にこのことを留め置いて次のファイトに臨む。

「負けてこんなにくやしい気持ちになるなんて…!生まれて初めてだ…!!」

対ファウスト戦で、葉はまん太に怪我を負わせたファウストを許せなかった。
しかし巫力の使い方、戦闘においてファウストは圧倒的に葉の上を行っていて、葉は巫力切れで配線してしまう。
いままで競争や勝負の勝ち負けにほとんどこだわらなかった葉が、親友のために戦ったことにより初めて負ける悔しさを味わう。

「帰れよ もうお前とは友達じゃねえっつってんだ」

ファウスト戦でまん太を危険な目に合わせたことを反省した葉は、同じ病院に入院していて葉の様子を見にきたまん太にこのセリフを言う。
これ以上危険な目にあわせることを回避しようと言った心にもないセリフで、それをまん太が出て行った後アンナに指摘され、「いつかまん太に謝る」と誓う。

「おめえが葉のダンナのとこにいたのは そこにやりてえ事があったからだろ」

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

シャーマンキングの持霊まとめ

『シャーマンキング』とは、武井宏之による漫画、及びそれを原作としたアニメ作品である。 平凡な中学生、小山田まん太のクラスに転校してきた不思議な少年麻倉葉。彼は霊と心を通わせることのできる霊能力者、「シャーマン」だった。500年に一度開催されるというシャーマンの王を決める戦い、「シャーマンファイト」に参加するべく上京してきたのだ。 葉は伝説の侍、阿弥陀丸を自らの“持霊”にし、シャーマンファイトに挑む。シャーマンは皆それぞれ持霊がおり、霊を物体に憑依させ具現化させて戦う。

Read Article

目次 - Contents