シャーマンキング(Shaman King)のネタバレ解説まとめ

『シャーマンキング』とは1998年から2004年にわたって週刊少年ジャンプで連載された武井宏之の作品。一度は打ち切りになったが完全版が発売され、約380Pの描き下ろしが追加され完結した。シャーマンの少年が修行を経て、全てのシャーマンの頂点「シャーマンキング」を目指し、それを決めるシャーマンファイトに参加し、成長していく。

霊を物体に憑依させた時に具現化される霊本体のイメージのこと。
これができないとシャーマンファイトに参加できない。
大きいものを作ればそれだけ巫力は減る。

シャーマンファイト(SF)

500年に一度行われるシャーマンキングを決定するための戦い。
パッチ族が主宰する。

シャーマンキング

グレートスピリッツを持ち霊としたあらゆるもの、森羅万象の王。
釈迦やイエス・キリストも各時代のシャーマンキングだったとされる。

パッチ族

ネイティヴアメリカンの一部族であり、不思議な伝統工芸と技術によりSFを開催してきた。

グレートスピリッツ(GS)

全知全能の霊で、パッチ族の信仰の対象。
ありとあらゆる霊が生まれる源であり、あらゆる霊の最終的な行き場でもある魂の集合体。
その内部には様々な地域や人々の記憶が刻まれている。

五大精霊

火の精霊スピリット・オブ・ファイア、水の精霊スピリット・オブ・レイン、雷の精霊スピリット・オブ・サンダー、風の精霊スピリット・オブ・ウィンド、大地の精霊スピリット・オブ・アースの五つを指す言葉。
そのうち火の精霊であるスピリット・オブ・ファイアはハオの持ち霊となっている。

超・占事略決(ちょう・せんじりゃっけつ)

麻倉家に伝わる、大陰陽師麻倉葉王が残した巫術を記した書物。
これによって巫力が増大し、精霊の姿を変化させることができる。

ゴーレム

ルドセブとセイラームの父であるカメル・ミュンツァー博士が作り出した人造人間。
内部に人を乗せて戦うことができる。

『シャーマンキング』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

作者である武井半から公認されたボカロ曲「恐山ル・ヴォワール」

シャーマンキング復活おめでとうございます!本人に歌っていただいた→sm1594777110/27追記 OP風新曲うp!→sm15997352詞 武井宏之氏曲/編曲 かぴたろうtwitter→http://twitter.com/capitaroうp主のマイリス→mylist/17305626 素敵なイラストはmeolaさんからお借りしました→http://piapro.jp/meolamp3、オケはピアプロからどうぞ →http://piapro.jp/capipara

2010年に「かぴたろう」というボカロ曲作者が、シャーマンキングの葉とアンナが出会う過去編で使用されている「恐山ル・ヴォワール」という劇伴歌イメージの詩に曲をつけてニコニコ動画に投稿した。
それを事後承諾という形で、かぴたろう本人が作者である武井半公認ツイッターにリプライで報告。
その後スタッフ全員でその曲を聴き、返ってきた答えが
「武井とともにスタッフで動画を拝見しましたが、非常にすばらしい作品で感動いたしました・武井曰く、『もし何かの機会に恐山ル・ヴォワールが映像化されたときには、ぜひエンディングに』とのことです。」
という内容で、かぴたろう氏のファンだけでなく、ボカロ業界もシャーマンキングファンも嬉しい「公認曲」となった。
なお、武井本人が歌詞に「ブロマイド」を使用した当時の気持ちを語っており、「“ふるまえど”に合わせて韻をふんだはずだが、なぜブロマイドという言葉を選んだかは謎」と述べている。
2011年9月にジャンプ改でシャーマンキングが復活するというニュースが流れたのち、10月21日に「イタコ騒動」というものが起きる。
これはその日付で投稿された作品が「どう聴いてもアンナ役の林原めぐみが歌っている」というもので、関わった人間、聴いた人間すべてが、「これで本人でなければイタコだ」と波紋が広がった。
11月8日に正式発表があり、林原めぐみ本人が歌っているものと確定された。
2017年7月の段階では、オリジナル曲である「【初音ミク】恐山ル・ヴォワール【オリジナル】」は690万再生、イタコ騒動の発端である林原めぐみ歌唱バージョンの「【恐山アンナ】恐山ル・ヴォワールを歌ってみた【マンキン復活】」は300万再生を超えている。
かぴたろう氏はその後、アニメのOP曲風のボカロ曲「【OP風オリジナル】オモイヲコエル【初音ミク】」を投稿しており、こちらも2017年7月で1万8000再生を記録している。

『シャーマンキング』の主題歌・挿入歌

OP(オープニング):林原めぐみ『Over Soul』(第1話~第34話)

OP(オープニング):林原めぐみ『Northern lights』(第35話~第63話)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

シャーマンキングの持霊まとめ

『シャーマンキング』とは、武井宏之による漫画、及びそれを原作としたアニメ作品である。 平凡な中学生、小山田まん太のクラスに転校してきた不思議な少年麻倉葉。彼は霊と心を通わせることのできる霊能力者、「シャーマン」だった。500年に一度開催されるというシャーマンの王を決める戦い、「シャーマンファイト」に参加するべく上京してきたのだ。 葉は伝説の侍、阿弥陀丸を自らの“持霊”にし、シャーマンファイトに挑む。シャーマンは皆それぞれ持霊がおり、霊を物体に憑依させ具現化させて戦う。

Read Article

目次 - Contents