シャーマンキングの持霊まとめ

『シャーマンキング』とは、武井宏之による漫画、及びそれを原作としたアニメ作品である。
平凡な中学生、小山田まん太のクラスに転校してきた不思議な少年麻倉葉。彼は霊と心を通わせることのできる霊能力者、「シャーマン」だった。500年に一度開催されるというシャーマンの王を決める戦い、「シャーマンファイト」に参加するべく上京してきたのだ。
葉は伝説の侍、阿弥陀丸を自らの“持霊”にし、シャーマンファイトに挑む。シャーマンは皆それぞれ持霊がおり、霊を物体に憑依させ具現化させて戦う。

『シャーマンキング』の概要

『シャーマンキング』とは、週刊少年ジャンプにて1998年31号から2004年40号まで連載されていた漫画、及びそれを原作としたアニメ作品である。週刊少年ジャンプで未完のまま連載終了したのち、2008年完全版にてそのストーリーが完結した。
2001年から2002年にアニメが放送されており、2021年4月に完全版の内容に沿った再アニメ化が決定している。

平凡な中学生、小山田まん太は、塾の帰りに墓場で黄昏る不思議な少年に出会う。なんとその少年は無数の幽霊に囲まれながら星を眺めていた。まん太は恐ろしくなりその場から逃げ出す。
翌日、まん太のクラスに転校してきたのはあの不思議な少年麻倉葉だった。彼が幽霊と一緒にいたことを同級生たちに信じてもらえず、正体を暴こうと学校帰りに葉を尾行するまん太。しかし尾行がばれ、自分は修行のためにやって来た「シャーマン」であると明かされる。
ある日、まん太が再び墓地へ行くと、そこは「木刀の竜」率いる不良達の溜まり場となっていた。そこで木刀の竜が、伝説の侍「阿弥陀丸」の首塚を破壊し、それを隠れて見ていたまん太は木刀の竜に怪我を負わされてしまう。
これを知った葉は、木刀の竜に仕返しするため墓地へ向かう。首塚を破壊され怒りに満ちた阿弥陀丸の霊が現れ、葉がそれを自らの身体に取り込み、木刀の竜を倒す。
こうしてまん太と葉、のちに葉の持霊となる阿弥陀丸が出会い、「シャーマンファイト」の戦いへと身を投じていく。

持霊とは

持ち主であるシャーマンの専用の霊。シャーマンの「巫力」を使い持霊を物体に憑依させ、具現化して戦う。
いわばシャーマンのパートナーであり武器であるが、その関係性は様々。友人や仲間のような関係がほとんどだが、持霊のほうがシャーマンを従えていたり、恋人として接する者、ただの道具として扱う者もいる。
霊の中には、魂が純化したり、時が流れすぎて生前の姿を忘れたり、複数の魂や念が合わさって具現化すると、「精霊」に進化する者もいる。これは魂の最も強いイメージに関する異形の姿だったり、抽象的な姿になる。
また、霊の強さは「霊力」の高さによって決まり、魂の純度や生前の精神力が強かった者ほど霊力が高い。霊になった後も、精霊化したり精神的に成長することで霊力を増加させられる。
霊は人々の信仰心などに応じて段階分けされており、「生物霊クラス」「精霊クラス」「神クラス」の三段階がある。シャーマン本人の「巫力」と呼ばれる精神力が強いほど強い霊が扱えるため、シャーマンの格はそのほとんどが持霊の強さによって決まる。

『シャーマンキング』の持霊

葉の仲間たち(ふんばり温泉チーム、THE蓮)

阿弥陀丸(あみだまる)

シャーマン:麻倉葉
霊力:920(人間霊)、30000(精霊化後)

1385年1月6日生まれ、やぎ座のA型、享年24歳。

伝説の「千人斬り」や「鬼人」と呼ばれ恐れられた侍の霊。その強さは常人離れしており、道蓮が葉から奪おうとしたほど。
剣術は我流「阿弥陀流剣術」と称し、「如来」と呼ばれる二本の刀を鞘から抜き出す独特な構えが特徴。居合斬りのような技の「後光刃」、真空波を飛ばす「真空仏陀斬り」など、威力の高い技を繰り出す。葉のオーバーソウル最終形態である甲縛式オーバーソウル“白鵠”で使用する「無無明亦無」では、これまでの斬る技ではなく相手の巫力を無効化する浄の技も生まれる。

生前、孤児だった阿弥陀丸と親友の喪助は、それぞれ最高の侍と最高の刀鍛冶になるため精進を重ね、共に育て上げた「春雨」という刀を領主に献上し、そこに仕えることになる。
しかし、春雨の希少価値を保つため、領主から喪助を殺せと命じられる阿弥陀丸。喪助を逃がすべくそれを話すと、喪助は、もう二度と会えないのならせめて春雨を凌ぐ最高の刀を阿弥陀丸に渡すと約束する。その様子を領主の手下に見張られていたため喪助は殺され、二人が約束をした丘で阿弥陀丸も囲まれてしまう。春雨のない阿弥陀丸は力尽きその場で死んでしまうが、その時のすさまじい戦いぶりから「鬼人」として伝説となった。

そして、木刀の竜に首塚を破壊された屈辱を葉が晴らしたことがきっかけで葉に仲間に誘われるが、喪助との約束の地であるふんばりが丘を離れようとはしなかった。
その為、葉は喪助の霊を憑依させ春雨を打ち直し、阿弥陀丸に渡す。600年越しの親友との約束を果たした阿弥陀丸は、こうして葉の仲間となった。

葉が「オーバーソウル」を習得してからは刀に憑依し、戦うようになる。
戦いの中で葉と共に成長していき、のちに「精霊化」し霊力を上げ、自らが超巨大な刀の姿になる技までも編み出す。

前鬼、後鬼(ぜんき、ごき)

シャーマン:恐山アンナ
霊力:各10000

元々はハオの式神であった2体の鬼。
トゲトゲの生えた大きな頭に短い手足、前鬼が青色で1本角、後鬼が赤色で2本角という姿。タイプとしては前鬼が攻撃型で、後鬼が迎撃型である。
単純な思考能力と一点攻撃しか備えていない為、強力かつ巫力の消費が少なくて済むという扱いやすさ。
数百年もの間「超・占事略決」を守る為にハオに封印されていたが、アンナの「降魔調伏」により封じられ持霊にされる。
アンナの「1080」には敵わなかったが本来の力は凄まじく、葉の祖父でシャーマンの師、麻倉葉明も「葉王の式神がまさかあれほどの力を持っていようとはな」と発言している。

中鬼、大鬼(なかおに、おおおに)

シャーマン:恐山アンナ

過去、葉と初詣に出かけた際、恐山に漂う怨霊からアンナが無意識に作り出してしまったオーバーソウル。イタコの使用する数珠を媒介としていた。
中鬼は人に害を与える存在だが戦闘力も知能もそれほど高くはない。
さらに他の鬼を食らい吸収し、中鬼の10倍、1080の怨念が具現化したオーバーソウルが大鬼である。腕力が強大で知能も高く、言葉責めを得意とする。最終的に葉とマタムネに強制成仏させられるが、地獄でサティに救われ、以降は地獄へ修行に来たシャーマンの世話係になる。

馬孫(ばそん)

シャーマン:道蓮
霊力:710(人間霊)、25000(精霊化後)

後漢の時代、王朝を裏から支えた「道家」に仕えていた中国武将の霊。

かつて自身が使用していた馬孫刀を媒介に憑依し、「ゴールデン中華斬舞」など広範囲に及ぶ技を繰り出す。対多数戦においてスペシャリストと言えるが、対個人戦でもかなりの剛勇を誇る強さ。
「シャーマンファイト」本戦トーナメントの際に、「宝雷剣」の力を得て精霊化し霊力を伸ばす。

生前は騎馬隊長で、「馬孫刀」と呼ばれる青龍偃月刀を武器にしていた。道家が失脚したのち、道家と共に戦いながら各地を転々とする。しかしその勇名を恐れた帝が刺客を放ち、道家の人々を守る為に戦死する。霊になってもなお道家に仕え続け、蓮の持霊になる。
蓮を「ぼっちゃん」と呼び慕い、蓮に友人ができた際には泣いて喜ぶ一面も。

黒桃(コクトー)

シャーマン:道蓮
霊力:1500

馬孫の愛馬の霊。黒い毛並みが特徴の、史上最強と言われた名馬。
「白鳳」という特別に調教された巫馬(シャーマンホース)を媒介に蓮と馬孫を乗せる。

蜥蜴郎(トカゲロウ)

シャーマン:梅宮 竜之介(木刀の竜)
霊力:5000

1374年11月14日生まれ、さそり座のAB型、享年35歳。

盗賊の首領の霊。緑色の肌にあばらの浮き出た体型。盗賊ならではの素早さを活かした「トカゲ剣法」という独自の剣術を使う。

生前、阿弥陀丸の春雨を奪おうと襲うが返り討ちにあい、一味を壊滅されてしまう。
その恨みから霊になり、阿弥陀丸に復讐する為に竜に取り憑く。残忍で狡猾、目的の為に手段を選ばないトカゲロウだったが、そんな自分を信じて受け入れてくれた葉の心に触れ改心する。
その後、目的を失い成仏できず彷徨っていたところを竜に誘われ持霊となる。

シャーマンになって日の浅い竜だが、木刀を媒介にして斬りつける技から、トカゲロウを増幅させ8つ首の大蛇、「ヤマタノオロチ」を模した「天叢雲」などの大技も生み出すようになり、戦闘でも活躍を見せる。
刀(木刀)を使う点や居場所を求め彷徨うところなど、共通点もありなんだかんだ相性の良いコンビになる。

コロロ

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents