シャーマンキング(Shaman King)のネタバレ解説まとめ

『シャーマンキング』とは1998年から2004年にわたって週刊少年ジャンプで連載された武井宏之の作品。一度は打ち切りになったが完全版が発売され、約380Pの描き下ろしが追加され完結した。シャーマンの少年が修行を経て、全てのシャーマンの頂点「シャーマンキング」を目指し、それを決めるシャーマンファイトに参加し、成長していく。

ED(エンディング):林原めぐみ『trust you』(第1話~第34話)

ED(エンディング):林原めぐみ『おもかげ』(第35話~第63話)

ED(エンディング):麻倉葉(CV:佐藤ゆうこ)『魂魄重ねて』(第64話)

挿入歌:林原めぐみ『brave heart』

挿入歌:麻倉葉(CV:佐藤ゆうこ)『SILENT WEAPON(ASAKURA-YOH VER.)』

挿入歌:道蓮(CV:朴璐美)『流露(TAO-REN VER.)』

『シャーマンキング』の関連リンク

jumpx.jp

jumpx.jp

www.tv-tokyo.co.jp

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

シャーマンキングの持霊まとめ

『シャーマンキング』とは、武井宏之による漫画、及びそれを原作としたアニメ作品である。 平凡な中学生、小山田まん太のクラスに転校してきた不思議な少年麻倉葉。彼は霊と心を通わせることのできる霊能力者、「シャーマン」だった。500年に一度開催されるというシャーマンの王を決める戦い、「シャーマンファイト」に参加するべく上京してきたのだ。 葉は伝説の侍、阿弥陀丸を自らの“持霊”にし、シャーマンファイトに挑む。シャーマンは皆それぞれ持霊がおり、霊を物体に憑依させ具現化させて戦う。

Read Article

目次 - Contents