シャーマンキング(Shaman King)のネタバレ解説まとめ

『シャーマンキング』とは1998年から2004年にわたって週刊少年ジャンプで連載された武井宏之の作品。一度は打ち切りになったが完全版が発売され、約380Pの描き下ろしが追加され完結した。シャーマンの少年が修行を経て、全てのシャーマンの頂点「シャーマンキング」を目指し、それを決めるシャーマンファイトに参加し、成長していく。

ホロホロの持ち霊。コロボックルの見た目をしているが、本当はホロホロが小学生の時に好きだった同級生が死後に精霊化したもの。
ホロホロというあだ名は彼女がつけた。

チョコラブ・マグダネル

笑いの伝道師と自ら名乗る黒人で、インディオの力を用いて戦う。
幼い頃のクリスマスの日に強盗に両親を殺され、その後孤児院を転々としてギャングになる。
その時殺した相手がルドセブたちの父親だった。
チーム・THE蓮の中では一番強い。
ミックというジャガーの霊とパスカル・アバフというインディオの霊をオーバーソウルさせる。

X-LAWS

アイアンメイデン・ジャンヌ

ハオの打倒と世界平和をめざす組織「X-LAWS」のリーダーであり、聖少女として他人を蘇生させる能力を持っている。
常に処刑道具のアイアンメイデンの中にいて、拷問の責め苦を負うことにより人々の心が癒されるのを願っている。

マルコ・ラッソ

X-LAWSの実質的なリーダー。
やたら処刑をしようとしたり、復活させる約束をしていた蓮を復活不能にしようとしたりとひとりよがりな行動が目立った。
完全版ではなぜか持ち霊ではなく眼鏡がオーバーソウルジャケットにされている。

リゼルグ・ダイゼル

探偵の息子で、モルフィンという精霊を持ち霊にしている。
ダウジングが得意で、それでリリララの居場所を探り当てた。
葉たちとはX-LAWSに入る時に一度袂を分かつが、その後和解し、五人の戦士の一人となる。

麻倉家関連

麻倉葉明(あさくらようめい)

葉の祖父で陰陽師。麻倉家の当主である。
幼い頃から葉をシャーマンキングになれるよう特訓し育ててきた。

麻倉木乃(あさくらきの)

葉の祖母。青森の恐山に住んでいる。
アンナを見つけたのは彼女である。
戦争で目が見えなくなったのちにイタコとなった。

麻倉幹久(あさくらみきひさ)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

シャーマンキングの持霊まとめ

『シャーマンキング』とは、武井宏之による漫画、及びそれを原作としたアニメ作品である。 平凡な中学生、小山田まん太のクラスに転校してきた不思議な少年麻倉葉。彼は霊と心を通わせることのできる霊能力者、「シャーマン」だった。500年に一度開催されるというシャーマンの王を決める戦い、「シャーマンファイト」に参加するべく上京してきたのだ。 葉は伝説の侍、阿弥陀丸を自らの“持霊”にし、シャーマンファイトに挑む。シャーマンは皆それぞれ持霊がおり、霊を物体に憑依させ具現化させて戦う。

Read Article

目次 - Contents