シャーマンキング(Shaman King)のネタバレ解説まとめ

『シャーマンキング』とは1998年から2004年にわたって週刊少年ジャンプで連載された武井宏之の作品。一度は打ち切りになったが完全版が発売され、約380Pの描き下ろしが追加され完結した。シャーマンの少年が修行を経て、全てのシャーマンの頂点「シャーマンキング」を目指し、それを決めるシャーマンファイトに参加し、成長していく。

葉の父で修験者である。
ルドセブとセイラームのチームに加わり、葉たちを影で見守った。

麻倉茎子(あさくらけいこ)

葉の母で巫女の仕事をパートでしている。
現在のハオの母でもあり、内心は複雑である。

マタムネ

本編が始まる数年前に、葉がアンナに会いに青森まで旅をした時の持ち霊。
元は麻倉葉王の持ち霊だった。
アンナが生み出した大鬼を倒すために消滅。

玉村たまお(たまむらたまお)

幹久の弟子。ポンチとコンチという狸と狐の精霊を使う。
恥ずかしがり屋で人前が苦手だが、葉のためには体を張る。
アンナが正式な許嫁だとは知っているものの、自分も葉へ思いを寄せている。

麻倉花(あさくらはな)

葉とアンナの息子。
続編の主人公をしている。

道家

道潤(たおじゅん)

蓮の姉で、キョンシー使いの道士。
白竜をただの道具扱いしていたが、葉と関わることでその考えを改める。
その後サティの下で修行し、蘇生術も身につけた。

李白竜(りーぱいろん)

元はカンフー映画スターのキョンシー。
導弾道(ダオダンドウ)という武術を駆使して戦う。

道円(たおえん)

蓮の父。膨らんだ風船のような外見をしているが、それはオーバーソウル。
家を大事にするあまり、子供達につらく当たっていたが、葉という友人ができたことで息子が成長したと認めることになる。

道黽(たおめん)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

シャーマンキングの持霊まとめ

『シャーマンキング』とは、武井宏之による漫画、及びそれを原作としたアニメ作品である。 平凡な中学生、小山田まん太のクラスに転校してきた不思議な少年麻倉葉。彼は霊と心を通わせることのできる霊能力者、「シャーマン」だった。500年に一度開催されるというシャーマンの王を決める戦い、「シャーマンファイト」に参加するべく上京してきたのだ。 葉は伝説の侍、阿弥陀丸を自らの“持霊”にし、シャーマンファイトに挑む。シャーマンは皆それぞれ持霊がおり、霊を物体に憑依させ具現化させて戦う。

Read Article

目次 - Contents