シャーマンキング(Shaman King)のネタバレ解説まとめ

『シャーマンキング』とは1998年から2004年にわたって週刊少年ジャンプで連載された武井宏之の作品。一度は打ち切りになったが完全版が発売され、約380Pの描き下ろしが追加され完結した。シャーマンの少年が修行を経て、全てのシャーマンの頂点「シャーマンキング」を目指し、それを決めるシャーマンファイトに参加し、成長していく。

葉とアンナが初詣に行くと決まり、木乃は止めようとするがマタムネはこれもチャンスだから逃せないと、もし大鬼が現れた時は自分が戦うと宣言する。
マタムネは残り少ない力で現世に残っていたが、戦うということはその力を全て使い消滅すうるということ。
しかし心が決めたことを曲げず、マタムネは二人のために大鬼を倒すことを決意する。

「信じる事をやめた小生のこの行いこそ 人の闇そのものだったのです」

大鬼を倒すために葉と憑依合体し、姿を捨てることを決めたマタムネ。
麻倉葉王に飼われ主人として慕っていたのにも関わらず、マタムネは「人間を滅ぼす」と決めた葉王に最期まで寄り添うことができなかった。
人間にいいように使われそれを憎むようになった葉王の気持ちをわかっていながら、主人である葉王に添い遂げられなかった過去の自分を後悔し、自分と同じ思いを葉にはしてほしくないと願う。

「ならばオレは!!! 奴を行かせる道を選ぶ!!!」

ハオの手下によって死亡した蓮だったが、X-LAWSのリーダーであるアイアン・メイデンに蘇生された蓮の第一声。
これから葉を支えていくという決意に満ちているセリフ。

「やったらやり返される」

ホロホロを助けたリゼルグと過ごしていた葉たちが、ハオの手下に襲撃された時のセリフ。
暗にX-LAWSのやりかたを非難している。

「たとえどんな悪人でさえ心に罪悪感を覚えない者はおらん」

チョコラブの師匠のセリフ。チョコラブが死んでグレートスピリッツの門の前に立っていた時、師匠は現れ、チョコラブに罪を生きて償うように言う。
チョコラブはこの言葉を受け止め、グレートスピリッツの最上階へ進むことを決める。

「だってあいつ友達いねえだろ」

チームTHE蓮と戦うことになった葉は、ハオとコーヒーを飲んで会話したことで責められる。
しかし葉はハオでさえも救いたいと思っており、この言葉には「友達だから救ける」という気持ちが込められれている。

『シャーマンキング』の用語

シャーマン

霊能力を使い霊と交流する人間の総称。
シャーマンのほとんどが自分専用の霊である「持ち霊」を持っている。
ほとんどが先天性だが、まん太や木刀の竜のようにある日突然霊が見えるようになる人間もいる。

巫力

シャーマンの基本能力を数値に置き換えたもの。
そのままシャーマンファイトにおいては攻撃力の高さなどと同一視される。
精神力によってその大きさは変わり、一度死亡したりすると巫力は増大する。
巫力値が50万以上のシャーマンは「神クラス」と呼ばれる。

憑依合体

霊とシャーマンが一体になる技。
シャーマンの肉体に霊を憑依させることで、霊本体が生きていた時の技や記憶を蘇らせることができる。

オーバーソウル(OS)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

シャーマンキングの持霊まとめ

『シャーマンキング』とは、武井宏之による漫画、及びそれを原作としたアニメ作品である。 平凡な中学生、小山田まん太のクラスに転校してきた不思議な少年麻倉葉。彼は霊と心を通わせることのできる霊能力者、「シャーマン」だった。500年に一度開催されるというシャーマンの王を決める戦い、「シャーマンファイト」に参加するべく上京してきたのだ。 葉は伝説の侍、阿弥陀丸を自らの“持霊”にし、シャーマンファイトに挑む。シャーマンは皆それぞれ持霊がおり、霊を物体に憑依させ具現化させて戦う。

Read Article

目次 - Contents