シャーマンキング(Shaman King)のネタバレ解説まとめ

『シャーマンキング』とは1998年から2004年にわたって週刊少年ジャンプで連載された武井宏之の作品。一度は打ち切りになったが完全版が発売され、約380Pの描き下ろしが追加され完結した。シャーマンの少年が修行を経て、全てのシャーマンの頂点「シャーマンキング」を目指し、それを決めるシャーマンファイトに参加し、成長していく。

蓮とメイデンの間にできた子供。

その他

シルバ

葉を見守り続けた十祭司の一人。
あまりに葉に肩入れするため、パッチの調教をされ、最終決戦で葉たちの前に立ちはだかった。

ルドセブ・ミュンツァー

セイラームの兄。父親のゴーレムでシャーマンファイトに参加した。

セイラーム・ミュンツァー

ルドセブの妹で、父親が取り憑いていたため心を失っているように見える。
ゴーレムを操縦する。

『シャーマンキング』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

「オイラのじいちゃんが言ってた 霊を見ることが出来る人間に悪い奴はいないって」

1巻でまん太と葉が友情を育んでいる際に、葉が言ったセリフ。
これは葉の行動理念でもあり、今後出会うシャーマン全てに「悪い人間じゃない」という概念で接していくことになる。

「毎日好きな音楽聴いて のんびり暮らせればそれでいい」

幼い頃の葉が、修行の際に祖父に言った言葉。「霊を見る人間に悪い奴はいない」という言葉と共に、葉の行動理念となる。

「それでもあいつを信じてるから あたしはここにいるんだけどね」

李白竜戦で、ぼろぼろになった葉を助けないことをまん太に責められたアンナのセリフ。
普段はツンケンして言葉がきついアンナだが、葉のもっている強さと優しさを信じているからこそ、全てを葉に任せている。
もちろん自分の力が必要な時はそれを差し出し、葉を助ける。

「だからぼくも助けなきゃ 友達だもんね」

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

シャーマンキングの持霊まとめ

『シャーマンキング』とは、武井宏之による漫画、及びそれを原作としたアニメ作品である。 平凡な中学生、小山田まん太のクラスに転校してきた不思議な少年麻倉葉。彼は霊と心を通わせることのできる霊能力者、「シャーマン」だった。500年に一度開催されるというシャーマンの王を決める戦い、「シャーマンファイト」に参加するべく上京してきたのだ。 葉は伝説の侍、阿弥陀丸を自らの“持霊”にし、シャーマンファイトに挑む。シャーマンは皆それぞれ持霊がおり、霊を物体に憑依させ具現化させて戦う。

Read Article

目次 - Contents