新世紀エヴァンゲリオン・ヱヴァンゲリヲン新劇場版の使徒まとめ

使徒とは、庵野秀明監督率いるGAINAX制作のアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』及び同作の再構築版『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』に登場する敵である。大きな災厄セカンドインパクトから15年。14歳の少年少女が人造人間エヴァンゲリオンに乗り、謎に包まれた敵、使徒と戦う物語が主軸となっている。使徒は戦い方やデザインが従来のロボット物の敵と一線を画しており、『エヴァ』の人気を支えた一要素でもある。

搭乗機:参号機(旧作のみ)

シンジのクラスメイト。関西弁を使用する。初号機とサキエルの戦いにより妹がけがを負い入院したことにより、エヴァやそのパイロットを憎んでいた。シンジがそのパイロットであると知り、呼び出して殴りつける。シャムシエル来襲時友人の相田ケンスケによりこっそり避難所から連れ出されて使徒を目撃。近くに落ちてきた初号機のエントリープラグに乗り込む羽目になり、間近でシンジの戦いを目撃。シンジにとって使徒との戦いがいかに心身の負担となっているかを思い知り、事情も知らずに殴ったことのけじめとして自分を殴らせた。その後は友人として付き合いうようになり、ネルフやエヴァの情報をある程度知ることとなる。
やや古風な性格だが、学級委員長、洞木ヒカリに好意を持たれており、「手作り弁当を食べてほしい」と素直に言えない彼女の気持ちを汲み取る優しさを持つ。

【旧作】
フォースチルドレンに選出される。妹をより大きな病院に転院させることを条件に引き受けたが、シンジらには何も言わなかった。参号機の起動実験に参加するが、参号機はバルディエルに寄生されていた。参号機からの脱出ができないまま、ダミーシステムに切り替わった初号機によりエントリープラグごと握り潰される。アニメではプロデューサーの意向により一命をとりとめたが、漫画版では死亡している。漫画版ではシンジにフォースチルドレンに選ばれたことや使徒戦への恐怖を打ち明けている。

【新劇場版】
3号機のパイロットには選ばれなかった。妹サクラの退院に伴い物語から退場。『破』のラストで疑似サードインパクトが起きたが、これにより死亡したのかは不明。『Q』では監禁されていたシンジに支給された服に「鈴原トウジ」と書かれた物があった。

渚カヲル(声:石田彰)

搭乗機:弐号機/Mark.06/第13号機

ゼーレから送り込まれた少年。シンジと接触をし、友人関係となる。その正体は使徒であった。

【旧作】
アスカが廃人となった後で弐号機パイロットとして送り込まれる。クラスメイト達が疎開したり、レイが死亡したりと、ネルフの闇を見せつけられたシンジにとっては救いとなるが、倒すべき相手、使徒であることが発覚。弐号機でドグマを下ってアダムに還ろうとした。
アダムの魂を持つ為か、初訓練で弐号機との高度なシンクロ率を叩き出す。

【新作】
『序』から断片的に登場し、意味深長な言葉を口にしていたが、『Q』にて本格的にシンジと接触。ネルフ側のエヴァパイロットであり、シンジが『破』のラストでニア・サード・インパクトを興したことなどを告げた。
元は第1の使徒だったが、ゲンドウの思惑により第13の使徒に堕とされる。シンジの首に付けられていた爆弾の付いたチョーカーを自らの首に付けシンジの信頼と友情を得ていたが最終的に死亡。

真木波・マリ・イラストリアス(声:坂本真綾)

搭乗機:2号機、Mark.08

新劇場版『破』で初登場。日本語の他英語も操れる。加地からは問題児と呼ばれており、その性格からか中々エヴァに乗せてもらえなかった。飄々として底の見えにくい人物。使徒との戦闘、エヴァの操縦を嬉々として行う。
最強のA・Tフィールドを持つ第10の使徒に単独で挑む。「普通の攻撃じゃ駄目か」とあっさり武器を捨て、プラグがより深く押し込まれることで発動する裏コード、ビースト形態に変形させ戦った。このビースト形態時にはパイロットの心身に相当の負荷がかかるが、それでも「楽しい」と称した。
『Q』ではヴィレ側におり、アスカと組んでネルフのエヴァと戦う。飄々としており、底がつかめない。

使徒(Angel)

新劇場版の使徒

人類の敵と目される存在。分析パターンが青になる、結界状のA.T.フィールドを張る、攻撃などの爆発光が十字架の形になると言った共通点を持つ。それ以外は形状、能力がバラバラであり、そもそも何物なのか具体的な正体すら不明。コアと呼ばれる球体を持つが、それらしいものが確認できない使徒もいる。
使徒は常に単体で現れ使徒同士が結束し、同時に襲撃を仕掛けることはない。作中でも使徒同士の組織的な繋がりは否定されている。
第15使徒以前は皆一様に、何らかの方法で第3新東京市の地下、ネルフ本部のターミナルドグマのアダムを目指していると思われた。しかし、第15使徒アラエル、第16使徒アルミサエルはエヴァやパイロット(人類)と接触し、侵食という形での同化や精神を探る動きを見せた。
ミサイルなどの通常兵器では歯が立たず、強大な力を持った地雷を踏ませても多少の足止めにしかならない。弱点はコアであり、ここを破壊すれば沈黙、生物学的に言う死に至る。個体によっては爆発し、死体が残らないこともある。動力源はスーパーソノレイド機関(以下S2機関)と呼ばれる永久機関。キリスト教での「使徒」とはキリストの12人の弟子だが、作中の使徒は「Angel」の英語表記が成され各個体に天使の名がついている。
正体に関しては旧劇場版で判明したが、新劇場版での正体は現状不明。

使徒の正体

第1始祖民族が「月」を作り、それを星に向かって種として撒いたのが始まりである。地球には白き月、黒き月の二つが撒かれた。白き月から生まれたのが第1使徒とされるアダムであり、使徒を生み出すことになる。本来使徒は地球を支配する生命体だったが、アダムたちが活動を始めた頃に黒き月が落ちてきた。これによりアダムや使徒たちは眠りにつく。
黒き月より誕生したリリスは様々な生命体を生み出し、人類が進化、繁栄するに至った。旧作劇場版のミサトは人類もまた使徒であり、今までの使徒は皆「別の形の人類」であり、「別の可能性」だと言った。

裏死海文書

ゼーレが発見した物であり、旧作における世界観を作り上げつこととなった根幹の書。『裏死海文書』には知恵を得た人類がやがて科学力を高め、生命の実に象徴される命の神秘に触れようとした際に怪物が現れるとされていた。使徒は生命の実を持つ別の人類であるが、初期の設定では生命の樹を人類から守る怪物、或いは天使ケルビムであった。
元は史実の1947年に死海付近で発見された『死海文書』と呼ばれる最古の聖書。実在する『死海文書』は一部が欠ける、もしくは解読不能であり、その欠けた部分が『裏死海文書』として『エヴァ』に使われている。

A.T.フィールド

出典: k-hobby.com

使徒やエヴァが展開する結界のようなもの。物理的な攻撃が一切効かない、まさに鉄壁である。A.T.フィールドの展開中は使徒に接触することすらできないが、エヴァはこれを中和、侵食することができる。絵面では力づくでA.T.フィールドを打ち破る、ナイフで切り裂くと言った描写がされる。防御壁だけではなく、A.T.フィールド事態を変化させて爆弾のように落下させたり、ドリルのようにして掘り進むこともできる。第17使徒タブリス曰く人類も持っている心の壁であり、個人個人の肉体を形作るもの。聖書では知恵の実を食べた途端にアダムとイブは互いを「自分とは別の個体」だと意識し、局所を隠す為にイチジクの葉を使用した。
これにより、人類は互いを自分とは違う存在だと認識し、局所(自分の心の奥)を隠すべくA.T.フィールドを持つようになった。旧作劇場版ではA.T.フィールドを失った人類は皆、本来の姿ともいえるL.C.Lの海に還元した。
なお、人類側のA.T.フィールドを消滅させるのが人類補完計画であり、その為には心理学でいうデストルドー(死や破壊衝動など。厳密には生まれる前まで戻りたいとの願望)によるアンチA.T.フィールドを発生させなくてはならない。旧作劇場版では初号機のデストルドーにより、衛星軌道上まで飛んで行ったロンギヌスの槍が戻ってきた。

人類補完計画

出典: blogs.yahoo.co.jp

生命の樹。またの名をセフィロトの樹。

物語当初からゼーレやゲンドウの口より語られていた計画。旧作のテレビ放送時にはどのようなものか説明も解決もないまま終了したが、旧作劇場版で計画が発動した。
しかし、碇ゲンドウとゼーレとではその目的が違っていた。ゲンドウの目的は人類を「できそこないの群体」から「完全なる単体」へと進化させることであり、ゼーレの目的はA.T.フィールドを失うことで個というものを捨て去り魂を「楽園」へと戻すことだった。
人類の持つ知恵と心、使徒の持つS2機関はいずれも聖書で言う禁断の木の実(知恵の実と生命の実)として象徴される。人類(アダムとイブ)は、禁断の木の実のうち、知恵の実だけを食べた為、心と知恵持つが限りある期間しか生きられなくなった。使徒はその逆で、生命の実だけを食べた人類であり、心を持たないが驚異的生命力を誇る(ミサイルが通じない、N2地雷を踏ませても生きているなど)存在となった。
人類の持つA.T.フィールドは、知恵の実の弊害でもあった。知恵の実を食べたアダムとイブは互いを自分と異なる別個体と区別するようになり、ここから自分や他人を隔てることが始まった。この「自分」や「他者」を分けているのが人類側のA.T.フィールドである。
知恵の実を食べた行為は原罪とされており、楽園を追い出されるきっかけとなった初めの罪であった。禁断の木の実とされるのは、この二種の実を食べると神に等しい存在となる為である。神はそれを恐れてアダムとイブを楽園から追い出し、生命の樹を天使に守らせるようになった。
ゼーレは科学力(知恵)により生命の実を手に入れようとしても使徒という弊害が現れる点から、知恵の実を神に返し、原罪をあがなうことで人類という生命を一からやり直そうとしたのだ。
聖書の上での原罪はキリストが十字架にかけられてその血が大地に吸収されたことにより許されたとある。しかし使徒を倒さなくては真の贖罪は成されない為、キリストの処刑を再現しようとした。必要なものはロンギヌスの槍、神の子、そして生命の樹と神の子に従う12人の「使徒」である。
生命の実を持つ使徒を全て倒せば、生命の樹に到達できる(初期設定の名残と思われる)といったことまで、全て『裏死海文書』に書かれていたことだった。当初はアダムを用いた人類補完計画を試みていたゼーレだったが、儀式に使う「使徒」が存在しない為アダムをベースにエヴァンゲリオンを製造。アダムの魂は一つしかない為、エヴァの機体に人類の魂を宿らせ、「使徒」として儀式に使おうとした。ダミーシステムもまた、パイロットなしでエヴァを動かし「使徒」の役目を果たさせる為の開発されたものだった。
しかし参号機の侵食及び使徒としての殲滅(破壊)や四号機の消失などにより「使徒」の数が揃わない事態が発生。これにより、「使徒」を使った儀式は中断されリリスによるサード・インパクトの発生という形での贖罪の道が取られた。リリスには人類の魂が還るガフの部屋がある為「使徒」がいなくても知恵の実を返しても存続は可能である。
エヴァシリーズが完成し、ゼーレはもとより碇ゲンドウをよく思っていないこともあって初号機を奪取すべくネルフに戦略自衛隊を送り込み職員たちを殺害。シンジも殺されそうになるが、ミサトにより助けられて初号機に乗るように言われる(ミサトはシンジを送り出した直後に死亡)。
弐号機はアスカを乗せたままエヴァシリーズにより破壊された。シンジはそれを見てデストルドーの叫びを上げる。渚カヲルを殺したことでデストルドー(死への欲望)が高まっていたシンジだったが、リリスとしての姿を取り戻したレイや、アダムとしての姿となったカヲルと再会。シンジの中に生きるための欲望リビドーが戻り、傷つけられても他人との共存を望み、人類補完計画はとん挫したことになる。しかし、リリスが殲滅された為かL.C.Lに還元された人類が戻ることはなかった。

『新世紀エヴァンゲリオン』登場使徒

第1使徒アダム(ADAM)

物語世界の西暦2000年に南極で観測された光る巨人。セカンド・インパクトとは、このアダムを卵の状態にまで還元する最中に起きたものである。ほぼすべての使徒がネルフ本部を狙うのは、アダムに還り、サードインパクトを興す為と推測、考察される。「使徒」とされるが、厳密には生命の起源。ジャイアント・インパクトの際、白き月から生まれた存在であり、使徒と呼ばれることになる生命体を生み出す。
魂の生まれる場所とされるガフの部屋を持つ。このガフの部屋が使徒の魂を生み出す元であった。ガフの部屋の内部を焼かれてしまい(手段は不明)、第17使徒タブリス以降の使徒は生み出せなくなった。またこの時知恵の実を持つ人類(渚カヲルのオリジナル)がアダムの中にダイブすることで知恵の実と生命の実が一つとなり神に等しい力が発生。凄まじいアンチA.T.フィールドが出てアダムの破壊措置まで取られたがセカンド・インパクトを起こすことになった。
アダムは胎児に還元された後、ネルフの司令官にしてシンジの父、碇ゲンドウの掌に埋め込まれた。その後リリスの魂を持つレイの体内で融合する。還元されたアダムは肉体のみの存在で、魂は第17使徒タブリスに使用されていた。
聖書で生命の実と呼ばれるもの(S2機関)を持つ。その為、アダムから生まれた使徒は皆S2機関を有する。

名前の由来は聖書に登場する最初の人間であり、男性。エヴァの名前の元になったイブはアダムの肋骨から作られた。エヴァは第1使徒アダムをモデルに作られている。聖書のアダムが妻のイブと食べたのが知恵の実である。

出典: blogs.yahoo.co.jp

胎児アダム

第2使徒リリス(LILITH)

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

新世紀エヴァンゲリオン(Neon Genesis Evangelion)のネタバレ解説まとめ

『新世紀エヴァンゲリオン』とは、監督・庵野秀明が率いるGAINAXによるTVアニメ作品および登場する巨大人型兵器の名称。略称『エヴァ』。 本作を原作とする劇場版、漫画、ゲーム作品などの派生作品が存在する。本記事では1994年10月から翌3月まで放送されたTVシリーズについて記述。 90年代に社会現象とまで言われた国民的アニメの一つ。ストーリーは主に少年少女の苦悩が描かれ、人類の敵「使徒」との闘うにつれ、使徒やエヴァの正体など多くの謎解きが展開されるが、すべては説明されずに完結した作品。

Read Article

新世紀エヴァンゲリオン・ヱヴァンゲリヲン新劇場版の機体とパイロットまとめ

『新世紀エヴァンゲリオン』とはGAINAXによるアニメ作品、及びそこからメディア展開された作品である。14歳の少年少女が、巨大な人造人間エヴァンゲリオンに乗り込み、使徒と呼ばれる謎の敵と戦うのが主軸。そこに聖書や心理学の要素を絡めた実験的な作風や人間ドラマが人気を呼び、社会現象にまでなった。2007年には「再構築」として『エヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズが公開。今尚アニメ界で異彩を放つ作品。

Read Article

トップをねらえ!(Aim for the Top GunBuster)のネタバレ解説まとめ

『トップをねらえ!』とは、1988年にGAINAXによって制作された庵野秀明初監督のSFロボットアニメ作品。主人公タカヤ・ノリコが、努力と根性で苦難を乗り越え成長しながら未曾有の脅威「宇宙怪獣」と戦っていく。OVAの金字塔とまで言われ、いまだに多くのファンに愛され続けている。キャッチフレーズは「炎の熱血友情ハードSF宇宙科学勇気根性努力セクシー無敵ロボットスペクタクル大河ロマン!!!!!」。

Read Article

ヱヴァンゲリヲン新劇場版(Rebuild of Evangelion)のネタバレ解説まとめ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』とは、2007年から公開されているアニメ映画シリーズである。 1994-1995年のTVシリーズ『新世紀エヴァンゲリオン』が原作。総監督はTVシリーズと同様に庵野秀明が担当している他、主要スタッフや声優もほぼ同一でリメイクではなく「リビルド(再構築)」作品。 全4部作予定で、現在3作目まで公開済み。巨大人型兵器「エヴァンゲリオン」のパイロットの少年少女を主人公とし、人類の敵「使徒」との闘いや人間同士の争い、陰謀の謎解き、主人公の苦悩や成長を描いたストーリーである。

Read Article

新世紀エヴァンゲリオン(Neon Genesis EVANGELION)の名言・名セリフまとめ

『新世紀エヴァンゲリオン』は1995年に製作された庵野秀明監督によるロボットアニメ作品。巨大な人造人間である「エヴァンゲリオン」のパイロットである14歳の少年少女たちと、謎の敵「使徒」との戦いを描く。謎めいたストーリー展開、今までにない独特の世界観から社会的ブームを巻き起こした。それぞれの個性的なキャラクターたちから印象深いセリフが放たれている。

Read Article

めだかボックス(Medaka Box)のネタバレ解説まとめ

原作:西尾維新、作画:暁月あきら。 週刊少年ジャンプに掲載、コミック全22巻。ジャンル「学園異能インフレ言語バトル漫画」。 ありとあらゆる事を完璧に出来る、黒神めだかが生徒会長となり学園の問題を仲間達と解決していく物語。超人を人為的に作り出す「フラスコ計画」編から「能力者」と呼ばれるキャラがめだかと戦う。原作者は「物語シリーズ」で有名、キャラの独特な名前、推理、言葉遊び、パロディが豊富。

Read Article

天元突破グレンラガン(Gurren Lagann)のネタバレ解説まとめ

2007年4月1日より同年9月30日まで、テレビ東京系列にて放送されていたアニメ。ガイナックスが単独でアニメーション制作した初のアニメ作品である。 遥か未来、人々は地中に穴を掘り、時折起きる地震と落盤に怯えながら何百年も息をひそめるように暮らしていた。そんなある日少年シモンは、不思議に光る小さなドリルと顔だけのメカを発見する。

Read Article

トップをねらえ2!(Aim for the Top2! DIEBUSTER)のネタバレ解説まとめ

トップをねらえ2!(Aim for the Top2! DIEBUSTER)とはGAINAXの設立20周年記念作品として制作され、2004年11月から発売されたたOVA作品。1988年に制作されたOVA作品「トップをねらえ!」の続編になる。 物語は、宇宙パイロットを目指すアンドロイドのノノが、ひょんなことから宇宙の最前線で戦うパイロットのラルクと出会うところから始まり、宇宙怪獣との戦いを描く。

Read Article

天元突破グレンラガンの登場ガンメン・ロボット・兵器まとめ

「天元突破グレンラガン」は2007年4月から同年9月まで放送された、GAINAX制作のオリジナルロボットアニメ。2008年と2009年には劇場版が公開された。作品は全4部で構成されており、2部までの少年期と3部以降の青年期を通して、主人公である「シモン」と彼が率いる「大グレン団」の熱き戦いが描かれている。 本記事では主要兵器として登場するロボットの『ガンメン』を中心に各部ごとまとめていく。

Read Article

シン・ゴジラ(Shin Godzilla)のネタバレ解説まとめ

2016年7月29日より公開された空想特撮映画。脚本・編集・総監督は、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」で有名な庵野秀明。監督・特技監督は、漫画「進撃の巨人」の実写版を作った樋口真嗣。東宝製作のゴジラシリーズとしては12年ぶり、29作品目となる。 東京湾より突如現れた巨大不明生物ゴジラに対し、日本政府が立ち向かっていく様を描く。 キャッチコピーは「現実(ニッポン)対 虚構(ゴジラ)」

Read Article

風の谷のナウシカ(Nausicaä of the Valley of the Wind)のネタバレ解説まとめ

1984年トップクラフト制作の日本アニメーション映画で、宮崎駿監督の長編アニメーション映画第2作である。原作は「アニメージュ」に連載していた宮崎の同名漫画『風の谷のナウシカ』。遥か遠い未来、近代文明が崩壊し「腐海(ふかい)」と呼ばれる菌類の森に世界は覆われていた。その辺境にある「風の谷」で生き抜く少女の生き様を描く。

Read Article

ふしぎの海のナディア(Nadia, The Secret of Blue Water)のネタバレ解説まとめ

「ふしぎの海のナディア」とは1990年から1991年までNHKによって放送されたテレビアニメ。この作品は「海底二万マイル」を原作としており、庵野英明が総監督を務めていました。19世紀を舞台としており、ナディアを巡ってノーチラス号と世界制服を企むネオ・アトランティスの戦いを描いたアニメです。

Read Article

風立ちぬ(The Wind Rises)のネタバレ解説まとめ

『風立ちぬ』とは、2013年にスタジオジブリが公開したアニメーション映画で、監督は宮崎駿。キャッチコピーは「生きねば。」。主人公の堀越二郎は、幼い頃から飛行機が大好きで飛行機乗りになりたかった。しかし近眼という決定的な欠陥から飛行機乗りの道を諦め、設計者を志すこととなる。そして大学生のころ関東大震災にあい、その時に出会った結核の少女、里見菜穂子と恋に落ちる。大正から昭和へと流れゆく時代に、生と死の間で苦悩する青年を描いた感動作となっている。

Read Article

天空の城ラピュタ(LAPUTA: Castle in the Sky)のネタバレ解説まとめ

1986年公開、スタジオジブリ作品。宮崎駿氏が監督、脚本、原作を手掛けた長編アニメです。飛行石という不思議な石を持つシータと、彼女を助けた少年パズー。空に浮かぶとされる島ラピュタ発見を夢見て、飛行機を作っていたパズーはシータと共にラピュタ探しを提案します。そこに空中海賊、政府軍などが飛行石、そしてラピュタを狙い介入。ただの冒険活劇でないところが、数十年経っても衰えない人気を誇っています。

Read Article

目次 - Contents