宇宙兄弟の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『宇宙兄弟』とは小山宙哉によって執筆された、夢を諦めた兄が宇宙飛行士の弟と「兄弟で月に立つ」という夢をもう一度実現するべく宇宙飛行士目指して奮闘する、宇宙を題材にした漫画作品である。夢を叶えた弟に劣等感を抱く兄六太(ムッタ)や、ともに宇宙を目指す仲間達、弟の日々人(ヒビト)などが発した名言・名セリフの数々は「もう一度立ち上がろう」という小さなきっかけをくれる原動力を、多くの人々に与えている。『宇宙兄弟』の心にしみる名言・名セリフ、印象深いシーンなどをご紹介する。

『宇宙兄弟』の概要

『宇宙兄弟』とは2008年から小山宙哉によって『モーニング』(講談社)に連載が開始された、宇宙を題材とした漫画作品である。2012年から2014年にかけて読売テレビ・日本テレビ系列にてテレビアニメ版が全99話放映されている。また2012年には森義隆監督、小栗旬(南波六太役)と岡田将生(南波ヒビト役)主演で実写映画『宇宙兄弟』、2014年にはアニメ映画『宇宙兄弟#0』が公開された。
宇宙飛行士の訓練の様子や科学技術など専門的な内容も多く含まれるが、ギャグテイストも含め分かりやすく面白く書かれている。また第56回小学館漫画賞一般向け部門、第35回講談社漫画賞一般部門を受賞するなど高い人気を誇っている。

幼いころUFOらしきものを目撃したことがきっかけで「二人で宇宙飛行士になる」という約束を交わした南波六太(ムッタ)と南波日々人(ヒビト)の兄弟。しかし弟ヒビトは夢をかなえて宇宙飛行士となるが、兄ムッタは夢を諦め自動車関連の技術者として働いていた。更にムッタは宇宙飛行士であるヒビトの事を馬鹿にした上司に頭突きを喰らわせ、クビになってしまう。ヒビトの成功を眩しく思いながら劣等感に苛まれ堕落した生活を送っていたムッタだが、もう一度夢を思い出してほしいヒビトの計らいによって、再びムッタの前に宇宙飛行士への道が示された。
紆余曲折を経て「今度こそ宇宙飛行士になって月へ行く」という強い想いを抱き、ムッタは宇宙飛行士の道を目指す仲間と共に様々な試練に挑むのであった。

南波六太(ムッタ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面

「グーみたいな奴もいて、チョキみたいな奴もいて、パーみたいな奴もいる。誰が一番強いか答えを知っている奴はいるか」

大切な最後の試練にじゃんけんを持ち出すムッタ(右)

第三次審査の閉鎖環境訓練に挑んだムッタは、新田、せりか、古谷、福田の計五名で二週間様々な試練を協力して過ごしてきた。そして試験の最終日、五名の中から宇宙飛行士にふさわしいと思うものを二名自分たちで選び出すという最大の試練が訪れる。
それぞれが重苦しい空気の中で考え込む中、ムッタは一人トイレに入り五名から二名を選び出す最適な方法を思案していた。やがてメンバーが集まっている場所に戻ったムッタは「じゃんけんで決めよう」と提案する。古谷からはすぐさま反対意見が上がったが、ムッタは「じゃんけんを超える公平なものはない。グーみたいな奴がいて、チョキみたいな奴もいて、パーみたいな奴もいる。誰が一番強いか答えを知っている奴はいるか?」と説得したのである。
ムッタは楽しかった五人のまま終わりたいと願い、その思いは全員に伝わった。結果ムッタは負けてしまったが、五人の絆は深く結ばれ晴れやかな顔で試験を終了することができた。

ヒビトの打ち上げを見守るムッタ

弟のひたむきさを誇りに思うムッタ

ヒビトの打ち上げ当日ムッタは弟ヒビトを誇らしく思う一方で、先を越された嫉妬心を抱えながら、宇宙飛行士選抜メンバーや両親と打ち上げを見守っていた。天候不良の為打ち上げが延期になるかもしれないと聞いたムッタは、ヒビトの飼い犬であるアポを連れ、ケンジと共に天気予報を聞きに行く。しかし「打ち上げは五分五分」だという情報を聞いて外に出ると、繋いでいたはずのアポがいなくなり、ムッタとケンジは手分けしてアポを探し始めた。
正式に打ち上げが決定して焦っているころ、ムッタはアポらしき犬が車に乗せられている場面を目撃し車を追いかける。
車を運転していたNASAの職員デニール・ヤングはムッタを知り合いと勘違いし車に乗せると、「いい場所に連れて行ってやる」と言い、ムッタを古い管制塔へと案内した。

ヒビトの打ち上げをたった一人特等席で見ることになったムッタは、まっすぐ宇宙に向かって飛んでいくロケットを見てもやもやとしていた嫉妬心が吹き飛ぶ。そして「どこにも寄り道せず、ただまっすぐに宇宙を目指した弟」を流れゆくロケット・ロードに重ね、ヒビトの打ち上げを晴れ晴れとした顔で見送った。

「本気の失敗には価値がある」

ムッタ(上)の発言に驚きを隠せないビンス(右)とピコ(中央)

アスキャンと呼ばれる宇宙飛行士候補者になったムッタは、砂漠の町で日本人合格者(新田、ケンジ、せりか、絵名)にインド人のアマンティを加え、訓練を行っていた。訓練内容は宇宙開発に必要な技術を詰め込んだ「キャンサット」という模型を作り、地元で行われるキャンサットの技術大会に出場することだったが、他のチームより到着の遅れたムッタたちは不利な条件を課せられていた。
チーム中最低予算の600ドルという資金の制限に加え、サポート技術者のピコはやる気を出さない。それでも自動車開発の技術者だったムッタは、失敗も考慮に入れて前向きに課題に取り組んでいた。
ある日そんなムッタの態度を少しだけ気に入ったピコは、ムッタを酒に誘う。しかし待ち合わせ場所にピコが来る前に沈着冷静な元軍人の上官ビンスが現れ、ピコと旧知の仲だったビンスはムッタを交えて酒を飲むことになった。

酒場で合流したピコに対してビンスがムッタを誘った理由を尋ねると、ピコは「コイツはこう見えて失敗に前向きなんだ」とムッタを評価する。それを聞いたムッタは「本気でやった場合に限るよ。本気の失敗には価値がある」と口を挟んだのだった。
ムッタは自動車開発に携わってきた経験から、数々の失敗を繰り返しそこから学び取ってより良いものを開発してきた。ムッタは何気なく発していたが、実はピコとビンスにかつてムッタと全く同じ発言をした親友がいたのである。
失敗を恐れず挑戦することの大切さを説いたムッタの考え方と、ムッタの発言をきっかけに親友の事を思い返したピコとビンスの表情がとても印象的なセリフだ。

「宇宙服は俺らの味方だ」

純粋に宇宙に憧れていた子供の頃のことを思い出させるムッタ(奥)

ヒビトは月での重大事故の後遺症によって、宇宙服を着るとPD(パニック障害)を起こし呼吸困難など様々な症状が現れるようになってしまった。ロシアの英雄的飛行士であるイヴァンやNASAの仲間たちの協力によって徐々に症状を克服できたヒビトは、宇宙飛行士たちをまとめる存在であるバトラーに宇宙飛行士への復帰試験開催を懇願し了解を得た。
しかしNASAからの帰り道、タクシーでうたた寝していたヒビトはPDの症状が出てしまう。どうしようもなく不安に陥ったヒビトは、「絶対に知らせずに治してやろう」と誓っていたムッタにPDの事を打ち明けたのである。

ヒビトから相談事を受けることなどめったになかったムッタは訝しがるが、PDの話を聞かされ内心大きな衝撃を受ける。それでもムッタは「今度PDの症状が現れそうになったらPD(プリティードッグ)め、って呟いてやれ」とアドバイスする。プリティードッグとはヒューストンで流行しているパグが主役のアニメで、「PDの症状が現れる前にパグの飼い犬アポの間抜け面を思い出すだろう」とのムッタなりの励ましだった。
酒場を出た後ムッタは買い物に行くと言ってヒビトと別れる直前、「タクシーで症状が出たことで不安になっているだろうが、俺はむしろ安心したぞ」と話しかける。訝しがるヒビトに対してムッタは「宇宙服着てるかどうかは発作と関係ないってことだろ。子供のころからの憧れだったじゃねーか。宇宙服は俺らの味方だ」と続ける。ムッタの言葉を聞いて安心したヒビトは、帰り道のタクシーの中で行きとはうって変わり笑顔で帰路についた。
ムッタなりの不器用な優しさが詰まった名セリフである。

「We are ”Space brothers”(僕たちは“宇宙兄弟”です)」

地球の見える場所で生み出されたムッタの最高の名言

月面でヒビトとの再会を果たしたムッタは、一息遅れてジョックやフィリップと医師のクジョーが遠隔操作するブギー、「マクシム4」のメンバーと合流する。そして改めてヒューストンに「無事会うことができた」と伝えると、キャプコム(管制官)のビンスから今の心境を尋ねられた。ムッタは「なんて言ったらいいのか」と前置きしつつ、「宇宙に来てから地球を眺めるたびに、関わってきたたくさんの人たちに仲間以上の気持ちを抱えてきた。それが今ヒビトと再会し、マクシム4と出会えたことによって何なのか分かりました。”We are space brothers”(僕たちは”宇宙兄弟です”)」と述べたのである。ムッタの言葉を聞いた管制室のメンバーたちは笑顔と拍手で盛り上がり、”兄弟”たちを祝福した。

念願であった弟ヒビトとの再会を地球が見える場所で果たし、作品タイトルでもある「宇宙兄弟」がムッタの口から語られた感動の一言である。

南波日々人(ヒビト)の名言・名セリフ/名シーン・名場面

「宇宙に行くの夢なんだろ。諦めんなよ。もし諦め切れるんなら、そんなもん夢じゃねえ」

ムッタ(左)の合格を信じて疑わないヒビト(右)はあえて強い言葉で発破を掛ける

「日本人初の月面着陸者に選ばれたヒビトの兄」というプレッシャーは想像以上に大きなもので、ムッタは思うように実力が発揮できないまま第二次審査を終了する。そして宇宙でミッションをこなす飛行士のために用意された支援プログラムにより、ムッタはヒビトに呼ばれてヒューストンでしばらくの間生活することとなった。様々な訓練をこなしてたくましく成長するヒビトの一方で、自信の持てないムッタは暗澹たる気持ちで毎日を過ごす。
さらに追い打ちをかけるようにJAXAの選行員がムッタの元職場に電話を掛け、上司に頭突きをして退職した事を知られてしまった。後輩からその事実を知らされ落ち込むムッタは、ヒビトに「92%俺落ちた。日本に帰ったら別の仕事探すわ」と告げる。続けて「昔JAXAの髪がふさふさした人が言ってたろ。強い運が必要だって。ドーハの悲劇生まれの俺に運はないんだよ」と諦めていた。
ヒビトは「何万人といるドーハの悲劇生まれの人は誰も願いが叶わないっていうのかよ。宇宙に行くの夢なんだろ。諦めんなよ。もし諦めきれるんならそんなもん夢じゃねえ」と言葉を返す。ムッタの合格を信じて疑わないヒビトが放った、印象深い深いセリフだ。

ヒビトがムッタに送ったメール

宇宙についたベストタイミングに送られてきたヒビトのシンプルなメール

airlifing
airlifing
@airlifing

Related Articles関連記事

宇宙兄弟(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

宇宙兄弟(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『宇宙兄弟』とは2007年に講談社『モーニング』にて連載がスタートした、小山宙哉による漫画及び、原作を基にしたアニメ作品。大人気を博し、のちにアニメ及び実写で映画化されている。「兄弟二人で宇宙飛行士になる」という幼いころの約束。弟は夢をかなえて宇宙飛行士になっていた。いつしか夢をあきらめて別の道に進んだ兄六太(ムッタ)のもとへ、もう一度宇宙へのチャンスがやってくる。宇宙飛行士になるまでの過程や施設、訓練、ミッションの様子など、宇宙の魅力がふんだんに詰め込まれた作品である。

Read Article

銀魂(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

銀魂(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「銀魂」(実写版)は、2017年7月に公開された福田雄一監督による日本映画。空知英秋作画の漫画「銀魂」の実写化作品で、原作の長編「紅桜編」がベースです。「紅桜編」は、妖刀紅桜を利用して国の転覆を目論む鬼兵隊と、それを阻止しようとする主人公坂田銀時と仲間たちの戦いを描いたもの。原作はSF時代劇コメディです。実写版はそれを忠実に再現し、ギャグ満載、時にほろりとさせる内容になっています。

Read Article

銀魂2 掟は破るためにこそある(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

銀魂2 掟は破るためにこそある(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「銀魂2 掟は破るためにこそある」とは、2018年8月に公開された、空知英秋原作の漫画「銀魂」を実写化した日本映画です。2017年公開「銀魂」の続編で、前作に続き監督は福田雄一、主演は小栗旬が務めています。前作とほぼ同じメインキャストで臨んだ本作は、原作で人気の長編「真選組動乱編」と、ギャグ色の強い「将軍接待編」をドッキングさせた内容。「真選組動乱篇」は真選組の参謀伊東鴨太郎の謀反を中心にした物語、「将軍接待編」は、万事屋がバイトするキャバクラに徳川茂茂がやってきて起きる騒動を描いたものです。

Read Article

ソードアート・オンラインII(SAO II)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンラインII(SAO II)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンラインIIは、川原礫(かわはられき)が電撃文庫で連載中のライトノベル及びそれらを原作としたアニメ作品でソードアート・オンラインの続編。時はVRゲームが普及した2020年代。ゲーム内の死が現実になるデスゲーム「SAO」から生還した主人公・キリトは、デスガンというプレーヤーに撃たれた者が現実世界で変死を遂げている噂を耳にし、その謎を解明すべくガンゲイル・オンラインにダイブする。

Read Article

ソードアート・オンライン(SAO)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンライン(SAO)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンラインは、川原礫(かわはられき)が電撃文庫で連載中のライトノベル。およびそれを原作としたアニメ作品。VRMMORPG、ソードアート・オンライン(SAO)が発表された2022年。ユーザー達は仮想世界に埋没していくが、SAOの正体はゲーム内での死が現実になる命懸けのデスゲームだった。開発者の思惑によりログアウト不能となった世界で、主人公のキリトは現実世界に戻るべく、死闘を繰り広げる。

Read Article

ヲタクに恋は難しい(ヲタ恋)のネタバレ解説・考察まとめ

ヲタクに恋は難しい(ヲタ恋)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヲタクに恋は難しい』とは、作者のふじたがイラストサービスのpixivにて投稿を開始した漫画である。 2014年4月にウェブコミックとしてpixivに1作目が投稿され、2015年4月にはpixivで公開されている作品と描き下ろしを含めた単行本が一迅社より発行されている。略称は「ヲタ恋」。主人公桃瀬成美はオタクだが周囲に隠している。転職先で幼馴染で見た目はいいが重度のゲームオタクの二藤宏嵩と再会し、成り行きから付き合うことになる。

Read Article

聖☆おにいさん (中村光)のネタバレ解説・考察まとめ

聖☆おにいさん (中村光)のネタバレ解説・考察まとめ

『聖☆おにいさん』とは、中村光による宗教ジョーク漫画作品である。同作を元に、OVA・アニメ映画作品が制作されている。2016年12月22日、実写ドラマ化の発表があった。 キリスト教の教祖・イエスと、仏教の教祖・ブッダが東京立川のアパートでバカンスを楽しむ日々を軸に、ドタバタコメディが繰り広げられる。

Read Article

マギ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

マギ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

中東をモチーフにした魔導冒険ファンタジー「マギ」は、作者の大高忍(おおたかしのぶ)が週刊少年サンデーで連載している漫画作品。古の滅びた世界から干渉を試みる謎の組織「アルサーメン」の暗躍により滅びの兆しを見せ始める世界で、創世の魔法使い「マギ」の少年・アラジンは、迷宮攻略を目指すアリババらと出会い、世界の異変や悲劇、戦争を止めるべく奔走していく。

Read Article

冴えない彼女の育てかた(冴えカノ)のネタバレ解説・考察まとめ

冴えない彼女の育てかた(冴えカノ)のネタバレ解説・考察まとめ

『冴えない彼女の育てかた』とは丸戸史明によるライトノベル、およびそこから派生する漫画、アニメ、ゲーム作品。 物語の主人公とあるオタク高校生が、とある少女をメインヒロインとした同人ゲームを作るためにサークルを立ち上げる。好きなことには熱中するその性格で、メンバー内のもめごとや納期、ライバル同人サークルとの対立など、様々な困難を乗り越えながら奮闘する物語。

Read Article

アルドノア・ゼロ(Aldnoah.Zero)のネタバレ解説・考察まとめ

アルドノア・ゼロ(Aldnoah.Zero)のネタバレ解説・考察まとめ

『アルドノア・ゼロ』とは、A-1 Pictures・TROYCAによって共同制作されたオリジナルロボットアニメーションである。分割2クールで、第1クールは2014年7月から9月まで、第2クールは2015年1月から3月まで放映された。 地球人と火星人の戦争を描いている。地球人である界塚伊奈帆と地球人でありながら火星人に仕えるスレイン・トロイヤード、この2人の主人公と火星の皇女が戦争の行方を大きく変えていく。

Read Article

灰と幻想のグリムガル(Grimgar)のネタバレ解説・考察まとめ

灰と幻想のグリムガル(Grimgar)のネタバレ解説・考察まとめ

『灰と幻想のグリムガル』とは、十文字青によるライトノベル小説が原作となった、アニメ作品。 小説は2013年より刊行、アニメは2016年1月より全12話構成で放送された。 また『月刊ガンガンJOKER』にて、2015年5月号から2016年7月号まで漫画も連載されている。 ある日突然グリムガルという異世界で目を覚まし、名前以外の記憶がなくなってしまった若者たちの冒険の物語。

Read Article

リング0 バースデイ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

リング0 バースデイ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『リング0 バースデイ』とは、2000年に公開された日本のホラー映画。『リング』『らせん』『リング2』に続くリングシリーズ完結編である。原作者・鈴木光司原作の短編集『バースデイ』に収録されている『レモンハート』の映画化。生前の貞子の悲恋と悲惨な最期を描く。昭和43年、母・志津子が亡くなってから東京の劇団に所属していた18歳の山村貞子、彼女の身に起きた悲劇の数々。激しい呪いの秘密の全てが明かされる。仲間由紀恵が後のおぞましい姿から想像もできない生前の可憐な貞子を好演。

Read Article

マスカレード・ホテル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

マスカレード・ホテル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『マスカレード・ホテル』とは、東野圭吾が書いた人気小説『マスカレード・ホテル』を原作とした大ヒット映画である。木村拓哉主演の映画で、長澤まさみや小日向文世、渡部篤郎など豪華キャストがそろっている。物語は予告連続殺人事件の捜査のために、警視庁の刑事たちがホテル・コルテシア東京に潜入捜査をする。エリート刑事の新田はフロントクラークとして同じホテルの仕事をする山岸と共に、次々とホテルに来る怪しい宿泊客の対応をしていく。誰が殺人事件を起こそうとしている犯人なのかを突き止めていくミステリー映画。

Read Article

ソードアート・オンライン(SAO)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ソードアート・オンライン(SAO)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ソードアート・オンライン』とは、架空のフルダイブ型バーチャルリアリティーオンラインゲームを舞台にした川原礫によるライトノベル、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 本作は2009年より連載の続くライトノベルのアニメ化第一弾であり、アインクラッド編は剣技で戦う世界で、続くフェアリィ・ダンス編は剣と魔法で戦う妖精世界が舞台となっている。 剣と魔法による命がけの戦いからは数多くの名言が生まれ、本作の持つ世界観は類似のVRMMORPGを舞台にした作品群にも多大な影響を与えた。

Read Article

ゴジラvsコング(モンスターバース)のネタバレ解説・考察まとめ

ゴジラvsコング(モンスターバース)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴジラvsコング』とは、“怪獣王”ゴジラと“髑髏島の巨神”コングの熾烈な戦いを描いた、2021年公開のハリウッド映画。2014年から続く『モンスターバース』シリーズの四作目である。 あらゆる怪獣の王として君臨するも、人類に対しては中立の立場を取っていたゴジラ。しかしある時巨大企業エイペックス・サイバネティクスの本社がゴジラに襲われる。人類はゴジラに匹敵する力を持つコングを唯一の対抗手段と目して様々な計画を進めていくが、その裏には世界の覇者にならんとする者たちの邪悪な思惑が隠されていた。

Read Article

重版出来!(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

重版出来!(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『重版出来!』とは2012年から松田奈緒子が小学館『月刊!スピリッツ』に連載中の青年漫画。週刊コミック誌『バイブス』の編集部を舞台に、主人公の漫画編集者・黒沢心が一癖も二癖もある漫画家たちや出版業界に関わる様々な業種の人々と一冊の本を生み出すため奮闘するお仕事漫画。2016年には黒木華主演でTBS系列にてドラマも放映。脚本は映画『図書館戦争』シリーズなどで知られる野木亜紀子。後に『逃げるは恥だが役に立つ』、『アンナチュラル』などのヒット作も手掛ける。

Read Article

亜人ちゃんは語りたい(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

亜人ちゃんは語りたい(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『亜人ちゃんは語りたい』とは、ペトスによる漫画及びA-1 Pictures制作のアニメーション作品。人間とは少し違う体質を持った「亜人」と人間が共存する世界の日常物語。主人公で高校教師の「高橋鉄男」は亜人に対して興味を持っていたが、人生でまだ一度も亜人と出会ったことが無かった。しかし新学期が始まると「小鳥遊ひかり」「町京子」「日下部雪」「佐藤早紀絵」の4人の亜人に出会った。

Read Article

劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(SAO OS)のネタバレ解説・考察まとめ

劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(SAO OS)のネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(SAO OS)』とは、川原礫が手がける電撃文庫の代表作『ソードアート・オンライン』の劇場アニメ作品である。本作は、ゲーム内で死亡すると現実でも死亡するデスゲームを乗り越えた主人公のキリトこと桐ヶ谷和人とその仲間たちが、AR(拡張現実)を用いたオンラインゲーム「オーディナル・スケール」の裏で蠢く陰謀に立ち向かう物語を描いている。

Read Article

翔んで埼玉(映画・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

翔んで埼玉(映画・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『翔んで埼玉』とは、魔夜峰央によるギャグ漫画作品、およびそれを原作としたコメディ映画作品である。。二階堂ふみやGACKTを始め、豪華なキャスト陣が本気でふざけた内容が大きな話題となる。埼玉県民が東京都民に虐げられてきた架空の世界が舞台となり、埼玉解放を求めて他の県を巻き込みながら全面戦争へと発展していく。

Read Article

HERO(2007年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

HERO(2007年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「HERO」とは2007年9月8日に公開された日本の映画作品。2001年にフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の映画版。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2007年の日本映画興行収入第1位 (81.5億円)を記録した。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が傷害致死事件を通して大物代議士の疑惑に関わることになる。

Read Article

HERO(2015)のネタバレ解説・考察まとめ

HERO(2015)のネタバレ解説・考察まとめ

「HERO」とは2015年7月18日に公開された日本の映画作品。2001年に第1期、2014年に第2期としてフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の劇場版2作目。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2015年の日本映画興行収入第3位 (実写映画では第1位) を記録 (46.7億円)。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が不審な交通事故を通して大使館の疑惑に関わることになる。

Read Article

HERO(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

HERO(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『HERO』とは、第1期が2001年に、第2期が2014年にフジテレビ系で放送された、検察をテーマにした日本のテレビドラマシリーズ。木村拓哉が主演を務め、自身の正義と価値観で捜査を行う型破りな検事・久利生公平と彼を支える検察事務官、同僚検事たちの活躍を描いている。その他、2006年にドラマ特別編が、2007年には劇場版がそれぞれ制作され、2015年には劇場版第2作が制作された。第28回ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞を受賞した。

Read Article

隣人13号(隣13)のネタバレ解説・考察まとめ

隣人13号(隣13)のネタバレ解説・考察まとめ

『隣人13号(隣13)』とは井上三太原作の日本のサイコホラー漫画である。通称『隣13(りんじゅうさん)』と呼ばれている。いじめと解離性同一障害(二重人格)をテーマにしており、カリカチュア化された描き方や個性的な脇役などが特徴な作品である。後に小栗旬(十三)・中村獅童(13号)の主演で実写映画化された。建設作業員の村崎十三は小学生の頃いじめられていた。同級生の赤井トールに硫酸をかけられ、顔を焼かれた。その瞬間から臆病な十三の中に凶暴な別人格「13号」が誕生した。13号は赤井に復讐を目論んでいた。

Read Article

バクマン。(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

バクマン。(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『バクマン。』とは、大場つぐみと小畑健による漫画を原作とするアニメ作品。 2010年よりNHK教育テレビにて第1シリーズ~第3シリーズ、全75話が放送された。 高い画力を持つ『真城最高』と文才と発想に長けた秀才の『高木秋人』を主人公とし、二人の少年がコンビを組んで漫画家を目指していく道のりを描いた作品である。 多くの漫画関係の固有名詞が実名で使用されるなど、リアル志向な作品。

Read Article

愛の渦(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

愛の渦(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『愛の渦』(映画)とは劇団「ポツドール」の主宰者であり劇作家として活躍中の三浦大輔が監督を務めた、セックスが題材の成人向け映画作品である。戯曲『愛の渦』は岸田國士戯曲賞受賞。待望の映画化に注目が集まった。舞台はとあるアパートの一室。そこはセックスを目的に集まった男女が乱交パーティーを行う裏風俗だ。集まったのはニートや女子大生、保育士にサラリーマンと見ず知らずの男女10名。肉欲に溺れる男女と交錯する人間模様を浮き上がらせた、セックスがテーマの映画となっている。

Read Article

岳(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

岳(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『岳』とは2003年より『ビッグコミックオリジナル』にて連載が開始された石塚真一による漫画、および原作を基にして作られた映画のことである。山岳遭難救助隊の新人として配属された女性警察官と山を愛する山岳救助隊員との交流を中心として、山を愛する人々の想いや成長過程が細やかに描かれている。美しさだけではなく、時には人間に容赦なく襲い掛かる自然の驚異を体感させてくれる山愛に満ち溢れた作品だ。

Read Article

バクマン。(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

バクマン。(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『DEATH NOTE』のコンビ、原作・大場つぐみ、作画・小畑健によって、2008年から2012年まで「週刊少年ジャンプ」に連載された大ヒットコミックの実写映画化作品。監督は大根仁、音楽はサカナクションが担当。漫画家を志す二人の高校生、作画担当の最高(佐藤健)と原作担当の秋人(神木隆之介)がコンビを結成し、週刊少年ジャンプ連載の頂点を目指して悪戦苦闘する日々を描く。2015年10月東宝系公開。

Read Article

世界から猫が消えたなら(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

世界から猫が消えたなら(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『世界から猫が消えたなら』とは日本で作成されたドキュメンタリー要素のあるファンタジー作品である。2012年に発行された原作の『世界から猫が消えたなら』は、翌年の2013年に本屋大賞にノミネートされた。そして2016年3月に単行本と文庫本を含めた累計発行部数が101万5000部になり、同年の5月に映画が公開された。自分の身の周りから物が消え、それに関連した人間関係も同時に消えていく体験をするストーリーでは、主人公とともに人生において大切なものに気付くことができる映画となっている。

Read Article

大豆田とわ子と三人の元夫(まめ夫)のネタバレ解説・考察まとめ

大豆田とわ子と三人の元夫(まめ夫)のネタバレ解説・考察まとめ

『大豆田とわ子と三人の元夫』とは、2021年にフジテレビ系火曜21時枠で放送された松たか子主演のドラマである。第76回文化庁芸術祭で優秀賞を受賞。大豆田とわ子は三度の離婚歴がある女性。周囲からは「バツ三なんだって」「人間的に問題があるのかね」という好奇の目で見られている。離婚した三人の元夫達にも振り回される日々。それでも「幸せになることを諦めていない」大豆田とわ子と元夫たちの奮闘を描く。本当の幸せを掴めるのか。これからの元夫達との関係は。新感覚のロマンティックコメディーである。

Read Article

舞妓Haaaan!!!(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

舞妓Haaaan!!!(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『舞妓Haaaan!!!』とは、宮藤官九郎が脚本を手がけたコメディ映画である。主人公の鬼塚(おにつか)は舞妓の美しさに魅了され、お茶屋遊びにあこがれていた。しかし京都の茶屋はどこも「一見さんお断り」のため、鬼塚はツテを頼ってなんとか茶屋に入ろうとする。そして贔屓の舞妓・駒子(こまこ)やライバルの内藤(ないとう)、元カノの富士子(ふじこ)等、周りの人物を巻き込みドタバタ劇が繰り広げていく。この作品は鬼塚という舞妓へ異常な執着を持った強烈キャラが、日常を忘れて大笑いさせてくれる映画になっている。

Read Article

アヒルと鴨のコインロッカー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

アヒルと鴨のコインロッカー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『アヒルと鴨のコインロッカー』とは、吉川英治文学新人賞に輝いた伊坂幸太郎の同名小説を基にした2007年公開の日本のミステリー映画。主人公の椎名は引っ越し先で隣人の河崎という男から、隣の隣に住むブータン人のために「本屋を襲撃して広辞苑を奪いたい」と誘われる。奇妙な誘いに戸惑う椎名だったが、本屋襲撃の手伝いをすることになる。やがて明らかになる2年前の出来事。過去の物語と現在の物語が交錯する中で椎名が見た真実とは。映像化が困難とされている作品を原作の複雑な伏線やトリックを巧みな描写でまとめた。

Read Article

MIU404(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

MIU404(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『MIU404』とは、性格が全く違う二人の刑事が日本の社会問題に立ち向かいながら事件解決を目指す、警視庁機動捜査隊を舞台としたテレビドラマである。臨時部隊として新設された第4機捜に召集された刑事が志摩一未と伊吹藍だ。二人は相反する性格ながら、様々な事件に相棒として立ち向かうことになる。斬新なストーリーと共に、二人の刑事がバディとして絆を深めていく姿も目が離せない作品だ。

Read Article

DESTINY 鎌倉ものがたり(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

DESTINY 鎌倉ものがたり(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『DESTINY 鎌倉ものがたり』とは、2017年に公開された映画で、西岸良平の人気コミック『鎌倉ものがたり』を実写映画化したファンタジー作品である。監督は、日本アカデミー賞最優秀賞を受賞した山崎貴。主演に堺雅人と高畑充希を迎え、ほかにも大物俳優が勢揃いしている。ストーリーは魔物や幽霊が一緒に生活するという鎌倉が舞台。夫婦の周りでは奇妙な出来事が起こり、自分たちの謎が解き明かされていく作品だ。夫婦の絆を感じることができる温かい映画作品である。

Read Article

罪の声(小説・漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

罪の声(小説・漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『罪の声(映画)』とは塩田武士の同名小説を2020年に土井裕泰監督、小栗旬主演で映画化されたサスペンス映画である。1984年に実際に起こった「グリコ森永事件」を題材にした、フィクションでありながらも限りなく事実に近い作品としてサスペンスフルに仕上がっている。実際の事件でも犯人が使用した「子供の声」を中心に、自分の声が使われていたことを知ってしまった人物と過去の大事件の犯人を追うジャーナリストの2人の視点から犯人を追い詰めていく物語である。

Read Article

目次 - Contents