おそ松さん(Mr. Osomatsu)のネタバレ解説まとめ

『おそ松さん』とは、赤塚不二夫の漫画「おそ松くん」を原作にしたアニメーション作品。キャッチコピーは「成長しても、やっぱりバカ」。「おそ松くん」では子供だった六つ子おそ松・カラ松・チョロ松・一松・十四松・トド松は、成長し大人になるが童貞のニートになってしまう。六人は実家暮らしをしながら、今日も働かずにダラダラと過ごす。「おそ松くん」でお馴染みのイヤミ・チビ太・トト子・ハタ坊・デカパン・ダヨーンも登場。ナンセンスでシュールなギャグコメディ。

キャバクラ「猫やしき」

トティ美

CV:入野自由

お金が貯まらず、一発逆転したいという気持ちからキャバクラ「猫やしき」の面接を受ける。
本当はアイドル活動のようなことがしたかったが、猫やしきでは一発芸や物真似などバラエティ番組でやるようなことばかりやらされてしまう。
その後求人トラックで風俗求人のBANANA(元ネタはバニラ)のテーマソングを歌って踊るアイドルグループを作り、大人気になり本来の狙い通り一発逆転を果たした。

一松店長

CV:福山潤

猫やしきの店長。
お店では一発ギャグ・大喜利・物真似・箱の中見はなんでしょう・バンジージャンプ・野生のワニとキス、などをサービスしている。
トティ美にはリアクション芸人の様な事ばかりをやらせ、できないと言うトティ美に「最初はみんなそう言うんだよ~。でも大丈夫。慣れるから」と言う。
トティ美の作ったグループでは唯一の男性メンバー。

他のキャラクター

十四美(左)おそ美(右)

チョロ松(左)カラ松(右)チビ太(真ん中)

イヤミ(左)ダヨーン(左から二番目)デカパン(右)ハタ坊(右から二番目)

トティ美のアイドル活動を見て仲間になったキャラクター。
じょし松さんとは違うデザインと設定の六つ子の女体化キャラクターが出てきた。
六つ子の他にもイヤミたちも女体化で現れた。
名前はおそ美と十四美以外は不明。

『おそ松さん』の用語集

赤塚不二夫

漫画家。原作「おそ松くん」の作者。
2008年8月2日に死去。
おそ松くん以外には「ひみつのアッコちゃん」「天才バカボン」などの有名作品を手がけた。
本作では六つ子達の生みの親でもあり、松野家には赤塚先生の写真が飾ってある。

おそ松くん

「おそ松くん」とは赤塚不二夫とフジオ・プロによる漫画作品。
1962年に初発表され、アニメ第1作は1966年に放送、アニメ第2作は1988年に放送。
本作「おそ松さん」は27年ぶりのアニメ化となった。
六つ子に個性はなく全員同じ服・同じ顔・同じ性格をしている。

松野家

六つ子の住む家。実家。
夫・松造、妻・松代、長男・おそ松、次男・カラ松、三男・チョロ松、四男・一松、五男・十四松、六男・トド松が住んでいる。
夫妻はキッチンのテーブルで、六つ子は丸いちゃぶ台でご飯を食べている。
お風呂はあるかどうか分からないが、六つ子はいつも近所の銭湯へ行っている。
寝る時は六つ子は六つ子の部屋で大きな横長の布団で六人で並んで眠り、夫妻は違う部屋で一緒に寝ている。

これでいいのだ

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

27年の時を経て再びアニメ化!!「おそ松くん」と「おそ松さん」キャラクターと声優一挙紹介!

1966年に第1作、そして1988年に第2作とアニメ化され放送されていた赤塚不二夫原作「おそ松くん」 が大人に成長した姿で27年ぶりにアニメ化され話題となった「おそ松さん」! 今回は「おそ松くん」、「おそ松さん」の登場キャラクターと歴代のアニメ制作スタッフをご紹介します!

Read Article

深夜枠放送名作アニメの悲喜こもごも

「何で深夜枠…何ですぐ終わる…」そう思わせる名作漫画「アニメ化作品」の数々。規制のせいか!?などと短絡的に思ってしまいましたが、カンタンに録画で見られる時代です。それに名作はアニメになったって名作…とは限らないのが、原作ファンにとっては哀しいところ。せっかく色や音、動きがつくのだから原作並みのクオリティで突っ走ってほしいものです。

Read Article

なんだコレ!(褒め言葉)『おそ松さん』の一風変わったグッズまとめ

放映開始から各方面お騒がせな『おそ松さん』。6つ子が着ているパーカーが即時完売したため転売屋が横行したり、はたまた同人誌イベントで暴動一歩手前の騒ぎが起きたりと話題に暇がありません。そんな中そろそろ出揃った感のある『おそ松さん』グッズから、ちょっと「アレ」な感じを集めました。※2016年1月までの物を限定しまとめました。【修正及び加筆…4/1】

Read Article

《あなたの好みはどれ?》アニメに登場する女子(男子少し)キャラたちと制服まとめ(クイズもあるよ!)

アニメに登場する女子キャラたちの制服は、現実の飾らない制服よりも、遥かに華やかで特徴的で可愛らしいですよね。カラフルなものからファッションセンスにこだわったもの、シンプルだけどどこか趣があるものから、どれも印象的です。そしてもはや、その制服を見ただけで原作がなにかわかってしまうほどです。今回はそんなアニメに登場する女子たちの制服をあれこれまとめてみました。

Read Article

ぐるなびにて連載のエッセイ漫画【田中圭一のペンと箸-漫画家の好物-】をご存知ですか?

田中圭一先生と言えば、漫画界の巨匠・手塚治虫先生の絵柄で下ネタギャグな作風を確立したパイオニア。その田中先生が現在webサイト「ぐるなび」にて、漫画家ご本人とそのご家族にまつわる“食”にスポットを当てたエッセイ漫画を連載しており、これが大変おもしろい!ですのでこちらでは、田中先生の作品を通して、ご自身も漫画家や他分野で活躍されているご家族も紹介させて頂きます。

Read Article

今更ながら『おそ松さん』を深読みする(最終回ネタバレあり)

深夜枠の放送ながら何かと話題の『おそ松さん』。「ギャグ漫画の巨匠の作品」。そのネームバリューだけではない快進撃ですが、何だか単なるギャグではなく、風刺の香りがプンプンしますね。ものすごく今更ですが、第1話をはじめいろいろと振り返って、色々と考察というか深読みして行こうかと思います。「本当に今更だな!」とチョロ松兄さんからツッコミが入ろうとも。

Read Article

【おそ松ラブライブ】高クオリティなコスプレで踊ってみた動画【ジョジョニャル子ほか】

個人がダンスを披露する「踊ってみた」動画は、今やニコニコ動画のメインジャンルと言えるでしょう。その中でも「コスプレ」をして踊る動画は、作品の世界観を半分現実で体感できる「2.5次元」の世界として人気を博しています。見ているだけで楽しい気持ちになる「コスプレで踊ってみた」動画を集めてみました。

Read Article

おそ松さんの公式女体化『じょし松さん』6人の喪女像がリアルすぎる件について

3/25ついに最終回を迎えた人気ギャグアニメおそ松さん。 その13話で初登場となった、六つ子を女体化した『じょし松さん』たち。 松野家の6つ子たちと同じ声優さんが演じている為オネエキャラのようなキモカワな魅力 で話題となりましたが、それだけではないリアルな『喪女』っぷりを 振り返ってみます。

Read Article

目次 - Contents