おそ松さん(Mr. Osomatsu)のネタバレ解説まとめ

『おそ松さん』とは、赤塚不二夫の漫画「おそ松くん」を原作にしたアニメーション作品。キャッチコピーは「成長しても、やっぱりバカ」。「おそ松くん」では子供だった六つ子おそ松・カラ松・チョロ松・一松・十四松・トド松は、成長し大人になるが童貞のニートになってしまう。六人は実家暮らしをしながら、今日も働かずにダラダラと過ごす。「おそ松くん」でお馴染みのイヤミ・チビ太・トト子・ハタ坊・デカパン・ダヨーンも登場。ナンセンスでシュールなギャグコメディ。

地下アイドルをするにゃーとトト子は面識があり、お互いにライバル視している。
にゃーはトト子を突き放し辛辣な言葉を投げかけ、トト子の方もにゃーに遠慮がない言葉をかける。
仲が良いとは言えない二人であるが、第二期では一緒に居るシーンが増え、トト子はにゃーに友情を感じている描写がる。
にゃーの方も絡んでくるトト子を嫌がるが、最終的にはトト子の悩み相談は聞いてあげるなど、ライバルながら関係性が築かれつつある。
しかし最終的には言い争いの喧嘩になり、殴り合いのキャットファイトになってしまう。
チビ太は屋台で喧嘩されて困ったり、女性に幻想を抱くチョロ松は女のリアルな喧嘩を見てしまい叫ぶなど、他人にも被害が及ぶ。
トト子には友達が「おそ松くん」に出てくるキャラクター即ち異性しかいないようで、同性は自分よりブスだと見下しがちなトト子も、無意識で同性の友達を欲しているのかもしれない。

『おそ松くん』から登場しているサブキャラクター達の活躍

本作の一番の見所は六つ子であるが、「おそ松くん」から居残るサブキャラクター達の活躍も見所である。
それぞれ個人のピックアップ回があり、シリアス回でもギャグ回でも登場し、時には味方時には敵になって活躍する。
また六つ子ともそれぞれ関わり合いがあり、おそ松とトト子・イヤミ、カラ松とチビ太、十四松とデカパンは何度かコンビで登場する。
六つ子抜きではイヤミとチビ太は「おそ松くん」からの名コンビであり、おそ松さんでも良く一緒に居る所が描かれる。
デカパンとダヨーンも同じく「おそ松くん」からのコンビで、おそ松さんでは非常に仲良しな描写が多々ある。
ハタ坊は友達が欲しいと六つ子とイヤミを除くレギュラーキャラ達に話し、全員でハタ坊を励ますといった話もある。
第二期最終話ではトト子・チビ太・ダヨーン・デカパン・ハタ坊が地獄まで六つ子を迎えに行くシーンがあり、サブキャラ達が力を合わせて主人公を助けるという王道の展開がある。
「おそ松さん」では六つ子に新しい設定が入ったからこそ、原作が「おそ松くん」であることを強く残すサブキャラクターの存在は必須なのである。

第一期と第二期の対比

第一期24話では、弟達は全員六つ子であることを止め家を出て行ってしまい、一人取り残されたおそ松は満月を見ていた。そして同じ満月を六つ子たちも同じく一人きりで見ているのだった。

第一期と第二期では対比して描かれる話がある。
例えば第一期第一話と第二期第一話、第一期ではアイドルF6になった架空の六つ子が描かれ、第二期では堕落した汚い六つ子とそれを受けてちゃんとした架空の六つ子が描かれる。
第一期では「カラ松事変」「一松事変」、第二期では「チョロ松事変」がある。
第一期で登場した十四松の彼女は、第二期では別の時空の話としてイルカの調教師として登場。
第一期では番外編だった実松さんが、第二期では六つ子と絡む。
第一期のじょし松さんは第二期では大々的には出てこなくなり、サブキャラとして登場し、別のキャラデザのじょし松さんが登場。
第一期24話「手紙」は、チョロ松が突然一人で就職をし、ギスギスした雰囲気で兄弟がバラバラになってしまうという物語。
第一期25話ではそれまでのシリアスを全てぶち壊し、なんらかの選抜に選ばれるという荒唐無稽の展開へ。
この時チョロ松が持っていた、恐らくおそ松への手紙は原因不明の発火で無くなってしまう。
第二期24話「桜」は、六つ子が自分達の意思でニートを止め、円満な雰囲気でありながら、結果バラバラになってしまうという物語。
第二期25話ではイヤミの乗ったヘリコプターが松野家に落ち、六つ子が全員死んでしまうという展開へ。
この時おそ松が弟達に何かを言おうとしていたが、結局それがなんだったのか死んでしまったため本人も忘れてしまい不明なまま。

一期24話放送後、六つ子がニートを止めるというシリアス且つギスギスした展開に心が痛くなるファンが続出した。
二期24話放送後も同じように心を痛める人が多かったが、前回とは違い円満なのに辛いという少し方向性の違う悲しさがあった。
しかし両方とも最終回でシリアスをぶち壊して行き、おそ松さんらしい最終回だったと言える。

第二期24話では、アルバイトを始めて初給料を貰うおそ松を他所に、イヤミたちがいつも通り馬鹿な事をはじめる。本来だったらおそ松のその中にいるはずであったが、まともになってしまったおそ松はもうイヤミたちとは距離があるのであった。

『おそ松さん』の名シーン・名場面

幻の第一話

第一話は白黒映像の「おそ松くん」から始まり、再アニメ化を喜ぶ六つ子やイヤミたち。
昭和顔の自分達は時代についていけないのではと心配するチョロ松に、おそ松は人気が出るための作戦があるという。
カラー映像に切り替わり、イケメンアイドルになった六つ子がステージ上で歌い、観客席の女性ファンは大熱狂。
そしてヒロインをトト子にした逆ハーレム学園物になり、少女漫画又は乙女ゲームのノリでトト子はイケメンになった六つ子・F6にチヤホヤされる。
するとイケメンになったイヤミやハタ坊たちも現れる。
しかし突如巨人化したチビ太が登場し、どんどん話はめちゃくちゃになってしまう。
様々な人気作品のパロディで暴走する各々に対し一人止めに入るチョロ松であったが、このアニメはもうダメだと絶望する。
画面は白黒に戻り、おそ松くんたちは再アニメ化という難題に迷走し、出口のない迷宮へ迷い込んでしまった。
そのまま数十年が経ち、映像はカラーに変わる。
やることも見つからず、童貞でニートのまま大人になったおそ松たちは「おそ松くん」から「おそ松さん」になった。

第一話はパロディが多かったためか、ネット配信や再放送では放送されず、DVD・BDにも収録されていない。

デリバリーコント

本作は一話の中にサブタイトルがいくつか詰め込まれた形式で放送。
一期二期通してシリーズとなっているのがこの「デリバリーコント」。
コントを見せられる対象者一人の前に何処からともなく二人一組で現れ、手を上げながら「○○と○○の、デリバリーコント!」と宣言し、唐突にコントを始める。
話のモチーフは世界の童話で、「本当は○○な~(作品名)」というタイトル。
チョロ松と十四松でイソップ物語、トド松とダヨーンで赤ずきんちゃん、おそ松と一松で鶴の恩返し、カラ松と十四松でヘンゼルとグレーテル、トト子とにゃーで白雪姫がコントをした。
第一期ではコントを見せられた者が次のコント担当になっていたが、第二期からはその法則がなくなった。
見せられたものは感想に困って絶句したり、無視したり、転んだり、泣いたりなど特に良い思いはしない。

第5話「カラ松事変」

六つ子はチビ太のおでん屋で飲食をするが、毎回踏み倒す。
いい加減頭に来たチビ太は翌日カラ松を誘拐し、身代金を要求しようと松野家に電話をかける。
始めに電話に出たのはおそ松であるが、寝ぼけていたため直ぐに切ってしまう。
続いて電話に出たのは十四松であるが、「カラ松を海で誘拐した」「満潮になると死ぬ」という話を「カラ松が海で妖怪にされ、浣腸されて死ぬ」と勘違いする。
十四松に代わってチョロ松が電話に出て正しく意味が通じるが、チョロ松以外の六つ子は誰一人カラ松を心配せず、焦りもしなかった。
しかしそのチョロ松も、母・松代が持ってきた梨を前にすっかりカラ松の事を忘れてしまうのであった。
気まずくなったチビ太はカラ松を居酒屋に連れて行き、家に帰るかと聞く。
カラ松は何も喋らなかったが、チビ太に人一人誘拐して家族が興味示さねぇなんて予想できなかったと言われて、梨に負けたと号泣しはじめた。
チビ太はカラ松にリベンジしようと話し、カラ松がいなくなったらどんだけ寂しいか兄弟達に分からせてあげようと言う。
カラ松は松野家の前で火あぶりにされ、チビ太はメガホンでカラ松がどうなってもいいのかとおそ松たちに呼びかける。
すると窓が開いて、おそ松たち五人は煩いと言わんばかりに各々に物をカラ松に投げつけた。
絶句するチビ太は、気絶したカラ松と燃え盛る炎を眺めた後、炎を消しカラ松を道路に寝かせ、その場を去って行った。

第5話「エスパーニャンコ」

一松は人と話すがの苦手で、代わりに猫とは心を通わせていた。
そんな一松を思って十四松は、一松と一松に懐いている猫をデカパンの元へ連れて行く。
猫の気持ちが分かれば猫とも話が出来るんじゃないかという十四松に、デカパンはそういう薬があると薬を取り出した。
そんな薬は必要ないと言う一松であるが、一松が使わないのならこの場で薬を割ると言われ、薬を使ってみる事にした。
しかし薬はお尻に注射するものであり、猫は注射を怖がる一松を庇って自分が注射を受けてしまう。
すると猫は人間の気持ちが分かる「エスパーニャンコ」になり、副作用で人間の言葉も喋れるようになった。
エスパーニャンコは人の本心をそのまま口にする事は出来るが、自分の気持ちなど自由には喋れないようである。
一松はエスパーニャンコと喋るよう十四松に促されるが、いいと突っぱねてしまう。
それを見たおそ松たちは猫となら友達になれると思っていたのにと呟く。
その言葉を聞いた一松は友達なんかいらないと言うが、エスパーニャンコは一松の心を読み「本当はそんな事思ってないけど」と言う。
一松の毒のある言葉は全てエスパーニャンコによって本心を見抜かれていく。
一松は本当は友達が欲しいが自分に自信がなく、人と距離を縮めるのが怖い、猫が友達だと楽だし傷つかない、でも友達がいなくても皆(六つ子)が居れば良い、と思っていたことがおそ松たちに知られてしまうのであった。
全て真実であるが故にイラついた一松はエスパーニャンコを怒鳴りつけ、エスパーニャンコは松野家の外へ飛び出していった。
エスパーニャンコは街の人々の建前を壊し本音を暴いてしまうが故に、人々から怒りを買い、石を投げつけられ追いかけられてしまう。
一松はふと通りかかったゴミ捨て場から猫の声が聞こえ、ゴミ袋を退かして見るがそこに居たのはエスパーニャンコとは違う猫であった。
おそ松・チョロ松・トド松はエスパーニャンコを探していたが見つからず、公園で座っていた一松にどうしたいかおそ松が尋ねる。
一松は飼っていたわけでもないからもう関係ないと強がり、おそ松たちが立ち去ろうとすると、ボロボロに汚れた十四松がエスパーニャンコを抱いて現れた。
十四松はエスパーニャンコを一松に手渡し、エスパーニャンコは十四松の気持ちを読み取って「ごめん」と口にする。
一松は「俺もごめん」と言い、エスパーニャンコを抱きしめた。
おそ松・チョロ松・一松・十四松・トド松は夕日の中、家に帰って行くのであった。
その背中をズタボロになったカラ松が涙ながらに見つめ「扱いが違ぁう!」と叫んだ。

この話は「カラ松事変」から続いており、五話前半の「カラ松事変」が五話後半の「エスパーニャンコ」のオチになっている。

第7話「トド松と5人の悪魔」

アイダとサチコに接触する兄弟達を物凄い顔で見るトド松。トド松には人当たりの良い表面と腹黒い内面の二つの人格が混在するのであった。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

27年の時を経て再びアニメ化!!「おそ松くん」と「おそ松さん」キャラクターと声優一挙紹介!

1966年に第1作、そして1988年に第2作とアニメ化され放送されていた赤塚不二夫原作「おそ松くん」 が大人に成長した姿で27年ぶりにアニメ化され話題となった「おそ松さん」! 今回は「おそ松くん」、「おそ松さん」の登場キャラクターと歴代のアニメ制作スタッフをご紹介します!

Read Article

深夜枠放送名作アニメの悲喜こもごも

「何で深夜枠…何ですぐ終わる…」そう思わせる名作漫画「アニメ化作品」の数々。規制のせいか!?などと短絡的に思ってしまいましたが、カンタンに録画で見られる時代です。それに名作はアニメになったって名作…とは限らないのが、原作ファンにとっては哀しいところ。せっかく色や音、動きがつくのだから原作並みのクオリティで突っ走ってほしいものです。

Read Article

なんだコレ!(褒め言葉)『おそ松さん』の一風変わったグッズまとめ

放映開始から各方面お騒がせな『おそ松さん』。6つ子が着ているパーカーが即時完売したため転売屋が横行したり、はたまた同人誌イベントで暴動一歩手前の騒ぎが起きたりと話題に暇がありません。そんな中そろそろ出揃った感のある『おそ松さん』グッズから、ちょっと「アレ」な感じを集めました。※2016年1月までの物を限定しまとめました。【修正及び加筆…4/1】

Read Article

《あなたの好みはどれ?》アニメに登場する女子(男子少し)キャラたちと制服まとめ(クイズもあるよ!)

アニメに登場する女子キャラたちの制服は、現実の飾らない制服よりも、遥かに華やかで特徴的で可愛らしいですよね。カラフルなものからファッションセンスにこだわったもの、シンプルだけどどこか趣があるものから、どれも印象的です。そしてもはや、その制服を見ただけで原作がなにかわかってしまうほどです。今回はそんなアニメに登場する女子たちの制服をあれこれまとめてみました。

Read Article

ぐるなびにて連載のエッセイ漫画【田中圭一のペンと箸-漫画家の好物-】をご存知ですか?

田中圭一先生と言えば、漫画界の巨匠・手塚治虫先生の絵柄で下ネタギャグな作風を確立したパイオニア。その田中先生が現在webサイト「ぐるなび」にて、漫画家ご本人とそのご家族にまつわる“食”にスポットを当てたエッセイ漫画を連載しており、これが大変おもしろい!ですのでこちらでは、田中先生の作品を通して、ご自身も漫画家や他分野で活躍されているご家族も紹介させて頂きます。

Read Article

今更ながら『おそ松さん』を深読みする(最終回ネタバレあり)

深夜枠の放送ながら何かと話題の『おそ松さん』。「ギャグ漫画の巨匠の作品」。そのネームバリューだけではない快進撃ですが、何だか単なるギャグではなく、風刺の香りがプンプンしますね。ものすごく今更ですが、第1話をはじめいろいろと振り返って、色々と考察というか深読みして行こうかと思います。「本当に今更だな!」とチョロ松兄さんからツッコミが入ろうとも。

Read Article

【おそ松ラブライブ】高クオリティなコスプレで踊ってみた動画【ジョジョニャル子ほか】

個人がダンスを披露する「踊ってみた」動画は、今やニコニコ動画のメインジャンルと言えるでしょう。その中でも「コスプレ」をして踊る動画は、作品の世界観を半分現実で体感できる「2.5次元」の世界として人気を博しています。見ているだけで楽しい気持ちになる「コスプレで踊ってみた」動画を集めてみました。

Read Article

おそ松さんの公式女体化『じょし松さん』6人の喪女像がリアルすぎる件について

3/25ついに最終回を迎えた人気ギャグアニメおそ松さん。 その13話で初登場となった、六つ子を女体化した『じょし松さん』たち。 松野家の6つ子たちと同じ声優さんが演じている為オネエキャラのようなキモカワな魅力 で話題となりましたが、それだけではないリアルな『喪女』っぷりを 振り返ってみます。

Read Article

目次 - Contents