響け!ユーフォニアム(Sound! Euphonium)のネタバレ解説まとめ

A52cdbaf

武田綾乃による小説、及びそこから派生したアニメ、漫画作品。
2013年12月にシリーズ一作目となる『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ』が刊行。
京都府宇治市の高校を舞台に、吹奏楽に青春をかける男女の姿を描いた作品。
アニメは2015年4月から第一期(全13話)が、2016年10月から第二期(全13話)が放送された。

『響け!ユーフォニアム』概要

京都府宇治市が舞台に、吹奏楽部に全力で取り組む高校生達の青春を描く。
弱小吹奏楽部に新しい顧問や吹奏楽経験者の一年生達が加入した事をきっかけに、部員達は人間的にも演奏者としても成長していく。
高校生ならではの恋愛、葛藤、受験などが絡み合いながらも、「全国大会」という目標に向け吹奏楽に打ち込む。

『響け!ユーフォニアム』のあらすじ・ストーリー

第一期

北宇治高校吹奏楽部はかつて強豪と呼ばれる高校だった。しかし今となってはすっかり落ちぶれ、かつての強豪としての姿はどこにも見えなかった。
主人公の黄前久美子(おうまえ くみこ)は中学時代吹奏楽部でユーフォニアムを演奏していたが、北宇治高校吹奏楽部の新入生歓迎の演奏を聴き、そのレベルの低さに驚きを隠せなかった。
悩みながらもクラスメイトの川島緑輝(かわしま さふぁいあ)、加藤葉月(かとう はづき)とともに入部。そこで久美子は、中学吹奏楽部のチームメイトである高坂麗奈(こうさか れいな)と再会する。中学時代に関西大会出場を逃し、全国出場を目指していたため悔しがる麗奈に、久美子は「本当に全国に行けるとおもっていたのか」という言葉を投げかけてしまう。それが心無い言葉だったと自覚する久美子は、気まずさから麗奈になかなか声をかけられずにいた。
そんな時、吹奏楽部の新しい顧問として滝昇(たき のぼる)が着任した。滝は部員達に「全国大会出場を目指すか、無理なく楽しい部活にするか」という二択を迫った。
全国大会を目指すことに決まってからは副部長の田中あすか(たなか あすか)や中世古香織(なかせこ かおり)らを中心に全国大会を目指し、厳しい練習の日々が始まった。

そんな中久美子は完全に麗奈と和解し、トランペットのソロパートオーディションで揉める部内でも麗奈の味方であり続けると誓う。久美子と麗奈はお互い一番の理解者になり、全国に行きたいという情熱や、恋愛の悩みなども語り合うようになる。
必死で練習を繰り返し、パートオーディションで二年生の中川夏紀(なかがわ なつき)とメンバーの座を争い、見事勝ち取る。先輩を差し置いて出場する事に複雑な心境を覚えるも、夏紀に背中を押された久美子は覚悟を決める。
しかしコンクール本番が近付く中思うように上手く演奏できず、練習時に一部演奏から外されてしまう。そのあまりの悔しさに、「上手くなりたい!」と涙ながらに叫び、中学時代の麗奈の悔しさを理解した。
何とか本番までに苦手だった部分を克服し、外された部分も演奏できるようになる久美子。そして中学時代に突破できなかった京都府大会。完璧な演奏を披露し、見事金賞を獲得。さらに関西大会へと進出も決め、北宇治高校吹奏楽部は歓喜に包まれるのであった。

第二期

滝のスパルタ指導や、メンバーのオーディション等を乗り越え京都府大会を突破した北宇治高校吹奏楽部。
8月の関西大会を目前にし、練習は更に激しさを増していく。
そんな中、去年退部した二年生の傘木希美(かさき のぞみ)が再入部を求めてやってきた。しかしあすかはそれを頑なに拒み続け、何度でも会いに来ると言っている彼女を拒絶する。同じく二年生で、中学時代から希美の親友だった鎧塚みぞれ(よろいづか みぞれ)は希美との再会で体調を崩してしまう。吹奏楽部では一年前、当時の一年生が三年生の不真面目さに耐えられず一気に退部者が増えるという事件が起きていた。希美もその時の退部者の一人だった。
みぞれはその時に何の相談もせず希美が退部を決めてしまったことから、自分が取り残されたと感じ今でも彼女の存在がトラウマになってしまっていたのだった。だからこそそれを知るあすかは再入部を断り続けていたのだ。
他の部員の助けもあり事情を理解したみぞれは希美と和解。あすかも再入部を認め、希美はサポートメンバーとして吹奏楽部の全国出場を支えることとなる。

目標である全国大会出場を決めた北宇治高校吹奏楽部だったが、副部長のあすかが母親から受験に専念するように強要され、部活を休みがちになってきた。
あすかは、こんな状態の自分では部に迷惑をかけると言い、退部を申し出る。
それでもあすか復帰を諦めきれない部員達に対し滝は「期限までに田中さんが戻れない場合、代わりに中川さんに演奏してもらいます」と告げる。
こんな形で退部する事をどうしても納得できない久美子は涙ながらにあすかを説得する。心動かされたあすかは、覚悟を決め「全国模試での優秀な結果」を盾に母親を説得し部活に戻ってきた。全国大会での金賞はかなわず、三年生達は引退していく。久美子は、あすかや吹奏楽、ユーフォニアムに対する感情の変化に気づいていくのだった。

『響け!ユーフォニアム』の登場人物・キャラクター

黄前 久美子(おうまえ くみこ)

9b1b2672 s

CV:黒沢ともよ

一年生。担当はユーフォニアム。
中学で吹奏楽をやっていたが、高校に入ってからは吹奏楽を続けるか迷っていた。特にユーフォニアムはあまり好きではなく、違う楽器に挑戦するつもりだったがユーフォニアム経験者であることが部内でばれ、結局再びユーフォニアムを演奏することになる。
物事に対してややドライな傾向があり、麗奈からはしばしば「性格が悪い」と言われる。
吹奏楽、ユーフォニアムに対して大きな思い入れはなかったが。しかし練習やコンクール、麗奈やあすかとの関係を経て物語終盤では「ユーフォニアムが大好き」であると自覚。

高坂 麗奈(こうさか れいな)

37c5f4b5 s

CV:安済知佳

一年生トランペット担当。滝昇とは昔から知り合いで、尊敬の念とともに恋愛感情も抱いている。
トランペットの腕前は確かで、コンクールのソロパートオーディションでは三年生の中世古香織からソロパートを勝ち取っている。
オーディションの際には香織の取り巻き達から敵視されていたが、やがて麗奈の本気さを周りも認めるようになった。
今では部内で久美子とはお互い一番の理解者。

川島 緑輝(かわしま さふぁいあ)

654634543543s

CV:豊田萌絵

一年生で、久美子のクラスメイト。コントラバス担当。
「サファイア」という名前にコンプレックスを感じており、自分の事は「みどり」と呼んでほしいと周囲には話している。
吹奏楽の名門「聖女中等学院」でコントラバスを演奏していた。

加藤 葉月(かとう はづき)

B4b7b0dd48e580afaaef298dcb46fc71

CV:朝井彩加

一年生。久美子のクラスメイト。担当はチューバ。
吹奏楽は初心者で、音を出すまでにも非常に苦労した。
明るい性格で、ムードメーカー的存在。

田中 あすか(たなか あすか)

20150415114932

CV:寿美菜子

三年生、副部長。明るく、ユーフォニアムについて語らせると止まらなくなる。
しかしその反面、実際は何を考えているのか分からない人物。
全国大会直前、受験に専念させたいと考えた母親の反対により退部を申し出た。しかし部のメンバーや久美子の必死の説得により帰ってくる。

滝 昇(たき のぼる)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

CLANNAD(クラナド)のネタバレ解説まとめ

『CLANNAD』とはゲームブランド"Key"が制作した恋愛アドベンチャーゲーム、及びそこから派生したアニメ作品。 坂道の上にある学園に在籍する不良学生・岡崎朋也が、様々な人と人との"絆"を通して成長していく作品。 2004年4月28日に全年齢対象のPCゲームとして発売され、その後2007年10月4日より京都アニメーション制作によるテレビアニメが放送開始された。

Read Article

Free!(フリー)のネタバレ解説まとめ

「Free!」とは、おおじこうじによる小説『ハイ☆スピード!』を原案とした、京都アニメーション製作のテレビアニメ。原案小説で描かれた小学生時代の出来事を元に高校生になった彼たちの男子水泳部での日々を描く。自然豊かな岩鳶町を舞台とした水泳と青春と絆の物語。 一期では競泳を通じて仲間との絆をつなぐ姿、二期では高校三年生になった主人公たちの進路の問題や夢へ向かう姿など更なる成長がリアルに描かれた。

Read Article

けいおん!!(K-ON!!)のネタバレ解説まとめ

けいおん!!(K-ON!!)はまんがタイムきららに連載されていたかきふらいによる四コマ漫画を原作とするアニメの、2010年4月から2010年9月まで放送された第2期である。1期は感嘆符が一つだけだったが、2期では二つ表記されている。 単行本第3巻以降の「3年生編」がベースになっており、メインキャラクター達の卒業までのストーリーが描かれる。

Read Article

NEW

氷菓(Hyouka)のネタバレ解説まとめ

氷菓とは米澤穂信の小説「古典部シリーズ」をアニメ化したもの。省エネを信条とする主人公「折木 奉太郎」はひょんなことから「古典部」に入部することとなる。好奇心旺盛なヒロイン「千反田 える」、中学生からの腐れ縁「福部 里志」と「伊原 摩耶花」、彼ら4人が神山高校を舞台に数々の事件を推理していく青春学園ミステリー。 アニメは2012年4月から9月まで放送された。

Read Article

小林さんちのメイドラゴン(Miss Kobayashi’s Dragon Maid)のネタバレ解説まとめ

「小林さんちのメイドラゴン」はクール教信者による漫画作品を原作とするアニメーション。放送時期は2017年1月12日から2017年4月6日。「ドラゴンでメイド」という、異色のヒロイン・トールと作品の主人公・小林さんの日常を描いた作品。 酔いに酔った小林は山奥に一人で侵入し、トールと出会う。酔った勢いでトールに「うちに来るか?」と尋ねたことから小林は彼女をメイドとして雇うことになる。

Read Article

けいおん!(K-ON!)のネタバレ解説まとめ

『けいおん!』はまんがタイムきららに連載されていた、かきふらいによる四コマ漫画が原作のアニメ。 音楽経験の全く無かった高校生平沢唯と個性的な仲間達が織りなす、ほのぼのとしていながらも時折ふっと切なくなる空気系青春バンドストーリーである。 劇中でキャラクター達が結成するバンド「放課後ティータイム」の楽曲のクオリティの高さも相まって社会現象にもなった。

Read Article

日常(Nichijou)のネタバレ解説まとめ

『日常』とは、あらゐけいいちのギャグ漫画、及び2011年に京都アニメーションで製作されたアニメーション作品。2012年にはNHKで再放送された。原作漫画は2015年に完結。時定高校に通う「相生祐子」「長野原みお」「水上麻衣」「東雲なの」などのキャラクターを中心に日常を描いた作品。日常と言うタイトルでありながら日常では起こらないような、シュールで疾走感のあるギャグが描かれる。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第2話『戻ってこない』)のネタバレと感想・考察・動画放送情報まとめ

ヴァイオレットは自動手記人形の見習いとして仕事を始める。しかし、人の心を察することが出来ないヴァイオレットは大きな失敗をしてしまう。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第2話『戻ってこない』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想、考察、動画放送情報を紹介。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第3話『あなたが、良き自動手記人形になりますように』)のネタバレと感想・考察・動画放送情報まとめ

ヴァイオレットは自動書記人形育成学校へ通い始めた。タイピングや、学科は優秀な成績を残すが、代筆の授業では上手くいかなかった。そんな時、ヴァイオレットは隣の席になったルクリアが秘めた兄への想いを知る。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第3話『あなたが、良き自動手記人形になりますように』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想、考察、動画放送情報を紹介。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第1話『「愛してる」と自動手記人形』)のネタバレと感想・考察・動画放送情報まとめ

戦場で重傷を負い療養をしていたヴァイオレットの元に軍の関係者であったホッジンズが訪ねてくる。ヴァイオレットは戦場で別れた上官の安否を尋ねる。ヴァイオレットは上官からある言葉を残されていた。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第1話『「愛してる」と自動手記人形』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想、考察、動画放送情報を紹介。

Read Article

【随時更新】ヴァイオレット・エヴァーガーデン(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』とは、暁佳奈によるライトノベル作品。京都アニメーションによりアニメ化された。京都アニメーションが開催している「京都アニメーション大賞」で初めて大賞を受賞した。心を持たない少女・ヴァイオレット・エヴァーガーデンは、大切な人に残された言葉を理解するため、「自動手記人形」と呼ばれる代筆屋の仕事に就く。

Read Article

アニメライブの先駆者!ゆるゆるアニメなのに大ヒットしたけいおんの魅力に迫る!

2009年4月深夜帯でテレビアニメの放送が開始されると、作中に登場する楽器や楽曲にも注目が集まるなどの大きな反響があった「けいおん!」 その反響は数字としても現れており、テレビアニメ第1期の終了時点で、ポスターなども含めた関連商品の点数は200点以上におよび、TBSの番組としては最多であった『ROOKIES』の103点を倍近く上回っています!そんな「けいおん!」の魅力について考察していきます!

Read Article

目次 - Contents