長編だけじゃないんですよ!?ピクサーの傑作短編アニメーション4選

Pixarshort scene2

作品発表するごとに大ヒットを飛ばすピクサーですが、短編でも傑作アニメを世に送り出してるんです。『ティン・トイ』『ニック・ナック』『ゲーリー爺さんのチェス』『ワンマンバンド』の4作をご紹介します。

『ティン・トイ』(1988年)

この時代に、既にCGアニメーションです。内容は、というと大泣きする赤ちゃんをあやそうとする、太鼓叩きのおもちゃが主人公。機嫌が直った赤ちゃんは立ち上がってそのおもちゃを追い回しますが、「生命の危機」を感じたおもちゃは逃げ回ります。よく見ると、ソファの下には大量のおもちゃたちが隠れていたという。

www.nicovideo.jp

さすがにCG技術は拙く赤ちゃんはお世辞にもかわいいと言えませんでしたが、おもちゃの奮闘ぶりがナイスでした。途中で両者の目的が逆転し、おもちゃが赤ちゃんの気を引こうとする脚本、さすがは『トイ・ストーリー』の母体となっただけのことはあります。単純な起承転結劇が微笑ましい一作です。いろんな意味で赤ちゃんが怖いですけど。

『ニック・ナック』(1989年)

おもちゃ主役アニメ第二弾(?)。スノードームの雪だるまがどうにか脱出を試みるというお話。何故って、「外の世界」にはかわいい子もいるし、何だか楽しそうだもの・・・。

OK、まずそれをどこで手に入れたかを聞こう。

「その爆発物とかどこから持ってきたんだい?」というディズニーあるあるをこれでもかと使って脱出しようとする雪だるま。意外な突破口を見つけますが・・・?

『ゲーリーじいさんのチェス』(1997年)

これは結構有名ですね。劇中の老人は『トイ・ストーリー2』におもちゃの修繕職人として登場したようですが、こちらの作品では怖いんだかかわいいんだか、よく分からない世界観を作り上げています。

深いのか、頭空っぽにして楽しめばいいのか。とりあえずチェスのルールは分かっているようですがこのお爺さんまさか・・・いや単なる「一人チェス」好きか、近々誰かと対戦するんでその練習でもしてるんでしょう、ね。いろんなこと想定してるのかもしれませんこの人。

『ワンマンバンド』(2005年)

大分CG 技術も上がってきました。一人で多くの楽器を演奏する大道芸人が、噴水にコインを入れようとする少女に演奏を披露し、「お代はこちら」とばかりに容器を足で差し出します。最初はそちらに向かった少女ですが、「俺のが上だぜ」とばかり、もう一人の大道芸人が。

大道芸人の本気ぶり、少女の豹変ぶりにご注目。

大道芸人たちの使用する楽器及びそのギミックがすごいです。一番すごいのは少女なんですけどね。本性出してからが。

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

カーズ/クロスロード(Cars 3)のネタバレ解説まとめ

2017年7月15日に公開されたピクサー映画。ブライアン・フィーの初監督作品。大人気カーズシリーズの第3弾。ベテランレーサーとなったライトニング・マックィーンがシーズン最後のレースで最新テクノロジーを追及した次世代レーサーたちのスピードに圧倒され大クラッシュをしてしまう。「人生の岐路(クロスロード)」に立たされ仲間や新しい相棒に支えられながら運命の決断を迫られる物語。

Read Article

トイ・ストーリー(Toy Story)のネタバレ解説まとめ

ピクサー製作、ジョン・ラセター監督による長編アニメ映画。人間の目がない所でおもちゃが動くという設定に、独自の味付けが成されています。古いカウボーイ人形のウッディは、新しくやって来た宇宙飛行士人形バズにより持ち主の「一番のお気に入り」の座を奪われます。その逆恨みが元で様々な困難に見舞われるのでした。厳しい現実をユーモラスに描きつつ、友情や冒険の要素も盛り込んだ、大人も子供も楽しめる作品です。

Read Article

トイ・ストーリー2(Toy Story 2)のネタバレ解説まとめ

ジョン・ラセター監督による、生きたおもちゃたちの冒険を描くアニメ映画の2作目。アンディ少年の親友、カウボーイ人形のウッディは、実はプレミア人形。おもちゃ屋の社長にビジネスの道具として持ち去られた上、オフィスのおもちゃ達からいずれ持ち主から忘れられると聞き、帰るべきか迷います。一方、アンディの部屋では捜索隊が組まれてウッディの救出に向かうのでした。前作以上に見せ場もメッセージも盛り込まれています。

Read Article

カーズ(Cars)のネタバレ解説まとめ

「カーズ」は2006年6月9日に公開のピクサーによって制作された長編アニメーション映画作品。第64回ゴールデングローブ賞アニメーション映画賞を受賞。車の世界を舞台にした圧倒的なスケールとスピード感溢れる映像、そして温かい物語のラスト。名曲も多いと話題の映画。期待のレーシングカー、ライトニング・マックィーンが小さな町の住人たちとの出会いをきっかけに大切なものを学び成長していく物語。

Read Article

トイ・ストーリー3(Toy Story 3)のネタバレ解説まとめ

ピクサーによる生きたおもちゃの物語3作目です。おもちゃで遊ばなくなったアンディと、遊んでほしいおもちゃたち。大学に同行するカウボーイ人形のウッディ以外は、捨てられたと思い込んで保育園に寄付される道を選びます。そこが、おもちゃの楽園に見せかけた地獄だとも知らずに。容赦ない展開と冒険に手に汗握る、それでいて爽快にして感動の物語です。ジョン・ラセター製作総指揮、リー・アンクリッチ監督。

Read Article

カーズ2(Cars 2)のネタバレ解説まとめ

2011年7月30日公開の大人気カーズシリーズの第2弾。ピクサー映画で「トイ・ストーリー」シリーズ以外で初めての続編長編作。ジョン・ラセターとブラッド・ルイスの共同監督。カーズの主人公「ライトニング・マックィーン」が仲間たちと一緒にワールド・グランプリに出場する。初めてレースについてきた親友の「メーター」がスパイと間違われ悪の組織と闘うことになる。メーターが大活躍する友情がテーマの物語。

Read Article

モンスターズ・インク(Monsters, Inc.)のネタバレ解説まとめ

ディズニーとピクサー製作の長編3DCGアニメーション映画。公開前から、ユニークで愛らしいキャラクターが脚光を浴び、2001年、全米で記録的な大ヒットとなった。夜な夜な子どもたちを脅かすくせに実は子どもが大の苦手というモンスターたち。彼らの世界に小さな女の子が紛れ込んだことから巻き起こる騒動を友情と愛情を織り交ぜてコミカルに描く。ベテランアニメーター、ピート・ドクターの初監督作品。

Read Article

『モンスターズ・ユニバーシティ』の「ロアー・オメガ・ロアー」は「嫌な連中」か?

『モンスターズ・ユニバーシティ』に登場する悪役というかライバルキャラの「ロアー・オメガ・ロアー」。二次創作などで人気を誇っているようですが、作中では「嫌なエリート集団」にしか見えません。でもよくよく考えれば、やっぱり魅力もあるし、憎めないんですよね。

Read Article

Contents