『モンスターズ・ユニバーシティ』の「ロアー・オメガ・ロアー」は「嫌な連中」か?

Original

『モンスターズ・ユニバーシティ』に登場する悪役というかライバルキャラの「ロアー・オメガ・ロアー」。二次創作などで人気を誇っているようですが、作中では「嫌なエリート集団」にしか見えません。でもよくよく考えれば、やっぱり魅力もあるし、憎めないんですよね。

『モンスターズ・ユニバーシティ』及び「ロアー・オメガ・ロアー」とは

子供の悲鳴をあらゆるエネルギーとするモンスターワールドを舞台とした『モンスターズ・インク(劇中で登場する会社の名前にもなっています)』の続編にして前日譚です。子供たちに悲鳴を上げさせる「怖がらせ屋」を多く輩出する名門大学モンスターズ・ユニバーシティ(以下MU)が舞台となります。「怖がらせ学部」は難関中の難関で、子供や学生たちの憧れの的。学内には様々なサークルが存在しますが、「ロアー・オメガ・ロアー」(以下ロアー)は怖がらせ学部でも特に優秀な学生で構成されているようです。

「ロアー・オメガ・ロアー」メンバー紹介

学期末試験以降のメンバーの紹介。

ジョニー・ワーシントン

ロアーのリーダーです。初登場時からエリート風吹かせまくりで、吹き替え版の声もその性格を表しているようでした。前作の主人公の一人、サリーことジェームズ・サリバンを一旦は勧誘しますが、勉強不足による成績不振からロアー象徴ともいえるトレーナーを「預かり」、サリーが怖がらせ学部から追われるやそのまま追放。見た目のかわいいマイクを子馬鹿にしてましたし、彼とサリーが所属する「ウーズマ・カッパ」(気はいいけど、間抜けた連中の集まり。以下OK)をわざわざパーティーに呼んで恥をかかせ、「恥ずかしい写真」を新聞の記事にしたり、シャツにプリントして売ったりしていました。

201403112242497fa

しかし声はカッコイイ・・・。

Cdwaivduaaae vy

「恥ずかしい写真」です。

チェット・アレキサンダー

ジョニーに心酔してるのか何なのか、しょっちゅう一緒にいては太鼓持ち的な印象を与えます。下衆いことやってる割に、何か子供っぽい無邪気さを感じるんですよね・・・。サリー再勧誘時の「いつでも声かけてくれよ」セリフとか。根は悪い奴じゃないと思いたいです。「恥ずかしい写真」を撮って、ジョニーと一緒にTシャツ売りまくってても。

Chetalexander

彼にとってジョニーは「ヒーロー」です。

ハビエル・リオス

一言もしゃべらなかった&むっつりしたままの・・・甲殻類なのか虫なのかよく分からないモンスターです。某所では「イケメン」だと人気です。結果を見るためとはいえ、サリーのテスト用紙をひったくったり少々強引なところがありますが。

Javier rios

・・・・・・・・・。

嫌がらせの際は楽しそうに笑ってたんですけどね。

レジー・ジェイコブス

Reggiejacobs

「俺はやったZE!」的な雄たけびの後の「え?」がかわいい・・・。

よだれが糸引いてたり、嫌がらせしたりはしましたが、何かかわいい気もするサボテンチックなモンスター。あまり頭良くなさそうに見えますが、このサークルにいる以上、成績はいいんでしょう。新入生の中に彼のそっくりさんがいたんですが、弟か妹か・・・。

チップ・ゴフ

2igfbmft

優しそうに見えますけどね。

あんまり印象に残らなかったんですが、実力は高いようです。真面目にコツコツ勉強してそう。

ランドール・ボッグス

『モンスターズ・インク』にも登場。前作ではサリーに対抗意識を燃やす「永遠の2番手」でしたが、最初は爽やか好青年で、マイクとも仲のいいルームメイトでした。しかし人気者と近づきたい、との願望が叶ったとたん掌返し。

Buhvixqcyaajcgz

じゃ、俺こっち(人気者)だから・・・。

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

トイ・ストーリー3(Toy Story 3)のネタバレ解説まとめ

ピクサーによる生きたおもちゃの物語3作目です。おもちゃで遊ばなくなったアンディと、遊んでほしいおもちゃたち。大学に同行するカウボーイ人形のウッディ以外は、捨てられたと思い込んで保育園に寄付される道を選びます。そこが、おもちゃの楽園に見せかけた地獄だとも知らずに。容赦ない展開と冒険に手に汗握る、それでいて爽快にして感動の物語です。ジョン・ラセター製作総指揮、リー・アンクリッチ監督。

Read Article

カーズ2(Cars 2)のネタバレ解説まとめ

2011年7月30日公開の大人気カーズシリーズの第2弾。ピクサー映画で「トイ・ストーリー」シリーズ以外で初めての続編長編作。ジョン・ラセターとブラッド・ルイスの共同監督。カーズの主人公「ライトニング・マックィーン」が仲間たちと一緒にワールド・グランプリに出場する。初めてレースについてきた親友の「メーター」がスパイと間違われ悪の組織と闘うことになる。メーターが大活躍する友情がテーマの物語。

Read Article

モンスターズ・インク(Monsters, Inc.)のネタバレ解説まとめ

ディズニーとピクサー製作の長編3DCGアニメーション映画。公開前から、ユニークで愛らしいキャラクターが脚光を浴び、2001年、全米で記録的な大ヒットとなった。夜な夜な子どもたちを脅かすくせに実は子どもが大の苦手というモンスターたち。彼らの世界に小さな女の子が紛れ込んだことから巻き起こる騒動を友情と愛情を織り交ぜてコミカルに描く。ベテランアニメーター、ピート・ドクターの初監督作品。

Read Article

カーズ/クロスロード(Cars 3)のネタバレ解説まとめ

2017年7月15日に公開されたピクサー映画。ブライアン・フィーの初監督作品。大人気カーズシリーズの第3弾。ベテランレーサーとなったライトニング・マックィーンがシーズン最後のレースで最新テクノロジーを追及した次世代レーサーたちのスピードに圧倒され大クラッシュをしてしまう。「人生の岐路(クロスロード)」に立たされ仲間や新しい相棒に支えられながら運命の決断を迫られる物語。

Read Article

トイ・ストーリー(Toy Story)のネタバレ解説まとめ

ピクサー製作、ジョン・ラセター監督による長編アニメ映画。人間の目がない所でおもちゃが動くという設定に、独自の味付けが成されています。古いカウボーイ人形のウッディは、新しくやって来た宇宙飛行士人形バズにより持ち主の「一番のお気に入り」の座を奪われます。その逆恨みが元で様々な困難に見舞われるのでした。厳しい現実をユーモラスに描きつつ、友情や冒険の要素も盛り込んだ、大人も子供も楽しめる作品です。

Read Article

トイ・ストーリー2(Toy Story 2)のネタバレ解説まとめ

ジョン・ラセター監督による、生きたおもちゃたちの冒険を描くアニメ映画の2作目。アンディ少年の親友、カウボーイ人形のウッディは、実はプレミア人形。おもちゃ屋の社長にビジネスの道具として持ち去られた上、オフィスのおもちゃ達からいずれ持ち主から忘れられると聞き、帰るべきか迷います。一方、アンディの部屋では捜索隊が組まれてウッディの救出に向かうのでした。前作以上に見せ場もメッセージも盛り込まれています。

Read Article

カーズ(Cars)のネタバレ解説まとめ

「カーズ」は2006年6月9日に公開のピクサーによって制作された長編アニメーション映画作品。第64回ゴールデングローブ賞アニメーション映画賞を受賞。車の世界を舞台にした圧倒的なスケールとスピード感溢れる映像、そして温かい物語のラスト。名曲も多いと話題の映画。期待のレーシングカー、ライトニング・マックィーンが小さな町の住人たちとの出会いをきっかけに大切なものを学び成長していく物語。

Read Article

目次 - Contents