ヒット作連発、世界中が魅了されるディズニー・ピクサーの世界観。

Pixarlogo

トイストーリーをはじめとしたディズニー映画を代表作としている「ピクサー」。夢と希望溢れる映画を世界に向けて発信している同社ですが、その制作現場とはどのような場所なのでしょう。さらにディズニーとの関係性、その世界観に注目してみました。

ピクサー・アニメーション・スタジオ

Pixar2 700x467

ディズニーの3D長編映画の代表作を数々発信しているピクサー・アニメーション・スタジオ。そのスタートはコンピューター・グラフィックを専門としたハードウェアの制作でした。その傍ら、コンピューターの売り上げに貢献するためにコマーシャルアニメーションを制作したことが、今の長編アニメとの成功につながっています。現在はピクサーアニメーションの長編3Dアニメーションはウォルトディズニー・ピクチャーズとの共同制作によって作られています。

ピクサーの代表作

20150720131934

世界で初めての劇場公開された長編3Dアニメーション「トイストーリー」。ピクサー映画の代表作となり、シリーズ3で感動のラストを迎えたと思っていた本作は、なんと2018年に最新作が公開予定。おもちゃの世界と、おもちゃとともに成長していく子供たちの姿は涙なくてしては見られない作品です。次作は一体どんなストーリーになっているのでしょうか。

Hkntput  400x400

モンスターの世界に迷い込んだ小さな人間の女の子とモンスターたちの交流を描いたモンスターズインク。2013年には続編も公開され、それぞれアカデミー賞にノミネートされるなど、世界中でモンスターズインクファンを魅了しています。

8837531 480x344

冒頭から涙必至の「カールじいさんの空飛ぶ家」。愛する妻を亡くし、二人で夢見た場所へ旅に出たカールじいさん。連れ合いを亡くしたことで、閉ざしてしまったカールじいさんでしたが、少年ラッセルと旅を続けることで、忘れていたことを思い出し、本来の彼を取り戻していきます。

スタジオ30周年記念ピクサー展

Pxr30 2

現在東京都現代美術館では、スタジオ創立の30周年を記念してピクサー展が開催されています。これまで公開された長編アニメーション作品を作り上げるために作られたアートワークを公開。実は長編の3D映画ができるまでには多くのアイディアやインスピレーションがピクサーのスタッフによって生み出されています。普段は公開されることのない、貴重なアートワークを見ることのできるビックチャンスです。さらにピクサーの映画に欠かすことのできない感動的なストーリ-がどのように生み出されるのか、その作業の一部も公開展示されています。

558e51bade8ff471f959342c50925aa4b81b43aa

ピクサー展を訪れれば、大好きなキャラクターにもまた会えます。一つ一つのアートワークからは、その作品の世界観や制作チームがどのような思いをキャラクターや物語に込めたのか、感じることができるでしょう。

pxr30.jp

2016年も公開作品が見逃せない!

201725

2016年夏・公開予定の「ファインディング・ドリー」。前作、ファインディング・ニモで父マーリンとともにニモを探したドリーが今度の映画の主役に大抜擢。広い海でマーリン親子にどんな冒険が待っているのか、とても楽しみな作品です。

6974815b

2015年公開された「アーロと少年」のDVDも大好評発売中。誰も独りぼっちでは生きていけない。誰かと助け合い尊さを学び、勇気をもらえるハートフルストーリー。

Seeyy
Seeyy
@Seeyy

Related Articles関連記事

モンスターズ・インク(Monsters, Inc.)のネタバレ解説まとめ

ディズニーとピクサー製作の長編3DCGアニメーション映画。公開前から、ユニークで愛らしいキャラクターが脚光を浴び、2001年、全米で記録的な大ヒットとなった。夜な夜な子どもたちを脅かすくせに実は子どもが大の苦手というモンスターたち。彼らの世界に小さな女の子が紛れ込んだことから巻き起こる騒動を友情と愛情を織り交ぜてコミカルに描く。ベテランアニメーター、ピート・ドクターの初監督作品。

Read Article

カーズ/クロスロード(Cars 3)のネタバレ解説まとめ

2017年7月15日に公開されたピクサー映画。ブライアン・フィーの初監督作品。大人気カーズシリーズの第3弾。ベテランレーサーとなったライトニング・マックィーンがシーズン最後のレースで最新テクノロジーを追及した次世代レーサーたちのスピードに圧倒され大クラッシュをしてしまう。「人生の岐路(クロスロード)」に立たされ仲間や新しい相棒に支えられながら運命の決断を迫られる物語。

Read Article

トイ・ストーリー(Toy Story)のネタバレ解説まとめ

ピクサー製作、ジョン・ラセター監督による長編アニメ映画。人間の目がない所でおもちゃが動くという設定に、独自の味付けが成されています。古いカウボーイ人形のウッディは、新しくやって来た宇宙飛行士人形バズにより持ち主の「一番のお気に入り」の座を奪われます。その逆恨みが元で様々な困難に見舞われるのでした。厳しい現実をユーモラスに描きつつ、友情や冒険の要素も盛り込んだ、大人も子供も楽しめる作品です。

Read Article

トイ・ストーリー2(Toy Story 2)のネタバレ解説まとめ

ジョン・ラセター監督による、生きたおもちゃたちの冒険を描くアニメ映画の2作目。アンディ少年の親友、カウボーイ人形のウッディは、実はプレミア人形。おもちゃ屋の社長にビジネスの道具として持ち去られた上、オフィスのおもちゃ達からいずれ持ち主から忘れられると聞き、帰るべきか迷います。一方、アンディの部屋では捜索隊が組まれてウッディの救出に向かうのでした。前作以上に見せ場もメッセージも盛り込まれています。

Read Article

カーズ(Cars)のネタバレ解説まとめ

「カーズ」は2006年6月9日に公開のピクサーによって制作された長編アニメーション映画作品。第64回ゴールデングローブ賞アニメーション映画賞を受賞。車の世界を舞台にした圧倒的なスケールとスピード感溢れる映像、そして温かい物語のラスト。名曲も多いと話題の映画。期待のレーシングカー、ライトニング・マックィーンが小さな町の住人たちとの出会いをきっかけに大切なものを学び成長していく物語。

Read Article

トイ・ストーリー3(Toy Story 3)のネタバレ解説まとめ

ピクサーによる生きたおもちゃの物語3作目です。おもちゃで遊ばなくなったアンディと、遊んでほしいおもちゃたち。大学に同行するカウボーイ人形のウッディ以外は、捨てられたと思い込んで保育園に寄付される道を選びます。そこが、おもちゃの楽園に見せかけた地獄だとも知らずに。容赦ない展開と冒険に手に汗握る、それでいて爽快にして感動の物語です。ジョン・ラセター製作総指揮、リー・アンクリッチ監督。

Read Article

カーズ2(Cars 2)のネタバレ解説まとめ

2011年7月30日公開の大人気カーズシリーズの第2弾。ピクサー映画で「トイ・ストーリー」シリーズ以外で初めての続編長編作。ジョン・ラセターとブラッド・ルイスの共同監督。カーズの主人公「ライトニング・マックィーン」が仲間たちと一緒にワールド・グランプリに出場する。初めてレースについてきた親友の「メーター」がスパイと間違われ悪の組織と闘うことになる。メーターが大活躍する友情がテーマの物語。

Read Article

『モンスターズ・ユニバーシティ』の「ロアー・オメガ・ロアー」は「嫌な連中」か?

『モンスターズ・ユニバーシティ』に登場する悪役というかライバルキャラの「ロアー・オメガ・ロアー」。二次創作などで人気を誇っているようですが、作中では「嫌なエリート集団」にしか見えません。でもよくよく考えれば、やっぱり魅力もあるし、憎めないんですよね。

Read Article

Contents