ポリス・ストーリー/香港国際警察(ジャッキー・チェン)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポリス・ストーリー/香港国際警察』とは、ジャッキー・チェンが監督・脚本・主演・武術指導を兼ねたアクション映画。
香港警察のチェン刑事は他の刑事達と共に、麻薬密売を行うチュウ率いる犯罪組織の取引現場へ潜入する、張り込みが一味にバレて銃撃戦へと展開。チェンの活躍でチュウ達を逮捕するが、更なる波乱が待ち受けていた。
現在でも、なおジャッキー・チェンのベスト作品としても人気が高い。

『ポリス・ストーリー/香港国際警察』の概要

香港版広告。

『ポリス・ストーリー/香港国際警察』(原題:警察故事、英題:Police Story)とは、ジャッキー・チェンが、監督・脚本・主演・武術指導を兼ねた1985年公開のアクション映画であり、興行的にも香港では2600万HKドルを越え、日本では19億円と大ヒットとなった。
香港警察のチェン刑事は、麻薬密売を行うチュウ率いる犯罪組織の一斉検挙の為、他の刑事達と共に麻薬取引が行わるある村へ潜入する。しかし張り込みが組織一味にバレて銃撃戦へと展開。その後チェンの活躍によりチュウ達を逮捕するが、更なる波乱展開が待ち受けていた。
本作品は、「第5回香港電影金像奨」で最優秀作品賞と最優秀アクション指導賞を受賞。その後も1980年代、1990年年代、2000年代、2010年代と役柄や内容は異なるも、長きに渡りシリーズ化された。
数多くのジャッキー・チェン主演作の中で、『プロジェクトA』(1983年)と並ぶベスト作品として取り上げられている。

『ポリス・ストーリー/香港国際警察』のあらすじ・ストーリー

決死の潜入捜査

チュウ(写真左)を逮捕するチェン(写真右)。

香港警察の刑事達が会議室に集められ、チュウ・タオ率いる犯罪組織について説明された。
チュウ・タオはナイトクラブや不動産や貿易商を経営する裏で、麻薬取引を行っている。その彼の周りには、数人の「幹部社員」という名の殺し屋達、タオの甥であるダニー・クー、クーの組織の参謀であるジョンが取り巻いていた。また最近になって秘書サリナの存在が明らかとなり、彼女がどれくらい組織について知っているかは不明だという事も説明された。刑事達に与えられた任務は、麻薬の取引現場を取り押さえて組織一味を逮捕する事である。
チェン刑事達は、組織の麻薬取引現場が行われるという村へ潜入するも、組織の手下に警察の存在がバレてしまい、その場で警察と組織との激しい銃撃戦が開始される。また逃走したチュウ達の車は、村人達の住む家を次々と壊して行く。そして車を乗り捨てて、チュウ達は走行中のバスに乗り込み逃走。そこへチェンが彼等を追跡し、チュウ達を逮捕する。チュウは鞄の中の大金をチェンに見せ、買収し逮捕を間逃れようとするも失敗、御用となる。
チュウ達は逮捕されたとはいえ、単独で勝手な行動を起こしたチェンは署長から𠮟責を受ける。一方で上層部がチェンの活躍を誉めた。そして記者会見が行われ、多くのマスコミの前でチェンは今回の事件について悠々自適に語った。その後も、チェンは「警察官の顔」としてメディアで度々取り上げられる様になった。

ぎこちない護衛と作戦

殺し屋を演じるキム刑事(写真中央)と格闘するチェン(写真左)。

その後、署長とチョウ警部は組織の秘書であるサリナを起訴しないで検察側の証人にしようと考える。ただそれにより組織側は不利となり、組織はサリナを消す可能性も出て来る。その事も踏まえて、チェンにサリナの護衛任務を命じる。一方、チュウは弁護士チョンと話し合った後、ダニーらにサリナを監視する様に命じる。サリナは護衛を嫌がるも、チェンは彼女を自宅へ送る。サリナがクローゼットを開けた瞬間、中から仮面を被った男がナイフを持って襲い掛かって来る。サリナが男に怯えるなか、チェンが駆けつけ助けようとするが、チェンと仮面の男共に動きがぎこちない。
実は仮面の男はチェンの同僚キムであり、サリナがチュウ(組織側)に不信感を抱かせる為に二人で芝居を行っていた。サリナが鈍器でキムの頭を殴り、キムはその場で倒れ失神。サリナは気絶している男の仮面を取るが知らない男だと告げた。チェンは自分達に非協力的なサリナに対し、命を落としてまで護衛はしたくないと(いう嘘を)言い、任務を放棄し帰るフリを行う。一人では身を守れないと判断したサリナは、チェンに協力すると約束する。
チェンがサリナを車に乗せて自宅へ向かう途中で、今度は本物のチュウの手下達に襲撃される。チェンは一人で数人の手下達と立ち向かうも、苦戦する。そこへサリナが銃を発砲した事で、手下達は逃げて行く。

一難去ってまた一難

怒ったメイにケーキをぶつけられたチェン。

サリナを連れて自宅に帰ったチェンを待っていたのは、彼のサプライズ誕生パーティーを準備していた恋人のメイや友人達だった。しかしサリナの姿を見たメイは、チェンが浮気をしていると勘違いし怒った挙げ句、チェンの顔にケーキをぶつけて出て行く。その後、再びメイが部屋に戻って来るも、ケーキの汚れを取る為にチェンはシャワーを浴びていて彼女の存在には気付いておらず、シャワーを浴びながらサリナにメイへの悪口を言ってしまう。そして浴室から出て来たチェンがメイの存在に気付いた時には既に遅く、メイは再び怒りチェンにケーキをぶつけその場を後にする。チェンが顔を拭いて急いで後を追いかけ、スクーターで帰ろうとしていたメイを引き止めようとするが、彼女はスクーターのエンジンをかけ、帰ろうとする。しかしチェンに鞄を引っ張られ、メイはスクーターから転倒する。メイはスクーターを起こし再び乗り込むが、今度は乗る前にエンジンをかけてしまい、スクーターに引っ張られる様な状態でその場を後にした。チェンが外に出ている間に、サリナは部屋にあった写真を見て、先程自宅にて自分に襲って来た男が写っており、その男が警察官でチェンの仲間だと知る。するとチェンに不信感を抱いたサリナは、チェンを誘惑する振りをしつつ、録音したテープの内容を消した挙げ句、部屋から逃亡。
翌日、裁判では証人となるサリナがいなくなり、チュウに対する重要な証言が取れず、チュウが麻薬取引を行った小屋から逃亡した事を立証できなかった。またチェンは、サリナの証言を録音したというテープを取り出し、法廷にて流し始める。しかし、その内容はサリナにより消されており、昨晩の色っぽいサリナの声とチェンとのやり取りが流れた。法廷内は失笑に包まれ、結局チュウは釈放される。

新たなる企み

チョン弁護士(写真中央)らと次なる作戦を考えるチュウ(写真左)。

チュウは釈放されたが、判決が下されるまでの間は自分のパスポートや銀行預金が取り上げられた状態なうえ、取引に使っていた麻薬も別の組織のもとへ流れてしまっていた。更に、チェンが未だにサリナを探し続けている事も聞く。弁護士や手下達は、もし(事件の証人となる)サリナが見つかれば、組織側が不利となると告げる。サリナを気に入っていたチュウは、彼女を殺害する事を躊躇した一方、組織と内通していた刑事ブンにチェンの殺害を命じる。

ハメられた罠

署長達の言動に逆上し銃を向けるチェン(写真左)。

チェンは情報屋から、サリナがチュウの別荘に監禁されている事を聞く。チェンが別荘に向かうと縄で縛られているサリナを見つけ助け出そうとする。しかし、その場でチュウの手下が現れ、チェンは危害を加えられる。情報屋はチュウの手下に脅されていて、仕方なくチェンに罠を仕掛ける為の情報を伝えていた。チェンは手下達に抵抗するも、目の前に現れたブンに銃を突きつけられ動揺する。しかしその直後、ダニーが(指紋をつけない様に)取り上げたチェンの銃でブンをその場で射殺する。ダニーはチェンも殺害しようとするが、チェンはスキを見てサリナと建物の屋上まで逃亡する。そしてチェンは、サリナを建物下のプールへ飛び込ませ、遠くまで逃げる様に指示する。チェンは一人、ダニーや手下達に捕らえられ、ダニーの手によりその場で気を失う。
チェンが気が付くと、原っぱにいて手元には自分の銃があった。チェンはメイに連絡を取ると、自分が殺人犯として新聞に掲載されている事を伝えられる。そして警察署に戻ると、ブンの殺害容疑が自分に掛けられ、状況証拠が揃っている状態で捜査が行われていた。チェンは署長やチョー警部達に自分の潔白を証明しようとするが、署長はチェンを第1級殺人罪で逮捕しようとする。するとチェンは逆上し、署長を人質に取って、警察署から車で逃走。人気の無い道で車を止めたチェンは、こうするしかなかったと署長に謝罪、署長もチェンの行為を赦した。そしてサリナのもとへ向かうチェンに対し、署長は気を付けて行く様にと声を掛け見送った。

組織との死闘

出典: www.banger.jp

ショッピングモールにて組織の手下と対決するチェン(写真右)。

サリナは、あるショッピングビル内でチュウに関する資料が入った鞄を盗み出すが、チュウやダニー、手下達に見つかり捕まろうとしていた。そこへチェンが駆けつけ、ダニーや手下達と激しい格闘戦を繰り広げる。その後メイが通報した警官隊も駆けつけるが、同行したメイに対し、チュウやジョン達が彼女を蹴とばす等の暴力行為を行う。それを見たチェンが怒り上階からポールを伝って下まで落ち、チュウを捕まえ割れたガラスの破片を取り、彼に突きつけようとする。その時サリナが、チュウが奪った鞄の中に彼の今までの悪事に関する資料が入っている事を告げた。
そこへ、チュウの担当弁護士であるチョンが現れ、暴力刑事等と言いチェンを批判する。その言動に怒ったチェンは拳を向けようとするが、遠くで見ていた署長やチョー警部らに止められる。しかし、横から歩み寄って侮辱してきたジョンの言葉にチェンは激怒し、彼の顔に鉄拳をお見舞いし眼鏡も叩き割る。そして隣にいたチョンの腹部や顔、更にチュウの腹部にも数発鉄拳を食らわせた。チョー警部が、チェンの行為について報告書はどう書くかと尋ねると、署長は何も見ていないと答え、その場を後にした。まだ怒りが収まらないチェンは、チュウをショッピングカートの上に飛ばし、彼を蹴り飛ばした。チュウは近くのガラスケースの上に落ち、傷だらけになった。そんなチュウに、まだ殴りかかろうとするチェンを、フランキーら同僚刑事達がもう止めろと必死に押さえていた。

『ポリス・ストーリー/香港国際警察』の登場人物・キャラクター

香港警察

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

スパルタンX(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『スパルタンX』(映画)とは、スペインのバルセロナを舞台に、トーマス、デヴィッド、そして探偵のモビーの三人が、謎の組織に誘拐された美女シルヴィアを救出すべく奮闘するコメディ・アクション映画である。また、この作品を題材にしたアーケード&テレビゲームが制作された。 本作のクライマックスで繰り広げられる、ベニー・ユキーデとの一騎打ちは、ジャッキー・チェン映画における名ファイトシーンとして多くのファンから絶賛されている。

Read Article

七福星(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『七福星』とは、サモ・ハン・キンポー監督・主演のアクション・コメディー作品で、『福星』シリーズ第3弾。『あぶない刑事』の同時上映として公開された。前作『大福星』にてヤクザ撲滅に協力したキッド(演:サモ・ハン・キンポー)ら一同は、褒美としてパタヤ旅行へ行く事となった。またその先でも思わぬ魔の手が立ちはだかっていた。一方で香港警察の刑事マッスル(演:ジャッキー・チェン)やリッキー(演:ユン・ピョウ)達は香港で捜査に乗り出していた。ジャッキー・チェンやユン・ピョウは『福星』シリーズ出演最後となった。

Read Article

香港発活劇エクスプレス 大福星(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『香港発活劇エクスプレス 大福星』とは、サモ・ハン・キンポー監督&出演による、ジャッキー・チェン、ユン・ピョウ出演によるアクション・コメディー作品であり、『福星』シリーズ第2弾。全編日本ロケで行われた。香港警察の刑事マッスル(演:ジャッキー・チェン)とリッキー(演:ユン・ピョウ)が、日本でヤクザ「かかし組」を追うが、リッキーが捕まってしまう。マッスルは香港から応援としてキッド(演:サモ・ハン・キンポー)を応援に要請し、彼の仲間達も日本へやって来て、リッキー救出と「かかし組」の撲滅に挑む。

Read Article

ファースト・ミッション(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファースト・ミッション』とは、1985年に公開されたサモ・ハン・キンポー監督、ジャッキー・チェン主演の香港映画である。刑事のフォン・シャンヤンは上司のウォン警部達と宝石の密輸を行うシンジケートの捜査を行っていた。その矢先、彼の兄シャンタクはある出来事によりシンジケートの事件に巻き込まれる事となる。監督のサモ・ハンの意向でドラマ重視の作品となったが日本公開時にはアクション場面とジャッキー・チェン歌唱の主題歌が追加された。

Read Article

タキシード(2002年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『タキシード』とは、並外れたドライブテクニックを持ったタクシー運転手のジミー・トンが、タキシードを着ることによりスーパーマンのように強化し、雇い主であるデヴリンの代わりに、ミッションを遂行するアクションコメディー映画である。ジャッキー・チェンの映画では珍しく、「タキシードを着ないと強くならない」という設定である。監督はケヴィン・ドノヴァンである。アメリカでは2002年9月27日に劇場公開され、日本では2003年3月15日に日比谷映画系列で公開された。

Read Article

ラッシュアワー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ラッシュアワー』とは、1998年にアメリカで公開されたアクションコメディー映画である。本作は公開第1週で興行収入3,300万ドルの収益を上げ、北米興収1位となった。大変好評であったため、『ラッシュアワー2』『ラッシュアワー 3』も公開される。いずれもブレット・ラトナーが監督を務めている。香港警察のリーと、ロス市警のカーターが誘拐された領事の娘を救うために協力する話である。

Read Article

サンダーアーム/龍兄虎弟(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『サンダーアーム/龍兄虎弟』は、1986年に香港で製作されたジャッキー・チェン主演のアクション映画。 冒険家のジャッキーは、友人アランから恋人のローラが邪教集団に誘拐されたと告げられる。一方で教団は、ジャッキーを利用して世界各地にある五つの「神の武具」をジャッキーに集めさせ、恐るべき力を手に入れようとしていた。 本作品での撮影中に、主演のジャッキー・チェンが頭蓋骨骨折という大怪我を負った事は有名であり、現在も彼の脳が飛び出さない様にプラスチックの栓がしてある。

Read Article

ラッシュアワー2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ラッシュアワー2』とは、2001年に公開されたアメリカで制作されたアクション・コメディ映画である。『ラッシュアワー』の続編であり、主人公は同じくジャッキー・チェンとクリス・タッカーである。全世界で3億4,730万ドルの収益を上げた。『ラッシュアワー』よりアクションシーンが多くなっている。監督は『ラッシュアワー』に引き続きブレット・ラトナーである。休暇を取り香港観光に来たカーターだったが、リーの父親を殺した犯人の捜査に協力することになり、2人は息の合ったコンビネーションで事件を解決していく。

Read Article

ダブル・ミッション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ダブル・ミッション』とはアメリカ合衆国で制作され、2010年に公開されたアクション・コメディ映画である。監督はブライアン・レヴァントであり、主人公はジャッキー・チェンが演じている。CGやスタントに頼らない、人間離れした体当たりアクションがジャッキーならではの映画となっている。主人公ボブはジリアンと結婚するために、スパイを引退するつもりでいた。ジリアンの息子・イアンが、ボブのパソコンからテロリストの極秘ファイルをダウンロードしてしまい、テロリストから狙われてしまうという話である。

Read Article

目次 - Contents