ポリス・ストーリー/香港国際警察(ジャッキー・チェン)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポリス・ストーリー/香港国際警察』とは、ジャッキー・チェンが監督・脚本・主演・武術指導を兼ねたアクション映画。
香港警察のチェン刑事は他の刑事達と共に、麻薬密売を行うチュウ率いる犯罪組織の取引現場へ潜入する、張り込みが一味にバレて銃撃戦へと展開。チェンの活躍でチュウ達を逮捕するが、更なる波乱が待ち受けていた。
現在でも、なおジャッキー・チェンのベスト作品としても人気が高い。

CV:椎橋重、谷口節、小山力也
犯罪組織のボスであるチュウ・タオの甥で、組織の中心的な行動を行っている。
組織に繋がりを持つブン刑事と共に、別荘に監禁していたサリナを助けに来たチェンを罠にかけ、銃を突き付ける。その直後、ブン刑事に銃を突き付け、彼は組織の使いっぱしりだった事を告げる。更に、チェンからも(自分の指紋を付けない様に)銃を取り上げ、ブン刑事を射殺。
チェンも殺害しようとするが、スキを見てチェンがサリナを連れて建物の屋上まで逃亡、チェン達の後を追いかける。サリナは一人、チェンの手により遠くへ逃げたなか、屋上にいたチェンを捕まえ、その場で気絶させる。そして、チェンにブン殺害容疑の疑いを掛ける。
サリナがあるショッピングビル内にてチュウに関する資料を見つけ持ち出したところへ、チュウや手下達と共に彼女の前に現れ、サリナを捕まえようとする。そこへ(ブン殺害容疑の疑いが晴れた)チェンがやって来て、彼と激しい格闘を展開し、チェンから頭突きを食らったうえにガラスケース上に投げ出された。その後、メイの通報により駆けつけた警察により、連行された。
ダニー・クー役を演じたフォン・ハックオンは、1960年代より数多くの時代劇・カンフー映画に出演した後、1980年代にはジャッキー・チェンスタントチーム「成家班」に参加し、『サイクロンZ』(1988年)や『奇蹟/ミラクル 奇蹟』(1989年)等に出演、スタントや武術指導としても活躍。2000年代に入っても、チャウ・シンチー主演『カンフー・ハッスル』(2004年)といった作品に顔を出していたものの、 2016年3月に食道がんで死去。

チョン弁護士(演:デヴィッド・ラウ・チイ・ウィン)

CV:中田浩二、金尾哲夫、大川透
チュウの担当弁護士で、チュウが逮捕された際、チュウと話し合った末、甥のダニー・クーらに秘書のサリナを監視する様に命じる。
麻薬取引事件の裁判ではチュウの弁護側につき、警察を不利な立場に追い込む。また組織やチュウの証人であるサリナが現れず、チェンが用意した証言の録音テープもサリナにより消去されていた事もあり、チュウは釈放される。
その後チュウへ、チェンが未だにサリナを探し続けている事を話し、もしサリナが見つかれば、組織側が不利となる事を話す。サリナを消す事も提案するも、サリナを気に入っていたチュウが彼女を殺害する事を躊躇し、組織と繋がりがあるブン刑事にチェンの殺害を命じるに至った。
チェンがチュウの別荘に監禁されているサリナを助けに行くが、チュウの甥ダニー・クー達の罠にハメられる。サリナは逃亡に成功するもチェンは(ダニーが犯した)ブン刑事殺害容疑の疑いを掛けられる。どうにか疑いが晴れたチェンはサリナのもとへ向かう。一方のサリナは、チュウの居場所があるショッピングモールにてチュウに関する資料を盗み出すが、チュウやダニーら手下達に見つかり捕まろうとしていた。そこへ駆けつけたチェンが、ダニーや手下達と格闘を繰り広げる。その後、メイが通報した警官隊が駆けつけ、サリナもチュウの悪事の経緯を話し、彼に関する資料もあると話す。
そんな状況にも関わらず、チェンの前に現れ、民間に対する暴力だ、暴力刑事だ等とチェンを罵る。チェンが怒り殴りかかるが、署長やチョー警部の言葉に一度は思いとどまる。そこへ自分の横へ歩み寄って来たジョンもチェンを侮辱した事でチェンは激怒し、彼の顔に鉄拳を食らわせ眼鏡も叩き割る。そして、自分の腹部や顔にもチェンの鉄拳が炸裂、更にチュウの腹部にも数発もの鉄拳が入った。怒りが収まらないチェンは、チュウをショッピングカートの上へ飛ばし、近くのガラスケースの上へ蹴り飛ばし、チュウは傷だらけとなった。
チョン弁護士役を演じたデヴィッド・ラウ・チイ・ウィンは、香港の大手テレビ局ATVの専属俳優として数々のテレビドラマに出演。また『98分署 香港レディ・コップス』『サンダーボルト 如来神掌(1990年)等の映画にも顔を出し、1990年代後半に政治家に転身した。2008年5月に死去。

ジョン・コー(演:チャーリー・チョウ)

チェンにより眼鏡を叩き割られるジョン・コー。

CV:西村知道、仲野裕、相沢まさき
チュウが取り巻く犯罪組織の参謀である。
チュウが逮捕され釈放された後にチュウへ、チェンが未だにサリナを探し続けている事を話し、もしサリナが見つかれば、組織側が不利となる事を話す。サリナを消す事も提案するも、サリナを気に入っていたチュウが彼女を殺害する事を躊躇し、組織と繋がりがあるブン刑事にチェンの殺害を命じるに至った。
チェンはチュウの別荘に監禁されたサリナを助けに行くが、チュウの甥ダニー・クー達の罠にハメられる。サリナは逃亡に成功するもチェンは(ダニーが犯した)ブン刑事殺害容疑の疑いを掛けられた。疑いが晴れたチェンはサリナのもとへ向かう。一方サリナは、チュウの居場所があるショッピングモールでチュウの資料を盗み出すも、チュウやダニーら手下達に見つかり捕まりかける。そこへチェンが駆けつけ、ダニーや手下達と格闘を繰り広げる。メイが通報した警官隊が駆けつけた際、サリナがチュウの悪事の経緯を話し、彼に関する資料もあると告げた。
そこへチョン弁護士が現れ、民間への暴力、正に暴力刑事だ等とチェンを罵る。その言動にチェンは怒り殴り掛かるが、署長やチョー警部が止め一度は思いとどまる。そこへチョンの横へ割り込むかの如く歩み寄りチェンを侮辱する。これにより激怒したチェンにより自分の顔に鉄拳が入り、眼鏡も叩き割られる。その後、チョンの腹部や顔、更にはチュウの腹部にも数発もの鉄拳が入った。それでも怒りが収まらないチェンは、チュウをショッピングカート上へ飛ばし、近くのガラスケースの上にも蹴り飛ばし、チュウは傷だらけとなった。
ジョン・コー役を演じたチャーリー・チョウは、香港の大手映画会社ショーブラザーズに入社後、悪役を中心としたキャラクターでキャリアを重ねていく。主な出演作に『男たちのバッカ野郎』 (1987)や『ハイリスク』(1995年)等。

サリナ・フォン(演:ブリジット・リン)

CV:榊原良子、さとうあい、本田貴子
チュウの秘書で、彼の情婦とも言われている。チュウ率いる麻薬取引がある村で行う際に同行するが、潜入捜査を行うチェン達に遭遇。間もなくしてチェンに取り押さえられるが、彼に向けて唾を吐きかける。その仕返しとばかりにチェンに頬を叩かれた事で大声を上げ、チェンだけでなく周りにいる警察の存在が知られ、警察と組織との銃撃戦へと発展した。その間、チェンにより(逃げ出さない為に)近くの車にて手錠で繋がれていた。
その後、チュウが逮捕された際に自分が証人になる事を恐れた組織からの襲撃から守る為に、チェンが護衛につく事となった。当初は刑事であるチェンの護衛を嫌がっていたもの、彼により自宅へ送られた後、クローゼットを開けると、中から仮面を被った男がナイフを持って襲い掛かって来る。怯えながら男から逃げているところへチェンが駆けつけ男と格闘する。しかし中々区切りがつかないと思ったのか、鈍器で男の頭を殴り気絶させ、男は倒れ仮面も取れて素顔も見える。その直後、チェンは命を落としてまで護衛はしたくないと告げて任務を放棄し帰ろうとするが、一人では身を守れないと感じて、チェンに協力すると約束した。チェンの車に乗せられ、彼が運転の最中にテープレコーダーを向けてチュウのこれまでの経緯や犯行について話す様に促され、録音マイクに向けて話す。車でチェンの自宅へ向かう途中、今度は本物のチュウの手下達に襲撃される。チェンは一人で数人の手下達と苦戦するなか、銃を発砲した事により、手下達が逃げて行く。
チェンの自宅へ向かうと、彼の恋人であるメイや友人達がサプライズ誕生パーティーを準備していた。しかしメイは自分の姿を見るや、チェンが浮気をしていると勘違いし怒り、チェンの顔にケーキをぶつけて出て行ってしまう。チェンがケーキによる汚れを落とす為にシャワーを浴びている間に、メイが戻って来るが、チェンはメイがいない事を良い事に彼女へのうっ憤を言いたい放題に言う。メイをどうにかなだめるも、浴室にいたチェンによる悪口は止まらず、メイを怒らせてしまう。そしてチェンが浴室から出てきた瞬間、メイは再びチェンの顔にケーキをぶつけ部屋を出ていく。その後、チェンが顔を拭いている間、部屋にあった写真を見て、自宅で襲って来た男が警察官で、チェンとグルだった事を知り、チェンに不信感を抱く。そしてチェンを誘惑する振りをしながら、テープレコーダーに録音した内容を消去した後に、スキを見て部屋から逃亡。これにより、翌日の裁判では証人となる自分はいないうえ、用意したという証言のテープも自分の色っぽい声で消されており、チェンは赤っ恥をかく事となった。
裁判の結果、チュウが釈放された後もチェンは自分を探し続ける一方で、組織側にとって不利な存在となると考え、チュウの甥であるダニー・クーや手下達によりチュウの別荘に監禁される。束縛されていたところへチェンが助けに来るも、ダニーや組織と連携していたブン刑事がチェンに銃を向ける。しかし間もなく、ダニーがブン刑事の方へ銃を向け組織の使いっぱしりだと告げ、(自分の指紋を付けないように)取り上げたチェンの銃でブン刑事を銃殺。続けてダニーがチェンを殺害しようとするが、チェンはスキを見て自分を連れて建物の屋上まで逃走。建物下のプールへ飛び込む様にチェンに促され、それを拒否するも、彼に強引に下まで飛ばされる。プールへ飛び込んだ後、チェンから遠くまで逃げる様に言われる。
ショッピングモールの中にあるチュウの部屋から、彼に関する資料を盗み出すが、チュウや手下達に見つかり彼等に捕まりそうになる。そこへチェンが駆けつけ、ダニーや手下達とショッピングモールにて激しい格闘戦を展開する。その間も、手下達により資料が入った鞄を奪われそうになり、自分も手下達によりガラスケースやテーブルの上に投げられる等の傷を負う。チュウが鞄を奪った直後に、メイが通報した警官隊が駆けつけ、そのタイミングで鞄の中にチュウに関する資料が入っている事や彼の犯行経緯について話した。
サリナ・フォン役を演じたブリジット・リンは、1973年に映画デビューをして以降、台湾のスター女優の座を獲得する。1980年代に入ると香港映画に進出し『北京オペラブルース』(1986年)等に出演、1990年代に入っても『ドラゴン・イン/新龍門客棧』(1992年)や『楽園の瑕』(1994年)といった作品に出演するも、結婚を機に女優業を離れ、執筆活動に重点を置いている。

その他

メイ(演:マギー・チャン)

CV:佐々木るん、岡本麻弥、小林沙苗
チェンの恋人で、感情的になりやすく、それが行動に出てしまう。帰宅したチェンを驚かせようと、彼の為に友人達とサプライズパーティーの準備をしており、実際に行った。チェンは喜んだものの、護衛として連れて来たサリナを見て、チェンが浮気しているものと勘違いし彼にケーキをぶつけ出ていく。
その後、再び部屋に戻って来るが、チェンはシャワーを浴びているうえ、自分の存在には気付いていなかった。それを良い事にチェンは、シャワーを浴びながらサリナに、自分へのうっ憤を言い、それを聞いて再び怒りチェンにケーキをぶつけその場を後にする。顔を拭いたチェンは急いで後を追いかけ、スクーターで帰ろうとしていたところを引き止めようとする。しかしそんなチェンの行為も空しく、スクーターのエンジンをかけ、帰ろうとしたところ、チェンに鞄を引っ張られスクーターから転倒する。どうにかスクーターを起こし、再び乗り込もうとするも、今度は乗る前にエンジンをかけてしまい、スクーターに引っ張られる様な状態でその場を後にした。
またチェンにより逮捕されたチュウの裁判の傍聴席にいたものの、証人となるサリナはおらず、チェンが用意したサリナの証言を収めたテープの内容は、サリナの色っぽい声とチェンとのやり取りで消去されており、法廷は失笑で包まれてしまい、慌てるチェンを見限るかの様に法廷を後にする。
それでもチェンのサポートを執り行い、チェンがダニー・クーや組織の手下達の罠にハメられた際も、チェンにブン刑事の殺害容疑が掛かっている事を彼に伝えた。
チェンがサリナのもとへ行き、彼が組織側との対決を展開している間に警察へ通報し、現場であるショッピングモールへ向かう。チュウに関する資料を盗み出したサリナを助けようとするも、組織の手下達に蹴られ、エレベーターから落下。その後、警察により組織手下達は取り押さえられ、チュウや周りの幹部達もチェンにより傷だらけとなった。
メイ役を演じたマギー・チャンは、ミス香港で2位になった事を機に芸能界入りする。当初はアイドル的かつコミカルな役柄が多かったものの、1990年代に入ってから『ロアン・リンユィ 阮玲玉』(1991年)、『ラヴソング』(1996年)、『宋家の三姉妹』(1997年)等の作品へ出演し演技派へと開眼し、多くの賞も受賞した。2000年代後半に女優業を休業し、2014年5月にはロックバンドのボーカルとして歌手デビューを果たした。

情報屋(演:タイ・ポー)

CV:真殿光昭
チェンが普段の捜査にて情報を得ている男であり、サリナがチュウの別荘に監禁されているという情報をチェンに伝え、別荘に向かわせる。しかしその後、サリナは逃亡させるも、チェンはダニーや手下達に捕まった末にブン殺害容疑も掛けられてしまう。その後、チェンが自分のもとを訪れ、問い詰めて来たのに対し、チュウの手下に脅され、仕方なく罠を仕掛ける為の情報を伝えたと話した。
情報屋役を演じたタイ・ポーは、1970年代から芸能活動を開始し、ジャッキー・チェンスタントチーム「成家班」及びサモ・ハン・キンポースタントチーム「洪家班」のメンバーとして活躍。『プロジェクトA』(1983年)や『ファースト・ミッション』(1985年)等の作品で顔を出し、香港映画ファンからも馴染みの顔として知られる。70歳となる現在も俳優として活躍中。

『ポリス・ストーリー/香港国際警察』の用語

二階建てバス

チュウを追いかけバスにしがみつくチェン。

チュウや手下達が麻薬取引を行った村から外れの道路まで逃走し、乗り込んだバス。また彼等をチェンが追いかけ、通行人の傘を借用してバスにしがみついた。バスは香港人の日常的な交通手段として使われており、二階建てバスは観光客からも親しまれている。

ショッピングモール

クライマックスのアクションシーンのロケ地となった永安百貨尖東店。

物語クライマックスにて、チェンがチュウの甥ダニー・クーや組織の手下達と激しいアクションを繰り広げた場所である。ロケ地となった永安百貨尖東店は今も存在しており、劇中で見られる建物の構造は現在も面影を残している。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

スパルタンX(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『スパルタンX』(映画)とは、スペインのバルセロナを舞台に、トーマス、デヴィッド、そして探偵のモビーの三人が、謎の組織に誘拐された美女シルヴィアを救出すべく奮闘するコメディ・アクション映画である。また、この作品を題材にしたアーケード&テレビゲームが制作された。 本作のクライマックスで繰り広げられる、ベニー・ユキーデとの一騎打ちは、ジャッキー・チェン映画における名ファイトシーンとして多くのファンから絶賛されている。

Read Article

七福星(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『七福星』とは、サモ・ハン・キンポー監督・主演のアクション・コメディー作品で、『福星』シリーズ第3弾。『あぶない刑事』の同時上映として公開された。前作『大福星』にてヤクザ撲滅に協力したキッド(演:サモ・ハン・キンポー)ら一同は、褒美としてパタヤ旅行へ行く事となった。またその先でも思わぬ魔の手が立ちはだかっていた。一方で香港警察の刑事マッスル(演:ジャッキー・チェン)やリッキー(演:ユン・ピョウ)達は香港で捜査に乗り出していた。ジャッキー・チェンやユン・ピョウは『福星』シリーズ出演最後となった。

Read Article

香港発活劇エクスプレス 大福星(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『香港発活劇エクスプレス 大福星』とは、サモ・ハン・キンポー監督&出演による、ジャッキー・チェン、ユン・ピョウ出演によるアクション・コメディー作品であり、『福星』シリーズ第2弾。全編日本ロケで行われた。香港警察の刑事マッスル(演:ジャッキー・チェン)とリッキー(演:ユン・ピョウ)が、日本でヤクザ「かかし組」を追うが、リッキーが捕まってしまう。マッスルは香港から応援としてキッド(演:サモ・ハン・キンポー)を応援に要請し、彼の仲間達も日本へやって来て、リッキー救出と「かかし組」の撲滅に挑む。

Read Article

ファースト・ミッション(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファースト・ミッション』とは、1985年に公開されたサモ・ハン・キンポー監督、ジャッキー・チェン主演の香港映画である。刑事のフォン・シャンヤンは上司のウォン警部達と宝石の密輸を行うシンジケートの捜査を行っていた。その矢先、彼の兄シャンタクはある出来事によりシンジケートの事件に巻き込まれる事となる。監督のサモ・ハンの意向でドラマ重視の作品となったが日本公開時にはアクション場面とジャッキー・チェン歌唱の主題歌が追加された。

Read Article

タキシード(2002年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『タキシード』とは、並外れたドライブテクニックを持ったタクシー運転手のジミー・トンが、タキシードを着ることによりスーパーマンのように強化し、雇い主であるデヴリンの代わりに、ミッションを遂行するアクションコメディー映画である。ジャッキー・チェンの映画では珍しく、「タキシードを着ないと強くならない」という設定である。監督はケヴィン・ドノヴァンである。アメリカでは2002年9月27日に劇場公開され、日本では2003年3月15日に日比谷映画系列で公開された。

Read Article

ラッシュアワー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ラッシュアワー』とは、1998年にアメリカで公開されたアクションコメディー映画である。本作は公開第1週で興行収入3,300万ドルの収益を上げ、北米興収1位となった。大変好評であったため、『ラッシュアワー2』『ラッシュアワー 3』も公開される。いずれもブレット・ラトナーが監督を務めている。香港警察のリーと、ロス市警のカーターが誘拐された領事の娘を救うために協力する話である。

Read Article

デッドヒート(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『デッドヒート』とは、1995年に公開された、ジャッキー・チェン主演のカーアクション映画である。レーサーであるジャッキーは、父親が経営するレーシング・ショップを手伝いつつ、親子で街に蔓延る改造車の摘発を警察の協力のもとで行っていた。そんななか一台の車がジャッキーの目の前を爆走する。運転手は国際テロリストのクーガーだった。ジャッキー・チェンの車好きが高じたのか、全編にわたり、カーアクションが繰り広げられる。

Read Article

サンダーアーム/龍兄虎弟(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『サンダーアーム/龍兄虎弟』は、1986年に香港で製作されたジャッキー・チェン主演のアクション映画。 冒険家のジャッキーは、友人アランから恋人のローラが邪教集団に誘拐されたと告げられる。一方で教団は、ジャッキーを利用して世界各地にある五つの「神の武具」をジャッキーに集めさせ、恐るべき力を手に入れようとしていた。 本作品での撮影中に、主演のジャッキー・チェンが頭蓋骨骨折という大怪我を負った事は有名であり、現在も彼の脳が飛び出さない様にプラスチックの栓がしてある。

Read Article

ラッシュアワー2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ラッシュアワー2』とは、2001年に公開されたアメリカで制作されたアクション・コメディ映画である。『ラッシュアワー』の続編であり、主人公は同じくジャッキー・チェンとクリス・タッカーである。全世界で3億4,730万ドルの収益を上げた。『ラッシュアワー』よりアクションシーンが多くなっている。監督は『ラッシュアワー』に引き続きブレット・ラトナーである。休暇を取り香港観光に来たカーターだったが、リーの父親を殺した犯人の捜査に協力することになり、2人は息の合ったコンビネーションで事件を解決していく。

Read Article

ダブル・ミッション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ダブル・ミッション』とはアメリカ合衆国で制作され、2010年に公開されたアクション・コメディ映画である。監督はブライアン・レヴァントであり、主人公はジャッキー・チェンが演じている。CGやスタントに頼らない、人間離れした体当たりアクションがジャッキーならではの映画となっている。主人公ボブはジリアンと結婚するために、スパイを引退するつもりでいた。ジリアンの息子・イアンが、ボブのパソコンからテロリストの極秘ファイルをダウンロードしてしまい、テロリストから狙われてしまうという話である。

Read Article

目次 - Contents