香港発活劇エクスプレス 大福星(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『香港発活劇エクスプレス 大福星』とは、サモ・ハン・キンポー監督&出演による、ジャッキー・チェン、ユン・ピョウ出演によるアクション・コメディー作品であり、『福星』シリーズ第2弾。全編日本ロケで行われた。香港警察の刑事マッスル(演:ジャッキー・チェン)とリッキー(演:ユン・ピョウ)が、日本でヤクザ「かかし組」を追うが、リッキーが捕まってしまう。マッスルは香港から応援としてキッド(演:サモ・ハン・キンポー)を応援に要請し、彼の仲間達も日本へやって来て、リッキー救出と「かかし組」の撲滅に挑む。

『香港発活劇エクスプレス 大福星』の概要

香港版の広告。

『香港発活劇エクスプレス 大福星』(原題:福星高照、英題:My Lucky Stars)とは、サモ・ハン・キンポー監督・出演、ジャッキー・チェン、ユン・ピョウ出演によるアクション・コメディー作品であり、1983年公開の『五福星』に続く『福星』シリーズ第2弾として、1985年に劇場公開された。
香港警察特捜部のマッスル(演:ジャッキー・チェン)とリッキー(演:ユン・ピョウ)は、日本でヤクザの「かかし組」を追跡していたものの、リッキーが捕まってしまう。そこで香港からの応援として、幼馴染みのキッド(演:サモ・ハン・キンポー)を呼び、またキッドの仲間達も日本へ招く。また特捜部の女性警部・バーバラ(演:シベール・フー)も加わり、マッスルは彼等と共にリッキー救出と「かかし組」の撲滅を目指すというのが主な内容である。また本作は全編にわたり日本ロケが敢行され、「都営新宿線・新宿駅」(東京都)や「富士急ハイランド」(山梨県富士吉田市)等が登場する。そして本作は最終的に3000万香港ドルという収益を上げ、配給会社ゴールデン・ハーベストの1985年の興行成績・第1位となった。これを記念して祝賀イベントが行われ、その際に「3000万ドル」と彫刻された氷をジャッキーチェン達が粉々にして楽しんだとの事。

『香港発活劇エクスプレス 大福星』のあらすじ・ストーリー

プロローグ~激しいチェイス

汚職警官達を車で追いかけるマッスルとリッキー(写真左から順に)。

物語の舞台は日本、香港警察の刑事マッスル(演:ジャッキー・チェン)とリッキー(演:ユン・ピョウ)は香港で押収したダイヤを盗んで日本へ逃亡した汚職警察官(演:ラム・チェンイン)ら二人の男を追っていた。二人の男達は都営新宿線・新宿駅から車で逃亡し、マッスルとリッキーは近くにあった車を借用して彼らを追いかける。壮絶なカーチェイスの末、富士急ハイランド(山梨県)まで辿り着く。

立ちはだかる黒い影

「かかし組」に仕える忍者集団と戦うマッスル(写真中央)。

マッスルとリッキーの二人は、富士急ハイランド園内にて手分けして男達を探す。マッスルは観覧車によじ登り探した結果、男達を見つけ、リッキーにも声を掛ける。マッスルとリッキーが男達のもとへ辿り着くも、彼等の前に忍者集団が立ちはだかる。

さらわれた相棒と知られた自分の顔

「かかし組」に捕まるリッキー(写真右から二番目)。

マッスルとリッキーは忍者集団に立ち向かうも、リッキーは彼等の猛攻を受け失神した挙句、さらわれてしまう。さらわれたリッキーを探しているマッスルのもとへ、ある中年男性(演:ポール・チャン)と和服姿(演:西脇美智子)の女性が写真を撮ってくれと声を掛けてくる。また一緒に写真に写ろうとも促され、仕方なく写真に写ったマッスルだった。実はこの中年男性は、「かかし組」というヤクザの親分であり、和服女性、そしてマッスルとリッキーが追いかけていた二人の男達も「かかし組」に付く者だった。更に園内のお化け屋敷にてアジトを構えていた。既にマッスルに目をつけていた「かかし組」は、写真を撮った事で彼の面を割っていた。これにより暫くマッスルは、自分の隠れ家に籠る事となった。

悪友への助けの依頼

服役中のキッド(写真中央)。

マッスルは上司であるウォルター特部長(演:ウォルター・チョウ)に連絡をし、ウォルター特部長は警察から援護を呼ぶと言うが、マッスルは警察では手に負えないと言い、共に施設で過ごし、泥棒をした罪で服役中のキッド(演:サモ・ハン・キンポー)を応援として連れてきて欲しいと頼む。マッスルからの要請により突然釈放されたキッドは、泥棒の癖で、目の前にあった車を盗もうとしたところ、直ぐに警官達に取り囲まれる。警官達の中からチョウ警部が現れ、押収したダイヤを盗み日本へ逃亡した警察官を捕まえて欲しいと、キッドに依頼する。

様々な出会いと思わぬ依頼

(写真左から)ラウンドヘッド、サンディ、ハーブ、ローハイドへ極秘任務を依頼するチョウ警部(写真右端)。

キッドはマッスルの援護には助けが必要だと言い、次々とスカウトをして集めたサンディ(演:リチャード・ン)、ハーブ(演:チャールズ・チン)、ローハイド(演:スタンリー・フォン)、ラウンドヘッド(演:エリック・ツァン)の四人を呼んでウォルター特部長が指定する家に向かう。ウォルター特部長はキッド達五人に対し、逃げ出さない様に「銀行強盗」に仕立て上げたうえで極秘の任務(「かかし組」の撲滅、リッキーの救出)を依頼するが、キッド達は全く乗り気でなく、その場を去ろうとする。ところが玄関先で美人刑事・バーバラ(演:シベール・フー)に会った瞬間、手の平を返す様に態度を変えて依頼を承諾する。

てんやわんやの珍道中

バーバラ(写真左端)にイタズラを行うキッド(写真左から3番目)達。

キッド達と同行する事となったバーバラだったが、キッド達は彼女に次々とイタズラを仕掛ける。一人がバーバラの部屋に入り軽く会話を交わしているところへ覆面姿の他のメンバーが侵入して、バーバラともう一人を密着させるように縛り付けるというパターンを繰り返す。しかし結局バレてしまい、キッド達はバーバラに怒鳴られる。しかしキッド達は、その後も懲りずにバーバラのベッドの下へ侵入し、寝床に就いたバーバラが彼らの存在に気付き、悲鳴を上げる。
そんなてんやわんやがありつつ、一同は香港から日本へ向かう。そして宿泊先のホテルでも、誰がバーバラと一緒の寝室で寝るかという事でキッド達は揉める。それを「ジャンケン」の歌を歌いながらジャンケンで決め、結局キッドが勝つ。それでも我慢ができないサンディら男達は強引にバーバラの寝室に入ろうとして、キッドがそれを止める。そのやり取りを部屋の中で聞いていたバーバラが出て来て、キッドに蹴りを入れる。てっきりキッドが寝室に入ろうとしていたと勘違いしたバーバラは彼に謝罪する。

望まぬ悪友との再会

「かかし組」の追っ手を叩きのめしたキッド、バーバラ、マッスル(写真左から順に)。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

七福星(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『七福星』とは、サモ・ハン・キンポー監督・主演のアクション・コメディー作品で、『福星』シリーズ第3弾。『あぶない刑事』の同時上映として公開された。前作『大福星』にてヤクザ撲滅に協力したキッド(演:サモ・ハン・キンポー)ら一同は、褒美としてパタヤ旅行へ行く事となった。またその先でも思わぬ魔の手が立ちはだかっていた。一方で香港警察の刑事マッスル(演:ジャッキー・チェン)やリッキー(演:ユン・ピョウ)達は香港で捜査に乗り出していた。ジャッキー・チェンやユン・ピョウは『福星』シリーズ出演最後となった。

Read Article

スパルタンX(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『スパルタンX』(映画)とは、スペインのバルセロナを舞台に、トーマス、デヴィッド、そして探偵のモビーの三人が、謎の組織に誘拐された美女シルヴィアを救出すべく奮闘するコメディ・アクション映画である。また、この作品を題材にしたアーケード&テレビゲームが制作された。 本作のクライマックスで繰り広げられる、ベニー・ユキーデとの一騎打ちは、ジャッキー・チェン映画における名ファイトシーンとして多くのファンから絶賛されている。

Read Article

ファースト・ミッション(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファースト・ミッション』とは、1985年に公開されたサモ・ハン・キンポー監督、ジャッキー・チェン主演の香港映画である。刑事のフォン・シャンヤンは上司のウォン警部達と宝石の密輸を行うシンジケートの捜査を行っていた。その矢先、彼の兄シャンタクはある出来事によりシンジケートの事件に巻き込まれる事となる。監督のサモ・ハンの意向でドラマ重視の作品となったが日本公開時にはアクション場面とジャッキー・チェン歌唱の主題歌が追加された。

Read Article

ポリス・ストーリー/香港国際警察(ジャッキー・チェン)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポリス・ストーリー/香港国際警察』とは、ジャッキー・チェンが監督・脚本・主演・武術指導を兼ねたアクション映画。 香港警察のチェン刑事は他の刑事達と共に、麻薬密売を行うチュウ率いる犯罪組織の取引現場へ潜入する、張り込みが一味にバレて銃撃戦へと展開。チェンの活躍でチュウ達を逮捕するが、更なる波乱が待ち受けていた。 現在でも、なおジャッキー・チェンのベスト作品としても人気が高い。

Read Article

タキシード(2002年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『タキシード』とは、並外れたドライブテクニックを持ったタクシー運転手のジミー・トンが、タキシードを着ることによりスーパーマンのように強化し、雇い主であるデヴリンの代わりに、ミッションを遂行するアクションコメディー映画である。ジャッキー・チェンの映画では珍しく、「タキシードを着ないと強くならない」という設定である。監督はケヴィン・ドノヴァンである。アメリカでは2002年9月27日に劇場公開され、日本では2003年3月15日に日比谷映画系列で公開された。

Read Article

ラッシュアワー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ラッシュアワー』とは、1998年にアメリカで公開されたアクションコメディー映画である。本作は公開第1週で興行収入3,300万ドルの収益を上げ、北米興収1位となった。大変好評であったため、『ラッシュアワー2』『ラッシュアワー 3』も公開される。いずれもブレット・ラトナーが監督を務めている。香港警察のリーと、ロス市警のカーターが誘拐された領事の娘を救うために協力する話である。

Read Article

サンダーアーム/龍兄虎弟(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『サンダーアーム/龍兄虎弟』は、1986年に香港で製作されたジャッキー・チェン主演のアクション映画。 冒険家のジャッキーは、友人アランから恋人のローラが邪教集団に誘拐されたと告げられる。一方で教団は、ジャッキーを利用して世界各地にある五つの「神の武具」をジャッキーに集めさせ、恐るべき力を手に入れようとしていた。 本作品での撮影中に、主演のジャッキー・チェンが頭蓋骨骨折という大怪我を負った事は有名であり、現在も彼の脳が飛び出さない様にプラスチックの栓がしてある。

Read Article

死亡遊戯(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『死亡遊戯』とは、1978年に公開されたロバート・クローズ監督、ブルース・リー主演の香港映画である。 スター俳優のビリー・ローはシンジケート組織からの契約を迫られるが、それを頑なに断る。ある日の撮影中に、ビリーは銃弾を浴びて銃弾を受けて殺害されたと思われたが、実はビリーは死んでおらず、単身でシンジケート組織へ戦いを挑む。 1972年にアクション場面を撮影後、ブルース・リーが急逝。 数年後に代役スタントマンを起用して追加撮影したうえで1978年に制作された。

Read Article

ラッシュアワー2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ラッシュアワー2』とは、2001年に公開されたアメリカで制作されたアクション・コメディ映画である。『ラッシュアワー』の続編であり、主人公は同じくジャッキー・チェンとクリス・タッカーである。全世界で3億4,730万ドルの収益を上げた。『ラッシュアワー』よりアクションシーンが多くなっている。監督は『ラッシュアワー』に引き続きブレット・ラトナーである。休暇を取り香港観光に来たカーターだったが、リーの父親を殺した犯人の捜査に協力することになり、2人は息の合ったコンビネーションで事件を解決していく。

Read Article

NEW

ダブル・ミッション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ダブル・ミッション』とはアメリカ合衆国で制作され、2010年に公開されたアクション・コメディ映画である。監督はブライアン・レヴァントであり、主人公はジャッキー・チェンが演じている。CGやスタントに頼らない、人間離れした体当たりアクションがジャッキーならではの映画となっている。主人公ボブはジリアンと結婚するために、スパイを引退するつもりでいた。ジリアンの息子・イアンが、ボブのパソコンからテロリストの極秘ファイルをダウンロードしてしまい、テロリストから狙われてしまうという話である。

Read Article

目次 - Contents