タキシード(2002年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『タキシード』とは、並外れたドライブテクニックを持ったタクシー運転手のジミー・トンが、タキシードを着ることによりスーパーマンのように強化し、雇い主であるデヴリンの代わりに、ミッションを遂行するアクションコメディー映画である。ジャッキー・チェンの映画では珍しく、「タキシードを着ないと強くならない」という設定である。監督はケヴィン・ドノヴァンである。アメリカでは2002年9月27日に劇場公開され、日本では2003年3月15日に日比谷映画系列で公開された。

『タキシード』の概要

『タキシード』とは、並外れたドライブテクニックを持ったタクシー運転手のジミー・トンが、タキシードを着ることによりスーパーマンのように強化し、雇い主であるクラーク・デヴリンの代わりに、ミッションを遂行するアクションコメディー映画である。ジャッキー・チェンの映画では珍しく、「タキシードを着ないと強くならない」という設定である。
アメリカでは2002年9月27日に劇場公開され、週末興行成績で初登場2位となった。日本では、2003年3月15日に日比谷映画系列で公開され、週末興行成績(全国9大都市集計)は初登場7位となった。

大手飲料水メーカーの、バニング社という工場に潜り込んだCSAのウォレス捜査官。CSAとは秘密組織であり、事件を解決するために集まっている組織である。ウォレス捜査官は、「デヴリンを送ってくれ」と本部に電話する。その電話の途中、ウォレスは何者かに頭をビニールに覆われて、ビニールの中に水を注入し溺死に見せかけて殺された。

タクシー運転手のジミー・トンは、並外れたドライブテクニックは持っているが、自分に自信がないため、画廊で働く美女にデートも誘えないほどである。
客としてタクシーにCSA捜査官であるスティーナが乗ってきた。そして、スティーナは「メイク前に目的地にたどり着いたら料金を倍払う」と言い、ジミーは荒い運転であったが無事にたどり着いた。ジミーの運転技術を気に入ったスティーナは、CSAであるクラーク・デヴリン捜査官の専属ドライバーになるようスカウトをした。
デヴリンはジミーの人柄を気にいっており、「掟はやぶれ」と言うほどだった。ある日厳重に管理されているタキシードを眺めていたジミーにデヴリンは、「タキシードだけは触るな」と強く警告をした。
ジミーとデヴリンは夕食に出かけ、ファストフードからある重要物を受け取ると、男から車に爆弾を仕掛けられ爆発する。車から脱出したデヴリンとジミーだったが、デヴリンは重傷であり、デヴリンはジミーに「誰も信じるな、これを身に着けろ」と言い、腕時計を渡す。
病院に運ぶと、デヴリンは意識がない状態で入院が必要となった。ジミーは、看護師からデヴリンが大事に握りしめていたというメモを受け取る。そのメモにはアメンボが書かれていた。
ジミーはデヴリン宅に戻り、何か情報はないかと探る。厳重に保管されているタキシードに近づくと、デヴリンから渡された腕時計が反応し、タキシードの保管ケースが開いた。そのタキシードは、スーパーマンのように強化するスーパータキシードであった。タキシードを着ることにより、デヴリンの代わりにジミーがミッションを遂行する。

『タキシード』のあらすじ・ストーリー

ジミー・トンの転機

ジェニファーを口説く練習をするジミー

大手飲料水メーカーの、バニング社という工場に潜り込んだCSAのウォレス捜査官は、「デヴリンを送ってくれ」と本部に電話で連絡する。その電話の途中、ウォレスは何者かに頭をビニールに覆われて、ビニールの中に水を注入し溺死に見せかけて殺されたところから物語は始まる。

タクシー運転手のジミー・トンは、並外れたドライブテクニックは持っているが、自分に自信がないため、画廊で働く美女のジェニファーにデートも誘えないでいる。友人のミッチに、なんと口説けばいいかと相談したあと、画廊へと入っていくが画廊オーナーにもバカにされ、結局デートには誘えずタクシーに戻る。どうやって話しかけようかと練習していたら、ジェニファーが画廊から外に出てきたため、ジミーは話しかけようと扉を開ける。すると、自転車に乗った男性に扉がぶつかり、ジミーはその男性に絡まれてしまう。男性が暴れまわったので、ジミーの友人や警察が来たことにより、男性は逃げていった。
ジミーは、「ついてない」と言いながらタクシー後部席に寝転ぶと、客としてスティーナがいつの間にか乗っていた。スティーナはジミーがスピード違反で免許停止を9回も受けていることを知っていたため、ジミーに、「何故そんなにスピードを飛ばすの?」と聞くと、「お金になるから」とジミーは答える。スティーナは「メイク前に、目的地にたどり着いたら料金を倍払う」と言ったので、ジミーは裏道を使いスピードを飛ばし、進入禁止道路に入ったりバックで運転したりと危険運転だったが、無事にたどり着いた。ジミーのことを気に入ったスティーナは、「専属ドライバーにならないか?」とジミーを誘った。実はスティーナはCSA捜査官だった。ジミーは「今の仕事があるからいい」と断るが、スティーナに「いくらもらっているの?」と聞かれると、ジミーは「週475ドルとチップが稼ぎ金」と答える。スティーナは「週2,000ドルの衣食住付きでどう?」と言うと、ジミーは「いつからですか?」と条件をのむことになり、CSA捜査官クラーク・デヴリンの運転手として雇われることになった。
ジミーの仕事初めの日、スティーナからデヴリン宅の掟が書かれている本を読むようにと説明を受けた。そこには、「デヴリンには話しかけていけない」という第一条の掟があり、スティーナは「これが一番守ってほしいこと」と言った。デヴリンのドライバーとして運転をしていたジミーだったが、デヴリンから道の事で話しかけられ、受け答えをしてしまう。そこで「すみません」と謝るジミーを見たデヴリンは、「掟を読んだのか?掟はやぶれ」と言った。

デル・ブレインの人生の転機

右側の女性がデル・ブレイン

CSA本部では、バニング社に潜入して殺害されたウォレス捜査官の検死が行われていた。死因は溺死だとされていたが、科学者のデル・ブレインは、「溺死ではなく殺された」と言う。「水の中に含まれていた特定不明のバクテリアにより、脱水症状で死んだ」と説明する。その知識を買われたデルは、バニング社を調査しているデヴリンのパートナーとして選ばれることになる。

クラーク・デヴリンのピンチ

厳重に保管されているタキシードを眺めるジミー

デヴリンはジミーの運転で昆虫のお店に向かい、そこに勤めている女性を口説きデヴリン宅のパーティーに誘う。ジミーはスマートに口説くデヴリンを見て、「どうやってあんな風に口説けるんですか」とデヴリンに聞く。デヴリンは「9割は服でモテる、あとの1割はこの中(ジミーの胸を叩く)。君は合格」とジミーに言う。デヴリンはジミーを気に入り、「スーツをジミーに準備してくれ」とスティーナに電話をした。
デヴリン宅でパーティーが始まり、デヴリンと女性がダンスしているのを眺めるジミーだが、デヴリンの動きが人間技ではなかったため違和感を覚える。
後日、ジミーは衣装を直していると、厳重に保管されているタキシードを見つける。ジミーがタキシードを眺めているのを見つけたデヴリンは、「タキシードだけは触るな」と注意し、「これから夕食に行こう」と誘いジミーとファストフードに向かう。ドライブスルーに行き、ハンバーガー屋なのにハンバーガー類の他にピザも注文するデヴリン。そのピザ箱の中には「重要物」が入っており、受け取るデヴリン。ジミーは車を出そうとすると、男が飛び出しジミーは轢いてしまう。その男はデヴリンの命を狙うものだった。その男は発信機を車につけ、爆弾をつけたスケートボードで追跡し、車を爆発しようとする。スケートボードが追いかけてきていることに気づいたデヴリンは、「おそらく爆弾だ」とジミーに告げる。ジミーはうまく撒こうとするが追いつかれ、行き止まりだったため車から脱出する。車は爆発したがジミーは無傷、デヴリンも通常通り立っていた。デヴリンはジミーに「大丈夫か?」と聞くと、「大丈夫です」と答える。ジミーはデヴリンの頭から血が出ていることに気づき「大丈夫ですか?」と聞くと、そのまま倒れるデヴリン。デヴリンはジミーに「ウォーター・ストライダー」と言うが、ジミーは「ウォルター・ストライダー」と聞き間違う。続けてデヴリンは「誰も信じるな、これを身に着けろ」と言い腕時計を渡し、意識を失った。
ジミーは病院の待合室で待っている間に、ピザ箱に入っていた「重要物」を開けようとしたが、燃えて消えてしまった。ジミーのもとに看護師がやってきて、「デヴリンは意識が戻らないので入院が必要」と告げ、「これは彼が大事に握っていた」と言いアメンボが書かれているメモを渡す。

バニング社の社長であるディートリッヒ・バニングは、本部に社員のランディーンを呼びだした。バニングに雇われているシムズ博士は「なぜランディーンを呼び出したのですか?」と聞くと、バニングは「彼は、経営方針を批判した、それと髪型が嫌いだから」と言う。バニングがいる部屋に到着したランディーンに「君は会社についていけないと言っているようだな」と話し水を飲ませた。ランディーンは水を飲み違和感を覚えるが、飲むたびに喉が渇き、更にその水を飲み続けたため干からびて死んでしまう。その飲料水には、シムズ博士が開発したバクテリアが混入されており、極度の脱水症状を起こして死んでしまったのだった。

クラーク・デヴリンの代役を務めるジミー

タキシードを着たジミー

ジミーはデヴリン宅に戻り、何か情報はないかと探る。厳重に保管されているタキシードに近づくと、デヴリンから渡された腕時計が反応し、タキシードが姿を現す。そのタキシードは、着た者をスーパーマンのように強化するスーパータキシードだった。ジミーがタキシードを着て、腕時計で様々あるモードを選択する。「破壊モード」に設定すると全てを破壊してしまい、「ダンスモード」にするとダンスをし、「反重力モード」にすると、重力が逆になり部屋をめちゃくちゃにしてしまった。ジミーはクラーク・デヴリンの代役となり、行動することになった。

デヴリンのパートナーとなったデルは、デヴリンと共にバニング社の内偵をすることとなった。デヴリンの姿を見たことのなかったデルは、ジミーをデヴリンと思い込み一緒に捜査を始める。初めての任務は、バニング社の会議を付近の塔から盗聴することだった。デヴリンは盗聴するためにライフルを頼んでおり、ライフルを放つと盗聴器が発砲される。ジミーは、腕時計を「ライフル組み立てモード」にし、組み立てを素早く行ったあと「狙撃モード」に切り替え、会議に参加する女性の髪の毛に盗聴器を発砲し、敵の内部の盗聴を図る。
バニングは、世界中の飲料水メーカーの社長を本部に呼び、バニングは「バニング社が開発した浄化装置と交換に、会社の株を半分譲らないとバクテリアが水を汚染し、世界中が危機にさらされる」と語っていた。

バニングの部下達は、ジミーとデルが塔から見張っているのに気づき、ジミーとデルを攻撃しに向かう。ジミーとデルは手下達に襲われたため、ジミーは腕時計を「反撃モード」に変更し、なんとか撃退したがジミーは塔から落下してしまう。デルは「マニュアルと違う」と腹を立て1人で逃げる。ジミーはタキシードのおかげで生きており、デルの乗る車に乗り込んでデヴリン宅に戻る。

バニングが出席するパーティーへ潜入するジミーとデル

パーティに潜入するデルとジミー

ジミーはデヴリンが入院している病院へお見舞いに行き、「あなたの代役は難しい」と意識を失っているデヴリンに話しかけていた。すると、デルから「バニングが出席するパーティーへ潜入する」と電話があり、パーティーに向かうことになった。厳重な警備であったが、デルのお色気作戦で潜入に成功する。裏口から会場に入ったので、楽屋で歌手であるジェームズ・ブラウンを発見し、ジミーはジェームズに話しかけに行く。気さくな性格のジェームズは「楽しんで」とジミーに言いながら肩を叩くと、タキシードが反応しジェームズを吹っ飛ばしてしまう。気絶してしまったジェームズの代わりに、ジミーは腕時計を「ボーカルモード」にし、代役としてステージに立つことになった。
ジミーのステージは大好評で、バニングの婚約者であるシェリルは、ジミーに夢中になった。ジミーとデルはステージが終わり、バニングとシェリルの席へ向かい情報を聞き出すことにした。ジミーはシェリルに話しかけていると、バニングは面白くなさそうにタバコをくわえた。すると、ジミーのタキシードが反応して、バニングのタバコに火をつける。シェリルに誘われ、ジミーは一緒にダンスを踊ることになった。ジミーとシェリルが踊っている間に、バニングを誘惑しようとするデルだが、手下が「その女はCSAの人間でデル・ブレイン、男が乗っている車の名義はクラーク・デヴリン」とバニングに耳打ちをする。バニングは「デヴリンは爆発して死んだのではないか」と手下に言うが、「何故だか生きています」とジミーのことを指差す。ジミーはデヴリンだと思われている。
バニングはデヴリンを殺すためにはシェリルが使えると思い、「急用が出来た。好きに使っていい」とシェリルにホテルの鍵を渡す。シェリルはジミーを誘い、部屋に来るように伝える。ジミーはシェリルの待つホテルへ行き、デルはプールサイドでジミーを待つ。デルはジミーのタキシードの胸ポケットに小型カメラをつけていたので、様子見をすることになった。

再び作戦失敗するジミーとデル

ジミーに怒るデル

ジミーはシェリルの待っているホテルに向かう。ジミーはシェリルからタキシードを脱がされ焦り、「お風呂に入りたい」とジミーが言うと、シェリルは「バブル泡のお風呂を入れる」と浴室に行った。ジミーがその間にタキシードを着ようとすると、バニングの手下達が侵入し、ジミーを襲ってきた。プールサイドで待っていたデルも、バニングの手下に襲われ、プールで溺死させられようとしていた。ジミーは、タキシードのズボンだけは着用出来て足だけで攻撃し、部屋の下にあるプールでデルを襲っていた男に向かって手下を投下し、デルも救い出すことに成功した。
デルはジミーがいる部屋に向かい、部屋を出て別の場所でケガの手当てをすることになった。デルの態度が明らかに怒っていたので、ジミーは「何故怒っているのか」と聞くと、「大男に狙われるし、パートナーはあなた」とデルは言う。ジミーは「君は人の気持ちが分からないだろ」と言う。デルは「そんなに色々わかるなら私のことも当ててみて」と言うと、ジミーは「僕に一目惚れをしている。名前はデル・ブレイン」と言うと、デルは少し微笑んで「デライラが本名」だと言う。

バニング宅の研究室へ侵入

地下室から逃げるジミーとデル

デルは、バニングの家に研究室があることだけ情報を仕入れていた。
ジミーとデルは、バニング宅の新商品のお披露目パーティに潜入する。ジミーとデルは緑の液体を持っている男達を怪しんで追ったが、プール辺りで突然姿を消した。プール付近を調べるために、デルは飛び込み台に乗ると地下に続く入口を見つけた。地下の研究室へ侵入し、コンピューターを調べたデルは、ウォレスを殺したバクテリアは極度の脱水症状を誘発する、殺人バクテリアであることを知る。しかし、バニングの作戦である、世界各地の貯水池へバクテリアを運ぶ方法が不明だった。各地の貯水池は、相当厳重に管理されており、バクテリアそのものを人為的に水へ混入することは不可能なためだ。2人はバニングの手下に侵入したことがバレたので、研究室から脱出し地上に戻ることになる。

スティーナはCSA本部で、ジミーがつけている小型カメラの内容を見ていると、映っているのはデヴリンではなく、運転手のジミーだと気づく。ジミーはデルに本当のことを伝えようとするが、デルに電話がかかってくる。電話の相手はスティーナで、スティーナはデルに「今一緒にいるのはデヴリンの運転手だ」と伝える。デルはジミーに「2人でどこか行かない?」と連れ出しトイレへ向かう。トイレに着くと、ジミーに「服を脱げ」と銃で脅すデル。服を脱いだジミーは「僕はデヴリンの運転手で、名前はジミー」と話すが、デルはタキシードを持ってそのまま出て行ってしまった。デルは、タキシードを持って帰ろうとしていたが、バニングの手下に捕まり、バニングの元へ連れて行かれ、研究室に侵入したのをバラされる。デルは「あなたのために来た」といい、バニングにタキシードを手渡す。デルはネックレスのボタンを押し、CSA本部に詳しい場所を伝え、バニングを逮捕する作戦に出る。

ジミーはデヴリンの家に戻り、「ウォルター・ストライダーが見つけられなかった、タキシードも失ってしまった。今まで同様タクシードライバーに戻る」と手紙を書いていた。置いていた水をこぼしてしまい、ふきあげているとアメンボの写真が目に入る。ジミーは「ウォルター・ストライダー」でなく、「ウォーターストライダー(アメンボ)」だと気づく。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

スパルタンX(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『スパルタンX』(映画)とは、スペインのバルセロナを舞台に、トーマス、デヴィッド、そして探偵のモビーの三人が、謎の組織に誘拐された美女シルヴィアを救出すべく奮闘するコメディ・アクション映画である。また、この作品を題材にしたアーケード&テレビゲームが制作された。 本作のクライマックスで繰り広げられる、ベニー・ユキーデとの一騎打ちは、ジャッキー・チェン映画における名ファイトシーンとして多くのファンから絶賛されている。

Read Article

七福星(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『七福星』とは、サモ・ハン・キンポー監督・主演のアクション・コメディー作品で、『福星』シリーズ第3弾。『あぶない刑事』の同時上映として公開された。前作『大福星』にてヤクザ撲滅に協力したキッド(演:サモ・ハン・キンポー)ら一同は、褒美としてパタヤ旅行へ行く事となった。またその先でも思わぬ魔の手が立ちはだかっていた。一方で香港警察の刑事マッスル(演:ジャッキー・チェン)やリッキー(演:ユン・ピョウ)達は香港で捜査に乗り出していた。ジャッキー・チェンやユン・ピョウは『福星』シリーズ出演最後となった。

Read Article

香港発活劇エクスプレス 大福星(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『香港発活劇エクスプレス 大福星』とは、サモ・ハン・キンポー監督&出演による、ジャッキー・チェン、ユン・ピョウ出演によるアクション・コメディー作品であり、『福星』シリーズ第2弾。全編日本ロケで行われた。香港警察の刑事マッスル(演:ジャッキー・チェン)とリッキー(演:ユン・ピョウ)が、日本でヤクザ「かかし組」を追うが、リッキーが捕まってしまう。マッスルは香港から応援としてキッド(演:サモ・ハン・キンポー)を応援に要請し、彼の仲間達も日本へやって来て、リッキー救出と「かかし組」の撲滅に挑む。

Read Article

ポリス・ストーリー/香港国際警察(ジャッキー・チェン)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポリス・ストーリー/香港国際警察』とは、ジャッキー・チェンが監督・脚本・主演・武術指導を兼ねたアクション映画。 香港警察のチェン刑事は他の刑事達と共に、麻薬密売を行うチュウ率いる犯罪組織の取引現場へ潜入する、張り込みが一味にバレて銃撃戦へと展開。チェンの活躍でチュウ達を逮捕するが、更なる波乱が待ち受けていた。 現在でも、なおジャッキー・チェンのベスト作品としても人気が高い。

Read Article

ファースト・ミッション(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファースト・ミッション』とは、1985年に公開されたサモ・ハン・キンポー監督、ジャッキー・チェン主演の香港映画である。刑事のフォン・シャンヤンは上司のウォン警部達と宝石の密輸を行うシンジケートの捜査を行っていた。その矢先、彼の兄シャンタクはある出来事によりシンジケートの事件に巻き込まれる事となる。監督のサモ・ハンの意向でドラマ重視の作品となったが日本公開時にはアクション場面とジャッキー・チェン歌唱の主題歌が追加された。

Read Article

ラッシュアワー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ラッシュアワー』とは、1998年にアメリカで公開されたアクションコメディー映画である。本作は公開第1週で興行収入3,300万ドルの収益を上げ、北米興収1位となった。大変好評であったため、『ラッシュアワー2』『ラッシュアワー 3』も公開される。いずれもブレット・ラトナーが監督を務めている。香港警察のリーと、ロス市警のカーターが誘拐された領事の娘を救うために協力する話である。

Read Article

サンダーアーム/龍兄虎弟(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『サンダーアーム/龍兄虎弟』は、1986年に香港で製作されたジャッキー・チェン主演のアクション映画。 冒険家のジャッキーは、友人アランから恋人のローラが邪教集団に誘拐されたと告げられる。一方で教団は、ジャッキーを利用して世界各地にある五つの「神の武具」をジャッキーに集めさせ、恐るべき力を手に入れようとしていた。 本作品での撮影中に、主演のジャッキー・チェンが頭蓋骨骨折という大怪我を負った事は有名であり、現在も彼の脳が飛び出さない様にプラスチックの栓がしてある。

Read Article

ラッシュアワー2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ラッシュアワー2』とは、2001年に公開されたアメリカで制作されたアクション・コメディ映画である。『ラッシュアワー』の続編であり、主人公は同じくジャッキー・チェンとクリス・タッカーである。全世界で3億4,730万ドルの収益を上げた。『ラッシュアワー』よりアクションシーンが多くなっている。監督は『ラッシュアワー』に引き続きブレット・ラトナーである。休暇を取り香港観光に来たカーターだったが、リーの父親を殺した犯人の捜査に協力することになり、2人は息の合ったコンビネーションで事件を解決していく。

Read Article

NEW

ダブル・ミッション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ダブル・ミッション』とはアメリカ合衆国で制作され、2010年に公開されたアクション・コメディ映画である。監督はブライアン・レヴァントであり、主人公はジャッキー・チェンが演じている。CGやスタントに頼らない、人間離れした体当たりアクションがジャッキーならではの映画となっている。主人公ボブはジリアンと結婚するために、スパイを引退するつもりでいた。ジリアンの息子・イアンが、ボブのパソコンからテロリストの極秘ファイルをダウンロードしてしまい、テロリストから狙われてしまうという話である。

Read Article

目次 - Contents