ポリス・ストーリー/香港国際警察(ジャッキー・チェン)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポリス・ストーリー/香港国際警察』とは、ジャッキー・チェンが監督・脚本・主演・武術指導を兼ねたアクション映画。
香港警察のチェン刑事は他の刑事達と共に、麻薬密売を行うチュウ率いる犯罪組織の取引現場へ潜入する、張り込みが一味にバレて銃撃戦へと展開。チェンの活躍でチュウ達を逮捕するが、更なる波乱が待ち受けていた。
現在でも、なおジャッキー・チェンのベスト作品としても人気が高い。

裁判所

チュウが逮捕された後、行われたのがチュウの麻薬取引事件の裁判である。その際、チュウの弁護士チョンがチュウの弁護についた。香港の裁判では、現在でも英国植民地時代の様に法廷弁護士がモーツァルトの様な髪形のカツラを被っている様である。

『ポリス・ストーリー/香港国際警察』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

チェン「冷静になるんだ!」

出典: media.timeout.com

フランキー刑事(写真右)に気を落ち着かせる様に促すチェン刑事(写真左)。

チュウの麻薬取引現場を押さえる際に組織に警察の存在がバレて、現場である村で銃撃戦となった。チェンの同僚刑事のフランキーは飛び交う銃弾に怯え、発狂しつつ組織の手下めがけて銃を狙いが定まらない状態で発砲する。そんなフランキーを見かねたチェンが彼の肩を抱き、「冷静になるんだ!」と、心を落ち着かせる様に𠮟責した。冷静を欠いた行動を取ると、判断を誤る事にもなりかねない。いかなる状態でも冷静に対応する事が大事だとチェンは言っているのではないか。

チェン「現場は俺たちに任せ、あんたはここにふんぞり返っているだけ!俺たち仲間の命を何だと思っているんだ!」

ダニー・クーや手下達の罠により、ブン刑事殺害容疑の疑いを掛けられたチェンは必死に署長やチョー警部に、自分は何もやっていないと主張する。しかし署長は状況証拠が揃っているとして、チェンを第1級殺人罪で逮捕しようとする。するとチェンが逆上し、銃を手に取り「現場は俺たちに任せ、あんたはここにふんぞり返っているだけ!俺たち仲間の命を何だと思っているんだ!」と訴え、署長を人質に取り、警察署から車で逃走。チェンは人気の無い道で車を止め、こうするしかなかったと署長に謝罪、署長もチェンの行為を赦す。そしてサリナのもとへ向かうチェンに対し、署長は気を付けて行けと声を掛け見送った。その場しのぎで取った行動とはいえ、常に危険と隣り合わせとなっている刑事としてのチェンの心の叫びと見てとれる。

署長「私は何も見ていない」

出典: pbs.twimg.com

ショッピングビルにて、サリナを助け出そうとチェンがダニーや手下達と激しい格闘戦を繰り広げた。そしてサリナも、持ち出した鞄の中にチュウの悪事に関する資料が入っている事を告げた。しかし、そこへチュウの弁護士チョンがやって来て、チェンを民間人に手を出す暴力刑事等と批判し、その言動にチェン怒り拳を向けるが、遠くで見ていた署長やチョー警部らに止められる。だがチョンの横に割り込んでは侮辱するジョンの言葉にチェンが激怒し、彼の顔に鉄拳をお見舞いし眼鏡も割る。更に隣にいたチョンの腹部や顔、そしてチュウの腹部へ鉄拳を食らわす。
これを見たチョー警部が、これらのチェンの行為について報告書をどう書くかと尋ねると、署長は「私は何も見ていない」と答え、その場を後にした。チェンが起こした行動に対して、もう知らないよという思いと、チュウという悪人に制裁を加えたことに対し、よくやったという思いがこの一言に入り交じっていると考えられる。

『ポリス・ストーリー/香港国際警察』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

著名人に影響を与えた名場面

チェン(写真中央)が二階建てバスの前で発砲し急停車させる場面。

本作品は多くの映画人に影響を与えた。「チェンが二階建てバスの前に立ち、発砲で急停車させる」場面は、シルベスター・スタローン主演作『デッドフォール』(1989年)にて、「チェンがバイクで悪人を追い詰める」場面はブルース・リーの息子ブランドン・リー主演作『ラピッド・ファイアー』(1992年)にて再現された。
因みに、同時期に制作されたクリント・イーストウッド主演『ダーティハリー5』(1988年)には、主役のハリー刑事の相棒である中国人刑事役にジャッキー・チェンへ出演依頼があったとの事。そして、本作品での「主人公(ここではチェン)が警察のイメージ向上の為に、メディアに露出される」という展開が『ダーティハリー5』に引用された。

劇中もプライベートも命懸け

電気ポールで滑り落ちるチェン。

本作品撮影中のジャッキー・チェンは、他にも『七福星』や『ファースト・ミッション』等の作品を掛け持ちで撮影しており、睡眠時間もろくに取っていない状態だった。例えば、夜中や朝方まで本作品のショッピングモールでのアクションシーンを撮り終えた後に、そのまま車で『ファースト・ミッション』の撮影現場で直行するという感じだった。それ故に本作品のショッピングモールでのアクションシーンでの鬼気迫る演技は、当時のハードな状態を表していたとも言える。更に、クライマックスでの「ショッピングモールの上階から電気ポールで滑り落ちる」場面では、実際に電灯が点いていた事による火傷で手の皮が剥け、ガラスにより酷い切り傷を負った。

『ポリス・ストーリー/香港国際警察』の主題歌・挿入歌

劇場版主題歌:ジャッキー・チェン『英雄故事』

劇場版主題歌『英雄故事』。

本作品の主題歌であり、主演を務めるジャッキー・チェンが歌唱した。『プロジェクトA』と並び、本作品の主題歌も多くのファンに親しまれている。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

スパルタンX(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『スパルタンX』(映画)とは、スペインのバルセロナを舞台に、トーマス、デヴィッド、そして探偵のモビーの三人が、謎の組織に誘拐された美女シルヴィアを救出すべく奮闘するコメディ・アクション映画である。また、この作品を題材にしたアーケード&テレビゲームが制作された。 本作のクライマックスで繰り広げられる、ベニー・ユキーデとの一騎打ちは、ジャッキー・チェン映画における名ファイトシーンとして多くのファンから絶賛されている。

Read Article

七福星(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『七福星』とは、サモ・ハン・キンポー監督・主演のアクション・コメディー作品で、『福星』シリーズ第3弾。『あぶない刑事』の同時上映として公開された。前作『大福星』にてヤクザ撲滅に協力したキッド(演:サモ・ハン・キンポー)ら一同は、褒美としてパタヤ旅行へ行く事となった。またその先でも思わぬ魔の手が立ちはだかっていた。一方で香港警察の刑事マッスル(演:ジャッキー・チェン)やリッキー(演:ユン・ピョウ)達は香港で捜査に乗り出していた。ジャッキー・チェンやユン・ピョウは『福星』シリーズ出演最後となった。

Read Article

香港発活劇エクスプレス 大福星(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『香港発活劇エクスプレス 大福星』とは、サモ・ハン・キンポー監督&出演による、ジャッキー・チェン、ユン・ピョウ出演によるアクション・コメディー作品であり、『福星』シリーズ第2弾。全編日本ロケで行われた。香港警察の刑事マッスル(演:ジャッキー・チェン)とリッキー(演:ユン・ピョウ)が、日本でヤクザ「かかし組」を追うが、リッキーが捕まってしまう。マッスルは香港から応援としてキッド(演:サモ・ハン・キンポー)を応援に要請し、彼の仲間達も日本へやって来て、リッキー救出と「かかし組」の撲滅に挑む。

Read Article

ファースト・ミッション(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファースト・ミッション』とは、1985年に公開されたサモ・ハン・キンポー監督、ジャッキー・チェン主演の香港映画である。刑事のフォン・シャンヤンは上司のウォン警部達と宝石の密輸を行うシンジケートの捜査を行っていた。その矢先、彼の兄シャンタクはある出来事によりシンジケートの事件に巻き込まれる事となる。監督のサモ・ハンの意向でドラマ重視の作品となったが日本公開時にはアクション場面とジャッキー・チェン歌唱の主題歌が追加された。

Read Article

タキシード(2002年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『タキシード』とは、並外れたドライブテクニックを持ったタクシー運転手のジミー・トンが、タキシードを着ることによりスーパーマンのように強化し、雇い主であるデヴリンの代わりに、ミッションを遂行するアクションコメディー映画である。ジャッキー・チェンの映画では珍しく、「タキシードを着ないと強くならない」という設定である。監督はケヴィン・ドノヴァンである。アメリカでは2002年9月27日に劇場公開され、日本では2003年3月15日に日比谷映画系列で公開された。

Read Article

ラッシュアワー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ラッシュアワー』とは、1998年にアメリカで公開されたアクションコメディー映画である。本作は公開第1週で興行収入3,300万ドルの収益を上げ、北米興収1位となった。大変好評であったため、『ラッシュアワー2』『ラッシュアワー 3』も公開される。いずれもブレット・ラトナーが監督を務めている。香港警察のリーと、ロス市警のカーターが誘拐された領事の娘を救うために協力する話である。

Read Article

デッドヒート(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『デッドヒート』とは、1995年に公開された、ジャッキー・チェン主演のカーアクション映画である。レーサーであるジャッキーは、父親が経営するレーシング・ショップを手伝いつつ、親子で街に蔓延る改造車の摘発を警察の協力のもとで行っていた。そんななか一台の車がジャッキーの目の前を爆走する。運転手は国際テロリストのクーガーだった。ジャッキー・チェンの車好きが高じたのか、全編にわたり、カーアクションが繰り広げられる。

Read Article

サンダーアーム/龍兄虎弟(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『サンダーアーム/龍兄虎弟』は、1986年に香港で製作されたジャッキー・チェン主演のアクション映画。 冒険家のジャッキーは、友人アランから恋人のローラが邪教集団に誘拐されたと告げられる。一方で教団は、ジャッキーを利用して世界各地にある五つの「神の武具」をジャッキーに集めさせ、恐るべき力を手に入れようとしていた。 本作品での撮影中に、主演のジャッキー・チェンが頭蓋骨骨折という大怪我を負った事は有名であり、現在も彼の脳が飛び出さない様にプラスチックの栓がしてある。

Read Article

NEW

炎の大捜査線(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『炎の大捜査線』とは、1991年に台湾・香港で製作・公開された刑務所を舞台としたアクション映画である。警察官のウェイが、異動に伴い署長のもとへ挨拶に行った矢先、何者かにより署長が殺害される。署長を殺害した男は逃走用の車に乗った直後に爆死。男の死体を調べると、彼は3ヶ月前に死刑が執行されていた。ウェイは、犯人が収監されていた刑務所に何かあると考え、自らの入所を試みる。ジャッキー・チェンをはじめ、1990年代の香港の人気俳優が総出演。

Read Article

ラッシュアワー2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ラッシュアワー2』とは、2001年に公開されたアメリカで制作されたアクション・コメディ映画である。『ラッシュアワー』の続編であり、主人公は同じくジャッキー・チェンとクリス・タッカーである。全世界で3億4,730万ドルの収益を上げた。『ラッシュアワー』よりアクションシーンが多くなっている。監督は『ラッシュアワー』に引き続きブレット・ラトナーである。休暇を取り香港観光に来たカーターだったが、リーの父親を殺した犯人の捜査に協力することになり、2人は息の合ったコンビネーションで事件を解決していく。

Read Article

ダブル・ミッション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ダブル・ミッション』とはアメリカ合衆国で制作され、2010年に公開されたアクション・コメディ映画である。監督はブライアン・レヴァントであり、主人公はジャッキー・チェンが演じている。CGやスタントに頼らない、人間離れした体当たりアクションがジャッキーならではの映画となっている。主人公ボブはジリアンと結婚するために、スパイを引退するつもりでいた。ジリアンの息子・イアンが、ボブのパソコンからテロリストの極秘ファイルをダウンロードしてしまい、テロリストから狙われてしまうという話である。

Read Article

目次 - Contents