ポリス・ストーリー2/九龍の眼(ジャッキー・チェン)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポリス・ストーリー2/九龍の眼』とは、1988年に公開された、ジャッキー・チェン主演のポリスアクション作品である。犯罪組織のボスであるチュウ一味を逮捕したチェン刑事だが、彼等逮捕する際に器物破壊等の行為で多大な損害を出してしまう。これにより制服警官への降格、交通係への勤務を命じられる。地道に働くチェンだったが、その背後で爆弾事件が発生する。人気シリーズ第2弾であり、派手な格闘、爆破シーンが話題となった。

『ポリス・ストーリー2/九龍の眼』の概要

出典: www.themoviedb.org

『ポリス・ストーリー2/九龍の眼』(原題:警察故事續集、英語題:Police Story 2)は1988年に公開された、ジャッキー・チェン主演のポリスアクション作品である。
1985年に公開し大ヒットした『ポリス・ストーリー/香港国際警察)』の続編である。前回『ポリス・ストーリー~』の活躍にて組織を追い込む程の奮闘を行ったチェンだったが、彼への苦情も多かった。結局、交通係勤務への降格となった。外で地道に働いているチェンの前に一台の車が止まり、窓から組織のボスであるチュウが顔を出す。大病の末期である彼は、特別に刑務所から釈放されていた。再びチュウ一同の影が忍び寄ると思いきや、背後には爆弾テロの行動が迫っていた。
本作品は派手な格闘技戦や爆破シーンが展開する等、前作を凌ぐ程のエンターテインメント性が強い作品となった。
本作品は、ジャッキー・チェン映画としては史上最高の5000万香港ドル(約8億円)と6000人の出演者が投入され制作された。興行収入は香港では3400万香港ドル(約5億円)以上、日本では7億円もの大ヒットとなった。

『ポリス・ストーリー2/九龍の眼』のあらすじ・ストーリー

交通係への降格へ

犯罪組織のボスであるチュウ・タオを逮捕したチェンだったが、デパートのシャンデリア等を破壊する行為で多額の損害を出してしまった。チェンは制服勤務を命じられ、交通係勤務への降格となった。これに不満だったチェンに対し恋人メイは、チェンが危険な職務でなくなったと喜ぶ。地道に交通整理をしているチェンの前に一台の車が止まり、窓から組織のボスであるチュウが顔を出す。彼は末期の大病宣告を受けており、特別に刑務所から釈放されていた。チュウと同乗していた彼の側近ジョンは、チェンを挑発しつつ、その場を去っていく。
その後、ジョンが数人で、メイや彼女の叔母へ執拗な嫌がらせを行った。チェンはレストランで食事をしていたジョンら数人のもとへ向かい、嫌がらせはやめろと訴えるが、彼等は聞く耳を持たなかった。チェンは激怒し格闘を繰り広げ、しまいにはジョンの眼鏡をたたき割る始末だった。これに対し、警察官が市民に暴力を振るうとは何事だと、署長から𠮟責を受ける。外の世界で蔓延るチュウやジョン達を退治する事ができない理不尽さを感じたチェンは、警察を辞めると告げ、付けていた警察バッジを外してしまう。

次なる事件の幕開け

爆発が起きたショッピングモール

警察を辞めると告げた後、チェンは3ヶ月休暇を取りメイと共にバリ島へ旅行しようと考える。メイと二人でショッピングモール内の旅行代理店へ出向くが、その帰りにチェンは後輩警官と遭遇する。そして彼から、ショッピングモールへ爆破予告があった事を告げられる。ショッピングモールの上部は、単なるイタズラだろうと聞く耳を持たなかった。しかし、もし爆発が本当にあれば多くの被害者が出ると考えたチェンは、強引に警報器を鳴らして客をデパートから外へ出す。
騒ぎを聞きつけた署長やチョウ達ら警察がやって来て、チェンは彼等に状況を説明した。消防車もやって来るなか、これといった事は起きず、周囲は本当にイタズラだったのではと思い始める。気が緩んだのも束の間、突然、デパート内で爆発が発生する。更に、ショッピングモールのフォン社長へ、犯人らしき者から連絡が来る。それは次なる犯行予告であり、爆破を止めて欲しければ一千万香港ドルを払えと要求された。デパートの社長は、この件を警察へ任せる事にした。

波乱の中での任務遂行

出典: n.sinaimg.cn

旅行へ向かう直前にチョウ(写真左)と署長(写真右)に引きとめられたチェン(写真中央)。

署長やチョウは、今回の爆破事件の担当をチェンに任せようと考える。一方のチェンは空港にて、メイと一緒にバリ島へ旅行に向かう為に飛行機から出発するところだった。飛行機の席に座っていたチェンは客室乗務員に呼ばれ、パスポートに不備があると告げられ、そのまま飛行機から出て管理室へと連れて行かれる。チェンが向かった先には、署長とチョウがいた。チョウや署長の頼みを断り切れず、チェンは仕方なく捜査へ参加する事となった。チェンはメイに事情を話そうとするが、彼女が乗っていた飛行機は既に離陸していた。自分のみならず、メイのパスポートを持っていると焦るチェンに対し、チョウは現地に連絡を入れておくと告げた。
チェンはチョウと共にショッピングモール社長フォンの会社のもとへ向かう。チェンは一人、会議室へ向かい盗聴器を仕掛けようとするが、社長達が入って来る。焦ったチェンは部屋のテーブルの裏に隠れて、大勢がいるなかで盗聴器を取り付ける。チェンはテーブルの裏から出て、周りの衆とどさくさに紛れ込んだ後、部屋を退室する。
雨が降りしきるなかでチェンが警察署へ戻ると、ずぶ濡れになったメイが待っており、彼女はカンカンだった。チェンにパスポートを持っていかれた故に、メイはバリ島へ入国できず、10時間も拘束されたと怒りをぶちまける。チェンはメイの事を現地の管理局に連絡しなかったのかとチョウに聞くと、忘れていたと答えた。

強さや守る事の意味

ジョンの手下達と格闘を繰り広げるチェン(写真左から二番目)。

チェンは、メイと話し合う機会を持つ為、夜の公園で待ち合わせる。そこへジョンも現れ、二人に向けて拳銃を構える。しかしその銃は水鉄砲であり、飛び出た水をチェンは避けるが、彼の背後にいたメイに命中する。笑いながらその場を去るジョンだったが、向かった先には多くの部下達がいた。公園や路地で格闘戦が繰り広げられ、部下達が乗った車で路地の隅まで追い込まれる。しかしチェンはどうにか車をかわし、逆に部下達やジョンを追い詰めていく。ビビったジョンは逃げようとするが、目の前の柱にぶつけまたも眼鏡を割る。ジョンは、ボスであるチュウの指示で仕方なくやったと罪を告白した。手下達を連れてジョンがいなくなったのを見計らい、チェンはメイのところに戻る。しかし、メイはチェンの行動は危険だったと話す。そして、自分に欲しいのは強さではなく優しさが欲しいのだと訴えた。公園での乱闘騒ぎが新聞でも大きく取り上げられ、またも署長にこっぴどく叱られたチェンであった。

爆破事件の捜査介入

出典: n.sinaimg.cn

チェンに協力する尾行のスペシャリストの若者達。

チェンは、特殊技能を持った数人の若者達で構成された特捜班と組み、爆弾犯人の行方を調べる事となった。フォン社長のもとへ犯人らしき者から連絡があり、チェン達はそのやり取りを仕掛けた盗聴器で聴きながら、逆探知をして犯人のいる場所を特定する。特定した場所近辺の警官にも連絡すると、近くの公衆電話に不審な男がいるという連絡が入る。その警官が男に声を掛けるが、彼から暴行を受け、拳銃も奪われる。男はそのまま逃走した。警官は自分の不覚だったと、チェン達に謝罪する。しかし、犯人の顔を覚えていた為に、チームの一員としてチェン達と行動を共にする事となった。
今度はチェンのもとへ、情報屋のバクから連絡が入り、爆薬密売屋ファイへ会う事を指示される。チェンは変装しファイのもとへ向かい、強盗で使用する爆薬が欲しいと告げる。そこへ二人の刑事がやって来て、チェンを取り調べる。チェンの事を怪しんでいたファイが、事前に通報していたのだ。チェンは刑事達に抵抗し、どうにかその場から逃れる。チェンはファイの自宅へ先回りし、自分を通報した事を詰め寄る。ファイは用心する為に通報したのだと答えて、爆薬は必ず売るとも告げる。コンテナ下から爆薬を取り出した瞬間にチェンは自らの正体を明かし、ファイを連行する。署内では売人が中々口を割らなかったものの、チームメンバー女性三人が力を合わせて売人をぼこぼこにし、強引に口を割らせ情報を引き出す。

証明されてきた犯人像

キム(写真右)に攻撃を仕掛けるライ(写真左)。

ファイは爆薬の買い手について話し、その買い手の一人が、爆破事件の犯行グループの一人ホンである事が分かる。チェン達はホンの尾行を始め、彼等はとある工業地帯へと消えて行く。暫くすると、ホンら犯行グループ数名はアジトと思われるビルから出て来て、再び車で出掛けて行く。特捜班は犯行グループの車のナンバーを控え尾行を試みるが、犯行グループにバレて失敗する。
一方で、チェンとキムの二人は犯行グループのアジトへ潜入する。中へ入ると、一人の瘦せ型の眼鏡をかけた男ライと遭遇する。ライは耳が不自由で、口がきけず「アパアパ」と口にしていた。チェンはどうにかジェスチャーで、他の者がここに住んでいるか等と伝えるが、ライにはまるっきり伝わっていない様子である。困っていた二人に対し、ライはラジコンカーを取り出し操作し始める。チェンとキムはラジコンカーが走る方へ向くが、突然それが爆発する。唖然としている彼等のスキを突いて、ライはキレのある足技で攻撃しチェンとキムを追い詰める。彼等が倒れているスキに、ライは逃走する。
再び犯行グループからフォン社長へ連絡があり、2000万ドルを用意し、会社名義で二日後の朝刊で広告を出す様に指示される。更に、逆探知できない様になっていた。犯行グループのメンバーであるキン達は、爆薬売人ファイを自分達の車へ引きずり込み、爆弾を指定する場所へ置く様に指示する。その頃、警察署にいたチェンのもとへメイがやって来て、彼に手紙を渡して帰って行く。メイの行動も犯行グループが後をつけていた。

犯行グループの度重なる悪行

犯行グループの度重なる爆破行為を止められず落胆するチェン(写真左から四番目)達

1e0909uy
1e0909uy
@1e0909uy

Related Articles関連記事

ポリス・ストーリー/香港国際警察(ジャッキー・チェン)のネタバレ解説・考察まとめ

ポリス・ストーリー/香港国際警察(ジャッキー・チェン)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポリス・ストーリー/香港国際警察』とは、ジャッキー・チェンが監督・脚本・主演・武術指導を兼ねたアクション映画。 香港警察のチェン刑事は他の刑事達と共に、麻薬密売を行うチュウ率いる犯罪組織の取引現場へ潜入する、張り込みが一味にバレて銃撃戦へと展開。チェンの活躍でチュウ達を逮捕するが、更なる波乱が待ち受けていた。 現在でも、なおジャッキー・チェンのベスト作品としても人気が高い。

Read Article

スパルタンX(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

スパルタンX(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『スパルタンX』(映画)とは、スペインのバルセロナを舞台に、トーマス、デヴィッド、そして探偵のモビーの三人が、謎の組織に誘拐された美女シルヴィアを救出すべく奮闘するコメディ・アクション映画である。また、この作品を題材にしたアーケード&テレビゲームが制作された。 本作のクライマックスで繰り広げられる、ベニー・ユキーデとの一騎打ちは、ジャッキー・チェン映画における名ファイトシーンとして多くのファンから絶賛されている。

Read Article

香港発活劇エクスプレス 大福星(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

香港発活劇エクスプレス 大福星(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『香港発活劇エクスプレス 大福星』とは、サモ・ハン・キンポー監督&出演による、ジャッキー・チェン、ユン・ピョウ出演によるアクション・コメディー作品であり、『福星』シリーズ第2弾。全編日本ロケで行われた。香港警察の刑事マッスル(演:ジャッキー・チェン)とリッキー(演:ユン・ピョウ)が、日本でヤクザ「かかし組」を追うが、リッキーが捕まってしまう。マッスルは香港から応援としてキッド(演:サモ・ハン・キンポー)を応援に要請し、彼の仲間達も日本へやって来て、リッキー救出と「かかし組」の撲滅に挑む。

Read Article

七福星(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

七福星(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『七福星』とは、サモ・ハン・キンポー監督・主演のアクション・コメディー作品で、『福星』シリーズ第3弾。『あぶない刑事』の同時上映として公開された。前作『大福星』にてヤクザ撲滅に協力したキッド(演:サモ・ハン・キンポー)ら一同は、褒美としてパタヤ旅行へ行く事となった。またその先でも思わぬ魔の手が立ちはだかっていた。一方で香港警察の刑事マッスル(演:ジャッキー・チェン)やリッキー(演:ユン・ピョウ)達は香港で捜査に乗り出していた。ジャッキー・チェンやユン・ピョウは『福星』シリーズ出演最後となった。

Read Article

ファースト・ミッション(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ファースト・ミッション(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファースト・ミッション』とは、1985年に公開されたサモ・ハン・キンポー監督、ジャッキー・チェン主演の香港映画である。刑事のフォン・シャンヤンは上司のウォン警部達と宝石の密輸を行うシンジケートの捜査を行っていた。その矢先、彼の兄シャンタクはある出来事によりシンジケートの事件に巻き込まれる事となる。監督のサモ・ハンの意向でドラマ重視の作品となったが日本公開時にはアクション場面とジャッキー・チェン歌唱の主題歌が追加された。

Read Article

タキシード(2002年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

タキシード(2002年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『タキシード』とは、並外れたドライブテクニックを持ったタクシー運転手のジミー・トンが、タキシードを着ることによりスーパーマンのように強化し、雇い主であるデヴリンの代わりに、ミッションを遂行するアクションコメディー映画である。ジャッキー・チェンの映画では珍しく、「タキシードを着ないと強くならない」という設定である。監督はケヴィン・ドノヴァンである。アメリカでは2002年9月27日に劇場公開され、日本では2003年3月15日に日比谷映画系列で公開された。

Read Article

ラッシュアワー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ラッシュアワー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ラッシュアワー』とは、1998年にアメリカで公開されたアクションコメディー映画である。本作は公開第1週で興行収入3,300万ドルの収益を上げ、北米興収1位となった。大変好評であったため、『ラッシュアワー2』『ラッシュアワー 3』も公開される。いずれもブレット・ラトナーが監督を務めている。香港警察のリーと、ロス市警のカーターが誘拐された領事の娘を救うために協力する話である。

Read Article

デッドヒート(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

デッドヒート(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『デッドヒート』とは、1995年に公開された、ジャッキー・チェン主演のカーアクション映画である。レーサーであるジャッキーは、父親が経営するレーシング・ショップを手伝いつつ、親子で街に蔓延る改造車の摘発を警察の協力のもとで行っていた。そんななか一台の車がジャッキーの目の前を爆走する。運転手は国際テロリストのクーガーだった。ジャッキー・チェンの車好きが高じたのか、全編にわたり、カーアクションが繰り広げられる。

Read Article

炎の大捜査線(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

炎の大捜査線(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『炎の大捜査線』とは、1991年に台湾・香港で製作・公開された刑務所を舞台としたアクション映画である。警察官のウェイが、異動に伴い署長のもとへ挨拶に行った矢先、何者かにより署長が殺害される。署長を殺害した男は逃走用の車に乗った直後に爆死。男の死体を調べると、彼は3ヶ月前に死刑が執行されていた。ウェイは、犯人が収監されていた刑務所に何かあると考え、自らの入所を試みる。ジャッキー・チェンをはじめ、1990年代の香港の人気俳優が総出演。

Read Article

サンダーアーム/龍兄虎弟(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サンダーアーム/龍兄虎弟(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『サンダーアーム/龍兄虎弟』は、1986年に香港で製作されたジャッキー・チェン主演のアクション映画。 冒険家のジャッキーは、友人アランから恋人のローラが邪教集団に誘拐されたと告げられる。一方で教団は、ジャッキーを利用して世界各地にある五つの「神の武具」をジャッキーに集めさせ、恐るべき力を手に入れようとしていた。 本作品での撮影中に、主演のジャッキー・チェンが頭蓋骨骨折という大怪我を負った事は有名であり、現在も彼の脳が飛び出さない様にプラスチックの栓がしてある。

Read Article

ラッシュアワー2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ラッシュアワー2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ラッシュアワー2』とは、2001年に公開されたアメリカで制作されたアクション・コメディ映画である。『ラッシュアワー』の続編であり、主人公は同じくジャッキー・チェンとクリス・タッカーである。全世界で3億4,730万ドルの収益を上げた。『ラッシュアワー』よりアクションシーンが多くなっている。監督は『ラッシュアワー』に引き続きブレット・ラトナーである。休暇を取り香港観光に来たカーターだったが、リーの父親を殺した犯人の捜査に協力することになり、2人は息の合ったコンビネーションで事件を解決していく。

Read Article

ダブル・ミッション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ダブル・ミッション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ダブル・ミッション』とはアメリカ合衆国で制作され、2010年に公開されたアクション・コメディ映画である。監督はブライアン・レヴァントであり、主人公はジャッキー・チェンが演じている。CGやスタントに頼らない、人間離れした体当たりアクションがジャッキーならではの映画となっている。主人公ボブはジリアンと結婚するために、スパイを引退するつもりでいた。ジリアンの息子・イアンが、ボブのパソコンからテロリストの極秘ファイルをダウンロードしてしまい、テロリストから狙われてしまうという話である。

Read Article

目次 - Contents