ラッシュアワー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ラッシュアワー』とは、1998年にアメリカで公開されたアクションコメディー映画である。本作は公開第1週で興行収入3,300万ドルの収益を上げ、北米興収1位となった。大変好評であったため、『ラッシュアワー2』『ラッシュアワー 3』も公開される。いずれもブレット・ラトナーが監督を務めている。香港警察のリーと、ロス市警のカーターが誘拐された領事の娘を救うために協力する話である。

『ラッシュアワー』の概要

『ラッシュアワー』とは、1998年にアメリカで公開されたアクションコメディー映画である。本作は1998年公開第1週で興行収入3,300万ドルの収益を上げ、北米興収1位となった。最終的にはアメリカでは1億4,000万ドル、世界では2億4,400万ドルの収益を上げた作品である。大変好評であったため、『ラッシュアワー2』『ラッシュアワー 3』も公開される。いずれもブレット・ラトナーが監督を務めている。映画評論家のロジャー・イーバートはスタントマンを用いずにアクションシーンに挑んだジャッキー・チェンの演技を称賛し、同時に相棒役であるクリス・タッカーのコミカルな演技と合致しており良い作品だと評価している。
主演のジャッキー・チェンは「あまりアクションシーンが多くない」とインタビューで語っていたが、『ラッシュアワー』の大ヒットからハリウッドスターの地位を導き始め、ついに東洋人代表のハリウッドスターとなった。
領事であるハンは香港警察のリー捜査官と、マフィアであるジュン・タオ追っていた。密輸船に潜入したリーは、武器や美術工芸品を押収することに成功する。ジュン・タオはハンに逆恨みをし、ハンの娘であるスー・ヤンをアメリカで誘拐する。ハンはリーは捜査に参加させようとするが、FBIは捜査させぬように裏で手を回す。ロス市警のカーターは勝手に単独行動を行い、停職処分間近であった。そのためFBIは、カーターをリーの護衛につけ、捜査させないようにと指示する。カーターは事件解決するために、リーを連れて勝手に捜査を開始する。真面目な警察官のリーと、お騒がせ警察官のカーターが事件解決のために協力し、スー・ヤンを救い出す話である。

『ラッシュアワー』のあらすじ・ストーリー

リーとハン領事の絆

グリフィン警視長達を呼びパーティを行う。写真はグリフィン

香港警察のリー捜査官は、香港マフィアが盗んだ美術工芸品を乗せて、出港しようとしていたため、取り戻そうと密輸船に潜入していた。マフィアであるサンを発見し、リーは「動くな撃つぞ」と言い銃を向ける。サンは「撃てよ」と言い、マフィア仲間をリーの方に押し倒し、そのまま別の小型フェリーに乗り移って逃げる。
領事のハンは、アメリカ・ロサンゼルス中国総領事になるので、警視長であるグリフィンや関係者を呼んでパーティを行っていた。ハンはマフィアのボスであるジュン・タオが貴重な美術工芸品を盗んでいたため、リーに捜査を任せていた。リーはハンのもとへ行き、「ジュン・タオの密輸船から、貴重な美術工芸品を取り戻しました」と耳打ちをした。ハンはリーのことを信頼しており、同じくリーもハンのことを信頼している。総領事になるため、ハンの家族はアメリカに行くことになっていた。ハンの娘であるスー・ヤンはリーから武道を教えてもらっていて、親しい仲だった。スー・ヤンはアメリカに行くことを直前に聞かされており、香港に残るリーと離れることを悲しむ。リーは「君ならすぐに友達が出来る」とスー・ヤンに餞別の品としてネックレスを渡して別れる。

カーターのおとり捜査

画像の左クライブ、画像の右カーター。クライブから銃をつけつけられるカーター

アメリカ、ロス市警のジェームズ・カーターは所属する警察官の中で一番の問題児である。事件は解決しようとするが、無茶な行動が多く周りを巻き込んでいることが多い。今回も勝手におとり捜査を行っており、裏取引者のクライブと会っていた。カーターは「ブツはどこだ?」とクライブに聞くと、トランクを開け爆弾のC4を見せる。取引をしようとすると、他の警察官が不審に思い、クライブとカーターに銃を向ける。クライブはカーターを人質にし、銃をカーターに向ける。カーターは警察官に「クライブはいとこで怒ると手におえない」と嘘をつき、自身で解決しようとする。カーターはクライブの隙をつき、殴って気絶させる。カーターは警察官2人を現場から離れさせようとする。しかし、目が覚めたクライブは警察官2人に発砲し、C4を乗せたまま車で逃げる。カーターはクライブの車に向かって銃を撃ち、車が爆発するがクライブは車から脱出してその後逮捕される。

スー・ヤンの誘拐事件

真ん中がスー・ヤン。護衛2人に学校に送ってもらっているシーン。

ハンの家族はアメリカへと渡った。スー・ヤンはアメリカの学校への初登校日、護衛2人に車で学校へ送ってもらっていた。香港マフィアのサンは、警察官のフリをしてスー・ヤンの乗っている車を止め、護衛2人を銃で撃つ。スー・ヤンはリーから武道を教えてもらっているので、サンに攻撃し車から脱出して逃げる。しかし、バイクで追いかけてきた他のマフィアに捕まり、車に連れ込まれ誘拐される。
FBIの捜査官ラスと、その部下のホイットニーが、「スー・ヤンが誘拐された」とハンに話す。ハンは信頼のおけるリーを捜査に参加させるために、「香港の刑事を1人加えてほしい。もうこっちに向かっているから丁重に扱ってくれ」とラスに話す。ラスはホイットニーに、「アメリカで中国人のリーが捜査中に撃たれて死んでしまったら、国際問題になりかねない」と、捜査させないように裏で手を回す。その考えは、ロス市警にリーの護衛としてついてもらい、リーを捜査に参加させないようにするというものだった。

カーターはC4事件のことを書いてある新聞を片手に、「敵は10人、こっちは1人だ。仕方ないから順番に1人ずつ片付けようとしていた時に、アホな警官2人が入ってきた。俺がいなかったら死んでたんだ」と大げさに周りに話していた。実際は敵はクライブの1人のみである。それを聞いていた爆弾部隊の技術者を目指すタニア・ジョンソンは、カーターに「単独行動を勝手にしないで」と説教し、更に「あなたは停職処分よ」と言う。カーターは勝手におとり捜査をし、クライブを逮捕したが警官が撃たれ、証拠が爆発してなくなってしまったからである。
ちょうどその頃、ラスはロス市警のディール警部に「リーの護衛につける者はいないか?」と電話をする。ディールは「ロス市警を馬鹿にするな」とラスに怒る。話している途中カーターが「あの新聞は嘘だ」と話に来たので、ディールはカーターがちょうどいいと思い、カーターに頼むことにする。ディールは「誘拐された少女を助けてほしい。FBIは君を指名した」と言うと、カーターは喜んで任務を引き受ける。
領事官に到着したカーターは、ラスから「特別任務」と言われ別の場所へ連れて行かれる。ラスは「リーの護衛となり、リーが捜査に入ることを阻止する事が任務だ」と伝えた。カーターは「子守なんて聞いてない」と怒るが、ラスは「事件が解決するまで我々の前に現れるな」と言う。

カーターとリーの出会い

バスに追いつき乗り込むカーター

アメリカに到着したリーは飛行機から降りる。すると、カーターが待っており、「英語分かるだろうな?」とカーターはリーに話しかけるが、リーは言葉を発さない。英語が話せないと思ったカーターは「私はカーターです。私がなんて言っているかわかりますか!?」とカタコトの大きな声で話す。送迎の車だと思ったリーは、無言のままカーターの車に乗る。
カーターは事件解決のための任務だと思っていたが、実際はリーの護衛で、リーを誘拐事件に関与させないための任務に納得がいっていなかった。カーターは「この任務から降ろしてくれ」とディールに電話をする。「任務を放棄したら2ヶ月の停職処分だ」と言われたカーターは、「事件を解決して見返してやる」と勝手に事件を解決しようと情報収集することにする。
カーターはチャイニーズシアターに向かい、リーに観光してもらう。その間にカーターは、地図を売っている男のスタッキーに、誘拐の件で何か知っているか聞くことにする。カーターは「ギャングの友達から少女の誘拐について聞いてないか?45ドルで地図を買うから情報を教えろ」と尋ねると、スタッキーは「その件は知らないが、銃や爆薬を大量に仕入れている男がいる」と答えた。さらに詳しく話を聞こうとすると、その間にリーは姿を消してしまう。バスに乗ってハンのいる領事館へと向かうリーだが、カーターはリーを追いかけそのバスに乗り込む。リーは隙をみてバスから飛び出し、タクシーで逃げる。カーターはバイクに乗っている男に「バイクを貸せ」と言い、バイクを奪ってリーを追う。カーターはタクシーに追いつき、リーをタクシーから出して「どこに行く?」と銃を向ける。リーはカーターから銃を奪い、カーターに銃を向ける。タクシードライバーが見かねて2人に銃を向けると、リーは「私は警官で銃の奪い方を教えていた」と話し、その場は落ち着く。カーターの車に戻ることになったカーターとリー。カーターは「何故英語が喋れると言わなかった!?」と怒る。リーは「喋れないのではなく、喋らなかった」と言う。カーターがずっと文句を言っていたので、うるさいと感じたリーは勝手にラジオをつける。ビーチ・ボーイズの音楽が流れると、リーは「ビーチ・ボーイズはアメリカを代表する音楽」と言う。カーターは「ラジオに勝手に触るな、これが本当の音楽だ」とチャンネルを変えhiphopを流す。
情報を仕入れるためにカーターは店に入ろうとするが、リーも中に入ると聞かないため、カーターは「中に入るなら俺の指示に従え」と約束させる。店に入り、カーターは「よう!ニーガー」と言い、奥の部屋に入る。部屋に入るといきなり、犯罪組織のトップであるルーク達に「中国人の子供を誘拐知っているか」と銃で脅すカーター。「お前は外に出ておけ」とリーを外に出して、カーターは大笑いをする。実はルークはカーターのいとこであった。カーターはルークに「リーを脅かすためにやった、冗談だよ」と言い、「銃や爆薬を買いあさっているやつを知っているか?」とルークに聞く。ルークは「知らない」と答えるが、カーターは「お前の母親は心臓が弱い、お前が逮捕されたらどうなると思う?」と脅すと、ルークは「最近香港から来た男が、銃や爆薬を買いあさっていると聞いたが、名前は知らない」と言う。
店で待つリーは、先ほどカーターが言っていた言葉を思い出し、バーカウンターにいる男に「よ!ニガー」と話しかける。ちなみに、ニガーとは黒人を指す蔑称として用いられるスラングの一つである。知らずにスラングを使ったリーは、バーカウンターの男から「今なんて言った!?」と激怒され攻撃される。リーは何が何だかわからない間に、他の男達からも攻撃され戦うことになり、奥の部屋に行きカーターを呼ぶ。
店を出た2人であったが、カーターは「なんか食おう」と言い、食料品店に停車する。「時間を無駄にしたくない」と言うリーに対して、カーターは「食ったら行くから、握手しよう」と言いつつ、握手で差し出されたリーの手に手錠を掛けハンドルに繋げた。しかしカーターが食事を購入して車に戻ると、ハンドルごとリーの姿が消えていた。

無事にハンに会う事が出来たリー

身代金要求の電話にたまたま出たカーター

リーは、ハンドルをつけたままハンのいる領事官に向かう。領事官の門には見張り2人がおり、「何の用事で来た?」とリーに聞く。リーは「誘拐事件の件で来た」というと、銃を向けられる。リーは「ハン領事から呼ばれてきたんだ」と言い、銃を奪い見張りを気絶させ、中に侵入する。リーは窓から侵入し、ハンと会うことに成功した。ハンはFBI達に「香港警察のリーだ」と紹介する。
車のハンドルを取られたので、カーターはリーを追い、遅れて領事館にたどり着く。リーはハンに「カーターは命掛けでスー・ヤンを助けるつもりです」とカーターも捜査に参加させようとするため紹介する。カーターは上司に報告の電話をしようと受話器を取ると、ちょうどサンから身代金の要求の電話があり、そのまま要件を聞くことになった。サンは「現金で5,000万ドル準備しろ」と言うと、カーターは「クリントンの娘でも誘拐したのか!?」と驚く。サンはカーターの言葉を無視し、「50ドル紙幣で2,000万ドル、20ドル紙幣で2,000万ドル、10ドル紙幣で1,000万ドル準備しろ。受け渡し方は30分前に連絡する」と言い、電話を切る。逆探知に成功したFBIは、犯人が潜伏しているであろうビルに向かい突入する。ビル付近に到着したリーとカーターだが、リーは指示をしているラスに「5,000万ドルも要求して来た人間が、こんなビルにいるわけがない。危険だ」と説得するも無視される。ビルの中の電話が鳴り、その瞬間にビルの中が爆発する。カーターが隠れて様子を見ていたため、リーは「なぜ隠れていた?」と言うと、カーターは「隠れてない、靴の紐を直してたらリーがいなくなっていた」と言い合いをする。サンが近くにいると推測したリーは、周りを見渡すとサンを発見する。サンはハシゴを登って逃げ、ハシゴを上げて登れないようにする。リーはなんとかハシゴを登り、ハシゴを少し下げてサンを追いかける。カーターもサンを追いかけるが、ハシゴに届かず登れない。リーはもう少しのところでサンを捕まえられたが、逃してしまった。しかし、サンが何か落としており、それが何か調べることにした。
カーターはリーと、サンが落としたものの正体をジョンソンに教えてもらいに向かう。それは、C4を爆発するリモコンであった。クライブが情報を持っていると思ったカーターは、クライブに面会をしようとする。警備のボビーに「クライブに面会させてくれ」と言うと「時間外だから面会出来ない、クビになってしまう」と言う。カーターは「マリファナを買った時に見逃しただろ?」と説得し、ボビーは「5分だけだぞ」と言い面会を許可する。カーターはクライブが現れると「これはなんだ?」とリモコンを見せて聞く。「知らない」と言うクライブだが、そのリモコンを触らせようとするカーター。面倒になったクライブは奥の部屋に戻ろうとする。リーがクライブの前に立ち、「この女の子が誘拐された」とスー・ヤンの写真を見せ、「まだ11歳だ、死ぬには早すぎる。この子を救いたい」と言う。リーの真剣な気持ちを受け取ったクライブは、軽くため息を吐き「ジュン・タオという男に売ったが、会ったことはない」と話す。ジュン・タオはフーチャオ飯店にいると情報を入手する。

スー・ヤン救出の失敗

力を合わせ手下をやっつけるリーとカーター

リーとカーターはフーチャオ飯店に向かう。リーは店に入ろうとするが、カーターは「すぐに乗り込んでも銃に撃たれる」と言い、2人は一旦車で様子を見る事になった。カーターは時間をつぶすためにラジオをつける。エドウィン・スターの歌『War』が流れるとリーが歌い始めたのでカーターが「知ってるのか?」と聞くと、リーは「有名だ」と言い歌い続ける。カーターは、 「踊り方を教えてやる」とリーにダンスを教え始めるが、リーはうまく踊れない。なのでリーはカーターに、音楽に合わせてカンフーの型や、銃の奪い方を教える。そうしていると、フーチャオ飯店にサンが入っていったのを見たカーターは、「俺はサンに顔がバレていないから先に入る」と言い、先に一人で中に入っていった。カーターは従業員に「ジュン・タオに会いたい」と話しかけるが、従業員は「そのような人はいません」と言う。「俺は弁護士でジュン・タオに呼ばれているんだ」と言うが、従業員は「そのような人はいません」の一点張りだった。カーターは「じゃあここまでのガソリン代君が払ってくれる?」と言い、席に座る。従業員は2階に上がり、ジュン・タオ達に状況を伝える。ジュン・タオは、スー・ヤンを別の場所に連れ去り、カーターを殺すために2階に案内することにした。リーはお客のフリをしてお店に潜入する。ジュン・タオは、防犯カメラでリーがいることに気づき、リーも始末しようと考える。従業員はリーの飲み物に薬を入れ、リーの元に持っていく。リーは「シェイシェイ」とお礼を言い従業員を見ると、スー・ヤンに渡したはずのネックレスをしていたため、違和感を感じ飲むことをやめる。
ジュン・タオと手下達は、スー・ヤンを連れ去り別の場所に移動する。カーターはジュン・タオの手下に「2階にいる」と案内された。
カーターが扉を開けるとサン達が防犯カメラを見ていたため「何を見ている?」と聞く。モニターにはジュン・タオ達が車に乗り込んでいるところが映し出されていた。すると、サンはカーターに銃を向ける。カーターは「銃を捨てて男らしく戦え」と言うと、周りの手下達に蹴られる。カーターの正体をFBIと知ったサンは、手下達に殺す事を指示し、ジュン・タオの元へ移動する。
リーは2階にこっそり上がり、食事を持って行こうとしていた従業員の服を奪い、扉を開ける。リーとカーターは、力を合わせて手下達をやっつけることは出来たが、スー・ヤンを救い出すことも、サン達を取り押さえることも出来なかった。他の手下が現れ、銃撃戦となり、リーは従業員のネックレスを奪い外に逃げる。ラスや部下が到着し、リーとカーターを見つけると、2人を領事館に連れて行く。ラスは「身代金を渡せば子どもを返してくれたのに邪魔をした」と怒り、リーは香港に帰国させ、カーターは事件の捜査から外すことにした。リーはスー・ヤンを救えなかったことをハンに謝り、「事件の裏にはジュン・タオがいる」とハンに伝える。すると、サンから電話があり「身代金7,000万ドル用意をしろ。金は中国博物館の会場にある中央制御室に置くように」と指示される。

再びスー・ヤンの救出

「爆弾のリモコンを押せ」と言うスー・ヤンとカーター

グリフィンがハンに会いに領事館にやって来た。実はグリフィンはジュン・タオであった。(以降ジュン・タオ)
捜査を諦めきれないカーターは、ジョンソンに電話し、「今までのことは謝る、誘拐された少女を救いたいから、ハンの予定を探り出して欲しい」と言う。ジョンソンは「努力する」と協力することにした。その後カーターは、リーが乗った飛行機に乗り込み、CAに「エンジンに問題があるので出発を遅らせるように」と話す。リーの隣に座りカーターは「まだ仕事は終わってないのに帰るのか?」と説得する。リーは説得に応じ、捜査を再開することにした。
ハンはラスに、「リーと共にジュン・タオの組織を追っており、武器や美術工芸品を押収したため恨まれている」と話す。ジュン・タオは「スー・ヤンを救うためにも金を払うしかない」とハンに言う。
中国博物館に到着し、ハンが客の前で挨拶をしていた。その時にリー、カーター、ジョンソンが中国博物館にたどり着く。カーターはハンの側にいるジュン・タオを見て、「フーチャオ飯店であの男を見た」と言う。カーターは客の前に出て、「会場に爆弾が仕掛けられています。今すぐ会場の外に逃げてください」と関係者以外を避難させる。リーはジュン・タオであろう男に「ジュン・タオ」と叫んで走るとジュン・タオは振り返る。ジュン・タオは「このリモコンを操作すれば外の車にいる娘は爆発する。動けばあの娘は死ぬ」と脅す。その隙にスー・ヤンがいる車に向かうカーター。見張りを気絶させ、スー・ヤンと会うことに成功する。しかしスー・ヤンは、C4が埋め込まれたベストを着せられていた。スー・ヤンは「これを脱いだら爆発する」とカーターに教える。カーターは、スー・ヤンを車に乗せたまま入口に突っ込む。カーターはスー・ヤンと車から降りると、ジュン・タオに「そのリモコンを押せよ」と爆弾を起動させないように駆け引きを始める。駆け引きだと理解したスー・ヤンも「そうよ、押しなさいよ」と言う。ジュン・タオは「あとは任せる」とリモコンを手下に渡し、現金を持ち出して逃げようとする。
ジョンソンはベストを脱いでも爆発がしない状態にすることに成功した。リモコンを押せば爆発してしまうので、リーはその爆弾ベストを持ちながら手下達と戦う。飾られてある文化遺産を守りながら戦うリーだったが、それを見た手下はわざと文化遺産を倒そうとし、その隙にリーを攻撃する。文化遺産を守っていたリーだが、銃であっけなく壊されてしまったので諦めて戦うことにする。ジュン・タオが会場のハシゴを登り、逃げていたのを目撃したリーは、爆弾ベストを着てジュン・タオを追う。
サンは現金を持って逃げようするが、カーターが現れる。サンは以前カーターに言われた「男らしく戦え」という言葉を今度はカーターに告げる。カーターは「同時に銃を捨てよう」と言いながら2人とも銃を同時に捨て、もう一つ銃を持っていた2人は同時に撃つ。カーターは上手く避け、サンは撃たれて死亡する。
ジュン・タオはヘリで逃げるために、はしごをのぼり屋上に逃げていた。ジュン・タオに追いついたリーは、ジュン・タオに攻撃をする。欄干から足が滑り落ちそうになるリーとジュン・タオ。ジュン・タオはリーのベストを掴み、下に落ちないようにするが、ベストがちぎれ、爆弾と共に落下して死亡した。
それを見ていたカーターはリーに「救急車を呼ぶから1時間待て」言って去ろうとする。リーは「無理だ」と言うと、カーターは「冗談だよ」と笑い、長いのれんをリーの下に準備する。リーは落下してしまったがのれんのお陰で下まで滑り落ち、のれんを持っていたカーターにぶつかるが無事だった。
ハンはリーにお礼を言うと、リーは「友情の勝利です」と言う。そして奪われたネックレスをスー・ヤンに「これは君のだ」と渡す。
事件解決後、カーターは休暇を楽しむために空港に来ていた。そこへラスとホイットニーが現れ、「FBIに来ないか?」とカーターを誘う。散々バカにされたカーターはラス達に罵声を浴びせ、「俺はロス市警だ」と言って断った。そしてカーターはリーと共に香港観光に向かったのだった。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

スパルタンX(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『スパルタンX』(映画)とは、スペインのバルセロナを舞台に、トーマス、デヴィッド、そして探偵のモビーの三人が、謎の組織に誘拐された美女シルヴィアを救出すべく奮闘するコメディ・アクション映画である。また、この作品を題材にしたアーケード&テレビゲームが制作された。 本作のクライマックスで繰り広げられる、ベニー・ユキーデとの一騎打ちは、ジャッキー・チェン映画における名ファイトシーンとして多くのファンから絶賛されている。

Read Article

七福星(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『七福星』とは、サモ・ハン・キンポー監督・主演のアクション・コメディー作品で、『福星』シリーズ第3弾。『あぶない刑事』の同時上映として公開された。前作『大福星』にてヤクザ撲滅に協力したキッド(演:サモ・ハン・キンポー)ら一同は、褒美としてパタヤ旅行へ行く事となった。またその先でも思わぬ魔の手が立ちはだかっていた。一方で香港警察の刑事マッスル(演:ジャッキー・チェン)やリッキー(演:ユン・ピョウ)達は香港で捜査に乗り出していた。ジャッキー・チェンやユン・ピョウは『福星』シリーズ出演最後となった。

Read Article

香港発活劇エクスプレス 大福星(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『香港発活劇エクスプレス 大福星』とは、サモ・ハン・キンポー監督&出演による、ジャッキー・チェン、ユン・ピョウ出演によるアクション・コメディー作品であり、『福星』シリーズ第2弾。全編日本ロケで行われた。香港警察の刑事マッスル(演:ジャッキー・チェン)とリッキー(演:ユン・ピョウ)が、日本でヤクザ「かかし組」を追うが、リッキーが捕まってしまう。マッスルは香港から応援としてキッド(演:サモ・ハン・キンポー)を応援に要請し、彼の仲間達も日本へやって来て、リッキー救出と「かかし組」の撲滅に挑む。

Read Article

ポリス・ストーリー/香港国際警察(ジャッキー・チェン)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポリス・ストーリー/香港国際警察』とは、ジャッキー・チェンが監督・脚本・主演・武術指導を兼ねたアクション映画。 香港警察のチェン刑事は他の刑事達と共に、麻薬密売を行うチュウ率いる犯罪組織の取引現場へ潜入する、張り込みが一味にバレて銃撃戦へと展開。チェンの活躍でチュウ達を逮捕するが、更なる波乱が待ち受けていた。 現在でも、なおジャッキー・チェンのベスト作品としても人気が高い。

Read Article

タキシード(2002年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『タキシード』とは、並外れたドライブテクニックを持ったタクシー運転手のジミー・トンが、タキシードを着ることによりスーパーマンのように強化し、雇い主であるデヴリンの代わりに、ミッションを遂行するアクションコメディー映画である。ジャッキー・チェンの映画では珍しく、「タキシードを着ないと強くならない」という設定である。監督はケヴィン・ドノヴァンである。アメリカでは2002年9月27日に劇場公開され、日本では2003年3月15日に日比谷映画系列で公開された。

Read Article

ファースト・ミッション(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファースト・ミッション』とは、1985年に公開されたサモ・ハン・キンポー監督、ジャッキー・チェン主演の香港映画である。刑事のフォン・シャンヤンは上司のウォン警部達と宝石の密輸を行うシンジケートの捜査を行っていた。その矢先、彼の兄シャンタクはある出来事によりシンジケートの事件に巻き込まれる事となる。監督のサモ・ハンの意向でドラマ重視の作品となったが日本公開時にはアクション場面とジャッキー・チェン歌唱の主題歌が追加された。

Read Article

ラッシュアワー2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ラッシュアワー2』とは、2001年に公開されたアメリカで制作されたアクション・コメディ映画である。『ラッシュアワー』の続編であり、主人公は同じくジャッキー・チェンとクリス・タッカーである。全世界で3億4,730万ドルの収益を上げた。『ラッシュアワー』よりアクションシーンが多くなっている。監督は『ラッシュアワー』に引き続きブレット・ラトナーである。休暇を取り香港観光に来たカーターだったが、リーの父親を殺した犯人の捜査に協力することになり、2人は息の合ったコンビネーションで事件を解決していく。

Read Article

サンダーアーム/龍兄虎弟(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『サンダーアーム/龍兄虎弟』は、1986年に香港で製作されたジャッキー・チェン主演のアクション映画。 冒険家のジャッキーは、友人アランから恋人のローラが邪教集団に誘拐されたと告げられる。一方で教団は、ジャッキーを利用して世界各地にある五つの「神の武具」をジャッキーに集めさせ、恐るべき力を手に入れようとしていた。 本作品での撮影中に、主演のジャッキー・チェンが頭蓋骨骨折という大怪我を負った事は有名であり、現在も彼の脳が飛び出さない様にプラスチックの栓がしてある。

Read Article

目次 - Contents