スパルタンX(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『スパルタンX』(映画)とは、スペインのバルセロナを舞台に、トーマス、デヴィッド、そして探偵のモビーの三人が、謎の組織に誘拐された美女シルヴィアを救出すべく奮闘するコメディ・アクション映画である。また、この作品を題材にしたアーケード&テレビゲームが制作された。
本作のクライマックスで繰り広げられる、ベニー・ユキーデとの一騎打ちは、ジャッキー・チェン映画における名ファイトシーンとして多くのファンから絶賛されている。

『スパルタンX』の概要

出典: i2.wp.com

映画『スパルタンX』の香港公開版の広告。

『スパルタンX』(原題:快餐車、英題:Wheels on Meals)とは、1984年に公開されたサモ・ハン・キンポー監督、ジャッキー・チェン主演のコメディアクション映画である。スペイン・バルセロナが舞台で、ワゴンカー「スパルタン号」を使い軽食販売をしているトーマス(ジャッキー・チェン)とデヴィッド(ユン・ピョウ)、そして探偵のモビー(サモ・ハン・キンポー)が、謎の集団により誘拐された美女シルヴィア(ローラ・フォルネル)を救出すべく奮闘するという内容である。『プロジェクトA』(1983年)が成功を収めた事により、配給会社であるゴールデン・ハーベストが再びジャッキー・チェン、サモ・ハン・キンポー、ユン・ピョウの3人で映画を制作する事を提案、また前作を更に上回る予算を出す事も告げた。そこで監督を務める事となったサモ・ハン・キンポーは、撮影場所をそれまでの香港を飛び出し、海外でロケを行う事を提案し、よってジャッキー・チェン作品としては初のヨーロッパロケ作品となった。またジャッキーチェンは本作で1985年の香港映画賞(Hong Kong Film Award) にて「優秀アクション振付賞」にノミネートされた。

出典: i.pinimg.com

ゲーム版『スパルタンX』の広告。

また1984年には、本作をテーマとしたアーケード用の横スクロールアクションゲームが発表される。その構成はブルース・リー主演の映画『死亡遊戯』(1978年)に近いもので、翌1985年には任天堂よりファミリーコンピュータ版のソフトが発売された。

出典: img14.shop-pro.jp

『スパルタンX』のサウンドトラックLD

日本公開版では英語音声として東宝東和が配給し、日本オリジナル曲及び主題歌『SPARTAN X』を編入し、更にエンドタイトルロールにはNGシーンが流れる内容で公開された。また、初ビデオ(VHS)化された際も東和ビデオ版として使用されるも、東和側の権利が消滅後、ポニーキャニオン再発売ビデオ版(及びTV放送版)から再発売時は、広東語オリジナル版が収録される様になった。

『スパルタンX』のあらすじ・ストーリー

プロローグ

オープニング、アパート内にてトレーニングを行うトーマスとデヴィッド。

物語の舞台はスペイン・バルセロナ。トーマスは従兄のデヴィッドと共に同居をし、朝早くから体を鍛えていた。その後、出かけようとした矢先、同じアパートに在住のイタリア人男性ディノが部屋に駆け込んで来る。彼は朝帰りが原因で妻に追いかけられているとの事。トーマスとデヴィッドは彼等の夫婦喧嘩を避ける為、やむなくアパートのバルコニーから飛び降りて出て行く。
一方その頃、私立探偵マットは生活苦なうえ、借金を抱え頭を悩ませていた。そこでマットは借金取りから逃がれようと、助手であるモビーに所長代理を頼み出て、モビーはそれを引き受ける。
そして、モビーのもとにある男性から人探しの依頼が来る。その依頼とは、「グロリアという女性とその娘を探す」事であり、期限は2週間以内との事。また依頼を成し遂げたら、経費とは別に報酬2万ドルが貰える事となった。

シルヴィアとの出会い

「スパルタン号」を使い、ファーストフード店を経営するトーマスとデヴィッド。

トーマスとデヴィッドは移動車「スパルタン号」に乗り、公園広場にてファーストフードを売り生計を立てていた。そこへバイクに乗ったガラの悪い男達が現れ、公園内をバイクで乗り回す。バイクの排気ガスや男達のガラの悪さで、客達はその場を立ち去ってしまう。トーマスとデヴィッドは、二人で男達をカンフーで懲らしめバイクから引き摺り下ろし、公園内に平穏が戻った。
その後トーマス達は、デヴィッドの父親を見舞う為に「聖アガピト病院」へ向かう。父親の病気は順調に回復していたうえ、入院先にて恋人ができていた。相手の名はグロリアで、トーマス達はその場にいたグロリアの娘シルヴィアに出会う。
その夜、トーマス達はシルヴィアの姿を見つける。彼女は娼婦として、客と夜の街に消えていったのだった。シルヴィアはホテルにて客の上着から財布を盗み立ち去ろうとするも、それに気づいた客に咎められようとするが、反撃し逃げ出す。シルヴィアはそこへ遭遇したトーマス達の移動車に向かい、助けを求めた。トーマス達はシルヴィアを連れて自宅アパートに向かうが、またも同じアパートに住むイタリア人ディノが妻と喧嘩をしていた。更に彼の妻が銃を持っており、トーマス達は必死に説得をする。ディノはシルヴィアに一目惚れし、彼女を抱きしめようとする。するとシルヴィアはそのスキを見て、ディノの上着ポケットから鍵を盗む。更にディノがシルヴィアにうつつを抜かしている事に気づいたのか、妻は怒って再びディノを追いかけ回した。

追跡

出典: renote.jp

トーマス達にシルヴィアについての詳細を話すモビー(写真左)。

その頃モビーは情報屋のもとへ行くと、その情報屋は何者かに襲われ倒れていた。それでもモビーは気に留めず、グロリアの情報について彼に尋ねる。聞くところによると、グロリアは18年前に娼婦をしていて、その頃妊娠をしていた事が分かった。そして、情報屋はその件で袋叩きにされた事もモビーへ打ち明ける。そのうえで、グロリアの住所を伝える。翌朝、目を覚ましたトーマス達は、シルヴィアが自分達のお金を盗みいなくなった事に気づき、彼女を探し始める。一方のシルヴィアはディノの車を勝手に運転した挙げ句、モビーの車にぶつけて事故を起こす。シルヴィアはモビーに謝罪をするも、車内にあったディノの名刺を連絡先として渡したうえ、モビーから財布を盗みその場を去る。モビーはグロリアの住む部屋へ向かい、呼び鈴を鳴らすも応答が無い。その部屋内ではシルヴィアが数人の男達に捕らえられており、彼女はそこに落ちていた鍵を玄関の外へ蹴る。それに気づいたモビーが部屋に入り男達と格闘しているスキに、シルヴィアは部屋から逃げ出す。その後、モビーは今回の依頼主に会い、ギャングがシルヴィアを狙っていた事を話すが、依頼主はギャングに心当たりがあるも、詳細を話したがらなかった。
そこでモビーは、自分の友人トーマス達に会い、シルヴィアを探している事を話す。その帰宅時に、トーマス達は再びシルヴィアと会う。彼女は男に追われており、トーマス達はその場を助けるが、男はシルヴィアから財布を盗まれた「被害者」だった。更にその直後、既にシルヴィアの姿が無かった。

明かされる真実

出典: assets.st-note.com

ギャング達の追っ手から逃げるデヴィッド、シルヴィア、トーマス(写真左から順に)。

トーマス達が帰宅すると、シルヴィアがいた。彼等は、彼女から事情を聞く事にした。シルヴィアは、14歳の頃に母親が入院した時から、スリをして生活費を稼いでいたとの事。シルヴィアは、トーマス達の優しさに触れ、盗んだお金は必ず返す事を約束する。そこでトーマス達は、シルヴィアを「スパルタン号」の店員として雇う事にした。その矢先、シルヴィアを誘い出そうと企てたギャングの男達が幼い少女に「スパルタン号」で注文をするよう頼む姿を、偶然モビーが目撃する。そしてモビーがデヴィッドに声を掛け、共にシルヴィアを助けに行き、トーマスが車を先回りした事で、ギャングの追っ手から逃れる事ができた。
トーマス達は今回の依頼主のもとへ行き、彼はシルヴィアの父親の執事である事を打ち明けられ、彼女の両親の事も告白する。シルヴィアの父親はロバス伯爵で、母親のグロリアは城の使用人だった。グロリアはロバス伯爵の乱暴によりシルヴィアを身籠った為、ロバス伯爵はグロリア&シルヴィア親子に財産を与えると告げ、亡くなったとの事。そして今、ギャングを使いシルヴィアを襲っているのが、ロバス伯爵の弟であるモンデールであり、2週間以内にグロリア親子が見つからなければ、彼が遺産を手に入れられるとの事。

救出&激闘

出典: i2.wp.com

フェンシングの剣で決めるトーマス、モビー、デヴィッド(写真左から順に)。

トーマス達は救急隊員になりすまし、病院に忍び込んでデヴィッドの父親とグロリアとデヴィッドの父親を連れ出すが、そこをギャング達に襲撃されグロリアとシルヴィアがさらわれてしまう。彼女達を救出すべく、トーマス、デヴィッド、モビーの三人はモンデールの屋敷へ侵入する。しかし、トーマスとデヴィッドが捕まり、モンデールの部下達から痛めつけられる。そこへモビーが現れた事で、トーマスとデヴィッドは難を逃れる。トーマスはモンデールの部下であるアメリカン・ギャングと、デヴィッドはフレンチ・ギャングと、そしてモビーはモンデールと激しい一騎打ちを展開する。
トーマスとデヴィッドがそれぞれの相手を打ち倒した後、モビーのもとへ行き、彼に加勢し「三銃士」として三人てフェンシングの剣の矛先を当て、モンデールに勝利する。後日、いつもの様に仕事をしていたトーマス達の前にシルヴィアが現れる。彼等は、再会を喜んで抱きしめ合う。更にそこへモビーが現れ、探偵のライセンスを取った事を皆の前で報告していたのだった。

『スパルタンX』の登場人物・キャラクター

5kmrdt_555
5kmrdt_555
@5kmrdt_555

Related Articles関連記事

香港発活劇エクスプレス 大福星(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

香港発活劇エクスプレス 大福星(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『香港発活劇エクスプレス 大福星』とは、サモ・ハン・キンポー監督&出演による、ジャッキー・チェン、ユン・ピョウ出演によるアクション・コメディー作品であり、『福星』シリーズ第2弾。全編日本ロケで行われた。香港警察の刑事マッスル(演:ジャッキー・チェン)とリッキー(演:ユン・ピョウ)が、日本でヤクザ「かかし組」を追うが、リッキーが捕まってしまう。マッスルは香港から応援としてキッド(演:サモ・ハン・キンポー)を応援に要請し、彼の仲間達も日本へやって来て、リッキー救出と「かかし組」の撲滅に挑む。

Read Article

七福星(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

七福星(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『七福星』とは、サモ・ハン・キンポー監督・主演のアクション・コメディー作品で、『福星』シリーズ第3弾。『あぶない刑事』の同時上映として公開された。前作『大福星』にてヤクザ撲滅に協力したキッド(演:サモ・ハン・キンポー)ら一同は、褒美としてパタヤ旅行へ行く事となった。またその先でも思わぬ魔の手が立ちはだかっていた。一方で香港警察の刑事マッスル(演:ジャッキー・チェン)やリッキー(演:ユン・ピョウ)達は香港で捜査に乗り出していた。ジャッキー・チェンやユン・ピョウは『福星』シリーズ出演最後となった。

Read Article

ファースト・ミッション(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ファースト・ミッション(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファースト・ミッション』とは、1985年に公開されたサモ・ハン・キンポー監督、ジャッキー・チェン主演の香港映画である。刑事のフォン・シャンヤンは上司のウォン警部達と宝石の密輸を行うシンジケートの捜査を行っていた。その矢先、彼の兄シャンタクはある出来事によりシンジケートの事件に巻き込まれる事となる。監督のサモ・ハンの意向でドラマ重視の作品となったが日本公開時にはアクション場面とジャッキー・チェン歌唱の主題歌が追加された。

Read Article

ポリス・ストーリー/香港国際警察(ジャッキー・チェン)のネタバレ解説・考察まとめ

ポリス・ストーリー/香港国際警察(ジャッキー・チェン)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポリス・ストーリー/香港国際警察』とは、ジャッキー・チェンが監督・脚本・主演・武術指導を兼ねたアクション映画。 香港警察のチェン刑事は他の刑事達と共に、麻薬密売を行うチュウ率いる犯罪組織の取引現場へ潜入する、張り込みが一味にバレて銃撃戦へと展開。チェンの活躍でチュウ達を逮捕するが、更なる波乱が待ち受けていた。 現在でも、なおジャッキー・チェンのベスト作品としても人気が高い。

Read Article

タキシード(2002年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

タキシード(2002年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『タキシード』とは、並外れたドライブテクニックを持ったタクシー運転手のジミー・トンが、タキシードを着ることによりスーパーマンのように強化し、雇い主であるデヴリンの代わりに、ミッションを遂行するアクションコメディー映画である。ジャッキー・チェンの映画では珍しく、「タキシードを着ないと強くならない」という設定である。監督はケヴィン・ドノヴァンである。アメリカでは2002年9月27日に劇場公開され、日本では2003年3月15日に日比谷映画系列で公開された。

Read Article

炎の大捜査線(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

炎の大捜査線(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『炎の大捜査線』とは、1991年に台湾・香港で製作・公開された刑務所を舞台としたアクション映画である。警察官のウェイが、異動に伴い署長のもとへ挨拶に行った矢先、何者かにより署長が殺害される。署長を殺害した男は逃走用の車に乗った直後に爆死。男の死体を調べると、彼は3ヶ月前に死刑が執行されていた。ウェイは、犯人が収監されていた刑務所に何かあると考え、自らの入所を試みる。ジャッキー・チェンをはじめ、1990年代の香港の人気俳優が総出演。

Read Article

ラッシュアワー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ラッシュアワー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ラッシュアワー』とは、1998年にアメリカで公開されたアクションコメディー映画である。本作は公開第1週で興行収入3,300万ドルの収益を上げ、北米興収1位となった。大変好評であったため、『ラッシュアワー2』『ラッシュアワー 3』も公開される。いずれもブレット・ラトナーが監督を務めている。香港警察のリーと、ロス市警のカーターが誘拐された領事の娘を救うために協力する話である。

Read Article

デッドヒート(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

デッドヒート(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『デッドヒート』とは、1995年に公開された、ジャッキー・チェン主演のカーアクション映画である。レーサーであるジャッキーは、父親が経営するレーシング・ショップを手伝いつつ、親子で街に蔓延る改造車の摘発を警察の協力のもとで行っていた。そんななか一台の車がジャッキーの目の前を爆走する。運転手は国際テロリストのクーガーだった。ジャッキー・チェンの車好きが高じたのか、全編にわたり、カーアクションが繰り広げられる。

Read Article

死亡遊戯(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

死亡遊戯(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『死亡遊戯』とは、1978年に公開されたロバート・クローズ監督、ブルース・リー主演の香港映画である。 スター俳優のビリー・ローはシンジケート組織からの契約を迫られるが、それを頑なに断る。ある日の撮影中に、ビリーは銃弾を浴びて銃弾を受けて殺害されたと思われたが、実はビリーは死んでおらず、単身でシンジケート組織へ戦いを挑む。 1972年にアクション場面を撮影後、ブルース・リーが急逝。 数年後に代役スタントマンを起用して追加撮影したうえで1978年に制作された。

Read Article

サンダーアーム/龍兄虎弟(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サンダーアーム/龍兄虎弟(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『サンダーアーム/龍兄虎弟』は、1986年に香港で製作されたジャッキー・チェン主演のアクション映画。 冒険家のジャッキーは、友人アランから恋人のローラが邪教集団に誘拐されたと告げられる。一方で教団は、ジャッキーを利用して世界各地にある五つの「神の武具」をジャッキーに集めさせ、恐るべき力を手に入れようとしていた。 本作品での撮影中に、主演のジャッキー・チェンが頭蓋骨骨折という大怪我を負った事は有名であり、現在も彼の脳が飛び出さない様にプラスチックの栓がしてある。

Read Article

ラッシュアワー2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ラッシュアワー2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ラッシュアワー2』とは、2001年に公開されたアメリカで制作されたアクション・コメディ映画である。『ラッシュアワー』の続編であり、主人公は同じくジャッキー・チェンとクリス・タッカーである。全世界で3億4,730万ドルの収益を上げた。『ラッシュアワー』よりアクションシーンが多くなっている。監督は『ラッシュアワー』に引き続きブレット・ラトナーである。休暇を取り香港観光に来たカーターだったが、リーの父親を殺した犯人の捜査に協力することになり、2人は息の合ったコンビネーションで事件を解決していく。

Read Article

ダブル・ミッション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ダブル・ミッション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ダブル・ミッション』とはアメリカ合衆国で制作され、2010年に公開されたアクション・コメディ映画である。監督はブライアン・レヴァントであり、主人公はジャッキー・チェンが演じている。CGやスタントに頼らない、人間離れした体当たりアクションがジャッキーならではの映画となっている。主人公ボブはジリアンと結婚するために、スパイを引退するつもりでいた。ジリアンの息子・イアンが、ボブのパソコンからテロリストの極秘ファイルをダウンロードしてしまい、テロリストから狙われてしまうという話である。

Read Article

目次 - Contents