ファースト・ミッション(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファースト・ミッション』とは、1985年に公開されたサモ・ハン・キンポー監督、ジャッキー・チェン主演の香港映画である。刑事のフォン・シャンヤンは上司のウォン警部達と宝石の密輸を行うシンジケートの捜査を行っていた。その矢先、彼の兄シャンタクはある出来事によりシンジケートの事件に巻き込まれる事となる。監督のサモ・ハンの意向でドラマ重視の作品となったが日本公開時にはアクション場面とジャッキー・チェン歌唱の主題歌が追加された。

『ファースト・ミッション』の概要

出典: stat.ameba.jp

香港版広告。

『ファースト・ミッション』(原題:龍的心、英語題:Heart Of Dragon)とは、1985年に公開されたサモ・ハン・キンポー監督、ジャッキー・チェン主演の香港映画である。特殊警察隊の一員のフォン・シャンヤンは指揮官の指導のもとで訓練を受けており、やがて刑事として昇進し宝石の密輸を行うシンジケートの捜査を行っていた。そんななか、彼の兄シャンタクはある出来事がきっかけでシンジケートの事件に巻き込まれる事となる。
この作品は知的障害を持つ兄と刑事の弟との絆を描き、当初の脚本は「兄思いの刑事がある日、拳銃を紛失。刑事が拳銃を探す為に奔走する」という内容だった。監督であるサモ・ハンの意向で、ドラマ場面要素を重視し作られ、一部では香港映画版『レインマン』(1988年)とも言われている。クレジット上にて監督はサモ・ハン・キンポーと表記されているものの、実際の現場監督はウー・マ(本作品での食堂店主役)だった。

『ファースト・ミッション』のあらすじ・ストーリー

厳しい訓練の日々

出典: pbs.twimg.com

ゲリラ隊側で訓練を行うシャンヤン(写真左)。

特殊警察隊の一員であるフォン・シャンヤンは指揮官の指導のもとで訓練を受けていた。ゲリラ隊と警察隊という設定での訓練は成功だったものの、指揮官からの評価は厳しく、休暇は取り消され、みっちり訓練を行うと指揮官から告げられた。ただその厳しい訓練の甲斐もあり、シャンヤンは特捜隊の刑事に就任される。
就任早々、シャンヤンは麻薬中毒者を診療所に連れて行き、患者がメサドンらしきものを飲まされるが、それは毒薬であり、飲用した男はその場で倒れ込む。シャンヤンは罠を仕掛けた男達と格闘する。毒薬を飲まされた男は救急車で運ばれ、一命をとりとめた。

兄による頭痛の種

冷凍庫で半分氷漬けになるシャンヤン。

一方でシャンヤンは彼女ジェニーから一緒になる事を迫られていたが、彼は中々その決心がつけずにいた。その理由の一つとして、知的障害を持つ兄シャンタクの存在があった。
シャンヤンが刑事として多忙な日々を送っていたある日、シャンタクは親しい子供達と一緒にレストランで食事をしていたが、持っていたお金は明らかに飲食代に足りなかった。子供達は親に頼んでお金を貰って来ると告げいなくなった。一人になったシャンタクは無銭飲食したものとみなされ、レストラン従業員達に連れて行かれそうになったので、シャンタクは調理場の冷凍庫に逃げる。騒ぎを聞いたシャンヤンはレストランに駆けつけ、冷凍庫で半分凍りついたシャンタクを助け出したのだった。

兄弟喧嘩、そして涙ながらの和解

出典: img2.yingleku.com

船を見るシャンタク&シャンヤン兄弟(写真右から順に)。

ある日、船員の採用通知が届き、船乗りになる事が夢だったシャンヤンは喜ぶ。シャンヤンはレストランで仕事中のジェニーのもとへ向かい、船員に採用された事を伝え、結婚して共に乗船しないかと告げる。そこへ、シャンヤンの同僚警官イアンら数人がやって来て、兄シャンタクを置いて船旅は良くない、ジェニーときちんとした家庭を持てとシャンヤンに告げる。そんななか、ジェニーが数人のチンピラに絡まれているのを見て、イアンが彼等に文句を言ったのを発端に、シャンヤン達はレストラン外の駐車場でチンピラ達と格闘する事となる。チンピラ達は退散していったが、一番弱かったイアンが口だけは達者だったため、シャンヤンや他の同僚達からあまり大口叩くなと𠮟責されるのだった。
シャンヤンは兄シャンタクにも船乗りになる事を報告し、シャンタクを彼の友人であるミンの家に預ける事となった。しかしその後、シャンタクは友人の子供達から船乗りになるのは家族を捨てる事だと言われ、シャンヤンに捨てられたものだと思い込む。そして自暴自棄になったシャンタクは、自宅にてシャンヤンの目の前で暴れてしまう。そんな彼の行動にシャンヤンは怒り、自分が兄シャンタクを見ていなければならない生活への不満を、シャンタク本人へぶつけた。
シャンヤンの行動に責任を感じたシャンタクは、自立する事を決心し、街で仕事を探すも雇ってくれるところは中々見つからなかった。そんななか、ある一軒の食堂で採用すると言われたが、そこの店主の言いなりになって動物や虫の真似をさせられてしまい、シャンタクは醜態をさらしてしまう。そこへ偶然、シャンヤンの同僚イアンが店に入ってくる。イアンは悪びれる様子がない店主の腹部を殴り、シャンタクを連れて帰る。その後シャンヤンはイアンから、シャンタクが街で職探しを行ったうえ、食堂で酷い目に遭った事について咎められる。それに対しシャンヤンは逆上し、イアンと大喧嘩をしてしまう。そんなシャンヤンだったが、兄シャンタクを思う気持ちに変わりはなく、彼と涙ながらの和解をする。

争い事に巻き込まれるシャンタク

出典: cmct.xyz

シャンタク(写真左)と彼の友人ミン(写真右)。

シャンヤンは宝石密輸を行っているシンジゲートのアジトへ潜入するも、組織のボスであるカムは部下一人であるコーに盗品の宝石を持って逃亡させる。コーは追いかけて来たシャンヤンの追跡も振り切るが、逃亡中の路上で偶然、子供達と警官ごっこをしていたシャンタクと遭遇する。シャンタクがおもちゃの拳銃を構えた瞬間、コーは彼を本物の警官だと思い込み、その場から逃げ出す。逃げたコーは盗品の宝石が入った鞄をその場に落としていった。シャンタクと彼の友人のミンはその鞄を見つけ、事の重大さに動揺して鞄を森の中に隠してしまう。その頃、鞄をなくしたコーは組織から狙われる様になり、シャンヤンら警察に保護を頼んでいた。またシャンタクとミンは自分達が逮捕されて重罪を背負う事を恐れて、鞄を警察に届ける為に、再び山に向かい鞄を取り出す。その際に中身を見ると宝石が入っており、シャンタク達は驚く。そこへシャンタク達の後をつけていたミンの兄が、顔を隠しシャンタクを山から蹴り飛ばし鞄を盗み逃走する。怪我を負い担架で運ばれるシャンタクがテレビのニュースで報じられ、それを部屋で観ていたコーが、シャンタクが自分から宝石を没収した男だと確信。このコーの供述により、シャンタクに窃盗の容疑がかかってしまう。
シャンヤンの自宅へウォン警部ら数人の警官達がやって来て、シャンタクを逮捕しようとするも、シャンタクは彼等を怖がり抵抗した末、自宅から逃げ出す。シャンヤンは、シャンタクは自分が連れて行くから乱暴しないでくれとウォン警部達へ説得し、彼等はそれに同意して警官達とその場を撤退する。逃走したシャンタクはミンのもとへ行き、ミンから指示されるがままに家のクローゼットに隠れる。そこへミンの兄が帰宅し、シャンタク達から奪った宝石を高値で売ろうと考えていた。しかし宝石の事は既にシンジケートに伝わっており、間もなくして組織の部下達がやって来てミンの兄に暴行を加える。ミンの兄はクローゼットから宝石の入った鞄を取り出そうとしたところ、中にシャンタクもいて驚く。ミンの兄は鞄を部下達に渡すと、部下により銃殺される。また殺されたミンの兄がシャンタクをミンの知り合いで弟が刑事(シャンヤンの事)と告げており、それを聞いた部下達はシャンタクも共にアジトへ連れて行く。シンジケートのボスであるカムは、シャンタクが首にぶら下げていた連絡先(電話番号)を通してシャンヤンに電話をし、助けたければコーを連れて来いと伝える。

兄の救出、シンジケートとの対決へ

出典: imgc.eximg.jp

シンジケートのボス・カム(写真左)に銃を突きつけられるシャンヤン(写真右)。

悩んだシャンヤンだが、上司のウォン警部は犯人を捕まえる事しか考えておらず伝えても無駄だとして、同僚のイアン達に相談を持ち掛ける。そしてコーを連れて行き、彼とシャンタクとの交換、更にはシンジケートの壊滅実行も考える。シャンヤンとイアン達はコーのもとへ向かい、警備する刑事達を押し退けてコーをカム達のもとへ連れて行こうとする。しかし、コーのいる建物には既に特警隊指揮官のもと、厳重な警備が回っていた。そこでシャンヤンは自分がおとりになると告げ、特警隊の気を引く様に車のクラクションを鳴らし、特警隊員達と街で激しいカーチェイスを展開。そして彼等から逃げ切ったシャンヤンは、イアン達共にコーを連れてカム達のいる建設ビルに向かう。ビル内でカムや部下達に遭遇するも、部下達は直ぐに拳銃を発砲、銃弾がコーに命中し彼は絶命する。シャンヤンは、同僚警官達と共にシンジケートと激しい格闘を繰り広げる。シンジケート一同は取り押さえられ、シャンヤンはシャンタクを助け出すも、シャンヤンら警官達も逮捕されて刑務所での生活を送る事となる。刑務所内でシャンヤンが兄シャンタクを思うなか、先に他の同僚達が次々と出所していき、シャンヤンの彼女ジェニーと共にシャンタクの面倒を見る。やがてシャンヤンが無事に出所し、シャンタクと二人で仲良く歩いている場面で物語は幕を閉じる。

『ファースト・ミッション』の登場人物・キャラクター

主な中心人物

フォン・シャンヤン(演:ジャッキー・チェン)

CV:石丸博也
特殊警察隊の一員であり、指揮官の指導のもとで厳しい訓練を受けるなか、特捜隊の刑事に就任される。また、幼くして両親を亡くし、30歳になり知的障害を持つ兄シャンタクに対し、目を離せない生活を送っていた。そんなある日、以前からの夢だった船員の採用通知が届き喜び、兄シャンタクにも報告し、彼の友人であるミンの家に預ける事となった。しかしシャンタクは友人の子供達から、船乗りになるのは家族を捨てるという言葉を信じ込み、弟に捨てられたものだとも思い自暴自棄になり自宅で暴れてしまう。すると思わず感情がこみ上げ、それまでずっとシャンタクを見ていなければならなかった不満を、本人へぶちまける。シャンタクは自立する事を決心し街で仕事を探すが、ある食堂で店主から動物や虫の真似をさせられ醜態をさらしてしまう。彼は偶然、店に入ったイアンにより助けられるが、イアンからシャンタクが街の食堂で酷い仕打ちを受けた事の件で咎められる。すると思わず逆上し、イアンと大喧嘩をしてしまう。それでも、兄シャンタクを思う気持ちに変わりはなく、彼と涙ながらの和解をする。
一方、宝石密輸を行っていたカムが率いる組織のもとへ、ウォン警部と共に捜査に向かうが、警察の捜査を察したカムが仲間のコーに宝石の入ったカバンを持って逃亡させる。コーの姿を確認し彼を追うが、逃げられてしまう。しかしそんなコーから連絡が入り、警察により宝石が没収された、また組織の証人になるから保護して欲しいという連絡が入る。ウォン警部は証拠が無ければ無理だ、宝石等も没収していないと告げるが、コーは宝石が無いと自分が始末される、組織を取り押さえてくれと訴え、ウォン警部指示のもと、コーから供述を取る事となった。その後、コーが部屋でたまたま観ていたテレビのニュースで映ったシャンタクを見て、彼が自分から宝石を没収した(実際は子供達と路上で遊んでいて、警官のフリをしておもちゃの拳銃を構えた際に本物の警官と勘違いした)男だと確信する。その供述により、シャンタクに窃盗の容疑がかかってしまう。自宅にウォン警部ら数人の警官達がやって来て、シャンタクを逮捕しようとするも、彼は怖がり抵抗した挙げ句、その場から逃げ出してしまう。シャンタクは自分が連れて行くから乱暴しないでくれと説得し、ウォン警部はそれに同意し警官達とその場を撤退する。
宝石を奪い高値で売ろうとしたミンの兄は、組織にバレて部下達が自宅に押し掛け暴行を加えられる。隠していた鞄をクローゼットから取り出し渡すが、部下により銃殺される。またその際に、警察から逃れる為にミンに言われるがままにクローゼットに隠れていたシャンタクも、部下達に連れて行かれる。シャンタクの首にぶら下げていたシャンヤンの連絡先(電話番号)を通して、カムから連絡があり、シャンタクを助けたければコーを連れて来いという連絡が来る。ウォン警部は犯人を捕まえる事しか考えておらず伝えても無駄だと考え、コーを連れて行きシャンタクとの交換かつ、シンジケートの壊滅実行を考え、イアン達に協力を求める。そしてイアン達と共にコーのもとへ向かい、警備する刑事達を押し退け、コーを連れて行こうとする。
しかし既に特警隊指揮官のもと、厳重な警備が回っていた。そこでシャンヤン自らがおとりになると告げ、特警隊の気を引く様に車のクラクションを鳴らし、彼等と街で激しいカーチェイスを展開する。そしてどうにか逃げ切り、コーを連れてカム達のいる建設ビルに向かう。カムや部下達に遭遇するも、部下達は直ぐに拳銃を発砲しコーに命中し彼は絶命する。部下数人と格闘し、カムを馬乗りに銃を突き付けシャンタクはどこだと聞く。シャンタクが地下にいると聞いた後、カムの腹部を踏みその場を立ち去ろうとする。
そこへ格闘技に長ける部下の一人が行く手を阻み、互いに拳と蹴りの激しい連打を浴びせる。その間も、カムが何度も拳銃を突き付けたり、他の数人の部下がやって来る等の事に対抗する。最後はその格闘技のできる部下に蹴りを浴びせ、石ブロックにぶつけ彼はその場で倒れ込む。
シャンタクを助け出した後、シャンヤン自身も連行される際、ウォンがシャンタクに手錠を掛けようとしたところを止め、自らの手と彼の手に掛けた。その後、同僚刑事達と共に刑務所での生活を送る事となり、刑務所内で兄シャンタクの事を心配するなか、他の同僚達が先に次々と出所し、ジェニーと共にシャンタクの面倒を見ていた。その後、シャンヤンも無事に出所し、シャンタクと二人で仲良く歩く場面で物語は幕を閉じる。
フォン・シャンヤン役を演じたジャッキー・チェンは、『スネーキーモンキー 蛇拳』『ドランクモンキー 酔拳』(1978年)でブレイクし、『プロジェクトA 』(1983年)や『ポリス・ストーリー/香港国際警察 警察故事』(1985年)等のヒット作を次々と発表した。長きにわたりアクションスターとして、多くのファンを獲得。一方で歌手としても定評があり、自身の主演作の主題歌やアルバムを発表し、1980年代には日本でも数々のシングル曲を発表した。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

スパルタンX(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『スパルタンX』(映画)とは、スペインのバルセロナを舞台に、トーマス、デヴィッド、そして探偵のモビーの三人が、謎の組織に誘拐された美女シルヴィアを救出すべく奮闘するコメディ・アクション映画である。また、この作品を題材にしたアーケード&テレビゲームが制作された。 本作のクライマックスで繰り広げられる、ベニー・ユキーデとの一騎打ちは、ジャッキー・チェン映画における名ファイトシーンとして多くのファンから絶賛されている。

Read Article

七福星(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『七福星』とは、サモ・ハン・キンポー監督・主演のアクション・コメディー作品で、『福星』シリーズ第3弾。『あぶない刑事』の同時上映として公開された。前作『大福星』にてヤクザ撲滅に協力したキッド(演:サモ・ハン・キンポー)ら一同は、褒美としてパタヤ旅行へ行く事となった。またその先でも思わぬ魔の手が立ちはだかっていた。一方で香港警察の刑事マッスル(演:ジャッキー・チェン)やリッキー(演:ユン・ピョウ)達は香港で捜査に乗り出していた。ジャッキー・チェンやユン・ピョウは『福星』シリーズ出演最後となった。

Read Article

香港発活劇エクスプレス 大福星(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『香港発活劇エクスプレス 大福星』とは、サモ・ハン・キンポー監督&出演による、ジャッキー・チェン、ユン・ピョウ出演によるアクション・コメディー作品であり、『福星』シリーズ第2弾。全編日本ロケで行われた。香港警察の刑事マッスル(演:ジャッキー・チェン)とリッキー(演:ユン・ピョウ)が、日本でヤクザ「かかし組」を追うが、リッキーが捕まってしまう。マッスルは香港から応援としてキッド(演:サモ・ハン・キンポー)を応援に要請し、彼の仲間達も日本へやって来て、リッキー救出と「かかし組」の撲滅に挑む。

Read Article

ポリス・ストーリー/香港国際警察(ジャッキー・チェン)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポリス・ストーリー/香港国際警察』とは、ジャッキー・チェンが監督・脚本・主演・武術指導を兼ねたアクション映画。 香港警察のチェン刑事は他の刑事達と共に、麻薬密売を行うチュウ率いる犯罪組織の取引現場へ潜入する、張り込みが一味にバレて銃撃戦へと展開。チェンの活躍でチュウ達を逮捕するが、更なる波乱が待ち受けていた。 現在でも、なおジャッキー・チェンのベスト作品としても人気が高い。

Read Article

タキシード(2002年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『タキシード』とは、並外れたドライブテクニックを持ったタクシー運転手のジミー・トンが、タキシードを着ることによりスーパーマンのように強化し、雇い主であるデヴリンの代わりに、ミッションを遂行するアクションコメディー映画である。ジャッキー・チェンの映画では珍しく、「タキシードを着ないと強くならない」という設定である。監督はケヴィン・ドノヴァンである。アメリカでは2002年9月27日に劇場公開され、日本では2003年3月15日に日比谷映画系列で公開された。

Read Article

ラッシュアワー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ラッシュアワー』とは、1998年にアメリカで公開されたアクションコメディー映画である。本作は公開第1週で興行収入3,300万ドルの収益を上げ、北米興収1位となった。大変好評であったため、『ラッシュアワー2』『ラッシュアワー 3』も公開される。いずれもブレット・ラトナーが監督を務めている。香港警察のリーと、ロス市警のカーターが誘拐された領事の娘を救うために協力する話である。

Read Article

サンダーアーム/龍兄虎弟(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『サンダーアーム/龍兄虎弟』は、1986年に香港で製作されたジャッキー・チェン主演のアクション映画。 冒険家のジャッキーは、友人アランから恋人のローラが邪教集団に誘拐されたと告げられる。一方で教団は、ジャッキーを利用して世界各地にある五つの「神の武具」をジャッキーに集めさせ、恐るべき力を手に入れようとしていた。 本作品での撮影中に、主演のジャッキー・チェンが頭蓋骨骨折という大怪我を負った事は有名であり、現在も彼の脳が飛び出さない様にプラスチックの栓がしてある。

Read Article

死亡遊戯(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『死亡遊戯』とは、1978年に公開されたロバート・クローズ監督、ブルース・リー主演の香港映画である。 スター俳優のビリー・ローはシンジケート組織からの契約を迫られるが、それを頑なに断る。ある日の撮影中に、ビリーは銃弾を浴びて銃弾を受けて殺害されたと思われたが、実はビリーは死んでおらず、単身でシンジケート組織へ戦いを挑む。 1972年にアクション場面を撮影後、ブルース・リーが急逝。 数年後に代役スタントマンを起用して追加撮影したうえで1978年に制作された。

Read Article

ラッシュアワー2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ラッシュアワー2』とは、2001年に公開されたアメリカで制作されたアクション・コメディ映画である。『ラッシュアワー』の続編であり、主人公は同じくジャッキー・チェンとクリス・タッカーである。全世界で3億4,730万ドルの収益を上げた。『ラッシュアワー』よりアクションシーンが多くなっている。監督は『ラッシュアワー』に引き続きブレット・ラトナーである。休暇を取り香港観光に来たカーターだったが、リーの父親を殺した犯人の捜査に協力することになり、2人は息の合ったコンビネーションで事件を解決していく。

Read Article

ダブル・ミッション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ダブル・ミッション』とはアメリカ合衆国で制作され、2010年に公開されたアクション・コメディ映画である。監督はブライアン・レヴァントであり、主人公はジャッキー・チェンが演じている。CGやスタントに頼らない、人間離れした体当たりアクションがジャッキーならではの映画となっている。主人公ボブはジリアンと結婚するために、スパイを引退するつもりでいた。ジリアンの息子・イアンが、ボブのパソコンからテロリストの極秘ファイルをダウンロードしてしまい、テロリストから狙われてしまうという話である。

Read Article

目次 - Contents