ラッシュアワー2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ラッシュアワー2』とは、2001年に公開されたアメリカで制作されたアクション・コメディ映画である。『ラッシュアワー』の続編であり、主人公は同じくジャッキー・チェンとクリス・タッカーである。全世界で3億4,730万ドルの収益を上げた。『ラッシュアワー』よりアクションシーンが多くなっている。監督は『ラッシュアワー』に引き続きブレット・ラトナーである。休暇を取り香港観光に来たカーターだったが、リーの父親を殺した犯人の捜査に協力することになり、2人は息の合ったコンビネーションで事件を解決していく。

『ラッシュアワー2』の概要

『ラッシュアワー2』とは、2001年に公開されたアメリカで制作されたアクション・コメディ映画である。1998年に公開された『ラッシュアワー』の続編であり、主人公は同じくジャッキー・チェンとクリス・タッカーである。全世界で3億4,730万ドルの収益を上げた。『ラッシュアワー』よりアクションシーンが多くなっている。監督は『ラッシュアワー』に引き続きブレット・ラトナーである。
休暇中のカーターは、香港警察であるリーの地元である香港に遊びに行っていた。しかし、リーはどんどん仕事を引き受けるため、カーターは休暇を楽しめないでいた。香港のアメリカ領事館で爆破事件が起き、容疑者はリーの父親の元相棒であるリッキー・タンであった。リーは父親が亡くなった原因がタンにあるとして捜査を始めるが、その事件にカーターも巻き込まれることになる。リーは船上でタンと接触することが出来たが、タンは部下であるフー・リに銃で撃たれ海に落下してしまう。タンは偽札を作っており、アメリカに輸出していた。そのニセ札の原版を探すことになったリーとカーター。1億ドルのニセ札をカジノでばらまくつもりだと気づいたリーとカーターは、何とかするべくカジノに潜入捜査することになった。

『ラッシュアワー2』のあらすじ・ストーリー

カーターの休暇

画像左はリー、右はカーター

ロス市警のカーターは休暇中に、香港警察のリーの住む場所である香港に遊びに行っていた。リーは街の案内をするため、カーターを車に乗せ同行していた。車の中ではビーチ・ボーイズベスト盤を流し、仲良くリーとカーターが歌っていた。その時、車が隣に止まり、車内には女性2人がいたため、中国語で話しかけたカーター。その言葉を聞いて女性は逃げるように発進した。カーターは逃げられた事に苛立ち、ビーチ・ボーイズのCDを取り出して窓から投げ捨てた。リーは自分のCDが捨てられた事に怒り「僕のCDだ!人様のものに触るな」と言う。カーターは「このCDのせいで逃げられた」と言う。リーは「逃げられたのは、君のせいだ」と言い「君は、素っ裸になってヤギを生贄にしようと言った」と中国語が間違っていることを教えた。
カーターは「香港に来て3日だが、ずっと仕事仕事だ。リーがいい思いをさせてやるって言ったから香港に来たのに」と文句を言う。その時、リーの携帯が鳴り電話を取ると、リーの上司であるチンからであり「アメリカ領事館で爆破テロが起き、アメリカ人の通訳が2人死んだ」と聞かされる。チンは「おそらくリッキー・タンの仕業だ。奴ら一味は今夜全員クラブに集まるらしい。君が嫌なら担当しなくてもいい」と言うとリーは「お任せを」と言って電話を切る。実はリーの父親は、香港マフィアのボスであるリッキー・タンのせいで亡くなっていた。カーターは「俺が休暇中なのに、また捜査を受けたんじゃないだろうな?」と聞く。リーは、カーターに捜査を受けたと言えばまた怒るだろうと思い、「違うよ、警視が僕たちをクラブのパーティに招いたんだ」と嘘をつく。

リッキー・タンを追うリーとカーター

骨組みの竹にぶら下がるリーとカーター

クラブに着くと、音楽でノリノリのカーターに「観光客お断りの店だから目立つなよ」とリーは告げ、トイレに行くふりをして捜査を開始する。中国人男性がカラオケで、マイケル・ジャクソンの「今夜はドント・ストップ」を歌っていた。カーターはあまりに酷い歌に、「聞いてられない」と言って呆れ、その後カーターがステージに立ち、同じ曲をモノマネしながら踊りながら歌う。そのマイケルのモノマネは好評で注目されていた。捜査をしていたリーだったが、カーターがかなり目立っていたので、カーターをこっそり呼び「ここはギャングのクラブだ、バレたら大変だ」と伝える。カーターは「何が招待だ!嘘つきめ」と怒る。リーは「リッキー・タンを探す。慎重にいく。」と言うが、カーターは「クラブの捜索は簡単だ」と言う。リーは「相手は中国の一番恐ろしい犯罪組織だぞ」と言うが、カーターは「怖いもんか、俺はギャングの本場ロサンゼルスの追っ手だぞ」と言う。カーターはリーのバッジを奪い、ステージに立ち中国語で話したが皆無反応だ。カーターは後ろにいるリーの元に行き、「俺なんて言った?」と聞くと、リーは「全員日本刀を手にして、ケツに生えた毛を剃れと言った」と教えた。リーに通訳をさせる事にしたカーターは「悪党とイケてない女は右側へ、可愛い女は左側へ」と言う。リーは面倒な事にならないように「男性は右側へ、女性は左側へ」と通訳をする。誰も動かないので、カーターは「リッキー・タンを知ってる奴は手を挙げろ」と言うがこれも無反応。ステージからリーは、タンの部下であるフー・リを見つけ、ステージから降りて追う。カーターも続いてリーを追いかける。修繕中のマンション周りにある竹の骨組みを登って逃げるフー・リ達。リーも骨組みを登って追いかける。カーターも同じく登ってついていこうとしたが、フー・リの手下が手を滑らせ落ちるのを見たため「俺は階段で行く」と言い階段で追う。次々とリーは手下たちを下に落とし屋上に到着する。待ち構えていたフー・リから攻撃されたリーは、屋上から骨組みの竹にぶら下がり落ちそうになっていた。トドメを刺そうとするフー・リだったが、カーターが屋上にたどり着いたため、一旦その場を離れる。カーターはリーを助けようとするが、後ろからフー・リに攻撃され、2人とも屋上から竹にぶら下がる事になる。リーは「中国の竹はすごく丈夫だ」と言った後に、竹が折れて下に落ちてしまうが、徐々に落ちたのと屋台の上に落ちたので軽傷で済んだ。
次の日カーターはリーに「嘘つくなんてひどいじゃないか」とクラブの招待自体が嘘だった事に怒っていた。リーは「悪かった」と謝り、「爆弾テロがあった。アメリカ領事館でアメリカ人が二人死んだ。タンが黒幕の可能性がある」と言う。カーターは「そんなの1人でやれよ!相棒なら20億いる中国国民から探せ」と怒り続ける。

リッキー・タンとの接触

リッキー・タンの手下と戦うカーターとリー

リーは怒っているカーターを無視して、特に何も言わずそのままマッサージのお店に行く。やっと休暇らしくなったのでカーターはご機嫌になり、マッサージ店に入る。マッサージ店の受付の女性から、どの女性を選ぶかと聞かれ何人か選ぶカーター。マッサージをされている途中に、リーはリッキータンを見つける。リーはカーターに「あれがタンだ。応援を呼ぶ」と言うと、カーターはタンを見る。カーターは「あんな細い奴は俺たち2人で捕まえようぜ」と言う。リーは「よせ。あいつは危険な男だ。ここにいろ」と言い、その場を離れ、応援を呼びに連絡をするリー。カーターは勝手にタンに「リッキー・タン!俺と一緒に来てもらう」と話しかけるが、タンはノートパソコンを操作しながら「悪いが忙しい」と断る。その態度に怒ったカーターは、ノートパソコンを奪い反対を向いて踏みつけて壊す。その瞬間に、マッサージをされていたお客が皆立ち上がる。実はそこにいるお客はタンの手下であった。応援に連絡をし、その場に戻ったリーは、カーターがパソコンを踏みつけていて、手下がたくさんいるのを目撃した。タンは手下に、手の合図で座るように指示する。リーがカーターを止め、カーターが振り返る。タンは「親愛なるリー、元気か?」とリーに話しかける。リーは「アメリカ人が2人殺された。署に来てもらう」と言う。タンは「ここで聞けばいい」と言う。カーターは手下がたくさんいる事に気づいていないため、タンの胸ぐらを掴み「署まで来てもらう」と言うと手下が皆立ち上がる。初めて手下がたくさんいる事に気づいたカーターは、タンに「パソコンは弁償するよ」と謝る。「では失礼するよ」と言い、その場を去るタン。リーとカーターは手下たちを相手することになる。とりあえず皆気絶させたが更に手下が現れ、捕まったリーとカーターは裸にされ、道のど真ん中で車から降ろされる。

シークレットサービスの指示

シークレットサービスのスターリング捜査官

リーが務める香港警察ヤウマティ署では、シークレットサービスであるスターリング特別捜査官が「君たちはFBIとシークレットサービスに協力するよう命じられている」とチンに話す。続けて「香港であるが、アメリカ領事館の中でアメリカ人が2人殺された。こちらが指揮する」と言う。チンが「この捜査の指揮はリー警部にさせるつもりです」と言うと、「いや彼も私の指揮下に入る。これは決定事項だ」とスターリングは言う。その時に裸のリーとカーターが署に入って来て、スターリングに目撃される。スターリングは「何だあれは?」と聞いたので、チンは気まずそうに「あれがリー警部です」と伝える。
リーとカーターは、リーのオフィスで着替える。カーターはリーに「貴様のせいだ。結局は仕事だった」と全然休暇が出来ていない事に怒る。リーは「それが仕事だ」と言うとカーターは「仕事仕事ってアホかよ。人生もっと楽しめよ」と言う。リーは「生き方が違う」と言い、チンのいる部屋に向かう。着替えていたカーターは、マッサージ店にパスポートを忘れたことを思い出し、マッサージ店を探しに外に出る。
チンのいる部屋に着いたリーは、スターリングを紹介してもらう。スターリングはリーに「昨日殺された2人は通訳ではなく、密輸係に潜入していて税関の係官だ。密輸は何かまだわからないが殺された事は事実だ」と話す。リーは「どのような協力を?」と聞くと「一切関わらないことだ」とスターリングは言う。リーが「タンを逮捕しましょう」と言うと「タンは今泳がせている。この事件の裏にはタン以上の大物が潜んでいる」とスターリングは言う。
変装をしたフー・リは爆弾の入った小包をカーターがいたリーのオフィスに持って行き、その後爆弾が爆発する。リーはカーターが巻き添えを食らったと思い、助け出そうとする。リーはカーターが死んでしまったと思って落ち込む。しかし、カーターは街に出てマッサージ店を探していたため無事だった。カーターは、鶏料理や鶏を売っている出店の女性に、マッサージ店がどこにあるのかを聞く。言葉が通じず、生きた鶏をカゴから出し、殺して調理しようとした女性。カーターは女性を止めて、その鶏を買ってその場を去った。

再びリッキー・タンとの接触

タンとリーが話しているところにフー・リが銃を構える

カーターは街を歩いていると、偶然タンを見つける。タクシーに乗り、「あの車を追跡しろ」と言うと、運転手は「言ってる意味がわからない」と言う。リーに借りた服のポケットにお金が入っていたため、カーターはそのお金を運転手に渡し「これなら分かるか?」と言うと「これならよく分かる」と運転手は言ってタクシーを出す。
リーは車の中でHIPHOPを聞き、カーターを思い出していた。その時チンから電話があり、リーに「タンは自分の船で大きなパーティを開くらしい」と言った。リーはスターリングの事を気にしたが、チンは「気にしなくていい、この事件は香港警察のヤマなんだ」と言い、リーは引き続き捜査する事になった。リーはタンの船に潜入して捜査を始める。
カーターはタンを追跡し、船に到着したので乗り込んだが、フー・リを見つけて隠れる。カーターは綺麗な女性のイザベラ・モリーナを見つけナンパする。カーターは自己紹介後「この船は俺の船だ」と嘘をつく。イザベラは「この船の名前は何?」と聞くと「ミノージョンソン号」と適当に言うカーター。イザベラは「それは変ね、レッドドラゴンって後ろに書いてある。それにこの船は友達の船なの」と言う。カーターは「船を乗り間違えた」と言い訳をしていると、パーティーに参加していた大富豪のスティーブン・レインが現れる。カーターは「ロスの影の大物がなぜこんなところに?」とスティーブンに話しかける。スティーブンは「観光だよ」と言い、連れのイザベラとその場を去る。
リーはタンを探すために、船に潜入後手下を捕まえタンの居場所を聞いていた。カーターもその場に偶然現れリーと再会する。リーはカーターが死んでいると思っていたので驚く。そうしていると、カーターの後ろからタンの手下が現れ「ボスがお待ちです」と言い、タンの元に向かう事になった。カーターはなぜ呼ばれたのか不思議に思っていると、リーは「タンは父さんの相棒だった」と話す。
船首にて、タンはフー・リに「君にはがっかりした。私に拾われた身だぞ。その恩を忘れるな」と領事館を爆発させた件を怒っていた。リーとカーターの姿を見たタンは、フー・リに「下がっていろ」と言い、フー・リはその場を去る。タンは「リー、来るのを待っていた」と言い、手下に「相棒は中で待たせておけ」と伝え、リーと2人で話す事になる。カーターは心配したが、リーは「2人で大丈夫だ」と言うので中で待つ事にする。タンは「領事館を爆発したのは私でない。犯人は部下のようだが、私をハメようとしているんだ。組織の中で内部抗争が起きている。必要な情報はすべて渡すが、香港から脱出させてくれ」と話す。その瞬間、フー・リと手下が現れ、タンは銃で撃たれて船首から海へと落下する。フー・リはその場を立ち去り、残った手下とリーは戦う事になった。フー・リは別の船に乗り移り逃げようとする。カーターは逃げようとするフー・リを見つけたため捕まえようとする。しかし、フー・リに蹴られて気絶する。カーターが気を取り戻すと、スティーブンが平然とタバコを吸っているのを見かける。カーターは、銃声を聞いても慌てていないスティーブンを怪しむ。
チンとスターリングが船に到着し、「泳がせていたリッキー・タンは殺された。仇討ちおめでとう」とスターリングはリーに嫌味を言う。カーターは仇討ちとは何のことか気になっていた。スターリングは続けてカーターに「ロサンゼルスに帰れ」と言う。カーターは「いいよ。香港ではいいことなかったから」とロスに帰ることにする。カーターはリーが空港まで送ることとなった。空港に着くと、カーターは散々な目にあったのに仇討ちとは何のことなのか、詳しく話してくれないリーに苛立っていた。カーターは「何も話してくれないんだろ?」と言い、車を降りて空港の中へと向かう。リーは車を降り、カーターを呼び止め「タンは父さんを撃ったんだ。5年前に父さんは国際的な密輸事件の捜査中、相棒のタンが犯罪組織に関与していることを知った。それを立証する前に殺された。証拠は消えてタンは退職し、事件は迷宮入りになった」と話す。全ての発端はリーの父の最後の事件だったと分かったカーターは「一緒に飛行機に乗れよ。俺の親父も殉職だった。親父の死の真相を暴くチャンスが来たら俺だって何だってやる」と言い、リーをロスに連れて行く。リーはなぜロスに行くのか不思議に思っていると、カーターは「でっかい犯罪の裏には必ず金持ちの白人がいる」と言う。スティーブンは銃声を聞いても冷静だったため、事件に関与しているとカーターは判断した。

イザベラとの再会

偽札と証明するために燃やして見せるイザベラ

スティーブンの住むロサンゼルスのレインタワーに向かい、隣のビルから双眼鏡で中の様子を見るカーター。スティーブンと連れのイザベラが一緒にいることを目撃する。カーターはリーに見張るようにと双眼鏡を渡す。リーはそのまま双眼鏡で覗いていると、スティーブンが外に出て、イザベラは着替えるために洋服を脱ぎ始めた。リーは「ゆっくりと」とぶつぶつ言いながら眺めていると、その様子を見たカーターはリーから双眼鏡を奪い覗く。イザベラが着替えをしている途中で来客が来て、変装をしたフー・リが小包を持って来たのを見るカーター。署に小包を持って来た女と一緒だと気づいたカーターは、爆弾だと思いリーと一緒にイザベラがいる部屋に突入し、小筒を奪って屋上に向かう。屋上に着いてどうやって捨てるか悩み、屋上内の少し離れたところに投げて伏せた。その時、イザベラが現れ「これは爆弾じゃない。今度捜査の邪魔をしたら刑務所にぶち込むわよ」と言い、中身はお金だと小包の中を見せる。イザベラは「私はシークレットサービス。おとり捜査官なの」と言い、バッジを見せられる。それを聞いたリーは「協力したい。そのために香港から来た」と言う。イザベラはリーの事を知っており、イザベラの部屋で詳しい内容を話す事になる。イザベラは税関の汚職係官を装っていた。先ほど見せたお金はスーパービルという、銀行でも見抜けないほど本物に近い偽札であった。本物と同じ紙を使い、本物を刷る印刷機を使っているためだ。5年前、タンは警察をやめる直前に紙幣を作る機械を手に入れていた。その後タンは100ドル札のニセ原版を購入し、スーパービルを印刷開始した。タンの組織は1億ドル分を刷ってアメリカに輸出したと判明。イザベラは、「偽札を見破る方法は燃やすしかない。インドのインクを使っているから赤い炎で燃え、本物は黒く燃える」と偽札を燃やしながら教える。イザベラは羽織っていたガウンを脱ぎ、リーとカーターに「ニセ原版のありかを掴んで来て」と色仕掛けをしてお願いをし、「あなた達はシークレットサービスの一員よ」と言う。リーとカーターは情報を探すことにして外に出る。部屋に残ったイザベラは、スターリングから電話があると「捜査の邪魔にならないように、リーとカーターは追い払った」と伝える。

情報屋であるケニーに有力情報を求める

偽札と判断するために、燃やされるお金を眺めるケニー

リーとカーターは、ソウル・フードという情報屋がいる店に到着する。情報屋であるケニーの家族が食事をしているのに、ズカズカと店の奥に行くカーターとリー。店の奥は賭博場になっており、カーターは「全員逮捕するぞ」と騒ぐ。ケニーは外で話そうと賭博場を出て話しをしようとする。ケニーは「カーター、香港で散々な目にあったらしいな」と言う。リーは後ろで話を聞いていた。ケニーは「女房や子供の前で、メンツがガタ落ちだ」とカーターの素振りに怒っていた。ケニーは「ぶちのめす」と言い、カーターに攻撃をしようとポーズをとる。リーが「やめろ」と後ろから手をかけると、逆上したケニーはリーに攻撃を仕掛ける。リーはケニーと戦うことになり、お互い首を締めた状態になるとリーは「虎の拳だな」と言う。それを聞くとケニーは手を緩めた。リーは「誰から習った?」と聞くと、ケニーは「チン師匠からだ」と答えた。ケニーの師匠の名前はフレディー・チンといい、リーの上司であるチン警視の兄弟だった。その事実が判明し、2人は意気投合する。ケニーは「何でコンビニなんかとつるんでる?」とリーに聞く。リーは「コンビニ?」と不思議に思って聞くと、ケニーは「24時間ベラベラベラベラ」と言い2人は笑い合う。それを聞いていたカーターは「バカにするな」と怒る。ケニーは「妙な金のことを聞きに来たんだろ?常連の客が5万ドルの負けを作ったが、次の日に全額を返しに来た。しかも新品の100ドル札で、続き番号だったから怪しいと思って調べたが本物だった」と言う。ケニーはリーとカーターにそのもらったお金を見せる。カーターがそのお金を燃やしてみると、案の定偽札であった。ケニーに常連客の名前を聞くと、レインプラザで働いているチンという名前だと教えてもらう。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

スパルタンX(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『スパルタンX』(映画)とは、スペインのバルセロナを舞台に、トーマス、デヴィッド、そして探偵のモビーの三人が、謎の組織に誘拐された美女シルヴィアを救出すべく奮闘するコメディ・アクション映画である。また、この作品を題材にしたアーケード&テレビゲームが制作された。 本作のクライマックスで繰り広げられる、ベニー・ユキーデとの一騎打ちは、ジャッキー・チェン映画における名ファイトシーンとして多くのファンから絶賛されている。

Read Article

七福星(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『七福星』とは、サモ・ハン・キンポー監督・主演のアクション・コメディー作品で、『福星』シリーズ第3弾。『あぶない刑事』の同時上映として公開された。前作『大福星』にてヤクザ撲滅に協力したキッド(演:サモ・ハン・キンポー)ら一同は、褒美としてパタヤ旅行へ行く事となった。またその先でも思わぬ魔の手が立ちはだかっていた。一方で香港警察の刑事マッスル(演:ジャッキー・チェン)やリッキー(演:ユン・ピョウ)達は香港で捜査に乗り出していた。ジャッキー・チェンやユン・ピョウは『福星』シリーズ出演最後となった。

Read Article

香港発活劇エクスプレス 大福星(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『香港発活劇エクスプレス 大福星』とは、サモ・ハン・キンポー監督&出演による、ジャッキー・チェン、ユン・ピョウ出演によるアクション・コメディー作品であり、『福星』シリーズ第2弾。全編日本ロケで行われた。香港警察の刑事マッスル(演:ジャッキー・チェン)とリッキー(演:ユン・ピョウ)が、日本でヤクザ「かかし組」を追うが、リッキーが捕まってしまう。マッスルは香港から応援としてキッド(演:サモ・ハン・キンポー)を応援に要請し、彼の仲間達も日本へやって来て、リッキー救出と「かかし組」の撲滅に挑む。

Read Article

ポリス・ストーリー/香港国際警察(ジャッキー・チェン)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポリス・ストーリー/香港国際警察』とは、ジャッキー・チェンが監督・脚本・主演・武術指導を兼ねたアクション映画。 香港警察のチェン刑事は他の刑事達と共に、麻薬密売を行うチュウ率いる犯罪組織の取引現場へ潜入する、張り込みが一味にバレて銃撃戦へと展開。チェンの活躍でチュウ達を逮捕するが、更なる波乱が待ち受けていた。 現在でも、なおジャッキー・チェンのベスト作品としても人気が高い。

Read Article

ファースト・ミッション(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファースト・ミッション』とは、1985年に公開されたサモ・ハン・キンポー監督、ジャッキー・チェン主演の香港映画である。刑事のフォン・シャンヤンは上司のウォン警部達と宝石の密輸を行うシンジケートの捜査を行っていた。その矢先、彼の兄シャンタクはある出来事によりシンジケートの事件に巻き込まれる事となる。監督のサモ・ハンの意向でドラマ重視の作品となったが日本公開時にはアクション場面とジャッキー・チェン歌唱の主題歌が追加された。

Read Article

タキシード(2002年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『タキシード』とは、並外れたドライブテクニックを持ったタクシー運転手のジミー・トンが、タキシードを着ることによりスーパーマンのように強化し、雇い主であるデヴリンの代わりに、ミッションを遂行するアクションコメディー映画である。ジャッキー・チェンの映画では珍しく、「タキシードを着ないと強くならない」という設定である。監督はケヴィン・ドノヴァンである。アメリカでは2002年9月27日に劇場公開され、日本では2003年3月15日に日比谷映画系列で公開された。

Read Article

ラッシュアワー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ラッシュアワー』とは、1998年にアメリカで公開されたアクションコメディー映画である。本作は公開第1週で興行収入3,300万ドルの収益を上げ、北米興収1位となった。大変好評であったため、『ラッシュアワー2』『ラッシュアワー 3』も公開される。いずれもブレット・ラトナーが監督を務めている。香港警察のリーと、ロス市警のカーターが誘拐された領事の娘を救うために協力する話である。

Read Article

サンダーアーム/龍兄虎弟(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『サンダーアーム/龍兄虎弟』は、1986年に香港で製作されたジャッキー・チェン主演のアクション映画。 冒険家のジャッキーは、友人アランから恋人のローラが邪教集団に誘拐されたと告げられる。一方で教団は、ジャッキーを利用して世界各地にある五つの「神の武具」をジャッキーに集めさせ、恐るべき力を手に入れようとしていた。 本作品での撮影中に、主演のジャッキー・チェンが頭蓋骨骨折という大怪我を負った事は有名であり、現在も彼の脳が飛び出さない様にプラスチックの栓がしてある。

Read Article

NEW

ダブル・ミッション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ダブル・ミッション』とはアメリカ合衆国で制作され、2010年に公開されたアクション・コメディ映画である。監督はブライアン・レヴァントであり、主人公はジャッキー・チェンが演じている。CGやスタントに頼らない、人間離れした体当たりアクションがジャッキーならではの映画となっている。主人公ボブはジリアンと結婚するために、スパイを引退するつもりでいた。ジリアンの息子・イアンが、ボブのパソコンからテロリストの極秘ファイルをダウンロードしてしまい、テロリストから狙われてしまうという話である。

Read Article

目次 - Contents