ポリス・ストーリー/香港国際警察(ジャッキー・チェン)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポリス・ストーリー/香港国際警察』とは、ジャッキー・チェンが監督・脚本・主演・武術指導を兼ねたアクション映画。
香港警察のチェン刑事は他の刑事達と共に、麻薬密売を行うチュウ率いる犯罪組織の取引現場へ潜入する、張り込みが一味にバレて銃撃戦へと展開。チェンの活躍でチュウ達を逮捕するが、更なる波乱が待ち受けていた。
現在でも、なおジャッキー・チェンのベスト作品としても人気が高い。

チェン・カクー(演:ジャッキー・チェン)

出典: www.movieplus.jp

CV:石丸博也
香港警察の熱血漢な刑事。チュウ・タオが率いる犯罪組織の麻薬取引が行われる村へ同僚達と潜入するも、組織に警察の存在がバレて、銃撃戦へと発展する。飛び交う銃弾に怯える同僚刑事を落ち着かせる一面も見せる。その一方で、逃亡したチュウ達を追いかけ、彼等が途中で乗り込んだバスにしがみつくが、バスの中にいた手下達に蹴り飛ばされ落下。それでもバスが来る方面まで先回りし、バスの前で銃を構える。そして銃を上に発砲し威嚇しバスを止める。車内に入り、チュウを逮捕する。チームワークを乱し単独行動を取った為に署長から叱責される。しかし自身の功績が認められ、「警察の顔」としてマスコミにも取り上げられる。
署長とチョウ警部の提案により、組織の秘書であるサリナの護衛を命じられる。サリナが護衛を嫌がるなか、彼女の自宅へ送る。その直後、サリナを襲って来た仮面の男と格闘する。これは、サリナがチュウや組織に対する不信感を抱かせる為の作戦で、殺し屋を演じた同僚刑事キムと共に芝居を行っていた。キムとの格闘後、危険を犯してまで非協力的なサリナを護衛はしたくないと告げ帰ろうとするが、自らの危険を感じたサリナが協力すると約束する。サリナを車に乗せ自宅へ向かいながら、サリナからチュウの犯行について聞き取りつつそれをテープレコーダーで録音する。帰宅途中、今度は本物のチュウの手下達に襲撃される。単身で数人の手下達に対抗するも苦戦する。サリナが銃を発砲した、手下達が逃げて行った事で難を逃れる。
サリナを連れて帰宅すると、恋人のメイや友人達が自分のサプライズ誕生パーティーを準備して待っていた。しかしサリナを見て浮気をしていると勘違いしたメイにより、ケーキをぶつけられ、彼女は出て行く。汚れを落とす為にシャワーを浴びている間に、部屋の写真を見て先程襲って来た仮面の男が警察官だと知ったサリナに不信感を抱かれる。そして、サリナが誘惑を(するフリを)している間に、録音したテープの内容を消去し部屋から逃亡する。翌日、寝坊して裁判にやって来る。証人となるサリナがおらず、チュウの重要な証言が取れないとはいえ、彼女の証言を録音したというテープを取り出し、法廷にて流し始める。しかしサリナにより消去されており、色っぽいサリナの声やチェンとのやり取りが流れた。法廷内は失笑に包まれてしまい、チュウは釈放された。
チュウが釈放された後も(事件の証人となる)サリナを探し続け、情報屋からサリナがチュウの別荘に監禁されている事を聞く。そしてチュウの別荘へ向かい、束縛されているサリナを救出しようとする。しかしそこへチュウの手下が現れ、彼等に抵抗するも、同僚刑事のブンにより銃を突き付けられる。その直後、ダニーが自分の銃を指紋をつけない様に取り上げて、ブンを射殺。ダニーは自分への殺害を試みるが、スキを見てサリナを連れて建物の屋上まで逃亡。サリナを建物下のプールに飛び込ませ、遠くまで逃げる様に指示するが、自分は一人、ダニーや手下達に捕まり、ダニーらの手により気を失う。
気付くと見知らぬ原っぱにおり、手元に自分の銃があった。情報屋のもとに行き問い詰めると、彼はチュウの手下に脅され仕方なく罠を仕掛ける為の情報を流したとの事。その後メイに連絡を取ると、自分が殺人犯として新聞に掲載されている事を知る。急いで警察署に戻ると、ブン殺害容疑が掛けられたうえ、状況証拠も揃った状態で捜査が行われていた。署長やチョー警部のもとへ行き、自分の潔白を証明しようとする。しかし署長は、自分を第1級殺人罪として逮捕しようとし、その行動に逆上し署長を人質に取り、警察署から車で逃走する。人気の無い道で車を止め、こうするしかなかったと署長に謝罪した。そしてサリナのもとへ向かう際、気を付けて行く様にと署長に見送られる。
あるショッピングビル内でチュウに関する資料を盗み出したサリナが、チュウやダニー、手下達に見つかり捕まろうとしていたところへ駆けつけ、ダニーや手下達と激しい格闘戦を繰り広げる。
そこへメイと彼女が通報した警官隊も駆けつけるも、チュウやジョン達がメイを蹴とばす暴力行為を行う。それを見て怒り、上階からポールを伝い下まで落ち、チュウを捕まえガラスを突きつけようとする。そこへサリナもその場で鞄の中にチュウの今までの悪事に関する資料が入っている事を告げる。そこへチュウの弁護士チョンが自分を暴力刑事等と言い批判し、それに怒り拳を向けようとするが、遠くで見ていた署長やチョー警部らに止められる。しかし、横から歩み寄り侮辱するジョンの言動に激怒し、彼の顔に鉄拳を食らわせ眼鏡も叩き割る。隣にいたチョンの腹部、顔、チュウの腹部に数発鉄拳を叩きつける。そして、チュウをショッピングカート上まで飛ばし、彼をカートごと蹴り飛ばす。チュウがガラスケースの上に落ち傷だらけになるも、怒りは収まらず、フランキーら同僚刑事達がもう止めろと必死に止められていた。
チェン役を演じたジャッキー・チェンは、『スネーキーモンキー 蛇拳』(1978年)で一躍スターダムに乗り、『プロジェクトA 』(1983年)や『ポリス・ストーリー/香港国際警察 警察故事』(1985年)等のヒット作を次々と発表した。長きにわたりアクションスターとしての道を歩む一方で、自身の主演作の主題歌やアルバムの発表を行う等、歌手としても定評がある。

フランキー刑事(演:ケン・トン)

CV:鈴木勝美、坂詰貴之
香港警察の刑事で、チェンの同僚。気が小さい。
チェンら一同と共にチュウ・タオ率いる犯罪組織の麻薬取引を取り押えようと、現場である村へ向かう。しかし組織に警察の存在が分かってしまい、警察と犯罪組織との銃撃戦が展開する。飛び交う銃弾に怯え、定まらない狙いに向けて発砲しつつその場で失禁する。その場にいたチェンに肩を抱かれ、心を落ち着かせる様に𠮟責されていた。
物語クライマックスにて、メイの通報により警官隊と共にショッピングモールへ駆けつける。チェンが組織のボスであるチュウを怒りに任せて殴り蹴り飛ばし、彼を傷だらけにさせるも、怒りが収まらずまだ殴りかかろうとするチェンに対し、他の同僚刑事達と共にがもう止めろと必死に止めにかかっていた。
フランキー刑事役を演じたケン・トンは、香港の大手テレビ局・TVBの養成所を経て、多くのテレビドラマへ出演。同じくTVBに所属していたアンディ・ラウやトニー・レオンら数人の俳優と共に「五虎将」の異名で人気を集める。ドラマのみならず、映画『ドラゴンファミリー 復讐・血の掟』(1988年)や『蒼き獣たち』(1991年)等に出演。

キム刑事(演:マース)

CV:竹村拓、御園行洋、桜井敏治
香港警察の刑事で、チェンの同僚である。
チュウ・タオ率いる犯罪組織の麻薬取引を行われる村へチェンらと潜入するが、警察の存在が組織にバレてしまい、銃撃戦へと展開する。チェンの活躍により、チュウが逮捕され、チェンがチュウの秘書であるサリナの護衛を署長やチョー警部から命じられる。
チェンによる護衛を嫌がるサリナに対し、チュウへの不信感を抱かせる為に、チェンとの作戦を決行。サリナの自宅にて、仮面を被り「チュウの殺し屋」に扮してナイフを持ってサリナに襲いかかる。そこへチェンが駆けつけ、暫く二人で格闘しチェンから部屋から出る様に言われる。
しかし、サリナにより鈍器で頭を殴られその場で失神し、仮面も取れ顔も見えてしまう。更に、サリナがチェンの自宅にあった写真を見て警官である事を知り、チェンに対し不信感を抱く事となった。
またチュウの裁判では、サリナに殴られた事もあり、頭に包帯を巻いた状態で出ていた。
キム刑事役を演じたマースは、12歳で芸能界入りをし多くの作品で端役出演をする。その後、ジャッキー・チェンのスタントチーム「成家班」に加入し、『ヤング・マスター』(1980年)や『ドラゴン・ロード』(1981年)といった作品に顔をだす。また2019年にドキュメンタリー番組『アナザーストーリーズ 運命の分岐点』(BSプレミアム)に出演し、ヒット作である『プロジェクトA』(1983年)での時計台の落下シーンについて3テイク撮影のうち、1回は自身が行ったと告白し、話題となった。

ブン刑事(演:カム・ヒンイン)

ブン刑事(写真左)。

CV:谷口節、田中正彦
香港警察の刑事で、チェンの同僚である。チュウ率いる犯罪組織の麻薬取引が行われた村にて警察と組織との銃撃戦が発展した際は、チェン達とは別の場所で応援を呼んでいた。一方で、密かにチュウの組織と繋がりをもっており、チュウからチェンの殺害を命じられた。その後、チェンがチュウの別荘に監禁されているサリナを助けに行くが、ダニーや手下達と共に現れ、組織と繋がっている事を明かし、チェンに銃を向ける。しかしその直後、今度はダニーが自分の方に銃を向けたことで、自分が組織の使いっぱしりだという事を知る。そしてダニーにより、(指紋が付かない様に)チェンから取り上げた銃で胸部を撃ち抜かれ、射殺される。チェンはダニー達により、この殺害容疑の疑いを掛けられた。
ブン刑事役を演じたカム・ヒンインは、1970~1990年代にかけて香港のテレビドラマに出演、映画でも『男たちの挽歌』『冒険活劇 上海エクスプレス』(1986年)等に出演。

署長(演:ラム・コーホン)

CV:納谷六朗、千々和竜策、堀内賢雄、森田順平
香港警察署長で、チェンの行動に対し、厳しい視線を向ける。チュウが逮捕された際は、チョー警部と話し合った後に、チェンを秘書サリナの護衛につかせる。
しかし、チェンが組織の罠により、ブン殺人容疑を掛けられた際は、その場で身の潔白を証明しようとしたチェンを第1級殺人罪で逮捕しようとする。すると逆上したチェンにより人質に取られ、彼と共にやむなく警察署を出る。チェンが人気の無い道で車を止め、こうするしかなかったと謝罪すると、彼の行為を赦した。そしてサリナのもとへ向かうチェンに、気を付けて行けと声を掛け見送る。実は、チェンの一番の理解者でもある。
その後、ショッピングモールにてダニーやチュウの手下達と格闘を展開しているチェンの元に、多くの警官隊と共に駆けつける。そしてチュウや彼の弁護士チョンを殴ろうとしていたチェンに、暴力を止める様に声を掛ける。一度は思いとどまるチェンだったが、近くに歩み寄って侮辱したジョンにチェンが激怒し、彼の顔に鉄拳を食らわせ眼鏡も叩き割る。そして隣にいたチョンの腹部や顔、チュウの腹部にも数発鉄拳をお見舞いした。その様子を見たチョー警部からチェンの行為について報告書はどう書くかと言われ、自分は何も見ていないと答え、足早にその場を後にした。
署長役を演じたラム・コーホンは、1970年代後半から俳優活動を開始、数多くのテレビドラマや映画に出演。主な出演作に『ポリス・ストーリー』シリーズ2作(1985・1988年)や『プロジェクトA2 史上最大の標的』(1987年)等。1990年代後半に芸能界を引退。

チョー警部(演:トン・ピョウ)

CV:富田耕生、辻親八、宝亀克寿
香港警察の警部で、チェンの上司であり、厳しめの署長に対し、温厚な性格である。
チュウの麻薬取引現場の潜入捜査では無線で刑事達に指示を下す。チェンによりチュウが逮捕された際は、署長と話し合った末、チェンをチュウの秘書サリナの護衛につかせる。物語後半、ショッピングモールにてチュウの手下達と格闘を展開したチェンの場に、警官隊と共に駆けつけ、チュウの弁護士チョンを殴ろうとしていたチェンの行動を止める為に声を掛ける。一度は思いとどまるチェンだが、近くに歩み寄り侮辱するジョンにチェンが激怒し、彼の顔に鉄拳を浴びせ眼鏡も叩き割る。そして隣にいたチョンの腹部や顔、チュウの腹部へ数発鉄拳をお見舞いする。そんなチェンの行為を見て報告書はどう書くかと署長に尋ね、自分は何も見ていないと署長から言われていた。
チョー警部役を演じたトン・ピョウは、プロの調教師として活躍後、競馬中継の司会や評論を務め人気を得た。また俳優としても、『ポリス・ストーリー』シリーズや『レッドブロンクス』(1995年)等のジャッキー・チェン作品や多くの香港映画に出演、日本の映画ファンでもお馴染みの顔でもあった。2006年2月に死去。

麻薬シンジケート

チュウ・タオ(演:チュウ・ヤン)

CV:辻村真人、秋元羊介、阪脩
犯罪組織のボスで、ナイトクラブや不動産、貿易商を経営する裏で、麻薬取引を行う。また周りには、「幹部社員」という名目の数人の殺し屋達や参謀が取り巻く。
ある村で麻薬取引を行っていたところ、香港警察が捜査に入り、組織の手下と刑事達との銃撃戦が展開する。そのなかで部下達と車に乗り込み道路まで逃走、走って来た二階建てバスに乗車し更に逃走を図る。そんな自分達の後を追いかけ、バスにしがみつくチェンを窓で発見し彼を落とす様に手下達に指示する。チェンはバスから振り落とされるが、それでも追跡は終わらず、前方から銃を威嚇発砲されバスを停車させられる。そしてバスの中へに入り込んだチェンに銃を突き付けられる。チェンに対し、持っていた鞄の中の大金を見せ、買収し逮捕を間逃れようとするが失敗、その場で逮捕される。
逮捕後は、自身の弁護士であるチョンと話し合い、甥のダニー・クーらに秘書のサリナを監視する様に命じる。その後行われた裁判では、組織や自分の証人となるサリナが現れないうえ、チェンが用意した証言の録音テープもサリナにより消去されており、証拠不十分で釈放となる。釈放の身となったものの、判決が下されるまでは自分のパスポートや銀行預金が取り上げられているうえ、取引に使用していた麻薬も別の組織のもとへ流れていた。そしてチェンが、サリナを探し続けている事も聞く。弁護士や手下達が(事件の証人となる)サリナを消す事を提案するも、気に入っていた彼女を殺害する事を躊躇し、組織と内通していた刑事ブンへチェンの殺害を命じる。サリナを助けに来たチェンのもとへダニーとブンが現れ、ブンはチェンへ銃を突き付けるがダニーによって逆に銃殺される。ダニーはチェンも殺害しようとするが、チェンはスキを見てサリナを連れて逃走。
その後、自身に関する資料を盗み出したサリナをショッピングビル内で見つけ捕まえようとしたところ、チェンが駆けつけダニーや手下達と激しい格闘を展開する。そこへメイと彼女が通報した警官隊も駆けつけるが、自分達の行動の邪魔となったメイを蹴とばす暴力行為を行う。それを見たチェンが怒り上階からポールを伝い下まで落ち、彼に捕まりガラスを突きつけられる。更にサリナがその場で、彼女から奪った鞄の中にチュウの今までの悪事に関する資料が入っている事を告げられる。
そこへチュウの担当弁護士であるチョンがやって来て、チェンを暴力刑事等と罵り、その言動にチェンは拳を向けようとする。署長やチョー警部らに止められ、一度は踏みとどまるも、近くに歩み寄り侮辱したジョンにチェンが激怒し、彼の顔に鉄拳をお見舞いし眼鏡も叩き割る。更にチョンの腹部や顔、そして自身の腹部へ数発、チェンの鉄拳を入れられる。それでも怒りが収まらないチェンによりショッピングカートの上に飛ばされ、思い切り蹴飛ばされる。そして近くのガラスケースの上に落ち、全身傷だらけとなった。そんな状態になっても、チェンがまだ殴りかかろうとしたのに対し、フランキーら同僚刑事達がもう止めろと必死に押さえていた。
チュウ・タオ役を演じたチュウ・ヤンは、映画監督として『流星蝴蝶剣』『マジック・ブレード』(1976年)等、香港の大手映画会社ショーブラザーズ制作の作品を多く手掛けた。俳優としても、『ツイン・ドラゴン』(1992年)や『月夜の願い』(1993年)といった作品へ出演した。

ダニー・クー(演:フォン・ハックオン)

ダニー・クー(写真中央)。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

スパルタンX(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『スパルタンX』(映画)とは、スペインのバルセロナを舞台に、トーマス、デヴィッド、そして探偵のモビーの三人が、謎の組織に誘拐された美女シルヴィアを救出すべく奮闘するコメディ・アクション映画である。また、この作品を題材にしたアーケード&テレビゲームが制作された。 本作のクライマックスで繰り広げられる、ベニー・ユキーデとの一騎打ちは、ジャッキー・チェン映画における名ファイトシーンとして多くのファンから絶賛されている。

Read Article

七福星(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『七福星』とは、サモ・ハン・キンポー監督・主演のアクション・コメディー作品で、『福星』シリーズ第3弾。『あぶない刑事』の同時上映として公開された。前作『大福星』にてヤクザ撲滅に協力したキッド(演:サモ・ハン・キンポー)ら一同は、褒美としてパタヤ旅行へ行く事となった。またその先でも思わぬ魔の手が立ちはだかっていた。一方で香港警察の刑事マッスル(演:ジャッキー・チェン)やリッキー(演:ユン・ピョウ)達は香港で捜査に乗り出していた。ジャッキー・チェンやユン・ピョウは『福星』シリーズ出演最後となった。

Read Article

香港発活劇エクスプレス 大福星(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『香港発活劇エクスプレス 大福星』とは、サモ・ハン・キンポー監督&出演による、ジャッキー・チェン、ユン・ピョウ出演によるアクション・コメディー作品であり、『福星』シリーズ第2弾。全編日本ロケで行われた。香港警察の刑事マッスル(演:ジャッキー・チェン)とリッキー(演:ユン・ピョウ)が、日本でヤクザ「かかし組」を追うが、リッキーが捕まってしまう。マッスルは香港から応援としてキッド(演:サモ・ハン・キンポー)を応援に要請し、彼の仲間達も日本へやって来て、リッキー救出と「かかし組」の撲滅に挑む。

Read Article

ファースト・ミッション(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファースト・ミッション』とは、1985年に公開されたサモ・ハン・キンポー監督、ジャッキー・チェン主演の香港映画である。刑事のフォン・シャンヤンは上司のウォン警部達と宝石の密輸を行うシンジケートの捜査を行っていた。その矢先、彼の兄シャンタクはある出来事によりシンジケートの事件に巻き込まれる事となる。監督のサモ・ハンの意向でドラマ重視の作品となったが日本公開時にはアクション場面とジャッキー・チェン歌唱の主題歌が追加された。

Read Article

タキシード(2002年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『タキシード』とは、並外れたドライブテクニックを持ったタクシー運転手のジミー・トンが、タキシードを着ることによりスーパーマンのように強化し、雇い主であるデヴリンの代わりに、ミッションを遂行するアクションコメディー映画である。ジャッキー・チェンの映画では珍しく、「タキシードを着ないと強くならない」という設定である。監督はケヴィン・ドノヴァンである。アメリカでは2002年9月27日に劇場公開され、日本では2003年3月15日に日比谷映画系列で公開された。

Read Article

ラッシュアワー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ラッシュアワー』とは、1998年にアメリカで公開されたアクションコメディー映画である。本作は公開第1週で興行収入3,300万ドルの収益を上げ、北米興収1位となった。大変好評であったため、『ラッシュアワー2』『ラッシュアワー 3』も公開される。いずれもブレット・ラトナーが監督を務めている。香港警察のリーと、ロス市警のカーターが誘拐された領事の娘を救うために協力する話である。

Read Article

デッドヒート(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『デッドヒート』とは、1995年に公開された、ジャッキー・チェン主演のカーアクション映画である。レーサーであるジャッキーは、父親が経営するレーシング・ショップを手伝いつつ、親子で街に蔓延る改造車の摘発を警察の協力のもとで行っていた。そんななか一台の車がジャッキーの目の前を爆走する。運転手は国際テロリストのクーガーだった。ジャッキー・チェンの車好きが高じたのか、全編にわたり、カーアクションが繰り広げられる。

Read Article

サンダーアーム/龍兄虎弟(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『サンダーアーム/龍兄虎弟』は、1986年に香港で製作されたジャッキー・チェン主演のアクション映画。 冒険家のジャッキーは、友人アランから恋人のローラが邪教集団に誘拐されたと告げられる。一方で教団は、ジャッキーを利用して世界各地にある五つの「神の武具」をジャッキーに集めさせ、恐るべき力を手に入れようとしていた。 本作品での撮影中に、主演のジャッキー・チェンが頭蓋骨骨折という大怪我を負った事は有名であり、現在も彼の脳が飛び出さない様にプラスチックの栓がしてある。

Read Article

ラッシュアワー2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ラッシュアワー2』とは、2001年に公開されたアメリカで制作されたアクション・コメディ映画である。『ラッシュアワー』の続編であり、主人公は同じくジャッキー・チェンとクリス・タッカーである。全世界で3億4,730万ドルの収益を上げた。『ラッシュアワー』よりアクションシーンが多くなっている。監督は『ラッシュアワー』に引き続きブレット・ラトナーである。休暇を取り香港観光に来たカーターだったが、リーの父親を殺した犯人の捜査に協力することになり、2人は息の合ったコンビネーションで事件を解決していく。

Read Article

ダブル・ミッション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ダブル・ミッション』とはアメリカ合衆国で制作され、2010年に公開されたアクション・コメディ映画である。監督はブライアン・レヴァントであり、主人公はジャッキー・チェンが演じている。CGやスタントに頼らない、人間離れした体当たりアクションがジャッキーならではの映画となっている。主人公ボブはジリアンと結婚するために、スパイを引退するつもりでいた。ジリアンの息子・イアンが、ボブのパソコンからテロリストの極秘ファイルをダウンロードしてしまい、テロリストから狙われてしまうという話である。

Read Article

目次 - Contents