金色のコルダ1(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『金色のコルダ1』とは、株式会社コーエーテクモゲームスの開発チーム「ルビー・パーティー」から発売された、女性向け恋愛シミュレーションゲーム。ネオロマンスシリーズの第3作目。
現代の学園で「音楽」を通して、ライバルたちと恋愛を繰り広げる乙女ゲームである。
コンクールに向けて練習する中で、ライバルたちとの仲を深め、お互いを励まし合い、音楽と共に成長していくストーリー。
主人公はヴァイオリン奏者、作中では多数の楽曲を演奏でき、プレイしながら多彩なクラシック音楽を聴き楽しむことができる。

火原 和樹(ひはら かずき)

はじまり〜コンクール参加決定

主人公がコンクールの話を聞きに音楽教師の金澤(かなざわ)の元に行くと、なにやら音楽科の男子生徒が集まりわいわいと騒がしい。
その中心には1人の男子生徒、火原 和樹(ひはら かずき)がおり、皆が彼のコンクール参加を祝っているようだ。
おめでとう!と友人に祝われている彼はとても嬉しそうにお礼を言い、元気いっぱいその場を去っていった。

第1セレクション

さっそく練習を始めようと練習場所を探す主人公は、前から来た火原とぶつかってしまう。
火原は主人公を心配するが、主人公の持っているヴァイオリンケースに気づき「君も音楽をやるなら今度のコンクールぜひ聞きにきて!」と無邪気に誘う。
そんな彼に自分もコンクールに参加すると伝えると、火原は驚きつつも「ここであったのは何かの縁だね!これからいっしょに頑張ろうね!」と笑ってくれたのだった。

練習中に火原に会うと、コンクールのことどう考えているかを聞かれる。
主人公が楽しみだと伝えると、彼は同意する。
彼のモットーは何事も楽しくやるのが一番、コンクールはお祭りみたいで大好きだという。
火原はコンクールに対して楽しむために参加している、というスタンスのようだった。

ある日、火原の友人である普通科の男子生徒に話しかけられる。
男子生徒が去ったと同時に現れた火原に彼のことを話すと、彼は陸上部で、自分も中学のとき陸上部だった話をして仲良くなったのがきっかけだと教えてくれた。
火原は人との縁やきっかけを大事にしているようだ。
「人とはきっかけがあればすぐに仲良くなれるし、コンクールは音楽に興味のない人が音楽を好きになるきっかけになればいいよね」と彼は言う。
彼は、コンクールは勝ち負けよりも人を楽しませてみんなと仲良くなりたいという目的が強いようだった。

そして第1セレクションを迎える。

第2セレクション

火原が購買で買ったパンを分けてくれる。

第2セレクションへ向けて練習していると、暇そうにしている火原に出会う。
彼は今まで普通科の友達と話していたが「さすがに練習しろ!」と心配して追い出されたという。
「次のセレクションまで何日あるんだっけ?、おれも真面目に練習しないといけないかな〜」とのん気そうな彼は、コンクールに対して強い思いはなさそうだ。

後日、なにか悩んでいる火原に出会う。
どうやら練習曲を一通りさらったが飽きてしまい、どの曲を練習しようか迷っているというのだ。
彼は同じ曲を吹き続けると飽きてしまい、ぱっと吹いてすぐ別の曲が吹きたくなってしまうという。
「同じ曲を何度も練習できないよ…」という駄々をこねる火原に、主人公は自分や他の参加者たちの練習の様子を伝える。
コンクール参加者と自分の練習の違いに気づいた火原は、やっとやる気を出すのであった。

ある日主人公が練習していると、火原が唐突に「カツサンド好き?」と聞いてきた。
そして彼は立て続けに「陸上で一着ゴールインとか気持ち良くない?」「初めての場所で友達できるの嬉しくない?」とも聞く。
質問の意図が分からずハテナを浮かべる主人公に、火原は「自分がどれくらい主人公の音楽が好きなのか、自分にとってすごく好きなものに例えて伝えたかった!」と言った。
火原は主人公の演奏する音楽が好きで、さらに主人公の音楽を聴くとその楽しい気持ちになるというのだ。

後日昼休みにエントランスの購買に行くと、カツサンドを始め大量のパンを買い込んでいる火原に遭遇する。
パンが売り切れて購入できなかった主人公に、火原は「多めに買ったからよかったらおれのパン分けてあげるよ!どっかで一緒に食べよう!」と誘う。
それに、と彼は続けて「この前教えた自分の大好きなカツサンドを主人公にも食べて欲しいと思っていたんだ」と笑った。

そして第2セレクションを迎える。

第3セレクション

第3セレクションの練習中、魔法のヴァイオリンの弦が切れ使えなくなり、主人公は落ち込んでいた。
そんな主人公に、火原はいつもの彼の勢いなく心配そうに話しかけてきた。
火原は主人公になにかアドバイスをしたかったようだが、うまく言葉にできずしどろもどろになっている。
しかし火原の励まそうとしてくれている気持ちが伝わり、主人公は嬉しく思ったのだった。

帰り際、火原に誘われ、公園へ寄り道をする。
2人でブランコに隣同士に座るやいなや、火原から「主人公は頑張ってるよ!おれはすごいと思っているよ!」と矢継ぎ早に褒められる。
どうやら彼はまた主人公を励まそうとしてくれていたのだった。
火原に礼を伝えると、「お礼をいうのはおれのほうだよ!」と彼は言う。
今まで主人公の頑張りを見てきて、だんだんうまくなる演奏を聞いて、火原は自分に勇気をもらったというのだ。
元気をとり戻した主人公と火原は仲良く帰路についたのであった。

ある日主人公が練習しているそばで、火原が楽譜を散らばらせてしまった。
慌てる彼とともに楽譜を拾い集めるが、「迷惑をかけてごめん…。」と肩を落とす火原にはどこか普段の元気が無い。
彼は主人公と自分の演奏を比較し、音楽を楽しんでいるだけだった自分、どこか練習から逃げていた自分を恥じているようだった。
そんな中また風が吹き、火原のもっている楽譜が散らばってしまう。
「また手伝わせてごめん!」と大慌て、彼は主人公の練習の邪魔をしている自分が許せないようだった。

後日、火原と仲が良い柚木(ゆのき)に呼び出され屋上に連れていかれる。
そこには落ち込んだ様子の火原がいた。
柚木は元気のない火原を心配し、主人公と共に見舞おうとしたのだ。
柚木に元気がない原因を尋ねられるも、かたくなに答えようとしない火原。
柚木は諦め、主人公に火原を任せてその場を立ち去った。
2人になると、火原は自分の悩み事を打ち明ける。
実は最近、自分も頑張らなくちゃいけないと思いながらも、どう頑張っていいか自分でもよく分からなくなってしまったという。
彼は今までの自分から変わろうと必死にもがいていたのだった。

そして第3セレクションを迎える。

最終セレクション

火原とカフェでデート。

最終セレクションへ向けての練習中、火原から「よかったら今度の休みに一緒に出かけない?」と誘われる。
主人公はOKし、次の休日、2人は会話を弾ませながら駅前通りのお洒落なカフェに向かった。
火原はここに主人公と一緒に訪れたかったようだ。
彼はここに来るのは初めての様子で少し緊張しており、「実はこんな風に女の子と遊びに来るの憧れだった」と照れながら打ち明けられる。
思わず笑うと「ケーキをご馳走するのは男のロマンなんだよ!」と火原は拗ねたように言う。
彼の可愛らしい一面を知ることができた。

そして最終セレクションを迎える。

セレクション前に火原に会うと、少し緊張した面持ちの彼は「やっぱり音楽は楽しくやりたいね」と優しく笑った。
その顔は悩み事がふっきれたらしい火原らしい笑顔だった。

エンディング

屋上へ現れる火原。

コンクール後、報道部の天羽(あもう)が火原にインタビューしている。

火原は主人公について聞かれると、「自分は彼女の演奏が大好きだからもっとたくさんの人に聞いてもらえたらいいなと思う」と答える。
自分の大好きな音楽をみんなにも聞いて欲しい!という彼の純粋な気持ちだった。
またコンクールについては「最初自分は楽しく演奏できればよかったけど、それはすごく自分勝手で無責任なんじゃないかと気付いて恥ずかしかったし怖かった」と答えた。
それはいつかの屋上で見せた、火原の葛藤だった。
しかし、と彼は続けて「自分にできること、今でもよくわからないけど少しずつ頑張ろうと思う!」と明るい笑顔を見せたのであった。
主人公の音楽が、彼の音楽を成長させたのだった。

天羽はまだインタビューを続けようとしたが、火原はそれを遮り、その場を去る。
そして主人公がいる屋上へと向かったのだった。

屋上で、主人公はリリにもらった楽譜「愛のあいさつ」を弾いていた。
そんな主人公のもとに火原が現れる。

どうしても君に話がしたくてと火原は話し出す。

「もしきみを知らなかったら気軽に生きてたし悩みもなく、こんなに深く何かを考えことはなかった。
でもそれがいいなんて思えない、おれはきみと出会えてすごくうれしい。
たとえコンクールが終わっても、ずっときみのことを見ていたい。」

「嫌じゃなかったらうれしいな」と火原は言う。
自分のことをどう思うか問う火原に、主人公は答えを告げるように先ほどの曲を演奏したのであった。

柚木 梓馬(ゆのき あずま)

はじまり〜コンクール参加決定

主人公がコンクールの説明を聞くため、音楽教師の金澤(かなざわ)をたずねると先客がいた。
コンクール参加者の柚木 梓馬(ゆのき あずま)と、その周りを囲む音楽科の女子生徒だ。
女子生徒は柚木のファンらしく、コンクールに参加する柚木を褒め称え、興奮したように黄色い声援を送っている。
柚木は「周りの迷惑になるからね」と優しくいさめ、大人しくなった彼女らを引き連れその場を去る。
一部始終を見ていた主人公は呆気にとられたのであった。

第1セレクション

練習しようする主人公を音楽科の女子生徒が呼び止め、「普通科なのに柚木サマと一緒に参加するなんてずるい!」と責めたてる。
そこへ柚木が割って入り、彼女を優しくなだめる。
柚木にメロメロな女子生徒は、素直に柚木に従い「柚木サマに迷惑をかけるんじゃないわよ!」と主人公に捨て台詞をはいてその場からいなくなった。
柚木は主人公へ自分のファンの暴走を謝罪し、これから一緒にコンクールにがんばろうねと微笑んでくれた。

また、翌日の登校中、車での送迎で登校している柚木に誘われ車に同乗する。
しかし正門前に到着したとたん、周りの女子生徒からの視線が主人公に突き刺さる。
主人公は柚木のファンの多さを身をもって実感したのであった。
柚木に手をとられエスコートされたり「車に酔ってしまったのかな?」と心配されるたび、女子生徒からの視線は強く刺さり陰口すら聞こえてくる。
柚木は常に優しいが、彼の行動は柚木のファンが主人公を妬むネタになってしまう。
主人公は肩身の狭い思いをすることになった。

別の日に柚木から、彼の親が花道の家元で、実家にはお弟子さんもいるほどの家系だという話を聞く。
柚木は「花の一瞬たりとも同じ時をもたない美しさは音楽に似ている、と感じる」と言う。
花と器と空間が人によって美を作る華道と、楽譜と楽器と聴衆と演奏者があって美が生まれる音楽。
花も音楽も美しく、人は美しいものを受け入れる、だから自分は己の音楽を美しく保っていきたいのだと彼は言った。
音楽は美しく、これが柚木の音楽への価値観なのだと知った。

そして第1セレクションを迎える。

第2セレクション

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

金色のコルダ(ゲーム・漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「金色のコルダ」とはコーエーから発売されている女性向け恋愛シミュレーションゲーム。原案はルビー・パーティー。それを元にキャラクターデザイン担当の呉由姫が白泉社「LaLa」で連載していた漫画作品。コミックスは全17巻。テレビ東京系6局でアニメも放映された。音楽に関して全くの素人だった日野香穂子が音楽の妖精・リリに導かれて音楽の魅力にはまり、コンクールを通して知り合った人々との交流を深めていく物語。

Read Article

NEW

金色のコルダ2(2f / 2ff / アンコール)のネタバレ解説・考察まとめ

株式会社コーエーテクモゲームスから発売された「音楽」がテーマの女性向け恋愛シミュレーションゲーム『金色のコルダ』の続編タイトル。 『2』『2 アンコール』の順で発売され、『2f』『2f アンコール』『2ff』は移植版ソフト。 季節は秋、前作の半年後からストーリーが始まる。 ヴァイオリン奏者の主人公のもとに、アンサンブルコンサートのお誘いが舞い込んでくる。そんな中、突如おとずれる学院の危機。 主人公は学院を守るため、仲間たちとコンサートの成功に向けて協力し、恋や絆を芽生えさせていく。

Read Article

遙かなる時空の中で2(遙か2)のネタバレ解説・考察まとめ

『遙かなる時空の中で2』とは、Windows95 / 98 / Me用恋愛アドベンチャーゲーム。コーエーテクモゲームズのルビーパーティ原作で、キャラクターデザインを水野十子が担当した。PlayStation 2用ソフト、PSPソフトも発売。前作『遙かなる時空の中で1』から100年後の世界が舞台で、ゲームシステムは1作目を世襲。平安時代の京都をモデルにした「京」と呼ばれる異世界に引き込まれてしまった女子高生、高倉花梨が活躍する。

Read Article

遙かなる時空の中で(遙かシリーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『遙かなる時空の中で』とは、コーエーから発売された女性向け恋愛アドベンチャーゲームである。多くの続編が作られ、それらを原作に漫画化、映画化、舞台化、アニメ化、映画化などがされた。 高校生となった元宮あかねは入学式へと向かう。しかし、そこで同級生の森村天真、後輩の流山詩紋と共に井戸へと吸い込まれてしまう。あかねたちが気がつくと、そこには平安時代のような光景があった。そこは『京』と呼ばれる異世界だった。あかねたちは『鬼』たちとの戦いに巻き込まれていく。

Read Article

遙かなる時空の中で1(遙か1)のネタバレ解説・考察まとめ

『遙かなる時空の中で1』とは、2000年4月6日に発売されたPlayStation用恋愛アドベンチャーゲーム。コーエーテクモゲームズのルビーパーティ原作で、キャラクターデザインを水野十子が担当した。平安時代の京都を舞台にした「京」と呼ばれる異世界に引き込まれてしまった女子高生、元宮あかねが活躍する。2018年2月22日に本作のリニューアル版である『遙かなる時空の中で Ultimate』がPlayStation Vita、スマホとタブレットに対応したiOS、Android版が発売されている。

Read Article

目次 - Contents