ゼルダの伝説 時のオカリナ(時オカ、The Legend of Zelda: Ocarina of Time)のネタバレ解説まとめ

Si 3ds thelegendofzeldaocarinaoftime3d image1600w

『ゼルダの伝説 時のオカリナ』とは、任天堂からNINTENDO64用に発売されたアクションアドベンチャーゲーム。シリーズ初の3D作品で、奥行きのある世界観や立体的な謎解き、壮大な物語など、その完成度の高さから、国内外で現在もなお非常に人気の高い作品である。神々の子孫が住むと言われる地ハイラルを舞台に、主人公リンクは子どもと大人2つの時代を股にかけた冒険を繰り広げ、伝説の秘宝トライフォースを手にし世界を支配しようと企む魔王ガノンドロフと戦う。

『ゼルダの伝説 時のオカリナ』の概要

『ゼルダの伝説 時のオカリナ』とは、1998年11月21日に任天堂からNINTENDO64用に発売されたアクションアドベンチャーゲーム。ゼルダの伝説シリーズの第5作であり、それまでのRPGが一般的としていた2D見下ろし型視点から、シリーズ初の3D作品となった。
謎解きや、アイテムの入手によってできることが増えていく要素はそのままに、より立体的謎解きや戦闘が可能となり、バトルや謎解きに革新的な変化がもたらされた。カメラワークや操作性の問題点を軽減する「Z注目システム」など、3Dでゼルダを楽しむための工夫が凝らされており、ゼルダの伝説シリーズのみならず、この後に発売された様々な3Dアクションゲームに、この「注目システム」と同じようなシステムが取り入れられている。
シナリオ面では、これまで魔物としての姿しかなかったシリーズ共通の敵「ガノン」に「ガノンドロフ」という人間の姿が与えられたことや、『時のオカリナ』を起点として、ゼルダの伝説シリーズの歴史がいくつかに分かれると設定されるなど、以降のシリーズに大きな影響を与えている。その完成度の高さから、日米欧で現在もなお非常に人気の高い作品である。
神々の子孫が住むと言われる地ハイラルを舞台に、リンクの時代を越える冒険が描かれる。

バージョンによる相違点

本作には、1998年に発売されたNINTENDO64版の他に、2002年に発売された『ゼルダの伝説 風のタクト』の予約特典、および任天堂の会員制サービス「クラブニンテンドー」の景品『ゼルダコレクション』の収録作品として配布されたゲームキューブ版や、2007年以降Wii・WiiUで配信されているバーチャルコンソール版、そして2011年にニンテンドー3DS用にリメイクされた『ゼルダの伝説 時のオカリナ3D』といった複数のバージョンが存在している。
基本的なゲーム内容は64版と同じだが、機種にあわせて操作方法の変更や、一部アイテムの仕様変更が行われている。

ゲームキューブ版

ほぼ64版そのままの移植だが、解像度が上がっため、画質がきれいになっている。また、ゲームキューブのコントローラーに合わせて、操作ボタンの調整がされている。

Wiiバーチャルコンソール版

解像度が上がり、さらに画質が良くなる一方で、Wiiが振動機能に対応していないため、振動で隠されたものを発見できるアイテム「もだえ石」が使えなくなっている。

WiiUバーチャルコンソール版

Wii版同様画質が向上しているが、明度が下げられている。WiiU版は振動機能に対応しており、「もだえ石」が使える。

時のオカリナ3D

リメイクにあたり、グラフィックやテクスチャなどが一から作り直され、人物や風景などは64版より細部まで描かれたものになっている。
ニンテンドー3DSの2画面に対応して画面の表示も変更されており、フィールドが上画面、メニューやマップなどが下画面に表示されるようになっている。これによって装備などの確認が簡単になり、オカリナも楽譜を確認しながら演奏できるようになった。一度に装備できるアイテムも、64版の3個から4個に増えている。
操作の変更点としては、3DSに内蔵されたジャイロセンサーを使い、リンクの主観視点の際3DS本体を動かして周囲を見渡したり、パチンコや弓矢の狙いを定められるようになっている。
ゲームの内容面では、「シーカーストーン」というヒント機能が追加され、攻略で行き詰まることが少なくなったほか、高難易度モードの『ゼルダの伝説 時のオカリナ3D裏』(裏ゼルダ)、過去に戦ったボスと再戦できる「ボスチャレンジ」が追加されている。また、振動機能が使えないため「もだえ石」から、音で隠されたものの場所を伝える「ひびき石」にアイテムが変更されている。

ゼルダ史の中の『ゼルダの伝説 時のオカリナ』

8f47188d

ゼルダの伝説シリーズは、通称「ゼルダ史」と呼ばれる時系列によって整理することができる。
「ゼルダ史」にはいくつかの時間軸が存在しており、その分岐点となっているのが、本作『時のオカリナ』で扱われる、ガノンドロフとリンクの戦いの結果である。
『時のオカリナ』において、リンクがガノンドロフに敗北すれば『神々のトライフォース』などの時間軸に分岐し、勝利すれば『風のタクト』などの時間軸に分岐する。また、リンクが勇者としてガノンドロフと戦わなかった時間軸も存在し、『ムジュラの仮面』や『トワイライトプリンセス』は、そこに分類されている。

【分岐による3パターンの未来】
・一つ目は「時の勇者(七年後のリンク)が敗北」することによる世界。これにより、魔獣ガノンを止めることができずトライフォースごと封印することになる。
(『神々のトライフォース』などの時間軸)

・二つ目は「時の勇者(七年後のリンク)が勝利」することによる世界。魔獣ガノンは倒され、トライフォース取り戻し、ガノンドロフを封印する。
(『風のタクト』などの時間軸)

・三つ目は「子供時代のリンクがガノンドロフの企みを阻止」することによる世界。七年後の世界でガノンドロフを封印し、元の時代に戻りガノンドロフの企みを知らせ止める。
(『ムジュラの仮面』や『トワイライトプリンセス』などの時間軸)

ゲーム上では魔獣ガノンに敗北はゲームオーバーな為、敗北はありえないが、それぞれの可能性の未来がシリーズを通して考えられている。そのため、『時のオカリナ』はとても重要な作品になっている。

『ゼルダの伝説 時のオカリナ』のあらすじ・ストーリー

子ども時代

Futari

子供の姿のまま成長せず一生を過ごす森の民・コキリ族が暮らす、コキリの森。
そこに暮らす少年・リンクは、コキリ族なら誰もが持っているはずのパートナー・妖精を、森でただ一人持っていなかった。
リンクは、ここ最近毎日のように、不思議な悪夢にうなされていた。その悪夢は、馬に乗って逃げる少女とそれを追う男を目撃し、男に殺されそうになるというもの。夢の場所も少女も男も、リンクには全く覚えのない光景である。
そんなリンクのところに、ある日、妖精・ナビィが現れ、彼をコキリ族の長・デクの樹サマのもとへと誘う。
デクの樹サマは、リンクの見ている夢が、今この世界に迫りつつある闇の気配を感じ取ったものであると言い、リンクの勇気を試すため、自らにかけられた呪いを解いてほしいと言った。リンクは、デクの樹サマの中に巣食っていた呪いの元凶を討ち倒す。
呪いを解いて戻ったリンクに、デクの樹サマは改めて自らの願いを語った。それは、この世界・ハイラルに伝わる万能の秘宝トライフォースを狙う男・ガノンドロフから、トライフォースを守ってほしいというもの。デクの樹サマの呪いは、そのガノンドロフにかけられたものだという。
リンクによってガノンドロフの呪いから解放されたデクの樹サマだったが、その生命はあとわずかになっていた。デクの樹サマは、リンクの勇気と知恵を信じ、トライフォースの眠る聖地への鍵となる精霊石・コキリのヒスイを託し、「ハイラル城の姫に会え」という言葉を残して息を引き取った。
リンクはデクの樹サマの遺志を継ぎ、ナビィとともにハイラル城を目指し、コキリの森を飛び出す。こうして、リンクの冒険は始まった。

ハイラル城で、リンクは神に選ばれたというハイラルの姫・ゼルダと出会う。
ゼルダ姫もまた、夢のお告げによってガノンドロフの魔手がハイラルに迫っていることを感知していた。
ガノンドロフは、ハイラル王国への忠誠を装って国王に近づき、密かにトライフォースの眠る聖地への道を探っていた。国王はガノンドロフを信頼し、ゼルダ姫の夢のお告げを聞きいれてくれないのだという。そこで2人は、ガノンドロフの野望を阻止するため、協力することとなった。
ゼルダ姫いわく、聖地への扉はハイラル城下町にある「時の神殿」に存在し、「時の扉」で封印されているという。その扉を開く鍵となるのが、リンクの持つ精霊石を含めた3つの精霊石、そして王家の秘宝「時のオカリナ」。ゼルダ姫は、リンクに残る2つの精霊石を、ガノンドロフよりも先に集めるよう依頼する。

ゼルダ姫が時間を稼ぐ間に、残りの精霊石を集めることになったリンクは、デスマウンテンに住むゴロン族とゾーラ川に住むゾーラ族、それぞれを悩ませていたガノンドロフの魔物を倒し、残る2つの精霊石・ゴロンのルビーとゾーラのサファイアを手に入れる。
3つの精霊石を持ってゼルダの元へ向かうリンクだったが、同じころガノンドロフがハイラル王家に対して反乱を起こし、ゼルダ姫はガノンドロフの手から逃れるため逃亡。2人は一瞬の再会を果たすも、すれ違うことになってしまう。
すれ違いざま、ゼルダ姫はリンクに時のオカリナを託した。リンクは時の神殿に赴き、精霊石とオカリナの力で時の扉を開く。
しかし、時の扉の先には、一本の剣が台座に安置してあるだけであった。ナビィは、その剣こそ伝説の退魔の聖剣「マスターソード」であるという。
マスターソードを台座から抜き放つリンクだったが、それと同時に意識が遠のいていく。
薄れゆく意識の中で、ガノンドロフの嘲笑が木霊した。

大人時代

%e6%99%82%e3%81%ae%e3%82%aa%e3%82%ab%e3%83%aa%e3%83%8a %e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8

リンクが目を覚ますと、そこは見たこともない不思議な空間だった。戸惑うリンクの前にラウルと名乗る老人が現れ、自分の姿を確認するよう促す。
ラウルに促されるままリンクが自分の姿を確認すると、そこには青年に成長したリンクの姿があった。
そして、ラウルはリンクがマスターソードを抜いてからの出来事を語り始める。
ラウルいわく、マスターソードこそが聖地への最後の鍵であり、リンクが抜いたことにより聖地への道が開かれたという。しかし、ここで問題が起こった。リンクがマスターソードの使い手として幼すぎたため、その魂と肉体が七年もの間、聖地に封印されてしまったのである。
結果、無防備に開かれた入り口から聖地に侵入したガノンドロフが、トライフォースを手にしてしまった。リンクの目覚めた7年後のハイラルは、トライフォースの力で魔王となったガノンドロフが支配する世界と化してたのだ。
ラウルは、古の血を引く6人の人物が賢者として目覚め、賢者の力でガノンドロフを封印できれば、ハイラルを救うことができるという。
ラウルは、その賢者の1人だった。残る5人の賢者を求め、リンクはマスターソードを手に7年後のハイラルに降り立つ。大人になったリンクの冒険が幕を開けた。

賢者を求めて東奔西走するリンクの前には、シークと名乗るシーカー族の青年が、幾度となく現れては手を貸してくれた。
また、リンクが森に迷い込んだハイラル人であり、宿命を感じたデクの樹サマにより、コキリ族として育てられてきたことも判明する。
リンクはハイラル各地の神殿を訪れ、そこに巣食っていたガノンドロフの魔物を倒し、次々と賢者を目覚めさせていく。賢者はみな、子ども時代にリンクと深い関わりを持った人々であった。そして、冒険の果てに、ついに6人の賢者が目覚めた。

ガノンドロフとの戦いを目前に控えたリンクの前に、シークが現れ、シーカー族に伝わるトライフォースの影の伝説を語った。
トライフォースは、力・知恵・勇気の3つの要素から成り立ち、3つ揃えば神の力を得る秘宝である。
しかし、トライフォースに触れた者がその3つの要素を兼ね備えていなければ、トライフォースは砕けてしまう。
あとには触れた者が信じる力のみが残り、完全なる力を望むなら、失われた2つの力を奪い、取り戻す必要がある。
その失われた2つの力は、新たに神に選ばれた者の手に宿ると言われている。
7年前、その伝説は現実のものとなった。
ガノンドロフがトライフォースに触れたとき、トライフォースは砕け、その手に残ったのは「力のトライフォース」だけだったのだ。
たとえ欠片であってもトライフォースは莫大な力を持ち、ガノンドロフは「力のトライフォース」を用いて魔王となった。しかし、彼の野望が尽きることはなく
完全な力を求めて残る2つ、「勇気のトライフォース」と「知恵のトライフォース」を探しているのだという。
そして、「勇気のトライフォース」はリンクに、「知恵のトライフォース」はシークに宿っているのだという。シークの正体は、シーカー族の青年に変装したゼルダ姫だった。
シークの変装を解いてゼルダ姫が姿を表し、リンクとゼルダ姫は7年ぶりの再会を果たした。
マスターソードがリンクを聖地に封印するという予測外の事態が起こったあと、彼女はリンクの帰還を信じ、7年間逃げ続けていたのである。
6人の賢者と、賢者たちの長であるゼルダ姫の力が揃い、ガノンドロフの力を打ち破る「光の矢」がリンクに授けられた。
しかしその直後、ゼルダ姫の体が謎の結界に包まれ、虚空へと消え去ってしまう。それはガノンドロフの魔術であった。
リンクを泳がせ、ゼルダ姫が姿を表わすのを待っていたのだと、ガノンドロフのあざ笑うような声が響く。
残されたリンクはガノンドロフの本拠地・ガノン城へと急ぐのだった。

6人の賢者の力で道を切り開き、リンクはガノンドロフのもとへとたどり着く。
そこにはさらわれたゼルダもおり、トライフォースの継承者同士の、ハイラルの命運を懸けた戦いが始まった。
リンクはガノンドロフに勝利し、ゼルダ姫を救った。しかし、ガノンドロフは最後のあがきで城を崩壊させ、2人を道連れにしようとする。
無事脱出したリンクとゼルダだったが、今度はガノンドロフが「力のトライフォース」を暴走させ、巨大な怪物「ガノン」へと変貌する。
死闘の末、リンクはガノンに勝利し、ゼルダ達賢者の力によりガノンは封印された。
ガノンは最後に「いつの日かこの封印が解けたとき、貴様らの一族を根絶やしにしてくれる!」「我が手に、力のトライフォースある限り…」という不吉な言葉を残した。
全ての戦いを終えたリンクに、ゼルダ姫は時の扉を閉ざし、聖地とマスターソードを再び眠りにつかせると言う。
しかし、そうなれば時代を移動する手段も失われてしまう。その前に、時のオカリナを用いて、賢者の最後の力でリンクを7年前の時代に戻そうというのだ。
少し迷いながらも、リンクは時のオカリナをゼルダ姫に手渡し、ゼルダ姫はリンクを7年前のハイラルへと送り出した。

リンクが7年前の時代に戻ってくると、ずっと相棒として冒険を共にしてきた妖精ナビィが、いずこかへと飛び去った。
リンクもまた、マスターソードに別れを告げ、新たな冒険へと歩き出す。
その後、ハイラル城の中庭で窓を覗き込むゼルダ姫の前に現れるリンク。7年の時を越えて、2人はまた再会を果たした。

『ゼルダの伝説 時のオカリナ』の登場人物・キャラクター

主要人物

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし(The Legend of Zelda: The Minish Cap)のネタバレ解説まとめ

『ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし』とは、2004年に任天堂からGBA用に発売された、アクションアドベンチャーゲーム。リンクの体を小人サイズに小さくする魔法の帽子「ふしぎのぼうし」を使い、通常の世界と小人の世界を行き来して謎解きを行う。「カケラあわせ」やモグラグローブなど、他シリーズ作品にない要素が多く盛り込まれている。復活した魔人グフーの呪いで石に変えられてしまったゼルダ姫を救うため、リンクは喋る帽子エゼロとともに、伝説のピッコル族の剣を手に入れ、グフーを倒す旅に出る。

Read Article

ゼルダの伝説 風のタクト(風タク、The Legend of Zelda: The Wind Waker)のネタバレ解説まとめ

『ゼルダの伝説 風のタクト』とは、2002年に任天堂からGC用に発売されたアクションアドベンチャー。アクションや謎解きはそれまでの3Dゼルダを踏襲しつつ、アニメ調グラフィックが採用され、雰囲気は一新された。舞台もハイラル大陸ではなく、大海原と島々という、風と海の世界である。魔物にさらわれた妹を救うため大海原の冒険へと飛び出したリンクは、やがて世界の秘密を知り、ハイラルとガノンドロフの因縁の戦いに巻き込まれていく。

Read Article

ゼルダの伝説 神々のトライフォース2(神トラ2、The Legend of Zelda: A Link Between Worlds)のネタバレ解説まとめ

2013年に任天堂からニンテンドー3DS用ソフトとして発売された、ゼルダの伝説シリーズのひとつ。世界観は、1991年にスーパーファミコンで発売された「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」からはるか未来の設定である。ロウラルの司祭・ユガによって絵画にされたゼルダ姫と七賢者たちを救うため、リンクは冒険に出る。今作新たに加わったシステムは、主人公リンクが壁の中に入り込める壁画化能力である。

Read Article

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス(トワプリ、The Legend of Zelda: Twilight Princess)のネタバレ解説まとめ

任天堂より発売された、Wii・ニンテンドーゲームキューブ用のアクションアドベンチャーゲームで、ゼルダの伝説シリーズの1つです。略称は「トワプリ」。ハイラルと呼ばれる世界を舞台に、主人公のリンクが、多くの人々との出会いの中で、彼らの助けを借りながら、困難に立ち向かい、ゼルダ姫を助けだしたり、巨悪から世界を守るお話です。

Read Article

ゼルダの伝説 夢幻の砂時計(夢砂、The Legend of Zelda: Phantom Hourglass)のネタバレ解説まとめ

2007年に任天堂からニンテンドーDS用ソフトとして発売された、ゼルダの伝説シリーズのひとつ。「ゼルダの伝説 風のタクト」から数か月後の話で、主人公リンクが幽霊船にさらわれたテトラ(ゼルダ)を助けるために冒険に出るストーリーとなっている。システム面では、ニンテンドーDSのタッチスクリーンやマイク機能を活かした謎解きがダンジョン各所に散りばめられている。

Read Article

ゼルダの伝説 ムジュラの仮面(The Legend of Zelda: Majora's Mask)のネタバレ解説まとめ

『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』は、2000年に任天堂からNINTENDO64用に発売されたアクションアドベンチャー。1998年発売の『ゼルダの伝説 時のオカリナ』の続編で、基本システムは『時のオカリナ』を踏襲しつつ、「3日間システム」や「仮面」による異種族への変身など、独自の要素も盛り込まれている。3日後に滅亡する運命の異世界「タルミナ」に迷い込んだリンクは、時のオカリナで滅亡までの3日間を繰り返しながら、タルミナを救うべく、世界を滅亡に導く仮面「ムジュラの仮面」を追う。

Read Article

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(The Legend of Zelda: Breath of the Wild)のネタバレ解説まとめ

2017年に任天堂より発売されたWii U/Nintendo Switch用アクションアドベンチャーゲーム。本作の特徴としてオープンワールドを使用しており、一本道の攻略ではなく自分で選び新しく探すゲームになっている。 それに伴い、武器防具の破損など『ゼルダの伝説』として新たな要素が組み込まれおり、今までにないハイラルの世界をリンクと共に冒険し、救うことが目的になる。

Read Article

ゼルダの伝説 4つの剣(4剣、The Legend of Zelda: Four Swords)のネタバレ解説まとめ

『ゼルダの伝説 4つの剣(The Legend of Zelda: Four Swords)』は、2003年に任天堂からGBA用に発売された『ゼルダの伝説 神々のトライフォース&4つの剣』収録のアクションアドベンチャーゲーム。GBAの通信ケーブルを使い2~4人で遊ぶ、多人数プレイ用のゼルダである。プレイヤーは協力して4つのステージを攻略しながら、ステージ中で集めたルピーの獲得総額を競う。復活した風の魔人グフーにさらわれたゼルダ姫を救うべく、リンクは伝説の剣フォーソードで4人に分かれ冒険に出る。

Read Article

リンクの冒険(Zelda II: The Adventure of Link)のネタバレ解説まとめ

『リンクの冒険』とは、1987年に任天堂からファミリーコンピュータディスクシステム用ソフトとして発売されたアクションアドベンチャーゲーム。シリーズ2作目である本作は、他のシリーズ作品とは異なる、横スクロール視点のアクション性が非常に強いRPGとなっている。前作『ゼルダの伝説』でリンクがガノンに勝利してから数年後、未だガノンの影響が残り荒廃するハイラルを舞台に、「勇気のトライフォース」を復活させ、初代ゼルダ姫とハイラルを救うべく、リンクは再び剣と盾を手に、トライフォースの試練に挑む冒険に出る。

Read Article

ゼルダの伝説 4つの剣+(4剣+、The Legend of Zelda: Four Swords Adventures)のネタバレ解説まとめ

『ゼルダの伝説 4つの剣+』とは、2004年3月18日に任天堂から発売された、ゲームキューブ(GC)用アクションアドベンチャーゲーム。専用アダプターでゲームキューブ都ゲームボーイアドバンスを接続することにより、最大4人までの多人数プレイができる。『ゼルダの伝説 4つの剣』の続編ストーリー「ハイラルアドベンチャー」のほか、「シャドウバトル」「ナビトラッカーズ」という2つの対戦ゲームが収録されており、3つの毛色の異なるゲームを楽しむことができる作品である。

Read Article

ゼルダの伝説1(初代、The Legend of Zelda)のネタバレ解説まとめ

『ゼルダの伝説』とは、1986年に任天堂からファミリーコンピュータディスクシステム用ソフトとして発売されたアクションアドベンチャーゲーム。シリーズ第1作目ながら、物を押す、壁を爆弾で破壊するなど後のシリーズ作品に受け継がれる謎解き要素の基礎は完成されている。主人公のリンクは、「力のトライフォース」とゼルダ姫を大魔王ガノンの魔の手から取り戻すため、広大なハイラルに点在する8つの迷宮から「知恵のトライフォースのかけら」を入手し「知恵のトライフォース」を完成させるべく冒険に出る。

Read Article

ゼルダの伝説 神々のトライフォース(神トラ、The Legend of Zelda: A Link to the Past)のネタバレ解説まとめ

『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』は、1991年に任天堂からスーパーファミコン用ソフトとして発売されたアクションアドベンチャーゲーム。シリーズ3作目で、『ゼルダの伝説』のゲーム性を踏襲しつつ、アイテムやリンクの行動が増え、より多彩な謎解きを楽しめる。また、シリーズ定番の伝説の剣「マスターソード」は本作が初登場。世界の支配を企む大魔王ガノンを倒しゼルダ姫を救うため、光と闇の世界を巡るリンクの冒険が始まる。

Read Article

目次 - Contents