金色のコルダ1(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『金色のコルダ1』とは、株式会社コーエーテクモゲームスの開発チーム「ルビー・パーティー」から発売された、女性向け恋愛シミュレーションゲーム。ネオロマンスシリーズの第3作目。
現代の学園で「音楽」を通して、ライバルたちと恋愛を繰り広げる乙女ゲームである。
コンクールに向けて練習する中で、ライバルたちとの仲を深め、お互いを励まし合い、音楽と共に成長していくストーリー。
主人公はヴァイオリン奏者、作中では多数の楽曲を演奏でき、プレイしながら多彩なクラシック音楽を聴き楽しむことができる。

『金色のコルダ1』の概要

株式会社コーエーテクモゲームス(略称:KTゲームス)の開発チーム「ルビー・パーティー」から発売された、女性向け恋愛シミュレーションゲーム(乙女ゲーム)である。
コーエーテクモゲームスが乙女に贈る女性向け恋愛ゲームシリーズ「ネオロマンス」の第三弾として発売され、「アンジェリーク」「遙かなる時空の中で」につづく三番目の作品である。
2003年9月19日にWindows/XP用ソフトの発売を皮切りに、2004年3月18にPS2用ソフト、2005年11月10日にPSP用ソフトとして発売された。
また「コーエー定番シリーズ」(Best版/廉価版)として、通常より安い価格でPSP用、PSVita用のソフトとして2006年11月9日に再発売されている。
またPS2版は、ゲーム途中のイベント、エンディングムービー、描き下ろしスチルが追加され、オリジナルからさらにパワーアップされた内容となっている。
キャラクターデザインは呉 由姫(くれ ゆき)、レイティングはCERO規格でA(全年齢対象)である。

『金色のコルダ』の設定は現代の学園で「音楽」をテーマしたゲームである。
主人公は音楽科と普通科が併設された高校「星奏学院(せいそうがくいん)」で、ヴァイオリニストとして演奏し、音楽を通して恋愛をすすめていく。

主人公は普通科に通う一般生徒だったが、学園に住む音楽の妖精「リリ」が見えてしまったことを切欠に、学内音楽コンクールに参加することになる。
音楽がまったくの素人の主人公はコンクール参加に尻込みするが、リリから「コンクールに参加し皆に音楽を広げてほしい」と懇願される。
そしてリリから誰でも演奏ができる「魔法のヴァイオリン」をもらい、ヴァイオリニストとしてコンクールに向けて練習し、本番の舞台へ挑んでいく。

『金色のコルダ』の主な恋愛攻略対象キャラクターは、学内音楽コンクールでのライバルとなる他の参加者たちである。
ヴァイオリン奏者の月森 連(つきもり れん)、ピアノ奏者の土浦 梁太郎(つちうら りょうたろう)、チェロ奏者の志水 桂一(しみず けいいち)、トランペット奏者の火原 和樹(ひはら かずき)、フルート奏者の柚木 梓馬(ゆのき あずま)の5名。
彼らは主人公のコンクール出場に戸惑いながらも、ライバルとして争ったり励まし合ったりしながら仲を深めていく。
主人公が技術を身につけ、演奏できる曲を増やしていくことで、彼らの心にも変化がおこるのだ。
また主人公がどの曲を演奏するかによって、ライバルたちと親しくなる恋愛過程にも変化がおこる。
ライバルである彼らは、演奏する楽器の違いはもちろん、彼ら自身のキャラクター性・生い立ち・音楽への思いもそれぞれで、プレイヤーは彼らの異なる魅力に引き込まれていく。
コンクールが終わるとそのままエンディングへと進み本作の終了となる。

『金色のコルダ』は恋愛シュミレーションゲームでありながらも、「音楽」を非常に重要視している。
ゲーム内ではキャラクターとの親密度を上げるだけでなく、きちんと練習を行い自らの演奏技術を上げなければコンクールでは勝てず、その結果キャラクターとの恋愛が進みづらくなってしまう。
プレーヤーが音楽に引き込まれるのはこの音楽への向き合う濃厚なやりこみ要素が一因となっている。
また、技術力、表現力を上達させることで、自分の選んだ曲を自分の好きな解釈で演奏し、プレイスタイル展開を広げることができるのも大きな魅力である。

作中にて演奏される音楽は100曲を超え、どれも生楽器で収録されている。
クラシック音楽の優雅なメロディは聞き心地も抜群で、ゲームをプレイしながらその音の魅力を味わうことができる。

『金色のコルダ1』のあらすじ・ストーリー

ゲームの舞台

本作の舞台は、普通科と音楽科が併設された高校・星奏学院(せいそうがくいん)。
アール・デコ調の校舎が厳格な佇まいを見せている、歴史ある学校である。
この高校を舞台に、主人公は音楽を通して学内音楽コンクール参加者であるライバルたちと仲を深め、恋愛を繰り広げていく。

はじまり〜コンクール参加決定

妖精リリから魔法のヴァイオリンを渡される。

主人公の通う星奏学院(せいそうがくいん)は、数年に一度開催される学内音楽コンクールの話題でもちきりだ。
コンクール参加者の名簿が貼り出されてからというもの、とくに女子生徒の中で話題の中心である。
なぜなら参加者は全員美形揃いなのだ。
わいわいと賑やかに騒ぐ生徒の前に、音楽の妖精ファータである「リリ」が現れるが、生徒はリリに気づかず素通りしていく。
リリは何かを探すようにいろんな生徒の前に姿を表すが、自分の存在が見えている者はおらず肩を落とす。

そこへ主人公が登校し、リリの姿を見て足を止める。
リリは主人公に気が付き、主人公へむかって「お前は吾輩(わがはい)が見えるのか?コンクール参加決定だ!」と告げ、パッとその場から姿を消してしまう。
主人公は、今のは一体なんだったんだ?と困惑するが、周りを見渡しても今の出来事に気づいている者はいないようだ。
気にしないことにして、予鈴が鳴るなか教室へと急いだ。

その日の昼休み、主人公のもとに報道部の天羽 菜美(あもう なみ)が訪ねてくる。
「学内音楽コンクール参加について是非インタビューしたい」とのことだった。
なんのことか理解できない主人公は、天羽に聞いた廊下の掲示を見に行く。
そこには学内音楽コンクール参加者の名簿が貼り出されており、その中になんと自分の名前も載っていたのだ。
主人公は驚き、コンクールを担当する音楽教師の金澤 紘人(かなざわ ひろと)に話を聞きに行く。

金澤のもとへ訪れた主人公は、「なぜ自分がコンクールに参加するのか?間違いではないのか?」と問いただす。
なぜなら主人公はまったくの音楽初心者で、楽器も触ったことがなく演奏できる技術もないからだ。
困惑する主人公に、金澤は「リリが見えるんだろう?」と問う。
主人公が返事をするのも待たず、金澤は「実はコンクールの参加資格はリリが見えること、リリが見えたお前は必然的にコンクール参加となった」と告げる。
呆然とする主人公に「今を楽しめよ」と言い残し、金澤はその場を去った。
そこへ今朝見た妖精リリが姿を現す。

そこで主人公はリリから、妖精ファータとは何か、音楽ができない主人公がなぜコンクールに参加するのか、の説明を受ける。
リリいわく、ファータとは音楽を司っている妖精で、ファータが見える人間には音楽の才能があるのだという。
リリはかつて助けてもらった星奏学院創設者への恩返しのため、学院に音楽の加護を与える役目があり、ファータが見える人間をコンクールに参加させてその演奏で学院内に音楽の加護を広めたい、ということだった。
「コンクールに出てほしいのだ!」とリリに必死に頼まれた主人公は、コンクール参加を了承する。

しかしそもそも主人公は楽器が弾けない、それどころか触ったことすらない、このままでは演奏することすら困難な状況である。
そんな主人公に、リリは誰でも演奏ができる「魔法のヴァイオリン」を渡す。
このヴァイオリンにはリリの魔法が込められており、どんな音楽初心者でも音を奏でることができるという。

リリから魔法のヴァイオリンを受け取った主人公は、コンクールで演奏するために必要な楽譜も受け取り、さっそく練習を始めるのであった。

第1セレクション

放課後からコンクールに向けての練習が始まった。
第1セレクションまでの練習期間は、今日をふくめて7日間。
最初のセレクションへの短い練習期間の始まりである。

練習が終わり帰宅する主人公を金澤が呼び止め、コンクールの課題である「楽曲のテーマ」を渡す。
コンクールではセレクションごとの課題として楽曲のテーマが指定されており、このテーマに合う楽曲を演奏する必要があるのだ。
金澤が渡したのは第1セレクションのテーマだった。
受け取った主人公は帰路につき、長い1日を終えた。
(※セーブが可能となる。)

翌日、主人公が練習しているところに音楽科の女子生徒が現れ、ピアノ伴奏を申し出られる。
彼女に「あなたのことを応援したい、ぜひ練習するなら伴奏させて」と言われ、主人公は周りから応援されていることを知る。
(※合奏練習が可能となる)

コンクールまで後2日となった昼休み、リリから呼び出され彼の元に向かうと「魔法のヴァイオリンを見せろ」と言われる。
どうやら魔法の効き目を継続させるため、メンテナンスとしてヴァイオリンに定期的に魔法をかける必要があるようだ。
無事メンテナンスを終えたヴァイオリンと共に、主人公はさらに練習を続ける。

そして第1セレクションを迎える。

コンクールの開催場所は星奏学院内にある音楽講堂である。
講堂は全校生徒が座れるような大規模な会場で、コンクール参加者は一人ずつ舞台上にあがり、ピアノの伴奏を伴い演奏を行う。
参加者たちが奏でる音色が講堂に響き、第1セレクションは無事終了となった。

第2セレクション

第1セレクションが終わった翌日、金澤に呼び出され第2セレクションのテーマを渡される。
第2セレクションまでの練習期間は10日間、主人公は目標を新たに練習を再開する。

第2セレクションの9日前、リリに呼び出され魔法のヴァイオリンのメンテナンスを行う。
そこでリリから魔法のヴァイオリンの秘密を打ち明けられた。
実はリリがヴァイオリンにかけている魔法は少しずつ劣化していつかは解けてしまうもの、メンテナンスをしても今も魔法は少しずつ薄れているという。
つまり、魔法のヴァイオリンはいつか音楽を奏でられなくなる、ということなのだ。
「今はまだ大丈夫だ」というリリの言葉に一抹の不安を感じながらも、主人公は練習するしかないのであった。

第2セレクション4日前、またリリが魔法のヴァイオリンのメンテナンスを行う。
しかし今日のリリは顔色が暗い。
リリはもうすぐ自分の魔法が限界をむかえることを感じており、自分の不甲斐なさに申し訳なく思っていたのだ。
ヴァイオリンにかけられた魔法が消えれば、主人公は自らの手でのみ演奏しなくてはいけない。
まだコンクールも半ばだが、主人公に危機が迫っていたのであった。

そして第2セレクションを迎える。

第3セレクション

魔法のヴァイオリンにかけられた魔法が消え、弦が切れてしまった。

第2セレクションが終わった翌日、前回同様金澤から第3セレクションのテーマを渡される。
第3セレクションまでの練習期間も10日間。
主人公は練習を再開するが、魔法のヴァイオリンのことだけが気がかりだった。

そしてついにその日は訪れる。
第3セレクション8日前、リリが魔法のヴァイオリンのメンテナンスを行っている最中、ついに魔法が消えてしまったのだ。
魔法が消えたと同時に、魔法のヴァイオリンの金色に光り輝いていた弦が切れる。
とうとう訪れた魔法のヴァイオリンとの別れだった。

弦が切れた魔法のヴァイオリンはもう使えないため、主人公はリリから、代わりになんの変哲もない普通のヴァイオリンを受け取る。
もらったヴァイオリンには魔法は一切かけられていない。
これから主人公は魔法に頼らず、自分の力で演奏していかなくてはならないのだ。
主人公は今まで頑張ってくれた魔法のヴァイオリンにお礼を言い、切れた弦をお守り代わりに受け取り、魔法のヴァイオリンとの別れに悲しんだ。
そして主人公は自分で音楽を奏でるため、新たな一歩を踏み出すのであった。

翌日から新しいヴァイオリンとの練習となった。
しかし魔法のヴァイオリンとはちがい、演奏はうまくいかず、音の響かせ方も小さい。
(※ゲームシステムでは、楽譜の上達度が上がりづらくなり、演奏を聞かせられる範囲も狭くなる。)
しかしセレクションへ挑むため、主人公は懸命に練習を行うのであった。

そして第3セレクションを迎える。

最終セレクション

第3セレクションが終わった翌日、金澤から最終セレクションのテーマを渡される。
最終セレクションまでの練習期間はこれまでで一番長い12日間。
最終セレクションが終わればこの長かったコンクールも終わる。
最後の演奏にむけて、主人公は練習を再開する。

最終セレクションの練習期間、昼休みの教室にリリが現れる。
リリはなぜか嬉しそうに「お前の音が変わったぞ、若い者はこれだからな〜」と主人公をからかう。
主人公と特定の相手との仲の良さを指摘しているようだ。
そしてリリは主人公に、自分からの贈り物だと「不思議な楽譜」を渡し姿を消した。
主人公は受け取った楽譜を大切に仕舞ったのであった。
(※恋愛対象者とのエンディングが確定するとこのイベントが発生する。)

そして最終セレクションを迎える。

セレクションの本番前、主人公が舞台袖で準備をしていると、ふいにリリの声が聞こえてくる。
リリは「お前は本当によくやったのだ。」と言い、主人公のこれまでの頑張りを褒める。
音楽初心者でありながら長い練習期間を耐え、そしてコンクールの最後の舞台に挑む主人公に対し感動したというのだ。
「自分を強く信じ、思い、奇跡を起こしてほしい。」という言葉を最後に、リリの声は聞こえなくなってしまう。
リリに背中を押された主人公は、奇跡をおこすべく自分を信じて最後のステージへと上がった。

エンディング

最終セレクションが終わった。
これまでのセレクションの順位をもとに総合的に順位が高い優勝者が決定し、学内音楽コンクールは終演となった。
主人公の、コンクールのために切磋琢磨した濃い日常が幕を閉じた。

コンクールを終えた主人公の前にリリが姿を現す。
リリは本当に嬉しそうだ。
リリの目的であった、コンクールを通して音楽を広めるという目的が果たせたというのだ。
最初は魔法のかかったヴァイオリンで弾いていただけだった主人公は、今や自分の力で演奏できるほどの実力者となっていた。
主人公はリリに出会って、コンクールを通して、自分だけで音楽と共に生きることができるようになっていた。

しかしコンクールが終わった今、リリとも別れなくてはならない。
リリたちファータはコンクールが終わると、次のコンクールの機会まで姿を消してしまうのだ。
リリとの別れを悲しむ主人公に、リリは「これからはお前自身でお前のための新しい音楽を奏でてほしい」と言い姿を消した。

主人公は屋上に向かい、以前リリからもらった不思議な楽譜「愛のあいさつ」を取り出し演奏を始める。
主人公が心から奏でる愛が、屋上から学院全体へ、人々の胸へ響き渡ったのであった。

『金色のコルダ1』のルート・エンディング

月森 蓮(つきもり れん)

はじまり〜コンクール参加決定

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

金色のコルダ(ゲーム・漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「金色のコルダ」とはコーエーから発売されている女性向け恋愛シミュレーションゲーム。原案はルビー・パーティー。それを元にキャラクターデザイン担当の呉由姫が白泉社「LaLa」で連載していた漫画作品。コミックスは全17巻。テレビ東京系6局でアニメも放映された。音楽に関して全くの素人だった日野香穂子が音楽の妖精・リリに導かれて音楽の魅力にはまり、コンクールを通して知り合った人々との交流を深めていく物語。

Read Article

遙かなる時空の中で2(遙か2)のネタバレ解説・考察まとめ

『遙かなる時空の中で2』とは、Windows95 / 98 / Me用恋愛アドベンチャーゲーム。コーエーテクモゲームズのルビーパーティ原作で、キャラクターデザインを水野十子が担当した。PlayStation 2用ソフト、PSPソフトも発売。前作『遙かなる時空の中で1』から100年後の世界が舞台で、ゲームシステムは1作目を世襲。平安時代の京都をモデルにした「京」と呼ばれる異世界に引き込まれてしまった女子高生、高倉花梨が活躍する。

Read Article

遙かなる時空の中で(遙かシリーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『遙かなる時空の中で』とは、コーエーから発売された女性向け恋愛アドベンチャーゲームである。多くの続編が作られ、それらを原作に漫画化、映画化、舞台化、アニメ化、映画化などがされた。 高校生となった元宮あかねは入学式へと向かう。しかし、そこで同級生の森村天真、後輩の流山詩紋と共に井戸へと吸い込まれてしまう。あかねたちが気がつくと、そこには平安時代のような光景があった。そこは『京』と呼ばれる異世界だった。あかねたちは『鬼』たちとの戦いに巻き込まれていく。

Read Article

遙かなる時空の中で1(遙か1)のネタバレ解説・考察まとめ

『遙かなる時空の中で1』とは、2000年4月6日に発売されたPlayStation用恋愛アドベンチャーゲーム。コーエーテクモゲームズのルビーパーティ原作で、キャラクターデザインを水野十子が担当した。平安時代の京都を舞台にした「京」と呼ばれる異世界に引き込まれてしまった女子高生、元宮あかねが活躍する。2018年2月22日に本作のリニューアル版である『遙かなる時空の中で Ultimate』がPlayStation Vita、スマホとタブレットに対応したiOS、Android版が発売されている。

Read Article

目次 - Contents