バンブルビー(映画)のネタバレ解説まとめ

『バンブルビー』とは、アメリカで2018年12月に公開されたSFアクション映画。映画『トランスフォーマー』シリーズの登場人物であるバンブルビーを主人公にしたスピンオフ作品でもある。映画シリーズ第1作目の『トランスフォーマー』より20年前、惑星サイバトロンで正義のトランスフォーマー”オートボット”は、悪のトランスフォーマー”ディセプティコン”がオールスパークを巡って戦うが、劣勢に立たされる。そこでリーダーのオプティマス・プライムは、バンブルビーに新たな拠点と定めた地球を守るように命じる。

トランスフォーマーをはじめとするエイリアンの存在を調査する秘密機関のこと。

『バンブルビー』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

バンブルビー「君が 声をくれた」

物語の終盤で、バンブルビーとチャーリーが泣く泣く別れるシーン。
そこでバンブルビーがカーラジオを通じて、チャーリーに”カーラジオという新たな声をくれてありがとう”と感謝を述べたときに出たセリフ。

バンブルビー「忘れないで 僕のこと 絶対に」

ラストシーンにて、バンブルビーがラジオを通じてチャーリーに言う名セリフ。

バンブルビー「僕は バンブルビーだ」

ラストシーンにて、合流したオプティマス・プライムに本来の名前である「B-127」と呼ばれた時、バンブルビーはチャーリーが名付けてくれた新たな名前を名乗る名シーンと名セリフ。

『バンブルビー』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

バンブルビーという名前は、今後のストーリーにも繋がっていく名前になった

チャーリーに拾われたB-127は、音声機能を失って自分の名前を名乗ることが出来なかった。
そこで、チャーリーが黄色い蜂という意味の「バンブルビー」と名付けてくれて、バンブルビーはその名前をとても気に入った。

「初めての人間の家族につけて貰った名前」としてとても気に入ったのか、B-127はラストシーンでオプティマス・プライムにその名前を名乗っている。
そして、チャーリーにつけて貰った「バンブルビー」という名は、「トランスフォーマー」シリーズでもそう名乗っており、今後のストーリーに繋がっていく名前となったのだった。

バンブルビーがビートルだったのは、アニメ『戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマー』のバンブルビーが、ビートルだったから

1984年に日本で放送されていたアニメ『戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマー』のバンブルビーは、仲間のなかでも体が小さく、「ミニボット部隊」と呼ばれる小型のオートボット隊の一員だった。バンブルビーは仲間思いで勇気があり、末っ子的なポジションで活躍していた。

この映画『バンブルビー』では、そんな幼く愛嬌のあるバンブルビーを描くために、アニメ版同様ビートルになった。

『バンブルビー』の主題歌・挿入歌

主題歌:ヘイリー・スタインフェルド『Back To Life』

挿入歌:The Smiths『Bigmouth Strikes Again』

チャーリーの登場シーンで流れる曲

挿入歌:Howard Jones『Things Can Only Get Better』

チャーリーが、バイト先の遊園地でレモンをこねくり回しているシーンの時に流れた曲

挿入歌:Bon Jovi『Runaway』

チャーリーがレモネードを盛大にぶちまけ、その後ハンクのボート修理工場へ向かう道中に流れた曲

挿入歌:Duran Duran『Save A Prayer』

チャーリーが、ハンクのボート修理工場で部品を物色している最中に流れた曲

masayuka31
masayuka31
@masayuka31

Related Articles関連記事

トランスフォーマー(映画)のネタバレ解説まとめ

トランスフォーマー(Transformers)とは2007年に公開された、変形するロボットをテーマにした玩具等の実写版アクション映画。監督はマイケル・ベイ、制作総指揮はスティーヴン・スピルバーグ。 主人公サムはある日、変形するパトカーに襲われるが、その窮地を救ったのは変形する愛車だった。サムは知らないうちにある種族の戦争に巻き込まれようとしていた。

Read Article

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(映画)のネタバレ解説まとめ

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』とは、2011年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。実写映画『トランスフォーマー』シリーズの3作目であり、シリーズ第1部の完結編である。トランスフォーマーたちが住む惑星サイバトロンにて、金属に生命を吹き込むオールスパークを巡った戦いが繰り広げられる中、一隻の宇宙船が脱出した。月面到達が達成されたアポロ計画には、月に墜落したその宇宙船に関する、ある陰謀が隠されていたことが明らかになっていく。

Read Article

トランスフォーマー/最後の騎士王(映画)のネタバレ解説まとめ

『トランスフォーマー/最後の騎士王』とは、2017年公開のアメリカ合衆国のSFアクション映画。実写版『トランスフォーマー』シリーズ5作目であり、4作目の『トランスフォーマー/ロストエイジ』の続編でもある。オートボットの総司令官「オプティマス・プライム」が宇宙へ旅立って数年後、ケイドは新たな仲間と共にトランスフォーマーたちを守るため、人類とトランスフォーマーたちの生存競争に身を投じていく。

Read Article

トランスフォーマー/リベンジ(映画)のネタバレ解説まとめ

『トランスフォーマー/リベンジ』とは、2009年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。マイケル・ベイ監督が手掛ける実写映画『トランスフォーマー』シリーズの2作目であり、『トランスフォーマー』の続編でもある。前作でのミッション・シティでの戦いから2年後、オプティマス・プライム率いる「オートボット」は地球を新たな故郷として集結し、アメリカ軍と協力して、地球に潜む「ディセプティコン」を殲滅しようと活動していた。上海で倒したデモリッシャーは、死に際に謎の言葉を残していく。

Read Article

トランスフォーマー/ロストエイジ(映画)のネタバレ解説まとめ

『トランスフォーマー/ロストエイジ』とは、2014年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。実写映画『トランスフォーマー』シリーズの4作目であり、前作『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』から5年後を描いた作品でもある。シカゴ惨劇から5年後、オートボットを排除しようとする組織によって、オートボットたちが次々と消されていってしまう。そんな中、廃品回収業を営む発明家・ケイドは、映画館の中で眠っていたオプティマス・プライムと出会い、戦いに巻き込まれていく。

Read Article

目次 - Contents