バンブルビー(映画)のネタバレ解説まとめ

『バンブルビー』とは、アメリカで2018年12月に公開されたSFアクション映画。映画『トランスフォーマー』シリーズの登場人物であるバンブルビーを主人公にしたスピンオフ作品でもある。映画シリーズ第1作目の『トランスフォーマー』より20年前、惑星サイバトロンで正義のトランスフォーマー”オートボット”は、悪のトランスフォーマー”ディセプティコン”がオールスパークを巡って戦うが、劣勢に立たされる。そこでリーダーのオプティマス・プライムは、バンブルビーに新たな拠点と定めた地球を守るように命じる。

チャーリーの弟で、空手を習っている。
姉とは違って、ロンとも早々に打ち解けている。

物語の後半では、両親から外出禁止を命じられたチャーリーから「自分がいなくなったことは内緒にする」「自分がいない間、両親を頼んだ」と言われて、上手くサリーにチャーリーの不在を誤魔化そうとする。
しかし、結局はサリーに全て喋ってしまう。結果的にはそれがチャーリーと家族の間の溝を埋めるきっかけとなった。

サリー・ワトソン(演:パメラ・アドロン)

チャーリーとオースティンの母親。夜勤の看護師をしている。
能天気で明るい性格だが、チャーリーの訴えを理解しない。そのせいで物語で何度も喧嘩をしている。

ロン(演:スティーヴン・シュナイダー)

サリーが夫を亡くした直後から付き合い始めたボーイフレンド。就活中。
そのためチャーリーから軽蔑気味だが、ロンはロンなりに彼女に心を開いてもらおうと努力している。

ウォーレン将軍(演:グリン・ターマン)

「セクター7」の長官。バンブルビーの捜査協力を求めてきたシャッターとドロップキックを危険視しながらも、シャッターたちが持つ最新の科学技術を手に入れるため、協力に応じる。
バンブルビー捕獲後は、バンブルビーとシャッターたちをバラバラに分解して、その技術を手にするようバーンズに指示を出していた。

ハンク(演:レン・キャリオー)

修理工場の店主。チャーリーに誕生日プレゼントとして、工場で燻っていたバンブルビーを無料で譲り渡す。

ティナ(演:グレイシー・ドジーニー)

チャーリーやメモと同い年の少女。裕福な家の子で容姿端麗。
貧困層のチャーリーをバカにして嫌味を言っていたが、夜にチャーリーたちと一緒に仕返しに来たバンブルビーによって、愛車のBMW・3シリーズを叩き壊されてしまう。

トリップ・サマーズ(演:リカルド・ホヨス)

チャーリーが気になっている青年。
いつもティナたち取り巻きの女子や、大勢の仲間に囲まれて遊んでいる。

シーモア・シモンズ(演:??)

「セクター7」に配属された新人エージェント。
バーンズにレポートを手渡し、「セクター7」の中でパウエル博士を除いて唯一名前を呼ばれたキャラクター。

トランスフォーマー

オプティマス・プライム(声:ディラン・オブライエン/日本語吹き替え版は黒田哲章)

masayuka31
masayuka31
@masayuka31

Related Articles関連記事

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(映画)のネタバレ解説まとめ

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』とは、2011年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。実写映画『トランスフォーマー』シリーズの3作目であり、シリーズ第1部の完結編である。トランスフォーマーたちが住む惑星サイバトロンにて、金属に生命を吹き込むオールスパークを巡った戦いが繰り広げられる中、一隻の宇宙船が脱出した。月面到達が達成されたアポロ計画には、月に墜落したその宇宙船に関する、ある陰謀が隠されていたことが明らかになっていく。

Read Article

トランスフォーマー/最後の騎士王(映画)のネタバレ解説まとめ

『トランスフォーマー/最後の騎士王』とは、2017年公開のアメリカ合衆国のSFアクション映画。実写版『トランスフォーマー』シリーズ5作目であり、4作目の『トランスフォーマー/ロストエイジ』の続編でもある。オートボットの総司令官「オプティマス・プライム」が宇宙へ旅立って数年後、ケイドは新たな仲間と共にトランスフォーマーたちを守るため、人類とトランスフォーマーたちの生存競争に身を投じていく。

Read Article

トランスフォーマー/リベンジ(映画)のネタバレ解説まとめ

『トランスフォーマー/リベンジ』とは、2009年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。マイケル・ベイ監督が手掛ける実写映画『トランスフォーマー』シリーズの2作目であり、『トランスフォーマー』の続編でもある。前作でのミッション・シティでの戦いから2年後、オプティマス・プライム率いる「オートボット」は地球を新たな故郷として集結し、アメリカ軍と協力して、地球に潜む「ディセプティコン」を殲滅しようと活動していた。上海で倒したデモリッシャーは、死に際に謎の言葉を残していく。

Read Article

トランスフォーマー/ロストエイジ(映画)のネタバレ解説まとめ

『トランスフォーマー/ロストエイジ』とは、2014年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。実写映画『トランスフォーマー』シリーズの4作目であり、前作『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』から5年後を描いた作品でもある。シカゴ惨劇から5年後、オートボットを排除しようとする組織によって、オートボットたちが次々と消されていってしまう。そんな中、廃品回収業を営む発明家・ケイドは、映画館の中で眠っていたオプティマス・プライムと出会い、戦いに巻き込まれていく。

Read Article

トランスフォーマー(映画)のネタバレ解説まとめ

トランスフォーマー(Transformers)とは2007年に公開された、変形するロボットをテーマにした玩具等の実写版アクション映画。監督はマイケル・ベイ、制作総指揮はスティーヴン・スピルバーグ。 主人公サムはある日、変形するパトカーに襲われるが、その窮地を救ったのは変形する愛車だった。サムは知らないうちにある種族の戦争に巻き込まれようとしていた。

Read Article

目次 - Contents