トランスフォーマー/リベンジ(映画)のネタバレ解説まとめ

『トランスフォーマー/リベンジ』とは、2009年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。マイケル・ベイ監督が手掛ける実写映画『トランスフォーマー』シリーズの2作目であり、『トランスフォーマー』の続編でもある。前作でのミッション・シティでの戦いから2年後、オプティマス・プライム率いる「オートボット」は地球を新たな故郷として集結し、アメリカ軍と協力して、地球に潜む「ディセプティコン」を殲滅しようと活動していた。上海で倒したデモリッシャーは、死に際に謎の言葉を残していく。

『トランスフォーマー/リベンジ』の概要

『トランスフォーマー/リベンジ』とは、2009年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。マイケル・ベイ監督が手掛ける実写映画『トランスフォーマー』シリーズの2作目であり、『トランスフォーマー』の続編でもある。

本作は前作とは違ってアメリカだけでなく、上海・ロンドン・パリ・エジプトなど世界各地を舞台にしており、前作を超えたスケールで物語が展開していく。

マイケル・ベイ監督曰く、本作の制作にあたり「今度はもっと多くのトランスフォーマーを出す」と事前に予告していた通り、前作で登場した13体よりもさらに多い、約60体と4倍以上のトランスフォーマーが登場している。
本作では新キャラクターとして、建設車両から合体する「デバステーター」や悪から正義側に転向した「ジェットファイア」といった原作の人気キャラクター、コミックスシリーズに登場した最大の悪役「ザ・フォールン」などが登場している。

多くのトランスフォーマーが登場し、世界各地を舞台に描いたという、前作より大きなスケールで展開されていく。
興行収入はアメリカとカナダで4億ドルを記録して成功した一方で、ストーリー面では否定的な評価を受けたそうだ。

それに関してマイケル・ベイ監督も本作は失敗作だったと認めており、2007年11月から2008年2月にかけて行われた全米脚本家組合のストライキの影響で十分な準備期間が割けず、内容を詰め込みすぎてしまったと反省していた。
だが、そんな本作は第82回アカデミー賞録音賞にノミネートされている。

『トランスフォーマー/リベンジ』のあらすじ・ストーリー

あらすじ【起】

紀元前17000年前、地球にいる人類を滅ぼそうとしていたザ・フォールン

紀元前17,000年前、思いやりの心がある一方で暴力的な面がある人類と、トランスフォーマーが一度接触したことがあり、戦ったこともあった。
そこから場面は移り変わり、前作でのミッション・シティ(市街地)での戦いから2年後の現代、オプティマス・プライム率いる「オートボット」と、オートボットと同盟を結んだウィリアム・レノックス率いるアメリカ軍特殊部隊「N.E.S.T」は中国・上海にディセプティコンが現れたという情報を入手した。

この2年の間に、地球に潜む敵のトランスフォーマー「ディセプティコン」の捜索・殲滅するため、オートボットはレノックスたちアメリカ軍と同盟を結び、対ディセプティコン特殊部隊「N.E.S.T」を結成したのだ。
オートボットとN.E.S.Tは、新たなオートボットの仲間「アーシー」「ザ・ツインズ」「サイドスワイプ」と共に、早速情報を入手した中国・上海に向かい、そこに現れたディセプティコン「デモリッシャー」に戦いを挑んでいく。

中国・上海に現れたディセプティコン「デモリッシャー」

激闘の末、オプティマス・プライムがデモリッシャーに止めの一撃をいれて倒したのだが、デモリッシャーは死に際に「ザ・フォールン様が蘇る」という謎の言葉を言い遺していった。
これを聞いたN.E.S.Tとオプティマス・プライムたちは、せっかく敵を倒したというのに何だか嫌な予感がすると思いながら、N.E.S.T機密作戦行動するための基地「ディエゴ・ガルシア」へ帰還していく。

一方、大学入学を機に寮で一人暮らしをすることになったサム・ウィトウィッキーは、前作で結ばれた恋人「ミカエラ・べインズ」と、遠距離恋愛を理由に破局しそうになっていた。
何とか前作での戦いを一緒に乗り超えた話を持ち出し、サムはミカエラとの絆を取り戻した。サムは自分が引っ越す直前、ミカエラがバイクに乗って自宅まで見送りをしに来てくれるのを待っていた。

サムは引越し先に持っていく自分の荷物を部屋から運んでいた際、市街地の戦いで着ていたパーカーから落ちた、オールスパーク(金属に生命をもたらす物質)の欠片を拾った瞬間、突如彼の頭の中に不思議な文字が浮かんでくる。
驚いたサムはオールスパークの欠片を手放し、誤って床の隙間から真下のキッチンへ落としてしまう。

すると落ちてきたオールスパークの欠片によって、キッチン周辺の家電に生命が宿って小型の金属生命体「トランスフォーマー」が生み出されてしまう。
そのトランスフォーマーたちがキッチンを滅茶苦茶にしていくので、サムは咄嗟にガレージにいるオートボット「バンブルビー」の名を叫び、彼に頼んでトランスフォーマーたちを破壊してもらう。

その後、サムは大事な相棒のバンブルビーと、最愛の恋人のミカエラに別れを告げ、両親のロンとジュディと共に車で自宅を去っていった。ロンとジュディはフランスへ夫婦で旅行しに行くため、そのついででサムの引越しの手伝いをしてくれるのだ。

サムとの別れを惜しむミカエラに、サムは別れ際にオールスパークの欠片を託していた。その事を影で見ていた小型ディセプティコン「ホィーリー」は、すぐにディセプティコンの斥候「サウンドウェーブ」に報告する。
そこからミカエラは、サウンドウェーブの指示で動くホィーリーに監視されることになってしまうのだが、彼女はそれに気づいていなかった。

その頃、レノックスたち「N.E.S.T」とオートボットたちは基地へ帰還し、アメリカ総合参謀本部議長兼N.E.S.T司令官「モーシャワー将軍」に、デモリッシャーの遺言を話してから今後の敵の脅威について報告する。
しかし、モーシャワー将軍との通信衛星中に国家安全保障問題担当の大統領補佐官「セオドア・ギャロウェイ」が話に乱入してきて、「オールスパークが消滅しても、ディセプティコンたちが地球に居座り続けるのは、オートボットたちがいるからではないか」と疑念をぶつけてくる。

そんなギャロウェイは、海軍基地に保管されたオールスパークの欠片や、ローレンシア海溝に沈めたディセプティコン「メガトロン」についてもペラペラと喋ってしまう。
アメリカ軍の通信衛星を傍受していたサウンドウェーブに、ギャロウェイが通信衛星で機密事項を喋りすぎてしまったせいで、メガトロンやオールスパークの居場所がバレてしまった。

サウンドウェーブは自身の胸部から、動物のジャガーを模したディセプティコン「ラヴィッジ」を放ち、海軍基地「B-14」に保管されたオールスパークの欠片を奪取させる。
ラヴィッジはオールスパークの欠片の奪取に成功し、駆けつけた兵士たちと交戦を繰り広げながら、その場を脱出してそのまま逃げていった。

一方サムは、自分が入学するプリストン大学の寮のルームメイト「レオ・スピッツ」に連れられ、学生が集うパーティーに参加した。
誘惑してくる女子大生・アリスの言動に、サムは困惑していた。そこへ彼に緊急事態だと知らせに来たバンブルビーが、新型カマロに変形して登場する。

「下級生は大学に車を持ってきてはいけない」という謎のルールのもと、上級生に怒鳴られたサムはバンブルビーの存在に気づき、上級生から逃れるために慌てて車内に乗り込む。
そこへサムを追いかけて来たアリスもやって来て、助手席へ座ってなおも彼を誘惑し続けるのだが、バンブルビーがオイルをかけて強制的に追い出す。

再会を果たしたオプティマス・プライムとサム

このバンブルビーの行動に戸惑うサムは、そのままバンブルビーに連れられて、オプティマス・プライムたちと再会する。
オプティマス・プライムは早速サムに、軍を信用して預けたオールスパークの欠片が盗まれたことや、政府から自分たちが敵を招き入れたのだと疑われていることを話した。

そしてオプティマス・プライムは、サムに「力を貸してほしい」とお願いするのだが、普通の大学生として過ごしたいと言うサムに断られてしまうのだ。
オプティマス・プライムはその場を立ち去る前に、バンブルビーに乗って大学の寮へ帰ろうとするサムの背中に向けて、「運命とは時を選ばずして訪れるもの」「君が思っている以上にサムが必要なのだ」と告げる。

あらすじ【承】

ローレンシア海溝に沈められたメガトロンを発見したディセプティコンたち

北大西洋に浮かぶ船に逃げ込んだラヴィッジは、奪ったオールスパークの欠片を使って建設車両から新たなトランスフォーマー(新たなディセプティコンでもある)を作った。
そして、仲間にしたトランスフォーマーたちと共に、ラヴィッジは海に飛び込んでローレンシア海溝に沈むメガトロンの元へ向かう。

ラヴィッジたちの存在に気づいた米原子力潜水艦「トピーカ」の乗組員たちは、急いで現場へ向かっていく。
だが、現場へ駆けつけた時には既に、ディセプティコンの軍医「ザ・ドクター(スカルペル)」の指示のもと、解体された新たなディセプティコン「スクラップメタル」のパーツとオールスパークの欠片によってメガトロンが復活してしまっていた。

復活したメガトロンは、「トピーカ」を突き抜けて宇宙へ飛び、自分を置き去りにした挙句不在の間、自身の師匠であるディセプティコン「ザ・フォールン」の指示で動いていた副官・スタースクリームを折檻する。
スタースクリームを折檻後、メガトロンはザ・フォールンの元へ会いに行く。

ザ・フォールンはメガトロンに、「失われたオールスパークの力と知識はサムに吸い取られてしまった。そのサムを使って、自分を唯一倒せるプライムの生き残り”オプティマス・プライム”を誘き寄せ、自身が兄弟と呼んでいた初代プライムたち6人への恨みとリベンジを果たせ」と命令を下す。

大学でも謎の文字が頭に浮かび、戸惑いながらミカエラに電話するサム

一方サムは、オールスパークの欠片に触れた影響からか、大学の講義中に不思議な文字が映写されてしまい、思わず錯乱してしまう。
講義を邪魔したと怒るコラン教授に追い出されたサムは、進学せず出所した父親と共にバイクショップを営むミカエラに連絡を取る。

サムはミカエラに、自分の祖先「アーチボルト・ウィトウィッキー」がメガトロンと北極で接触した際、不思議な文字が見えて錯乱したことを話し、自分にも今全く同じ現象が起きていることを告げる。
そしてサムは、ミカエラにオールスパークの欠片には絶対触れるなと警告する。

それを聞いていたミカエラは、バイクショップの金庫に保管したオールスパークの欠片を盗もうとしていたホィーリーの存在に気づき、彼を捕まえてから飛行機に飛び乗ってサムの元へ向かっていった。
オプティマス・プライムたち「オートボット」とN.E.S.Tはその頃、ニューヨークとフィラデルフィアへ向かう複数のディセプティコンたちを追跡していた。

サムは寮へやって来たミカエラと、同室のレオの前でアリスに襲われてしまうが、その正体はアリスに擬態していたディセプティコン「プリテンダー」だった。
サムはミカエラとレオを連れて、自分を狙って襲い掛かって来るプリテンダーから逃げ惑う。

ミカエラはちょうど鍵が開いていた車に2人を乗せ、壊れたエンジンを復活させて猛スピードで発進させる。
ミカエラはその車で追いかけて来たプリテンダーを轢いて、ペシャンコに破壊する。だがその直後、突如ロッキード・マーティン・F-22 ラプターに変形して現れたスタースクリームに、サムたちは車ごと捕まって連れ去られてしまう。

復活したメガトロンに、遭遇したミカエラ

連れ去られたのは人気のない工場、そこでサムはスタースクリームやメガトロンに遭遇しただけでなく、彼らと共に来たザ・ドクターに解剖させられそうになってしまう。
サムの頭を解剖し、オールスパークの力と知識を奪い取ろうとするメガトロンたち、そこへN.E.S.Tと共に駆けつけてきたバンブルビーやオプティマス・プライムたち「オートボット」が現れる。

オートボットたちはサムを守りながら、メガトロンたちと交戦を繰り広げ、その間にミカエラとレオはバンブルビーが救出した。
何とか工場を脱出したサムとオプティマス・プライムだったが、バンブルビーたちと合流しようにも、メガトロン・グラインダー・スタースクリームが執拗に追いかけてきてなかなかできなかった。

オプティマス・プライムはサムを守りつつ、メガトロンたち3機のディセプティコン相手に激しい攻防を繰り広げていくが、メガトロンによって破壊されてしまう。
サムは自分を必死に守ってくれたオプティマス・プライムの死を、間近で目撃してしまい、ショックのあまり呆然としてしまう。

だが、オプティマス・プライムが最後の力を振り絞って「逃げろ」と言った言葉に従い、サムは後ろ髪引かれる思いでバンブルビーに乗り、他のオートボットたちと共にその場を立ち去っていった。
サムを取り逃がしたメガトロンとスタースクリームは、高層ビルの屋上へ飛来し、ザ・フォールンを地球へ迎え入れるための準備に取り掛かる。

その準備とは、メガトロンたちが全てのディセプティコンを地球へ集結させ、世界各地で暴れまわってもらうことで、自分たちの存在を人類に知らしめることだった。
オプティマス・プライムという唯一の脅威がいなくなったことで、ザ・フォールンは他のディセプティコンたちと共に大気圏と突破し、地球へとやって来た。

ザ・フォールンはサウンドウェーブがハッキングした通信衛星を使い、世界中にいる人類へ向けて「人類に見つからないように、密かに自分たちは身を隠しながら潜伏していた」ことと、「サムを差し出さなければ、世界を滅ぼす」と宣言する。
このザ・フォールンによる脅迫ともいえる宣言のせいで、サムは国際指名手配され、N.E.S.Tとオートボットたちはオプティマス・プライムの亡骸を運んだN.E.S.Tの基地で、そこへ現れたギャロウェイに部隊の解散を言い渡されてしまう。

ギャロウェイの指示でオートボットたちが捕まったことを知らないサムは、オプティマス・プライムが死んだのは自分のせいだと悔やんで、自責の念に駆られていた。
そんなサムをミカエラとバンブルビーが慰め、そのおかげで徐々に元気を取り戻していったサムは、一緒に来たザ・ツインズの「スキッズ」「マッドフラップ」に、自身の頭の中に浮かんできた文字について何か知っているか尋ねる。

しかし、スキッズたちはその文字が惑星サイバトロンの言葉だとは分かるものの、どういった意味なのかは分からないようだ。
そこでレオは、ネットでハンドルネーム「ロボウォーリア」のサイトでその文字を見た事があるとサムに言う。

これを聞いたサムは、ロボウォーリアと名乗ってその文字をネットにあげていた、元セクター7の捜査官「シーモア・シモンズ」に会いに行くことにした。

あらすじ【転】

スミソニアン航空宇宙博物館へ、古代サイバトロン語を読める「ジェットファイア」を探しに来たサムとシモンズ

シモンズは最初協力することを渋ったが、サムが頭の中に浮かんでくる文字の事を話した途端、態度をコロッと変えて彼らに協力することを決めた。
シモンズは母親と営んでいるデリカ(惣菜店)の地下に築いた、自身のトランスフォーマーに関する資料を詰め込んだ研究室へサムたちを案内する。

そしてシモンズは、サムたちに「トランスフォーマーたちはもうずっと昔から、地球の乗り物などに変形しながら隠れ潜んでいたのだ」と話す。だが、昔から世界各地に刻まれた惑星サイバトロンの言葉が何なのかは分からないそうだ。
そこでミカエラは、捕まえたホィーリーを脅して無理矢理聞き出したところ、それは「古代サイバトロン語」であることが分かった。

そこまで突き止めたシモンズとサムたちは、早速ホィーリーが言っていた、その文字が読めるトランスフォーマー「ジェットファイア」に会いに行くことにした。
ワシントンにあるスミソニアン航空宇宙博物館へやって来たサムたちは、博物館に展示されていた元ディセプティコンの老兵でシーカー(探索するもの)、今はオートボットに鞍替えしたジェットファイアと対面を果たす。

頭の中に浮かんでくる古代サイバトロン語を、地面に書いていくサム

サムたちはジェットファイアが眠っていた間に変わった現代の事を教える代わりに、サムの頭の中に浮かんでくる古代サイバトロン語を解読して欲しいと頼む。
サムが博物館から出て、芝生の上に刻んだ古代サイバトロン語を読んだジェットファイアは、その言葉の意味を教えるよりも先に、自分と一緒にサムたちを強制的にエジプトへテレポートする。

エジプトへ到着後、ジェットファイアはサムたちに、昔トランスフォーマーの活動の源「エネルゴン」を探しにこの地へ来た話をする。

サムに、ザ・フォールンに関しての情報を話すジェットファイア

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

トランスフォーマー(映画)のネタバレ解説まとめ

『トランスフォーマー』とは、2007年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。1980年代から展開されてきた玩具・アニメーション・コミックシリーズ『トランスフォーマー』の実写映画版である。機械や金属に生命を吹き込む放射を生む物質「オールスパーク」によって誕生した金属生命体「トランスフォーマー」たちは、消えたオールスパークがあった地球へ飛来する。故郷の惑星サイバトロンの次は、地球で繰り広げられるトランスフォーマー同士の戦いに、主人公・サムが巻き込まれていく。

Read Article

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(映画)のネタバレ解説まとめ

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』とは、2011年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。実写映画『トランスフォーマー』シリーズの3作目であり、シリーズ第1部の完結編である。トランスフォーマーたちが住む惑星サイバトロンにて、金属に生命を吹き込むオールスパークを巡った戦いが繰り広げられる中、一隻の宇宙船が脱出した。月面到達が達成されたアポロ計画には、月に墜落したその宇宙船に関する、ある陰謀が隠されていたことが明らかになっていく。

Read Article

トランスフォーマー/最後の騎士王(映画)のネタバレ解説まとめ

『トランスフォーマー/最後の騎士王』とは、2017年公開のアメリカ合衆国のSFアクション映画。実写版『トランスフォーマー』シリーズ5作目であり、4作目の『トランスフォーマー/ロストエイジ』の続編でもある。オートボットの総司令官「オプティマス・プライム」が宇宙へ旅立って数年後、ケイドは新たな仲間と共にトランスフォーマーたちを守るため、人類とトランスフォーマーたちの生存競争に身を投じていく。

Read Article

トランスフォーマー/ロストエイジ(映画)のネタバレ解説まとめ

『トランスフォーマー/ロストエイジ』とは、2014年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。実写映画『トランスフォーマー』シリーズの4作目であり、前作『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』から5年後を描いた作品でもある。シカゴ惨劇から5年後、オートボットを排除しようとする組織によって、オートボットたちが次々と消されていってしまう。そんな中、廃品回収業を営む発明家・ケイドは、映画館の中で眠っていたオプティマス・プライムと出会い、戦いに巻き込まれていく。

Read Article

バンブルビー(映画)のネタバレ解説まとめ

『バンブルビー』とは、アメリカで2018年12月に公開されたSFアクション映画。映画『トランスフォーマー』シリーズの登場人物であるバンブルビーを主人公にしたスピンオフ作品でもある。映画シリーズ第1作目の『トランスフォーマー』より20年前、惑星サイバトロンで正義のトランスフォーマー”オートボット”は、悪のトランスフォーマー”ディセプティコン”がオールスパークを巡って戦うが、劣勢に立たされる。そこでリーダーのオプティマス・プライムは、バンブルビーに新たな拠点と定めた地球を守るように命じる。

Read Article

ワイルド・スピード MEGA MAX(映画)のネタバレ解説まとめ

『ワイルド・スピード MEGA MAX』とはアメリカ合衆国で制作されたカーアクション映画である。『ワイルド・スピード』シリーズの第5作目。護送中のドミニク・トレットを救出し、共にブラジルに逃亡した元警察官のブライアン・オコナーとミア・トレットは、逃亡生活に終止符を打つ為、裏社会を牛耳る黒幕から1億ドルを強奪する計画を立案する。世界中から凄腕ドライバーの仲間たちを集め、裏社会に立ち向かう。警察と犯罪者たちが協力するかつてないストーリーだが、立場を超えた信頼関係と友情が感じられる映画となっている。

Read Article

ホビット 思いがけない冒険(映画)のネタバレ解説まとめ

『ホビット 思いがけない冒険』は、『ロード・オブ・ザ・リング』の60年前の前日譚となる『ホビット』三部作の1作目で、2012年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』。ニュージーランドの壮大な風景に加え、最新技術を活用した今までにない映像美、臨場感溢れるアクションシーンの連続で、観客を興奮の渦に巻き込む。ホビット族のビルボが困難を乗り越えながら仲間との友情を築いていく冒険物語で、『ロード・オブ・ザ・リング』につながるシーンも多く、シリーズの理解も深まる見逃せない作品。

Read Article

ワイルド・スピード EURO MISSION(映画)のネタバレ解説まとめ

『ワイルド・スピード EURO MISSION』とはアメリカ合衆国で制作されたカーアクション映画である。『ワイルド・スピード』シリーズの第6作目。ブラジルの犯罪王から大金を手に入れたドミニク・トレットを含む仲間たちは自由気ままな暮らしをしていた。しかし、死んだはずのドミニク・トレットの元恋人であるレティ・オルティスが生きていることを知り、彼女が所属している国際的犯罪組織との闘いにドミニク・トレットとその仲間たちが突入していく。家族を守る為のドミニク・トレットの優しさと正義感が伝わる映画である。

Read Article

ホビット 決戦のゆくえ(映画)のネタバレ解説まとめ

『ホビット 決戦のゆくえ』とは、『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』の60年前が舞台となる『ホビット』3部作の最終章で、2014年に公開された映画。原作はJ・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』。ホビット族のビルボが仲間と共にドワーフ王国の再興を目指す冒険物語で、壮大な世界観や臨場感溢れる映像、圧倒的スケールの戦闘シーンが観る者を魅了する。町を襲う竜や闇の勢力との壮絶な死闘に加え、ビルボとドワーフら旅の仲間の絆、エルフの女性とドワーフの若者の切ない恋の行方も魅力の作品。

Read Article

映画監督マイケル・ベイ、独特の撮影テクニックと作品に対する評価

「マイケル・ベイ」とは、映画『バッドボーイズ』『ザ・ロック』『アルマゲドン』『トランスフォーマー』シリーズなどの監督であり、いずれもメガヒットを記録している。 彼の撮影テクニックは特徴的であるが、映画評論家からは少なからず批判を受けてもいる。 監督のこだわり、作品の特徴、撮影テクニック、評論家からの評価が低い理由について解説。

Read Article

目次 - Contents