チェンソーマン(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『チェンソーマン』とは、『週刊少年ジャンプ』2019年1号より連載中の藤本タツキによる漫画。主人公・デンジは、チェンソーの悪魔である相棒の犬・ポチタとともに悪魔退治をして死んだ父親の莫大な借金を返済していた。明日をも知れない極貧生活の中、デンジは自分を飼っていたヤクザのボスにハメられて殺されかけるが、ポチタと融合して彼自身がチェンソーの悪魔へ変身しヤクザたちを皆殺しにする。そんなデンジをマキマと名乗る美女が、公安所属のデビルハンターにならないかスカウトにくる。

デンジの雇用主のヤクザが契約を結んだ悪魔。契約した人間はゾンビになり、ゾンビに噛まれた人間もゾンビになる。

筋肉の悪魔

デンジを締め上げる筋肉の悪魔。

デンジとマキマが立ち寄ったパーキングエリアで民間人の少女をさらった悪魔。自身が触れた筋肉を操る能力を持っていた。

ナマコの悪魔

デンジとパワーが見回りをしていた時に遭遇した悪魔。パワーの血のハンマーで粉砕される。

コウモリの悪魔

左がコウモリの悪魔。

ニャーコを奪って猫質にし、パワーに人間を連れてこさせた悪魔。飛行能力を持ち、口から音波を放って攻撃する。

ヒルの悪魔

コウモリの悪魔と恋人関係だった悪魔。コウモリの悪魔と一緒に人間を食べ尽くすことが夢だった。コウモリの悪魔の復讐にデンジとパワーに襲い掛かるが、アキが召喚した狐の悪魔に噛み砕かれる。

ナユタ

生まれ変わった支配の悪魔。引き継いでいるのは支配の悪魔としての力だけであり、記憶も人格もマキマとは別のものである。マキマとは「指を噛む力」が同じらしく、デンジはこれによってナユタがマキマの生まれ変わりであることを悟った。
マキマの死後中国で発見されるも、どのようにしてか岸部が“盗んで”きたという。性格は見た目相応の幼い子供そのままで、デンジに何が食べたいかと問われた際には食パンと答えている。
成長すれば自身の力を自覚し、かつてのマキマのような存在になる可能性もあるが、岸部は「お前に任せる」といってデンジに保護と育成の一切を押し付ける。その後夢の中でのポチタとの邂逅を経て、支配の悪魔が対等な存在(≒家族)をこそ真に望んでいたのだと知ったデンジは、彼女を「たくさん抱きしめる」ことで本当の家族として受け入れていった。

その他

ニャーコ

パワーが拾って食用に育てていた猫。最初はちびで痩せっぽちだったが、パワーが狩ってきた牛などを与えられまるまる肥えた猫に成長した。育てるうちに情が移り、やがてパワーの大事な親友となる。パワーがアキの部屋に転がり込んだ際に一緒にやってきてデンジにも懐いている。

大統領

アメリカの大統領。マキマを「支配の悪魔」と呼び、このまま放置すれば“最悪の平和”が訪れると危険視する。ホワイトハウスの中からどこかに電話をかけており、その中でアメリカの全国民の一年分の寿命を差し出すことで銃の悪魔と契約。マキマの抹殺を依頼する。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents