チェンソーマン(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『チェンソーマン』とは、『週刊少年ジャンプ』2019年1号より連載中の藤本タツキによる漫画。主人公・デンジは、チェンソーの悪魔である相棒の犬・ポチタとともに悪魔退治をして死んだ父親の莫大な借金を返済していた。明日をも知れない極貧生活の中、デンジは自分を飼っていたヤクザのボスにハメられて殺されかけるが、ポチタと融合して彼自身がチェンソーの悪魔へ変身しヤクザたちを皆殺しにする。そんなデンジをマキマと名乗る美女が、公安所属のデビルハンターにならないかスカウトにくる。

コスモ

中央がコスモ。

クァンシの愛人で宇宙の魔人。図書館のような精神世界へ対象をひきずりこむ。普段は「ハロウィン」しか言えない狂人だが、その世界では落ち着いた物腰で合理的な喋り方をする。
宇宙の叡智を司る悪魔だが、情報量が膨大すぎるが故に人間や大半の悪魔の脳は壊れてしまい、コスモに知識を分け与えられた者はハロウィンのことしか考えられなくなる。これはパソコンがエラーコードで埋め尽くされるのと同じで、その言葉がたまたま「ハロウィン」に該当しただけ。

ツギハギ

中央がツギハギ。

クァンシの愛人の魔人。何の魔人かは不明。体中にツギハギのような縫い跡があり口も綴じられている。無口無表情で謎が多い。

人間と契約している悪魔

狐の悪魔

アキと契約していた悪魔。巨大な狐の姿をしており頭部には大小複数の目がある。比較的人間に友好的であり、アキ以外にも多くの公安メンバーと契約している。アキは皮膚の一部や束ねた頭髪と引き換えに頭部を召喚する契約をしており、巨大な口で敵を食いちぎらせるのを得意とする。姫野曰く面食いで、頭の使用権を得られるのは美形の男性だけらしい。
アキの命令でサムライソードに食らい付くが、魔人の肉が口に合わなかったせいで機嫌を損ね、アキとの契約を打ち切ってしまった。

呪いの悪魔

右の大きな口がカース。

アキが契約している悪魔。アキからはカースと呼ばれる。詳細は不明だがアキと話す時には唇のみ虚空に出現し、アキの攻撃をデコピンで助けたりなどしていた。
アキは呪いの悪魔の力が宿った、巨大な釘に似た形状の刀を装備しており、これを戦闘に用いていた。

未来の悪魔

右が未来の悪魔。

姫野の死後にアキが新しく契約を結んだ悪魔。アキ以外にも公安メンバーが2人、それぞれ両目と味覚と触覚、寿命の半分を差し出して契約している。人型の樹木のような奇怪な姿で頭部には目が3対、腹部の洞の中にも大きな眼球が存在する。洞の中に頭を入れた人間の未来を終わりまで見通し、「最悪な死に方をする」とアキに予言した。
アキの右目に住む事を条件に、彼に数秒先の未来を見せる。

いよいよ死のタイミングが迫ってきたアキの前にたびたび現れ、彼を嘲笑する。銃の悪魔に体を乗っ取られたアキが、デンジの手で倒されるのを見届けて、「チェーンソーの少年にとって最悪の死を迎えた」と楽し気につぶやきいずこかへと姿を消した。

幽霊の悪魔

姫野が契約していた悪魔。姫野からはゴーストと呼ばれる。不可視不可触の腕で敵に攻撃する。姫野の死後は沢渡に操られていたが、アキに姫野が遺したタバコを授け、それを見て勇気を奮い起こしたアキに倒された。

蛇の悪魔

中央が蛇の悪魔。

沢渡が契約している悪魔。尻尾や噛み付きによる攻撃のほか、丸呑みした悪魔を吐き出して操ることもできる。

皮の悪魔

アメリカの三兄弟が契約していた悪魔。作中には登場せず能力の説明があるのみ。能力が発動すると触れた死体の姿かたちを奪うことができるが、契約者が死ぬと変身は解除される。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents