チェンソーマン(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『チェンソーマン』とは、『週刊少年ジャンプ』2019年1号より連載中の藤本タツキによる漫画。主人公・デンジは、チェンソーの悪魔である相棒の犬・ポチタとともに悪魔退治をして死んだ父親の莫大な借金を返済していた。明日をも知れない極貧生活の中、デンジは自分を飼っていたヤクザのボスにハメられて殺されかけるが、ポチタと融合して彼自身がチェンソーの悪魔へ変身しヤクザたちを皆殺しにする。そんなデンジをマキマと名乗る美女が、公安所属のデビルハンターにならないかスカウトにくる。

黒瀬 ユウタロウ(くろせ ゆうたろう)

京都公安に所属するデビルハンターの男性。鼻から左頬にかけて切り傷がある。
姫野を失った直後のアキに面会に来て、彼に未来の悪魔との契約を推奨する。アキと同様に銃の悪魔に家族を殺された恨みで公安に入ったが、復讐は既に諦めており、あくまで復讐にこだわり続けるアキの執念に苛立ちと憧憬を感じていた。
東京にミサという名前の恋人がおり遠距離恋愛していた。マキマの命令でデンジ護衛任務に参加するが、東京まで車で移動する道中アメリカのデビルハンター三兄弟によって射殺される。

天童(てんどう)

京都公安のデビルハンターの女性。黒瀬のバディで共に重傷のアキの面会に来た。黒瀬・スバルと来るまで移動中に3兄弟に射殺される。

スバル

京都公安1課に所属しているデビルハンター。黒瀬の師匠で公安宮城支部の指導も務めたベテランだが、3兄弟に射殺される。

宮城公安

日下部(くさかべ)

宮城公安2課のデビルハンター。色素の薄い髪をオールバックに撫で付けた黒縁眼鏡の男性。対人護衛の精鋭として玉置やヒロフミとともにデンジ護衛に携わる。几帳面な性格で、デンジの態度や口の悪さ、偏食を説教する。石の悪魔と契約しており、魔法陣の上に立ち息を吹くことで相手を石に変えられる。デンジたちと地獄に引きずり込まれた際は闇の悪魔に両腕を切り飛ばされながら、自身の血で魔法陣を描いて石の悪魔の力で反撃を試みるもかなわず、闇の悪魔に石の悪魔もろとも殺害される。

玉置(たまき)

左が玉置。

宮城公安2課のデビルハンターで日下部のバディ。坊主頭で額にホクロがあり目の下の隈が特徴。マキマの命令で日下部と共にデンジの護衛にくる。冷静沈着でストイックな仕事人だが、デンジを囮に使った際は本人に詫びるなど、道徳を重んじる一面もある。デンジたちと共に地獄に引きずり込まれた際は闇の悪魔に立ち向かうが、返り討ちであっけなく死亡する。

その他のデビルハンター

吉田 ヒロフミ(よしだ ひろふみ)

マキマの依頼でデンジ護衛に来た民間のデビルハンターで現役高校生。左耳の大量のピアスが特徴。常に飄々とした笑みを絶やさない青年で、デンジにも「仲良くしようぜ」と打ち解けた様子を見せる。アメリカの三兄弟の長男がパワーに殺害された直後、現場から逃げ出した次男を追って、民間人に化けたその正体を即座に見抜いて殺害。しかし嘔吐している三男は、死体慣れしたプロならゲロなど吐かないと見落としている。
クァンシの一撃を素手で受け止めるなど体術にも長けている。蛸の悪魔と契約しており、蛸の脚を使った攻撃を得意とする。

中村(なかむら)

公安のデビルハンター。デパートで刺客に襲われたデンジ一行に助力するも、クァンシの奇襲で首をはねられ死亡する。

チェンソーの悪魔の心臓を狙う者たち

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents