劇場版ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(SAO OS)のネタバレ解説まとめ

『劇場版ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(SAO OS)』とは、川原礫が手がける電撃文庫の代表作『ソードアート・オンライン』の劇場アニメ作品である。本作は、ゲーム内で死亡すると現実でも死亡するデスゲームを乗り越えた主人公のキリトこと桐ヶ谷和人とその仲間たちが、AR(拡張現実)を用いたオンラインゲーム「オーディナル・スケール」の裏で蠢く陰謀に立ち向かう物語を描いている。

『劇場版ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』の概要

『劇場版ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』とは、全世界累計発行部数1900万部(2016年12月当時)という世界的な人気を誇る川原礫著のライトノベル『ソードアート・オンライン』の劇場アニメ作品である。キャッチコピーは「そして再び、英雄が立ち上がる。」「これはゲーム、そう思っていたーー」となっている。物語の時系列は原作第7巻『マザーズ・ロザリオ』から原作第9巻『アリシゼーション』の間の2026年春であり、原作で主なテーマとして描かれた、人工的に作られた仮想空間をまるで現実のように体感させる技術「VR(仮想現実)」ではなく、実際にある画像や映像とCGを合成して視覚情報を作り出し、その視覚情報を現実世界の風景に重ねて仮想空間を作り出す技術「AR(拡張現実)」を題材としている。
本作のストーリーは、ゲーム内で死亡すると現実でも死ぬデスゲーム『ソードアート・オンライン』を乗り越えた主人公のキリトこと桐ヶ谷和人が、そのデスゲームを乗り越えたアスナこと結城明日奈ら仲間たちと共にオンラインゲーム『オーディナル・スケール』をプレイするところから始まる。しかし、そのオンラインゲームをプレイしていく中でアスナら仲間たちが、ゲームに登場するモンスターの攻撃を受けて原因不明の記憶障害に陥ってしまい、キリトはその記憶障害について調査をすることになる。そして、その調査を進めていくうちに後沢鋭二ことエイジ、そして開発者の重村徹大が企てている陰謀に気づき、立ち向かっていく姿が描かれている。

本作は2015年10月4日に製作、さらに脚本が川原礫の書き下ろしによるオリジナルストーリーであるということから話題となった。そして、2016年3月12日に映画専用のキャラクターデザイン原案が公開され、同年10月2日に公開日が2017年2月18日に決定されたこと、12月6日にゲスト声優として神田沙也加・鹿賀丈史・井上芳雄が出演すること、全世界同時公開でその劇場数が合計1000館以上となることが発表され、公開前からさらに大きな話題となっている。そして2017年2月18日に公開されるや否や、初日から2日で観客動員数30万8376人、興行収入4億2576万2760円を記録し、映画観客動員数ランキングで初登場第1位を獲得した。さらに初日満足度ランキングでも満足度92%となり、公開から11日目には興行収入10億円突破、17日目には観客動員数101万2331人、さらに31日目には興行収入20億円突破という驚きの記録を叩き出した。

これらの記録はいずれも深夜アニメの劇場版の中では最速の部類に入り、海外においても3月21日に観客動員数70万人、そして興行収入は日本円で6億円を記録している。こうした大ヒットを短期間で受けたことで、3月10日からは急遽日本全国の66の映画館で4DX・MX4Dによる上映も開始された。その後も上映と勢いはさらに続いて、5月24日から公開終了直前の9月1日にかけて日本国内の観客動員数は177万4191人、興行収入は25億2382万8360円を突破し、最終的に全世界累計における興行収入は43億円となった。この業績は、同じ深夜アニメの劇場版『ラブライブ! The School idol Movie』に次ぐ歴代2位に名を連ねるものとなっている。

『劇場版ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』のあらすじ・ストーリー

オープニングでのキリトのシーン。茅場晶彦が作り出した史上最悪のデスゲーム『ソードアート・オンライン(SAO)』は、この勇敢な少年によってクリアされることになった。

アスナ(右)、リズベット(中央)、シリカ(左)の初登場シーン。彼女らもSAOによって囚われ、2年もの間死の恐怖に晒されながら生き続けたが、キリトと出会い、彼と力を合わせることで無事現実へと帰還できた。

時は遡ること2022年11月6日、大手ゲームメーカー「アーガス」に所属する天才ゲームデザイナー・茅場晶彦は、頭に装着して使用することで仮想現実にダイブできる「VRマシン」と呼ばれる専用端末「ナーヴギア」と、そのナーヴギアを対応端末に使ったソフト『ソードアート・オンライン(SAO)』を開発する。その後、SAOは正規のVRMMORPGとしてアーガスが運営するはずだったが、突如として茅場がゲームマスターとしてSAOを乗っ取り、そしてそのゲームマスターの権限を使ってプレイヤーの自発的なログアウトを強制的に不可にしてしまい、1万人のプレイヤーを閉じ込めてしまう。さらに茅場はナーヴギアに、プレイヤーがSAOの中で死亡する、つまりゲームオーバーとなると共に電磁パルスによって装着者の脳を焼き切る仕掛けを施しており、SAOは名実ともに過酷なデスゲームと化した。

そんな驚天動地の騒ぎを世間に引き起こした「SAO事件」は2年にも渡って続き、1万人のうち4千人の死者を出すという大惨事になった。しかし、その2年後の2024年11月7日、キリトという名の1人のプレイヤーの少年が、ゲームマスターの茅場との決闘に辛勝し、自分も含めた6千人のプレイヤーをログアウトさせ、現実へと帰還させるという英雄的な行動でSAO事件は終結した。そうして生き残った6千人は「SAO生還者(サバイバー)」と呼ばれ、政府の保護・監視下に置かれるようになり、そしてキリトも含めた未成年の帰還者たちは西東京市に築かれた特別な学校に通わされることとなった(社会復帰などを目的にした集団リハビリテーションだと思われる)。

それから現在、2026年4月24日。AR(拡張現実)対応マルチデバイス「オーグマー」が新たに開発、流行されることになり、キリトのSAO時代からの仲間で、同じSAO生還者であるアスナ、リズベット、シリカは、このオーグマーでできるゲームや買い物などに夢中になっていた。それにキリトはどうしても馴染むことができず、オーグマーで楽しそうにするアスナたちを見て、蚊帳の外に置かれているような気分になっていた。そんな中、テレビやネットのニュースでオーグマーを使ったオンラインゲーム『オーディナル・スケール(OS)』が開催されることを聞いたキリトは、アスナ、そして同じくSAO時代からの仲間で生還者である男性・クラインと共に、興味本位でOSに参加することになる。

そしてOSに参加した矢先、キリト、アスナ、クラインは信じられないものを目の当たりにする。SAOに登場するモンスターであるはずの「カガチ・ザ・サムライロード」が、OSの世界に現れたのだ。かつてSAOで戦った敵が、どうしてここにいるのかとキリト、アスナ、クラインが揃って戸惑った時、夜空に小さな移動式のステージが出現し、それに乗って歌姫のような黒い衣装を着た少女が現れた。

『オーディナル・スケール(OS)』に挑むキリトたちの前に、かつてSAOに登場したボスモンスターたちが蘇り、再び立ち塞がってくる。

ユナの初登場シーン。OSにてSAOのボスモンスターが現れるボーナスステージが開かれた時、彼女はこの小型の特設ステージに乗って歌を歌い、その歌でプレイヤーたちを支援する。

「みんな、頑張ってるー?さー、戦闘開始だよー!」と、キリトたちその場に集まったプレイヤーに笑顔で呼びかけた少女の名は「ユナ」。オーグマー及びOSの広告塔として最近活躍しているバーチャルアイドルの彼女が歌を歌い始めると共に、キリトたちのプレイヤーとしての能力が強化される。これに他のプレイヤーたちが盛り上がる中、キリトはアスナとクラインと共にカガチ・ザ・サムライロードに挑む。かつて自分が使い慣れた、SAO事件後に政府によって回収されたナーヴギア。その後継機として強制ログアウト機能などを付与した上で開発されたアミュスフィア。現実の感覚に自分の体を合わせなければならない分、それらとは勝手の異なるオーグマーの機能を十分に引き出せず、キリトは苦戦する。

しかし、それでもユナの歌による支援効果と、アスナとクライン、他のプレイヤーたちとの連携で、キリトはカガチ・ザ・サムライロードを追い込んでいき、最後はアスナがとどめを刺すことで勝利をつかんだ。その後OSにおいて歌姫ユナはたびたび目撃されるようになり、なぜかセットで現れるSAOのモンスターを倒すと、プレイヤーランキングを上げるためのポイントが大量に手に入るという情報が合わせて広まり、一種の「ボーナスステージ」としてプレイヤーたちに認識されていく。これにどこか不穏めいたものを感じながら、キリトはSAOの流れを汲んではいるが、アミュスフィアを専用端末としたことでSAOよりもプレイにおける安全性も高いVRMMORPG「アルヴヘイム・オンライン(ALO)」でアスナたちと落ち合う。

かつてALOは、開発・運営企業であるレクトの研究員である須郷伸之によって、アスナを含めた数人のSAO生還者を利用した、人間の感情や思考を意のままに操作するための人体実験の隠れ蓑として使われていた。しかし、キリトが須郷を倒してその陰謀は白日の下に晒され、さらに実験に関わった者たちが逮捕されたことで計画は頓挫。現在はベンチャー企業「ユーミル」が運営しており、平和を取り戻している。そうしてALOはキリトやアスナたちの憩いの場となっているが、ゲームプレイヤーの多くがOSに夢中になっていることで、徐々にログイン率が落ちて閑散となりつつあった。そんなALOの現状に嘆きながらも、キリトは仲間たちとのひと時を楽しみ、さらにアスナと5月4日にキャンプに行く約束を交わした。

OSのボーナスステージをクリアしたクラインの前に颯爽と現れるエイジ。この直後、まるで恨みがあるかのように、エイジはクラインと、彼がSAO時代に率いていたプレイヤー集団「風林火山」のメンバーたちにいきなり襲いかかる。

最後に叩き伏せたクラインをボスモンスターの前に突き出すエイジ。そして、恐怖のあまり絶叫したクラインのオーグマーが、何かの強い輝きを放つ。

次の日、アスナはクラインからOSに一緒に参加するようメールで連絡を受け、すぐに国立代々木競技場にいる彼の元へと向かう。そこでアスナと落ち合ったクラインは、かつてSAO攻略の最前線に立った「ギルド」と呼ばれるプレイヤー集団のひとつで、自分がリーダーを務めた「風林火山」のメンバーのひとりと連絡がつかないと言った。そこでそのひとりと連絡が取れたら参戦するから先に行ってほしいというクラインの言葉を聞いて、アスナは代々木公園のボーナスステージへと向かった。しかし、アスナが代々木公園に向かった直後、クラインと、彼と一緒にいた風林火山のメンバーたちの目の前にユナが突然現れて歌い始める。

その直後、クラインたちのいる場もボーナスステージに変わり、同じくSAOのボスモンスター「ゼーギ・ザ・フレイムコーラー」が現れ、襲いかかってきた。突然の事態の急変に驚きながらも、クラインたちは力を合わせてゼーギ・ザ・フレイムコーラーを撃破するが、その直後、ひとりの黒いコートに身を包んだ青年プレイヤー・エイジがいきなりボーナスステージに現れ、風林火山のメンバーたちを次々と一方的に叩き伏せる。さらなる事態の急変に驚きながらも、仲間を傷つけられたことに憤ったクラインはオーグマーをかなぐり捨てた。そして地面に放り捨てられたオーグマーの電源が切れると同時にその場は現実に戻り、クラインはエイジに殴りかかる。しかし、エイジは常人とは思えない身のこなしでクラインの攻撃をかわし、逆にクラインの腕の骨をへし折った。

激痛に悶絶するクラインの首根っこをエイジは掴み、その場に捨てられた彼のオーグマーを強引に再装着させる。そして、「ちゃあんと、目を開けておけよ……」と、嘲笑いながら恫喝した後、エイジはクラインのオーグマーの電源を入れた。その時、倒したはずのゼーギ・ザ・フレイムコーラーが再び目の前に現れ、殺意と飢餓に満ちた唸り声をあげてクラインめがけて迫ってくる。それを目の当たりにしたクラインが恐怖に悲鳴をあげた時、彼が身につけているオーグマーが何かの強い光を放ったのを見て、エイジはひとり、意味ありげな笑いを浮かべた。その後、現実に戻ったエイジはクラインを解放してすぐに姿を消し、クラインは救急車に乗せられて病院へと搬送されることになった。

恵比寿ガーデンプレイスのボーナスステージに参加するアスナ、シリカ、リズベット。

しかしそこに再びエイジが現れ、ボーナスステージの仕掛けと共に彼の魔の手がアスナたちにも迫る。

それから、クラインと連絡が取れなくなったことに気を揉みながらも、キリトはOSのボーナスステージに挑みつつ調査を進めていた。そんなある日の夜、キリトの目の前に、ユナとそっくりの顔つきをした白いフードの少女が現れる。白いフードの少女は「さがして」という一言と共に、ある方向を指差して消えた。その様子にキリトが不可解な気持ちになると、同じくSAO生還者で仲間のひとりであるエギルから電話がかかってきて、クラインが入院したという驚きの知らせがもたらされる。それにキリトが驚いた時、彼とアスナを親のように慕う人工知能の少女・ユイが現れ、恵比寿ガーデンプレイスで開かれるボーナスステージにアスナが参加することを告げた。

このふたつの報せを聞いて不穏なものを覚えたキリトは、すぐさま恵比寿ガーデンプレイスのボーナスステージへと向かった。そして恵比寿ガーデンプレイスのボーナスステージでは、アスナ、シリカ、リズベットが他のプレイヤーたちと共にボスモンスター「ザ・ストリクト・ハーミット」と交戦していた。その戦いの最中、エイジが再び姿を現す。エイジに気づいたアスナは彼に駆け寄り「あなた…ノーチラスくんよね?」と、声をかけると、エイジは「その呼び方はやめてください。昔とは違うんですよ」と冷たく言った。そんなエイジの言葉に、どこか釈然としない気持ちとなるアスナは、何気なくユナを見た時にポツリとこう呟いた。「あの子……以前、どこかで……」

2体のモンスターを相手に苦戦し、敵の攻撃からシリカを庇うアスナ。仮想現実の中の出来事なのに、どういうわけか直後彼女は気を失って倒れてしまう。

アスナを助けに駆けつけてきたキリトの首元に、剣を突きつけて恫喝するエイジ。そして「茅場晶彦を倒した伝説の名が泣くぞ」とキリトを挑発した後、エイジは姿を消す。

そこへキリトが辿り着いた時、新たなボスモンスターである「ドルゼル・ザ・カオスドレイク」が現れ、ザ・ストリクト・ハーミットと共にアスナたちに襲いかかる。さらに付近に新たな他のプレイヤーたちが集まって、恵比寿ガーデンプレイスでは大乱戦が勃発する。その大乱戦の最中、キリトはなんとかアスナとシリカとリズベットを助けようとするが、2体のボスモンスターの攻撃と他のプレイヤーたちが入り乱れるせいで思うように近づけない。そんな中、エイジがシリカに近づき、ドルゼル・ザ・カオスドレイクの前へと突き飛ばした。そしてドルゼル・ザ・カオスドレイクがシリカに標的を変え、襲いかかった時、アスナがシリカをかばってドルゼル・ザ・カオスドレイクの攻撃を受けてしまう。同時にアスナの装着しているオーグマーも、クラインの時と同じく何かの強い光を放ち、その直後にアスナは気を失ってしまった。

そんなアスナを見下ろしどこかほくそ笑んでいるエイジを見て、キリトは何をしたと食ってかかるが、キリトが動くよりも先に、エイジはそのキリトの首元に素早く剣を突きつけ、居丈高に「他愛ないな……VRでは最強の剣士も、ARではこんなものか。団長ヒースクリフ…茅場晶彦を倒した伝説の名が泣くぞ、黒の剣士」と、言い放った。そのエイジの言葉に触発され、キリトも剣を抜こうとしたが、エイジはキリトを相手にすることなく立ち去ってしまう。さらにユナが「ざぁんね〜ん、時間切れ〜!おつかれさまぁ〜!」と、楽しそうに告げた時、それまで暴れていた2体のボスモンスターはどこかへ姿を消してしまう。そして、ユナもどこかへ姿を消してしまい、他プレイヤーたちが不平不満を騒ぎ立てる中、恵比寿ガーデンプレイスのボーナスステージは幕を閉じることになった。

恵比寿ガーデンプレイスでの戦いの日の夜、自宅の寝室で悪夢に魘されたかのように飛び起きたアスナ。そして、自分の中からSAOで過ごした日々の記憶が消えかけていることに気づく。

SAOでの記憶障害に囚われたアスナやクラインを助けるべく、「ガンゲイル・オンライン」でキリトたちと出会い、新たな仲間となったスナイパーの少女・シノンも立ち上がる。

翌日、アスナは自分がSAOにいた頃の記憶が突然薄れ始めたという不可解な事態に見舞われ、困惑しながらもキリトを呼び出す。そしてキリトに付き添ってもらって病院へ向かったアスナは、精密検査を受けることになった。その結果、アスナの脳にはオーグマーによるスキャニングが行われており、それによって記憶障害が発生し、SAOで過ごした2年間の記憶が薄れ始めているということが精密検査によって判明した。さらに精密検査を行った担当医の説明によるとそのスキャニングは、アスナの脳内にあるSAOでの記憶のあるニューロン(神経細胞)を特定して行ったものであり、このニューロンにオーグマーがスキャニングを行う際に電磁パルスを集中させたことで、記憶障害が起きてしまったのではないかということだった。

SAOの中では辛いことも悲しいこともあったが、それよりもキリトと共に冒険した記憶が失われることを恐れるアスナ。自身も愕然としながらもそんなアスナを懸命に慰めたキリトは、昨日のエギルの連絡からクラインに何が起きたのかを確かめるべく、彼が搬送された東海大付属病院へと向かった。そこでクラインと会ったキリトは、彼もオーグマーによってSAOの記憶を消されていることを知る。そしてクラインはキリトにエイジの名前を持ち出し、「恐ろしく速い身のこなしの男…OSのプレイヤーだった。奴には気をつけろ」と、警告するのだった。そのクラインの話から、キリトはエイジが彼とアスナの記憶喪失の手がかりを握っていると踏んだ。そこでキリトは、シリカとリズベットら他の仲間たちにはOSには参加するなと警告を送り、自分は彼を探しに東京ドームシティでの開かれるボーナスステージに単独で参加する。

するとそこへ、「ずいぶんな気合の入れようね。みんなには危ないからボスとは戦うなと言っておいて、自分だけは例外なのね?」と、涼しげな声と共に眼鏡をかけたひとりの少女が現れる。彼女の名はシノン。VRMMOFPS『ガンゲイル・オンライン(GGO)』で新たに会い、そしてキリトやアスナたちの仲間ともなった少女だ。キリトは、ボスにやられることがあったらアスナと同じように記憶を奪われる危険があると訴えるが、自分はSAO生還者じゃないから問題ないとシノンは割り切る。そして「アスナを泣かせた奴は許さない。それとも私がいちゃ足手まといかしら?」と、不敵な笑みを浮かべてそう言い放つシノンを前にし、彼女も仲間のために危険を覚悟でこのOSに挑もうとしていると悟ったキリト。そして、渋々シノンの助力を受け入れたキリトは、そのボーナスステージに現れたボスモンスター「ザ・ダイアータスク」に挑み、大激闘の末にシノンと共にこれを撃破する。するとその直後、またも白装束の少女がキリトの前に現れ、ある方向を指差してまた姿を消していった。

オーグマーとOSの開発者・重村教授と面会し、オーグマーによるSAOの記憶障害の真相を問おうとするキリト。しかし重村教授はキリトの質問をはぐらかし、逆にSAOという恐ろしいデスゲームを経験したからこそ、その記憶を忘れたい者もいるはずだとキリトを論破する。

初めて訪れたアスナの家で、アスナを抱きしめ、必ず記憶を取り戻すと誓うキリト。そんなキリトの想いに応えて、アスナもキリトを優しく抱きしめ返す。

ザ・ダイアーダスクとの戦いの後、現実に戻ったキリトは、その白装束の少女が指差した場所をユイに検索させたところ、少女の指差した場所が大岡山の東都工業大学であることを突き止めた。そこでキリトは、その東都工業大学に、オーグマー及びOSの開発者であり、茅場のかつての教師でもあった重村徹大教授がいることを知る。そしてキリトは重村教授と面会し、エイジのことと、オーグマーとSAOの記憶障害の関係性のことを訊ねるが、はぐらかされてしまう。しかしキリトは諦めずに、オーグマーには何らかのイレギュラーな機能が仕込まれており、それを調べればすぐにわかることであり、これが明らかになればオーグマーもナーヴギアのように葬られると言った。

その上で「あなたもあなたの生徒だった茅場晶彦と同じ道を行くつもりですか!?」と、キリトは訴えるが、重村教授は動じずに「いったいなんのことかね」とさらにはぐらかす。そして重村教授は、仮にオーグマーがSAOの記憶障害と本当に関係があるとしたら、SAOの記憶がなくなることに何の問題があるのかとキリトに問い返した。それにキリトが言葉に詰まると、「“忘却はよりよい前進を生む”という言葉もある……全ての生還者は恐ろしい過去を忘れたいと願っているのではないかな」と、重村教授は最後にそう言い残し、その場を後にした。

それからキリトは、協力関係を結んでいる総務省の職員・菊岡誠二郎に連絡を取り、オーグマーの使用中止を進言する。しかし菊岡も最大限の努力はしてみるが、すぐに使用中止にするのは難しいと言葉を濁した。そして最後に「キリト君もできればもうボスとは戦わないでくれ……君の記憶までなくなってしまったら大変だからね」と、菊岡はキリトに警告を投げかけ、電話を切った。こうして、状況が思うように進まないことにキリトが焦りを感じていると、アスナから急に電話がかかってきた。アスナは「ちょっと声が聞きたくて……」と、しおらしく電話越しに呼びかけてくる。

そこでキリトはその日の夜、アスナの家を初めて訪問し、そのアスナの部屋の机の引き出しで彼女がつけているものと思しき日記帳を見つける。その日記帳に書かれていた内容から、アスナは5月4日のキャンプでキリトと一緒に流れ星を見る約束まで忘れかけていたことをキリトは知った。そしてキリトはアスナを抱きしめ「アスナの記憶は絶対に取り戻してみせる……だから、俺を信じてくれ」と言うと、アスナは頬を赤らめながら嬉しそうに頷いた。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ソードアート・オンライン(SAO)のネタバレ解説まとめ

ソードアート・オンラインは、川原礫(かわはられき)が電撃文庫で連載中のライトノベル。およびそれを原作としたアニメ作品。VRMMORPG、ソードアート・オンライン(SAO)が発表された2022年。ユーザー達は仮想世界に埋没していくが、SAOの正体はゲーム内での死が現実になる命懸けのデスゲームだった。開発者の思惑によりログアウト不能となった世界で、主人公のキリトは現実世界に戻るべく、死闘を繰り広げる。

Read Article

ソードアート・オンラインII(SAO II)のネタバレ解説まとめ

ソードアート・オンラインIIは、川原礫(かわはられき)が電撃文庫で連載中のライトノベル及びそれらを原作としたアニメ作品でソードアート・オンラインの続編。時はVRゲームが普及した2020年代。ゲーム内の死が現実になるデスゲーム「SAO」から生還した主人公・キリトは、デスガンというプレーヤーに撃たれた者が現実世界で変死を遂げている噂を耳にし、その謎を解明すべくガンゲイル・オンラインにダイブする。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『ソードアート・オンライン アリシゼーション』とは、ライトノベル『ソードアート・オンライン』を原作とするアニメである。 キリトは過去に因縁がある死銃事件の実行犯による襲撃を受け、昏睡状態に陥る。キリトが目覚めると、そこは現実世界とそっくりな仮想世界・アンダーワールドだった。彼はそこで出会った少年・ユージオと共に、世界の中心「セントラル・カセドラル」を目指す。 現実世界での極秘プロジェクトと仮想世界での事件がリンクする世界観で、冒険や絆、バトルを描くSFアクション系ファンタジー。

Read Article

ソードアート・オンライン(Sword Art Online、SAO)の名言・名セリフまとめ

『ソードアート・オンライン』とは、架空のフルダイブ型バーチャルリアリティーオンラインゲームを舞台にした川原礫によるライトノベル、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 本作は2009年より連載の続くライトノベルのアニメ化第一弾であり、アインクラッド編は剣技で戦う世界で、続くフェアリィ・ダンス編は剣と魔法で戦う妖精世界が舞台となっている。 剣と魔法による命がけの戦いからは数多くの名言が生まれ、本作の持つ世界観は類似のVRMMORPGを舞台にした作品群にも多大な影響を与えた。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第13話『支配者と調停者』)のあらすじと感想・考察まとめ

キリトはカーディナルが招いたセントラル・カセドラルの中の大図書室で、彼女とアドミニストレータであるクィネラとの因縁を説明された。カーディナルはアンダーワールドの秩序を守る自律型プログラムだったのだ。キリトはそれを聞いて驚くが、彼女は更にアンダーワールドに迫りくる危機を告げる。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第13話『支配者と調停者』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第7話『剣の学び舎』)のあらすじと感想・考察まとめ

キリトとユージオはルーリッドの村を出て央都セントラルに着き、北セントリア帝立修剣学院で剣士になるために学ぶ日々を送っていた。キリトが側付きとなった学院次席のソルティリーナは、キリトの剣術にまだ見せていない強さがあると見抜き、キリトは彼女の卒業までにまだ見せていない技を見せると約束する。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第7話『剣の学び舎』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第11話『セントラル・カセドラル』)のあらすじと感想・考察まとめ

禁忌目録に違反したキリトとユージオは罪人となり、セントラル・カセドラルの牢屋に投獄されることになった。2人を連行するために姿を現したのは、何と整合騎士になったアリスだった。しかしアリスはユージオのことを覚えておらず、雰囲気も幼い時とは全く違う物に変わっていた。 一方、現実世界では、キリトの回復を待つアスナの前に奇妙な姿のロボットが現れる。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第11話『セントラル・カセドラル』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第4話『旅立ち』)のあらすじと感想・考察まとめ

キリトとユージオは大怪我を負いながらも、ゴブリンたちの手からセルカを救い出すことに成功した。またゴブリンを退治したことで、ユージオは青薔薇の剣を使えるようになり、キリトに剣術を教えてもらう。そして無事にギガシスターを切り倒した二人は、剣士になるために旅立つ。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第4話『旅立ち』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第14話『紅蓮の騎士』)のあらすじと感想・考察まとめ

キリトとユージオは剣を取り戻し、セントラル・カセドラルの最上階を目指した。そんな2人の前に立ちふさがったのは、整合騎士デュソルバート・シンセシス・セブンだった。 デュソルバートの神器「熾焔弓」がキリトとユージオを襲うが、連携と連撃技を使って2人は勝利する。アリスを連れ去ったデュソルバートに恨みを抱くユージオ。しかしデュソルバートには、人間としての記憶がなかった。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第14話『紅蓮の騎士』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第8話『剣士の矜持』)のあらすじと感想・考察まとめ

学院首席のリーバンテイン先輩との手合せで、引き分けの結果になったキリト。そんなキリトの試合を見たソルティリーナは、独自流派であるセルルト流の後継者である自分への自信を持ち、修剣士検定試合で首席の座を勝ち取る。一方、上級貴族の同期生からの嫌がらせでキリトが大切に育ててきた花が無惨にも荒らされてしまうが、仮想世界でのイメージ力がキリトに力を貸す。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第8話『剣士の矜持』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第1話『アンダーワールド』)のあらすじと感想・考察まとめ

仮想世界へフルダイブするマシンを使用した極秘プロジェクトが行われる中で、キリトはマシンで仮想世界にダイブするアルバイトをしていたが、フルダイブ中の記憶は消去されていた。そんなある日、キリトは現実世界で因縁がある「死銃(デス・ガン)事件」の実行犯・ジョニー・ブラックに襲われ、昏睡状態になる。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第1話『アンダーワールド』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第12話『図書室の賢者』)のあらすじと感想・考察まとめ

地下牢からの脱出に成功したキリトとユージオは、整合騎士エルドリエ・シンセシス・サーティワンに遭遇し、戦闘になる。その最中エルドリエが人間としての記憶を失っていることに気づいた2人は、エルドリエに過去の記憶を思い出すように呼びかけるが、更なる追手が迫って来た。 絶体絶命の2人を救ったのは、カーディナルと名乗る1人の不思議な少女だった。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第12話『図書室の賢者』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第5話『オーシャン・タートル』)のあらすじと感想・考察まとめ

現実世界ではキリトは昏睡状態に陥り、行方不明となっていた。恋人のアスナを始めとした仲間たちがキリトの行方を追い、茅場晶彦の大学時代の同期・神代凜子が関わる研究がキリトの居場所に繋がる鍵なのではないかということに気づく。神代凜子に連絡を取ったアスナは、キリトが居るかもしれない人工島「オーシャン・タートル」に辿り着く。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第5話『オーシャン・タートル』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第15話『烈日の騎士』)のあらすじと感想・考察まとめ

セントラル・カセドラルを上るキリトとユージオの前に現れたのは、リネルとフィゼルと名乗る2人の少女だった。何故子どもがいるのかと不思議に思うキリトとユージオだったが、リネルとフィゼルの不意打ちで毒剣を刺されてしまい、麻痺状態になってしまう。 身動きが取れない2人はリネルとフィゼルに引きずられながら、副騎士長を務める整合騎士の元へ連れて行かれる。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第15話『烈日の騎士』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第9話『貴族の責務』)のあらすじと感想・考察まとめ

上級修剣士となったキリトとユージオだが、ユージオは自分の剣にどんな想いを込めて強くなれば良いのかと悩んでいた。そんな中、ユージオは次席のウンベールに絡まれて立ち合いの申し込みを受け、引き分けになった。上級貴族である自分が平民出身のユージオと引き分けになったことで逆恨みをしたウンベールは、ユージオを貶めるために自分の側仕えである少女を利用する。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第9話『貴族の責務』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第2話『悪魔の樹』)のあらすじと感想・考察まとめ

現実世界で昏睡状態に陥ったキリトが目覚めると、そこは仮想世界を彷彿とさせる謎の世界だった。キリトは森の中を彷徨い、巨大な樹の下で1人の少年・ユージオと出会う。ログアウトが出来ない状況の中、仮想世界の謎は深まるばかりだった。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第2話『悪魔の樹』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第6話『アリシゼーション計画』)のあらすじと感想・考察まとめ

ラースの研究施設「オーシャン・タートル」への潜入に成功したアスナは、菊岡にキリトの居場所はどこかと詰め寄る。そこで菊岡に明かされたのは、想像を絶する壮大な目的を持つ「ソール・トランスレーター」を使った計画である「アリシゼーション計画」と、その計画でのキリトの役割だった。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第6話『アリシゼーション計画』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第10話『禁忌目録』)のあらすじと感想・考察まとめ

キリトとユージオの側付きであるロニエとティーゼの姿が見当たらず、キリトは2人を探すために外に出た。入れ違いにならないように部屋に残ったユージオの元に来たのは、ティーゼの同室の初等練士であるフレニーカだった。彼女からロニエとティーゼに危険が迫っていることを知らされたユージオは、1人でウンベールとライオスの部屋へと駆けつける。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第10話『禁忌目録』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第3話『果ての山脈』)のあらすじと感想・考察まとめ

キリトはユージオと出会った次の日、ルークリッド村で、6年前にアリスという少女が王都に連れて行かれた事件について知る。そんな中、アリスの妹・セルカが危険な果ての山脈へ行ってしまい、キリトとユージオはセルカの元へ駆けつけた。そこでは凶暴なゴブリンがセルカを捕まえており、キリトとユージオを殺そうとする。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第3話『果ての山脈』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(第3話『ファンレター』)のあらすじと感想・考察まとめ

レンはGGOで知り合ったピトフーイから『スクワッド・ジャム』への参加を求められたが、対人戦闘大会ということもあり、最初は乗り気ではなかった。だが、大ファンのアーティスト・神崎エルザのライブチケットが取れなかったことで、日頃の鬱憤を晴らすために大会に参加することを決意する。そしてふと思い立った彼女は、神崎エルザにファンレターを送る。 今回は「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」第3話『ファンレター』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』とは、時雨沢恵一によるライトノベル原作のアニメ作品。アニメ『ソードアート・オンライン』シリーズのスピンオフ作品で、同作に登場するゲーム『ガンゲイル・オンライン』を舞台とした物語が展開される。 高身長にコンプレックスを抱き続けてきた女子大生の小比類巻香蓮は、友人の勧めでVRゲーム『ガンゲイル・オンライン』を始める。低身長アバター『レン』となってゲームにのめり込む彼女は、チーム戦イベント『スクワッド・ジャム』に参加することになる。

Read Article

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(第4話『デスゲーム』)のあらすじと感想・考察まとめ

SJが開始され、チーム『LM』はエムの作戦とレンの敏捷力を活かした戦い方でプロチームに勝利を収めた。残り三チームとなり、沼地を目指して湖を迂回していたレン達だったが、その湖からホバークラフトに乗った敵チームに奇襲される。この事態にエムは、巨大な盾と、現実で培った射撃技術による"ライン無し射撃"で応戦し撃破する。 今回は「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」第4話『デスゲーム』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(第1話『スクワッド・ジャム』)のあらすじと感想・考察まとめ

多くの犠牲者を出したSAO事件が終息し、衰退するかに見えたVRゲーム市場は、ザ・シードパッケージの登場で瞬く間に広がっていった。銃と鋼鉄の世界を舞台としたVRゲーム『ガンゲイル・オンライン』のチーム戦イベント『スクワッド・ジャム』。ひょんな事からこのイベントに参加することになったレンは、チームを組むエムと共に優勝を目指して銃を手に戦う。 今回は「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」第1話『スクワッド・ジャム』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(第5話『ラストバトルは私に』)のあらすじと感想・考察まとめ

泣いて謝罪するエムから、大会中に死ぬとリアルのピトフーイに殺されるという事情を聞いたレンは、彼を置いて単身で最後のチーム『SHINC』に突撃する。一人は倒すことができたが、人数の不利もあって徐々にHPを削られていく。絶体絶命の危機をなんとか乗り越えたレンは、今まで倒した敵は皆自分の近くにいたことを思い出し、逃げては駄目だと自分を奮い立たせる。 今回は「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」第5話『ラストバトルは私に』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(第2話『GGO』)のあらすじと感想・考察まとめ

大学に通うため北海道から上京してきた小比類巻香蓮は、身長にコンプレックスを抱えていた。悩みを払拭させるため、友人の勧めでVRゲームを始めた香蓮は『ガンゲイル・オンライン』で小さくて可愛らしいアバターを見つけ、レンとして遊び始める。地道に経験値を積み上げ、中堅と言えるほどの強さを手に入れたレンはある日、ピトフーイという女性と出会う。 今回は「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」第2話『GGO』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

心が叫びたがってるんだ。(ここさけ)のネタバレ解説まとめ

『心が叫びたがってるんだ。』とは、2015年公開のアニメ映画。社会的ヒット作『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』のスタッフにより作成され、様々なメディアに展開していった青春群青劇。幼い頃のトラウマでしゃべれなくなった高校生・順。地域交流会でミュージカルを披露することとなり、「歌なら言いたいことが言えるかも」とやる気になった彼女は、仲間たちとの様々な交流の中で成長していく。青春の爽快感と切なさが詰まった物語と、ミュージカルとして生まれ変わる懐かしいメロディーの数々を楽しめる映画作品である。

Read Article

Angel Beats!(エンジェル ビーツ)のネタバレ解説まとめ

『Angel Beats!』とは、Key所属のシナリオライター「麻枝准」が原作・脚本を手掛けたオリジナルアニメ作品である。全13話で、2010年にTBS系で放送された。 死後の世界の学園を舞台とし、「人生」をテーマとした青春アニメ。 テストや球技大会などの日常的な学園生活、銃火器や刀剣を用いた戦いを描く非日常な生活、登場人物の送った生前の理不尽な人生、この3つを柱にストーリーが展開されていく。

Read Article

亜人ちゃんは語りたい(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

「亜人ちゃんは語りたい」とは、ペトスによる漫画及びA-1 Pictures制作のアニメーション作品。人間とは少し違う体質を持った「亜人」と人間が共存する世界の日常物語。主人公で高校教師の「高橋鉄男」は亜人に対して興味を持っていたが、人生でまだ一度も亜人と出会ったことが無かった。しかし新学期が始まると「小鳥遊ひかり」「町京子」「日下部雪」「佐藤早紀絵」の4人の亜人に出会った。

Read Article

銀の匙(Silver Spoon)のネタバレ解説まとめ

『銀の匙』とは、荒川弘によって2011年より週刊少年サンデーで連載されている漫画及びそれを原作とするアニメ、実写映画。舞台は北海道の「大蝦夷農業高等学校(エゾノー)」。主人公の八軒勇吾は札幌の私立中学に通っていたが受験に失敗し、学力競争と父から逃れるため恩師の勧めもあり大蝦夷農業高等学校に進学する。農業未経験者の八軒は仲間たちと汗と涙と泥にまみれ、農業の厳しい現実にぶつかりながらも成長していく。

Read Article

鬼滅の刃(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品である。2019年にはアニメ化された。 舞台は大正時代の日本。竈門炭治郎は町へ炭を売って帰って来た。家に着いた炭治郎が目にしたのは惨殺された家族の姿だった。そして一人生き残っていた妹の禰豆子は鬼になっていた。炭治郎は鬼にされた妹を人間に戻す為、そして惨殺家族の仇討ちの為に鬼狩りの道へと進む。 炭治郎は鬼になった妹を抱えながら鬼を倒して行く。愛憎入り交じるダークファンタジー。

Read Article

聖☆おにいさん (Saint Young Men)のネタバレ解説まとめ

『聖☆おにいさん』とは、中村光による宗教ジョーク漫画作品である。同作を元に、OVA・アニメ映画作品が制作されている。2016年12月22日、実写ドラマ化の発表があった。 キリスト教の教祖・イエスと、仏教の教祖・ブッダが東京立川のアパートでバカンスを楽しむ日々を軸に、ドタバタコメディが繰り広げられる。

Read Article

灰と幻想のグリムガル(Grimgar of Fantasy and Ash)のネタバレ解説まとめ

『灰と幻想のグリムガル』とは、十文字青によるライトノベル小説が原作となった、アニメ作品。 小説は2013年より刊行、アニメは2016年1月より全12話構成で放送された。 また『月刊ガンガンJOKER』にて、2015年5月号から2016年7月号まで漫画も連載されている。 ある日突然グリムガルという異世界で目を覚まし、名前以外の記憶がなくなってしまった若者たちの冒険の物語。

Read Article

LiSA(リサ)の徹底解説まとめ

LiSAとは、日本の女性歌手。「SACRA MUSIC」所属。2010年に「LiSA」名義でメジャーデビュー。翌年にソロデビューを果たす。アニソンアーティストとして活動しているが、ロック系フェスティバルへの出演、外国でのライブ公演と幅広い活動をしている。また自身の魅力をよりもっと作品へ反映させていくためのオリジナルブランド「YAEVA MUSIC」を立ち上げている。

Read Article

マギ(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

中東をモチーフにした魔導冒険ファンタジー「マギ」は、作者の大高忍(おおたかしのぶ)が週刊少年サンデーで連載している漫画作品。古の滅びた世界から干渉を試みる謎の組織「アルサーメン」の暗躍により滅びの兆しを見せ始める世界で、創世の魔法使い「マギ」の少年・アラジンは、迷宮攻略を目指すアリババらと出会い、世界の異変や悲劇、戦争を止めるべく奔走していく。

Read Article

戸松遥(Haruka Tomatsu)の徹底解説まとめ

戸松遥とは2007年からデビューし、多くの作品を手がける人気声優。歌手としての活動も行なっている。 声優としてデビューしたことがきっかけになり、後に歌手としても活動するようになる。また、ラジオパーソナリティやナレーターなど様々なジャンルを手掛けて活動する。 現在もアニメやゲームといったサブカルチャーをメインに活動している。

Read Article

アルドノア・ゼロ(Aldnoah.Zero)のネタバレ解説まとめ

『アルドノア・ゼロ』とは、A-1 Pictures・TROYCAによって共同制作されたオリジナルロボットアニメーションである。分割2クールで、第1クールは2014年7月から9月まで、第2クールは2015年1月から3月まで放映された。 地球人と火星人の戦争を描いている。地球人である界塚伊奈帆と地球人でありながら火星人に仕えるスレイン・トロイヤード、この2人の主人公と火星の皇女が戦争の行方を大きく変えていく。

Read Article

僕だけがいない街(僕街、ERASED)のネタバレ解説まとめ

三部けいによる漫画を原作とするアニメ作品。 2016年よりフジテレビ「ノイタミナ」枠にて全12話が放送された。 「再上映(リバイバル)」と呼ばれるタイムリープ能力を持つ主人公が、自分と周囲の人々を救うために、現在と過去を行き来するミステリー・サスペンス作品である。 終盤の11話の途中からは、原作とはやや違うオリジナルストーリーとなっている。

Read Article

冴えない彼女の育てかた(冴えカノ)のネタバレ解説まとめ

『冴えない彼女の育てかた』とは丸戸史明によるライトノベル、およびそこから派生する漫画、アニメ、ゲーム作品。 物語の主人公とあるオタク高校生が、とある少女をメインヒロインとした同人ゲームを作るためにサークルを立ち上げる。好きなことには熱中するその性格で、メンバー内のもめごとや納期、ライバル同人サークルとの対立など、様々な困難を乗り越えながら奮闘する物語。

Read Article

アクセル・ワールド(Accel World)の名言・名セリフまとめ

『アクセル・ワールド』とは、川原礫によるファンタジー小説、およびそれを原作としたアニメ、漫画などのメディアミックス作品。 日常生活の多くが仮想ネットワーク上で行われる様になった2046年の地球が舞台。幼少期よりイジメの対象であった内気な少年ハルユキは、生徒会副会長黒雪姫から詳細不明のオンラインバトルゲーム「ブレイン・バースト」に誘われ、次第にバトルゲームにのめり込んで行く。 ゲームオーバーでプレイヤーとしての記憶まで消される戦いの中からは、数々の名言が生まれている。

Read Article

大人気セクシー&バトル「To LOVEる+To LOVEる ダークネス」のゲーム各種と面白要素まとめ

我らが矢吹健太朗さんの珠玉の名作「To LOVEる+To LOVEる ダークネス」!その大人気ぶりはとどまることを知らず、アニメ化やゲーム化はもちろん、イベント、グッズ化などなど、派生先もたくさんあります!そんな中、今回は「To LOVEる+To LOVEる ダークネス」のゲームに注目し、個々のゲーム性やセクシーポイントなどをまとめてみました。

Read Article

【ソードアート・オンラインII】銃の世界でただ一人、ライトセーバーで戦う少年が居た。

舞台を剣の世界から銃の世界に移して繰り広げられるソードアート・オンラインの続章。 GGO(ガンゲイル・オンライン)で都市伝説とされていた、謎のプレーヤーにゲームの世界で撃たれた人々が現実世界でも死を遂げる事件が発生する。主人公はその事件の調査をすべくGGOへと潜り込む。

Read Article

《15禁注意!》「To Loveる」逆ポロりまとめ!?リトのアレを目の当たりにしたヒロインたちの反応

矢吹健太朗氏が繰り広げる伝説のセクシー&バトル漫画「To Loveる」「To Loveる ダークネス」!特徴の一つとして、個性溢れるかわいいヒロインキャラクターたちの下着やらアレやらがチラッと見えてしまうシーンが多くありますよね。しかしながら、そんな中今回注目したのはその真逆!リトのポロりを目の当たりにした、ヒロインたちのリアクションのシーンをまとめてみました。

Read Article

【命懸けのデスゲーム】ソードアートオンライン

『このゲームの死が意味するのは、現実世界での死である。』 プレイヤーがゲームの舞台である「浮遊城アインクラッド」から脱出する方法はただ一つ、100層からなる浮遊城のボスを倒してゲームをクリアする事。 次々とプレイヤーが命を落としていく中、主人公たちはゲームをクリアし現実世界に生きて戻る事ができるのか!?

Read Article

アニメx小説xゲームxパンチラの贅沢コラボ!「パンチライン」ADVゲームで新時代到来!

ADV(アドベンチャー)ゲームといえば、平面の絵にただただ文字が羅列を繰り返す単調で平和なゲーム…なんて、思い込んでいませんか?表舞台でアクションゲームやスマホゲームが人気の裏で、実はアドベンチャーゲームも大きくパワーアップしていたのです!それは、もはやただ文字を追うだけのゲームにあらず、まるで映画を見ているような躍動感や満足感を得られるのです!

Read Article

目次 - Contents