劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(SAO OS)のネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(SAO OS)』とは、川原礫が手がける電撃文庫の代表作『ソードアート・オンライン』の劇場アニメ作品である。本作は、ゲーム内で死亡すると現実でも死亡するデスゲームを乗り越えた主人公のキリトこと桐ヶ谷和人とその仲間たちが、AR(拡張現実)を用いたオンラインゲーム「オーディナル・スケール」の裏で蠢く陰謀に立ち向かう物語を描いている。

『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』の概要

『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』とは、全世界累計発行部数1900万部(2016年12月当時)という世界的な人気を誇る川原礫著のライトノベル『ソードアート・オンライン』の劇場アニメ作品である。キャッチコピーは「そして再び、英雄が立ち上がる。」「これはゲーム、そう思っていたーー」となっている。物語の時系列は原作第7巻『マザーズ・ロザリオ』から原作第9巻『アリシゼーション』の間の2026年春であり、原作で主なテーマとして描かれた、人工的に作られた仮想空間をまるで現実のように体感させる技術「VR(仮想現実)」ではなく、実際にある画像や映像とCGを合成して視覚情報を作り出し、その視覚情報を現実世界の風景に重ねて仮想空間を作り出す技術「AR(拡張現実)」を題材としている。
本作のストーリーは、ゲーム内で死亡すると現実でも死ぬデスゲーム『ソードアート・オンライン』を乗り越えた主人公のキリトこと桐ヶ谷和人が、そのデスゲームを乗り越えたアスナこと結城明日奈ら仲間たちと共にオンラインゲーム『オーディナル・スケール』をプレイするところから始まる。しかし、そのオンラインゲームをプレイしていく中でアスナら仲間たちが、ゲームに登場するモンスターの攻撃を受けて原因不明の記憶障害に陥ってしまい、キリトはその記憶障害について調査をすることになる。そして、その調査を進めていくうちに後沢鋭二ことエイジ、そして開発者の重村徹大が企てている陰謀に気づき、立ち向かっていく姿が描かれている。

本作は2015年10月4日に製作、さらに脚本が川原礫の書き下ろしによるオリジナルストーリーであるということから話題となった。そして、2016年3月12日に映画専用のキャラクターデザイン原案が公開され、同年10月2日に公開日が2017年2月18日に決定されたこと、12月6日にゲスト声優として神田沙也加・鹿賀丈史・井上芳雄が出演すること、全世界同時公開でその劇場数が合計1000館以上となることが発表され、公開前からさらに大きな話題となっている。そして2017年2月18日に公開されるや否や、初日から2日で観客動員数30万8376人、興行収入4億2576万2760円を記録し、映画観客動員数ランキングで初登場第1位を獲得した。さらに初日満足度ランキングでも満足度92%となり、公開から11日目には興行収入10億円突破、17日目には観客動員数101万2331人、さらに31日目には興行収入20億円突破という驚きの記録を叩き出した。

これらの記録はいずれも深夜アニメの劇場版の中では最速の部類に入り、海外においても3月21日に観客動員数70万人、そして興行収入は日本円で6億円を記録している。こうした大ヒットを短期間で受けたことで、3月10日からは急遽日本全国の66の映画館で4DX・MX4Dによる上映も開始された。その後も上映と勢いはさらに続いて、5月24日から公開終了直前の9月1日にかけて日本国内の観客動員数は177万4191人、興行収入は25億2382万8360円を突破し、最終的に全世界累計における興行収入は43億円となった。この業績は、同じ深夜アニメの劇場版『ラブライブ! The School idol Movie』に次ぐ歴代2位に名を連ねるものとなっている。

『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』のあらすじ・ストーリー

始まり

本作は、主人公であるキリトこと桐ヶ谷和人(きりがやかずと)とその仲間たちが、2022年開始されたVRMMORPG「ソードアート・オンライン」のプレイ中に起きた事件から、4年後の物語である。

時は遡ること2022年11月6日。大手ゲームメーカー「アーガス」に所属する天才ゲームデザイナー・茅場晶彦(かやばあきひこ)は、頭に装着して使用することで仮想現実にダイブできる「VRマシン」と呼ばれる専用端末「ナーヴギア」と、そのナーヴギアを対応端末に使ったソフト『ソードアート・オンライン(SAO)』を開発する。
その後SAOは正規のVRMMORPGとしてアーガスが運営するはずだったが、突如として茅場がゲームマスターとしてSAOを乗っ取り、そしてそのゲームマスターの権限を使ってプレイヤーの自発的なログアウトを強制的に不可にしてしまう。1万人のプレイヤーを閉じ込めてしまう。
さらに茅場はナーヴギアに、プレイヤーがSAOの中で死亡する、つまりゲームオーバーとなると共に電磁パルスによって装着者の脳を焼き切る仕掛けを施しており、SAOは名実ともに過酷なデスゲームと化した。

そんな驚天動地の騒ぎを世間に引き起こした「SAO事件」は2年にも渡って続き、1万人のうち4千人の死者を出すという大惨事になった。
ゲーム開始から2年が経ち、攻略の最前線を走っていたキリトは、共に行動していたアスナが所属する血盟騎士団団長のヒースクリフこそこのデスゲームを始めた茅場本人であることを突き止める。正体を見破られた茅場は、キリトにデュエル機能の一騎打ちを提案する。キリトはその提案に乗り決闘を行う。激闘の末、相打ちに近い形でキリトが勝利し、SAOはクリアされることとなる。

そうして生き残った6千人は「SAO生還者(サバイバー)」と呼ばれ、政府の保護・監視下に置かれるようになり、そしてキリトも含めた未成年の帰還者たちは西東京市に築かれた特別な学校に通わされることとなった。

新たなゲームと異変

ユナの初登場シーン。OSにてSAOのボスモンスターが現れるボーナスステージが開かれた時、彼女はこの小型の特設ステージに乗って歌を歌い、その歌でプレイヤーたちを支援する。

その「SAO事件」から4年が経ちキリトは、同じくSAO生還者であるアスナこと結城明日奈(ゆうきあすな)や他の仲間たちと平穏な生活を送っていた。その生活の中で、アスナを含めた大勢の人達は、AR(拡張現実)対応マルチデバイス「オーグマー」を装着して日々を過ごしていた。

「AR(拡張現実)」とは、現実世界に仮想アイテムや情報を投影することができる技術。
人工的に作られた仮想空間をまるで現実のように体感させる技術「VR(仮想現実)」とは異なり、覚醒状態の人間に視覚・聴覚・触覚情報を送り込むことができる。
そのAR機能を搭載しているのが《オーグマー》。ヘッドフォンのような外見をした端末で、スマートフォンの機能を拡張している為ゲーム以外での活用方法も多く、多くの人の生活の一部として利用されている。

キリトやアスナなどの学生のSAO生還者達は、学校から《オーグマー》が無料配布されていた。アスナやその仲間であるリズベットこと篠崎里香(しのざきりか)、シリカこと綾乃珪子(あやのけいこ)は、この《オーグマー》でできるゲームや買い物などに夢中になっていた。それにキリトはどうしても馴染むことができずにいた。
そんな中、《オーグマー》を使用したゲーム『オーディナル・スケール(OS)』にて、SAO世界に出現していたモンスターが現れるという噂をキリトたちは耳にする。キリトはアスナの誘いと、SAO時代からの仲間で生還者であるクラインこと壷井遼太郎(つぼいりょうた)と共に、興味本位でゲームに参加することになる。

OSの大きな特徴として、《ランキングシステム》が使用されている。モンスターを倒せば、その撃破モンスターに合わせたポイントが課され《プレイヤーランク》が上昇する。
プレイヤーランクが上がればランキングも上昇。ランキング順位に合わせて、戦闘時に付与される効果も大きく変わってくる。より強いモンスターを撃破するにはランクの上昇も必須となるのが、OSの大きな特徴となっている。

情報通りキリトと仲間たちの前には、SAOに登場するモンスター「カガチ・ザ・サムライロード」が出現する。キリトはOSを初めての経験で、さらにプレイヤーランクも低く、VRと違う自分の動きに馴染めずに苦戦を強いられる。その時、OSの広告塔として活躍するバーチャルアイドル「ユナ」がステージと共に登場する。彼女がステージで歌い始めると、プレイヤー達の能力が強化され、戦いは優勢となる。
更にランキングで2位を維持している、上位プレイヤー「エイジ」が参戦。キリトたちはそのおかげもあって「カガチ・ザ・サムライロード」を討伐することに成功する。

カガチ・ザ・サムライロードにとどめを刺したのはアスナだった為、アスナには大量のポイントが加算された。それを目にした多くのプレイヤーが、ユナが登場するイベントを「ボーナスステージ」と呼び始める。
ボーナスステージには、高確率でSAO時代に登場するモンスターが出現するようになり、多くのプレイヤーが大量のポイントを獲得する為躍起になっていった。

カガチ・ザ・サムライロードを討伐してから数日後、アスナの自宅近くでイベントが発生するという情報を仲間であるクラインが手に入れる。アスナはあえてキリトは誘わずに、単独で現場に向かった。
アスナが現場に到着すると、クラインとクラインが率いる風林火山のメンバーが先に到着していた。
しかし、クラインは風林火山のメンバーの1人と連絡がつかず、足止めをくらっていた。その為アスナはクラインと風林火山のメンバーとすぐに別れ、イベント会場にはアスナ一人で向かうこととなる。

アスナがイベントに予定通り参加する一方で、仲間を待つクライン達の前には、別のボスモンスターが出現した。風林火山のメンバーは力を合わせボスモンスターの討伐に成功するが、プレイヤーランク2位のエイジがクラインたちに襲い掛かる。クラインは腕の骨を折られ、他の風林火山メンバーもまた緊急搬送される事態となった。

キリトはその事態を知り、本格的にOSの調査を始める。
その調査を進めるキリトの一方で、アスナ・リズベット・シリカはOSのイベントに参加していた。そのイベントにもSAO時代に出現したボスモンスターが現れた。
しかしそのイベントには、ボスモンスターが2体出現。1体はキリト達の知らないボスモンスターが出現した。それは、SAO時代旧アインクラッドの第91層に出現予定だったボスモンスター「ドルゼル・ザ・カオスドレイク」だった。

なぜかドルゼル・ザ・カオスドレイクはシリカを標的にし、襲い掛かる。シリカは逃げ惑う中エイジとぶつかってしまい、そのままエイジに突き飛ばされてしまう。ボスモンスターに襲い掛かられるシリカをアスナが庇い、アスナはゲームオーバーになってしまう。アスナはその瞬間旧アインクラッドでの死の恐怖を思い出し、涙を流し倒れ込んでしまう。

その後イベントは終了するが、アスナは自身の記憶に違和感を感じ始める。そのことをキリトに相談し、後日2人は病院に向かい精密検査を受ける。
その結果アスナのSAO時代の記憶は消え、今後も脳に異常が出た場合更に記憶を失うことになるという結果が2人に告げられた。この症例は他にも出ており、各患者の共通点はOSのボスバトル攻略中に起きていることが判明する。

謎の少女と襲い来るモンスター

エイジの猛攻に追い詰められそうになるキリトだが、戦いの合間でエイジのうなじに付けられている強化装置を発見し、その装置を破壊することで逆転勝利を掴みとる。

キリトはこの事態を危険と判断し、ネットの書き込み等で注意を促すが多くの人は耳を傾けなかった。キリトはこれ以上被害者を出させない為に、SAO生還者の仲間にはOSに参加しないように促した。自らはこの事態を収拾させる為、不慣れなOSを積極的にプレイするようになる。

しかし、同じタイミングの様々な場所で、SAO時代のモンスターが多数出現する。結局その日も、アスナと同じような犠牲者を出す結果となってしまった。その結果に悔しさをにじませるキリトの前に、フードの被ったバーチャルアイドルユナとそっくりな少女が現れる。彼女はある一定の方向に指をさし、キリトに何かを探してほしいと訴えかける。

キリトはその少女が指さす方にある東都工業大学に調査に向かった。その大学には《オーグマー》の設計者である重村徹大(しげむらてつひろ)と、その研究室の卒業生の中にエイジが居たことが判明した。

キリトは《オーグマー》について重村に問いただすべく、SAO事件について動いてくれている総務省の菊岡の力も借り、大学へ潜入し重村と対峙した。だが重村は多くは語らず、キリトが求めていた回答は得られずに終わってしまう。しかし、研究室の重村のデスクには1人の少女の写真が飾られていた。少女の名前は重村悠那(しげむらゆうな)。菊岡の調べにより、彼女もまたSAO事件の被害者であり、2年前に死亡していることが判明する。

その後キリトは調査を進める中で、フードの少女と夢の中で再会する。キリトは彼女を重村の娘である重村悠那と確信したうえで、彼女にオーグマーやSAO生還者達の記憶について問い詰める。しかし、彼女もまた父であると重村徹大同様多くは語らず、ただキリトにOSでのランクを上げることを勧める。

キリトは悠那の言葉を信じ、OSで出現するSAO時代のボスモンスターを次々と討伐していく。その甲斐あって、キリトのプレイヤーランクは一気に9位まで上昇した。
その様子を見ていたエイジがキリトの前に現れ、バーチャルアイドルユナのライブに来ることでアスナの記憶を取り戻せるとだけ告げ、姿を消した。

キリトはエイジの言う通りにライブに参加し、ライブ会場の地下駐車場でエイジと対決することとなる。そこで、エイジがSAO時代に悠那と長い時間共に過ごし、彼女の最後の瞬間まで傍に居たことを知る。

同じ頃、会場ではユナのライブが予定通り始まっていた。しかし、ほどなくしてユナが一曲歌い終わると、会場の照明が落ち会場全体が暗闇に包まれた。それと同時に観客たちは強制的にOSを起動させられ、観客の目の前には次々とSAO時代に登場したボスモンスターが出現した。
この事態はSAOサバイバーの記憶の中にある悠那の記憶をかき集め、悠那を再生し生き返らせることを目的とし、全て悠那の父親である重村徹大が計画していたものだった。

キリトがその事実を知ったのは、エイジとの戦いでエイジを負かした後のことだった。キリトは急ぎアスナや仲間たちのいる会場へ戻ると、会場内は混乱し観客たちは複数のボスモンスターと対峙していた。地下駐車場に残されたエイジもまた、悠那と長い時間共に行動していた為重村徹大の計画の一部に過ぎなかった。エイジの目の前にもボスモンスターが現れ、SAO生還者としてモンスターに襲われることとなる。

会場内はパニックになり、ボスモンスターと対峙するものもいれば、逃げ惑いボスモンスターの攻撃を受け倒れる人も続出していた。キリトは事態を収拾させる為、会場内にいるプレイヤーに《オーグマー》を外すように促すが、ほとんどのプレイヤーが現状に必死になり聞く耳を持たなかった。キリトは必死に仲間やプレイヤーを守るために戦うが、数々の連戦で体力の限界と戦闘による傷で苦戦を強いられた。

そこに大きな盾を持った悠那がキリトの前に現れ、キリトに襲い掛かるボスモンスターの攻撃を防ぐ。悠那はキリトに《オーグマー》のフルダイブ機能を使い、アインクラッド第100層のボスを倒してほしいとキリトに叫んだ。

以前キリトが悠那と夢の中で出会った場所こそがアインクラッド第100層。そこにフルダイブしたキリト・リズベット・シリカ・シノン・エギルは、巨大な異形の女神のような姿をしたボスモンスター「アン・インカーネイション・オブ・ザ・ラディウス」と対峙する。
しかし、圧倒的なパワーを前にキリトたちは苦戦を強いられる。

アスナ参戦と終幕

アン・インカーネイト・オブ・ザ・ラディウスの圧倒的なパワーを前に絶体絶命に陥るキリトたちを救いに、記憶障害から立ち直ると共に戦う覚悟を決めたアスナが加勢に現れた。

アスナは現実世界で恐怖で震えながらキリトたちの帰りを待っていた。そんなアスナを見て悠那は謝罪し、この騒動は自身の父親が計画した事だと告白する。それでも悠那はキリトや、その仲間がフルダイブしている間モンスターから身を挺して守り続けた。その姿を見たアスナは過去のキリトと照らし合わせ、アスナは自身も戦うことを決意する。

アスナもフルダイブし、キリトたちと共に最終ボスに立ち向かう。そこにキリトの妹であるリーファやALOやGGOでの仲間たちが、ユイの力でプレイヤーデータを転送する形でその場に援軍に来てくれたことで、キリトたちは窮地を切り抜けて反撃に転じる。そして大激闘の末、キリトはアン・インカーネイション・オブ・ザ・ラディウスにとどめの一撃を叩き込み、見事撃破することに成功した。

現実世界に帰ってきたキリトたちは悠那の元に駆け寄ると、彼女は消滅しかけていることに気づく。彼女はアインクラッド第100層の最終ボスのリソースの一部で生成されていたことをキリトたちに告げる。そのボスが倒された今、悠那は存在することが出来ずキリトたちの前から光となって消えていった。悠那が消え、父親である重村徹大は総務省の菊岡によって拘束された。これによりこの物語は終幕となる。

オーディナルスケールの物語は終幕したが、この物語はアリシゼーション編へと繋がる物語でもある。菊岡は重村を警察に突き出す事はせず、ある施設へと連れていく。
その施設の名は「ラース」と語られ、映画は完全に終幕となる。

『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』の登場人物・キャラクター

キリト/桐ヶ谷和人(きりがや かずと)

CV:松岡禎丞

本作も含めた『ソードアート・オンライン』シリーズの主人公で、茅場によって生み出された最大最悪のデスゲーム『ソードアート・オンライン(SAO)』を解決に導いた最大の功労者。そのSAOの中のアバターが黒いコートを纏っており、さらに卓越した剣技の使い手であったことから、SAO生還者も含めて多くの人間から「黒の剣士」という異名で呼ばれ、英雄視されている。
本作における戦闘スタイルはSAO時代と同じく二刀流をメインとしており、2本の剣を左右の手に持って戦う。また、本作の序盤からARには不慣れで体が思うように動かせず、苦戦しがちな所もあったが、SAOでの経験と持ち前の実直さでそれを乗り越えていく。

リアル世界とヴァーチャル世界ともに女と見間違うほどの中性的な風貌が特徴的な少年。常に飄々とした態度で洞察力・論理的思考に長けるなどどこか大人びた一面もあるが、人間関係などでは年相応の子供っぽさも見せる。
SAO事件解決後は、SAO生還者のひとりとして政府の保護監視体制を受けることになり、リズベットやシリカら同年代の仲間と共に西東京に作られたSAO生還者の学校に通うことになる。そしてALOとGGOというふたつのVRMMOで起きた事件を解決し、VRMMOを通して仲間たちと絆を深め、「黒の剣士」としての名前をさらに広めていく。
『オーディナル・スケール(OS)』が配信開始された当初はあまり乗り気ではなかったが、恋人のアスナ、そしてクラインらSAOの仲間たちがそのOSでの異変に巻き込まれた際、異変の真相を確かめるべくOSへと挑んでいく。

アスナ/結城明日奈(ゆうき あすな)

CV:戸松遥

本作も含めた『ソードアート・オンライン』シリーズのヒロインで、SAOにおいては「閃光のアスナ」の異名で知られたレイピアの達人である少女。本作でもレイピアを主な武器として扱い、そのレイピアを用いた華麗な剣技と、素早い動きを活かした撹乱を得意としている。
才色兼備な美少女で、物腰も穏やかで人当たりもかなり良く人気があるが、リアル世界とヴァーチャル世界の相棒にして恋人であるキリトとは強い絆で結ばれており、彼のことになると感情的な一面を見せたり、見境がなくなることもある。

SAO事件解決後は婚約者であり、ALOの運営会社の社員である須郷伸之の企みによって現実世界に帰還させられず、ALOに幽閉されていた。しかし、キリトが須郷を打ち倒したことで現実世界へと帰還でき、キリトやリズベット、シリカと共にSAO帰還者の学校に通い始めている。
本作ではシリカらSAOの仲間たちと共にOSをプレイしていたところ、OSで登場したボスエネミーの攻撃からシリカを庇った結果、OSの使用端末であるオーグマーのシステムによってSAOの記憶を抽出されてしまう。その後、キリトとのことも含めたSAOでの想い出が薄れていく日々に恐怖し続け、生きる気力を失いかけるが、最終決戦ではその恐怖を振り払って苦戦するキリトたちの元へ駆けつけた。

クライン/壷井遼太郎(つぼい りょうたろう)

CV:平田広明

キリトの友人兼戦友のひとりであり、SAOで『風林火山』と呼ばれるプレイヤー集団を率いた刀使いの男性。本作ではSAOの経験を活かして主な武器に刀を選んでおり、その刀を用いた豪快な剣技を繰り出す。
女好きで、アスナやユナも含めた美少女や美女に目がなく、そのことでキリトも含めた周囲から呆れられることもしばしばだが、気さくで曲がったことが大嫌いな前向きな性格で、仲間と認めた相手には最後まで仁義を貫く熱い一面も持つ。

SAO事件解決後は現実世界へと帰還し、本業の輸入商社の会社員としての仕事に精を出しており、キリトやアスナたちとも現実と仮想の両方で交流を続けている。また、かつてSAOにいた頃、SAOの攻略を優先するあまり、同じくSAOに巻き込まれていたユナを見殺しにしてしまったことが原因でエイジの恨みを風林火山の仲間たちともども買うことになった。そして本作でOSをプレイしている中でエイジの襲撃を受け、アスナと同じくオーグマーでSAOの記憶を抽出されるだけでなく、病院送りになるほどの重傷を負わされてしまう。

4naaa
4naaa
@4naaa

Related Articles関連記事

NOIR(ノワール)のネタバレ解説・考察まとめ

NOIR(ノワール)のネタバレ解説・考察まとめ

『NOIR』とは、2001年にテレビ東京で放送されたテレビアニメ。孤高の暗殺者ミレイユ・ブーケと記憶を失った謎の少女夕叢霧香(ゆうむら きりか)の二人組による暗殺ユニット「ノワール」が殺しの依頼や襲い来る刺客と立ち向かう。最初は噛み合わなかった二人の関係性は依頼をこなすうち利害とは関係のない真のパートナーとなる。そんな二人に迫る数多の謎を精緻な描写で描いたダーク色の強いガンアクションアニメ。全26話。

Read Article

プリンセス・プリンシパル(Princess Principal)のネタバレ解説・考察まとめ

プリンセス・プリンシパル(Princess Principal)のネタバレ解説・考察まとめ

『プリンセス・プリンシパル』とは、株式会社3Hz、株式会社アクタスによって共同制作されたオリジナルアニメーションである。 19世紀末、アルビオン国は特定の範囲を無重力にする「ケイバーライト」を生み出す。それにより巨大な軍事力を有することとなり、覇権国家となる。しかし、革命により「アルビオン王国」「アルビオン共和国」へ分断された。国内の名門校クイーンズ・メイフェア校に通う「博物倶楽部」の5人は共和国のスパイという裏の顔を持っていた。

Read Article

LiSA(リサ)の徹底解説まとめ

LiSA(リサ)の徹底解説まとめ

LiSAとは、日本の女性歌手。「SACRA MUSIC」所属。2010年に「LiSA」名義でメジャーデビュー。翌年にソロデビューを果たす。アニソンアーティストとして活動しているが、ロック系フェスティバルへの出演、外国でのライブ公演と幅広い活動をしている。また自身の魅力をよりもっと作品へ反映させていくためのオリジナルブランド「YAEVA MUSIC」を立ち上げている。

Read Article

アクセル・ワールド(Accel World)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

アクセル・ワールド(Accel World)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『アクセル・ワールド』とは、川原礫によるファンタジー小説、およびそれを原作としたアニメ、漫画などのメディアミックス作品。 日常生活の多くが仮想ネットワーク上で行われる様になった2046年の地球が舞台。幼少期よりイジメの対象であった内気な少年ハルユキは、生徒会副会長黒雪姫から詳細不明のオンラインバトルゲーム「ブレイン・バースト」に誘われ、次第にバトルゲームにのめり込んで行く。 ゲームオーバーでプレイヤーとしての記憶まで消される戦いの中からは、数々の名言が生まれている。

Read Article

戸松遥(Haruka Tomatsu)の徹底解説まとめ

戸松遥(Haruka Tomatsu)の徹底解説まとめ

戸松遥とは2007年からデビューし、多くの作品を手がける人気声優。歌手としての活動も行なっている。 声優としてデビューしたことがきっかけになり、後に歌手としても活動するようになる。また、ラジオパーソナリティやナレーターなど様々なジャンルを手掛けて活動する。 現在もアニメやゲームといったサブカルチャーをメインに活動している。

Read Article

ソードアート・オンラインII(SAO II)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンラインII(SAO II)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンラインIIは、川原礫(かわはられき)が電撃文庫で連載中のライトノベル及びそれらを原作としたアニメ作品でソードアート・オンラインの続編。時はVRゲームが普及した2020年代。ゲーム内の死が現実になるデスゲーム「SAO」から生還した主人公・キリトは、デスガンというプレーヤーに撃たれた者が現実世界で変死を遂げている噂を耳にし、その謎を解明すべくガンゲイル・オンラインにダイブする。

Read Article

ソードアート・オンライン(SAO)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンライン(SAO)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンラインは、川原礫(かわはられき)が電撃文庫で連載中のライトノベル。およびそれを原作としたアニメ作品。VRMMORPG、ソードアート・オンライン(SAO)が発表された2022年。ユーザー達は仮想世界に埋没していくが、SAOの正体はゲーム内での死が現実になる命懸けのデスゲームだった。開発者の思惑によりログアウト不能となった世界で、主人公のキリトは現実世界に戻るべく、死闘を繰り広げる。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld (SAO アリシゼーション WoU)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld (SAO アリシゼーション WoU)のネタバレ解説・考察まとめ

『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld(SAOアリシゼーションWoU)』とは、川原礫が手がける電撃文庫の代表作『ソードアート・オンライン』のテレビアニメ作品のひとつである。本作は「アンダーワールド」と呼ばれる人工の異世界を舞台に、ヒロインであるアリスが主人公のキリトこと桐ヶ谷和人とその仲間たちと共に、『ダークテリトリー』と呼ばれるその異世界の闇の領域に住む軍団と、それを裏から操る現実世界の侵略者たちの陰謀に立ち向かう物語を描いている。

Read Article

ソードアート・オンライン(SAO)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ソードアート・オンライン(SAO)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ソードアート・オンライン』とは、架空のフルダイブ型バーチャルリアリティーオンラインゲームを舞台にした川原礫によるライトノベル、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 本作は2009年より連載の続くライトノベルのアニメ化第一弾であり、アインクラッド編は剣技で戦う世界で、続くフェアリィ・ダンス編は剣と魔法で戦う妖精世界が舞台となっている。 剣と魔法による命がけの戦いからは数多くの名言が生まれ、本作の持つ世界観は類似のVRMMORPGを舞台にした作品群にも多大な影響を与えた。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(SAO アリシゼーション)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(SAO アリシゼーション)のネタバレ解説・考察まとめ

『ソードアート・オンライン アリシゼーション(SAO アリシゼーション)』とは、川原礫による架空のVRゲームを舞台とした人気ライトノベルシリーズ『ソードアート・オンライン』のテレビアニメ作品のひとつである。本作は主人公のキリトこと桐ヶ谷和人が現実世界での事故によって人工の異世界「アンダーワールド」に迷い込んでしまい、そこで出会ったユージオやアリスらアンダーワールドの住人たちと共に、現実世界への帰還を目指して冒険する物語を描いている。

Read Article

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(SAOAGGO)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(SAOAGGO)のネタバレ解説・考察まとめ

『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(SAOAGGO)』とは、川原礫の人気ライトノベル『ソードアート・オンライン』の時雨沢恵一によるスピンオフ作品とそのテレビアニメ作品である。本作は主人公のレンこと小比類巻香蓮が、VRゲームをプレイすることで高身長という自分のコンプレックスと向き合い、そしてピトフーイやエムらライバルたちと競い合うことで人間として成長していく物語を描いている。

Read Article

NEW
アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏(AW VS SAO)のネタバレ解説・考察まとめ

アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏(AW VS SAO)のネタバレ解説・考察まとめ

『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏(AW VS SAO)』とは、2017年3月よりアートディンクから開発・発売されたPlayStation 4及びPlayStation Vita用のアクションRPGゲーム。川原礫のライトノベル『アクセル・ワールド』及び『ソードアート・オンライン』のクロスオーバー作品であり、主人公のキリトとアスナらその仲間たちが、未来からやってきた黒雪姫とシルバー・クロウたちと共に仮想世界を冒険する物語を描いている。

Read Article

SAO OSの情報や感想・考察まとめ【劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-】

SAO OSの情報や感想・考察まとめ【劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-】

『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』は原作のマザーズ・ロザリオ編とアリシゼーション編の間の出来事を描いた作品で、VR(仮想現実)ではなくAR(拡張現実)を題材としている。キリトをはじめとするSAO帰還者と、ARアイドルのユナを中心にストーリーが進む。ここでは『オーディナル・スケール』の入場者特典などの情報、視聴者の感想や考察をまとめた。

Read Article

人気声優プロフィール・経歴・出演作品まとめ

人気声優プロフィール・経歴・出演作品まとめ

人気アニメや人気ゲームなどに出演されている声優の方々のプロフィール・経歴・出演作品をまとめた記事です。今まで声優さんに興味のなかった方や、アニメを観ていたりゲームをやっていて「この人がやってたんだ!」と気づくこともあると思いますので、記事を読んで楽しんで頂ければなと思います。 ※画質が悪い画像があります。ご了承ください。

Read Article

【ソードアート・オンラインII】銃の世界でただ一人、ライトセーバーで戦う少年が居た。

【ソードアート・オンラインII】銃の世界でただ一人、ライトセーバーで戦う少年が居た。

舞台を剣の世界から銃の世界に移して繰り広げられるソードアート・オンラインの続章。 GGO(ガンゲイル・オンライン)で都市伝説とされていた、謎のプレーヤーにゲームの世界で撃たれた人々が現実世界でも死を遂げる事件が発生する。主人公はその事件の調査をすべくGGOへと潜り込む。

Read Article

【命懸けのデスゲーム】ソードアートオンライン

【命懸けのデスゲーム】ソードアートオンライン

『このゲームの死が意味するのは、現実世界での死である。』 プレイヤーがゲームの舞台である「浮遊城アインクラッド」から脱出する方法はただ一つ、100層からなる浮遊城のボスを倒してゲームをクリアする事。 次々とプレイヤーが命を落としていく中、主人公たちはゲームをクリアし現実世界に生きて戻る事ができるのか!?

Read Article

アニメx小説xゲームxパンチラの贅沢コラボ!「パンチライン」ADVゲームで新時代到来!

アニメx小説xゲームxパンチラの贅沢コラボ!「パンチライン」ADVゲームで新時代到来!

ADV(アドベンチャー)ゲームといえば、平面の絵にただただ文字が羅列を繰り返す単調で平和なゲーム…なんて、思い込んでいませんか?表舞台でアクションゲームやスマホゲームが人気の裏で、実はアドベンチャーゲームも大きくパワーアップしていたのです!それは、もはやただ文字を追うだけのゲームにあらず、まるで映画を見ているような躍動感や満足感を得られるのです!

Read Article

賛否を呼ぶ芸能人の”激ヤセ”写真まとめ【山田優、神田沙也加 など】

賛否を呼ぶ芸能人の”激ヤセ”写真まとめ【山田優、神田沙也加 など】

女性は痩せているほうがいい、という世間のイメージは強く、女性自身も痩せたいと思っている方も多い。芸能界を見渡せば細く痩せていてキレイ、かわいい女性はたくさんいる。しかしSNSが普及して芸能人達が仕事やプライベートの写真を公開することが多くなる中、心配の声が上がるのが芸能人の”激ヤセ”だ。山田優や神田沙也加などの公開した”激ヤセ”写真には、美しいという称賛の声をと同時に健康面を心配する声も多く聞かれた。

Read Article

【松田聖子】神田沙也加が語った壮絶なイジメ体験をまとめました【神田正輝】

【松田聖子】神田沙也加が語った壮絶なイジメ体験をまとめました【神田正輝】

1月23日発売したスタイルブック「Dollygirl」にて、壮絶ないじめをはじめ、過去の体験を赤裸々に明かしている神田沙也加。有名ゆえに、イジメにあった中学生時代。そんな沙也加が望んだのは、ごく普通の家庭でした。 神田沙也加は、日本の女優、歌手、声優、YouTuber。東京都出身。グリーンパークミュージック、ファンティックを経て、最終所属はローブ。デビュー時の芸名はSAYAKA。

Read Article

看板娘!人気女性声優を所属事務所ごとに紹介!【戸松遥ほか】

看板娘!人気女性声優を所属事務所ごとに紹介!【戸松遥ほか】

様々な声色を使い分け、アニメや映画に命を吹き込んでいく声優たち。彼らはフリーで活動している場合もあるが、その多くが有名な声優事務所に所属して活動を行っているのだ。本記事では特に人気が高く様々な作品に出演している女性声優に焦点を当て、所属事務所ごとにまとめて紹介する。

Read Article

【キリ子】SAO2のキリトの壁紙・画像まとめ【ソードアート・オンラインII】

【キリ子】SAO2のキリトの壁紙・画像まとめ【ソードアート・オンラインII】

『ソードアート・オンライン』の主人公であるキリトは、原作の「ファントム・バレット」、アニメ『ソードアート・オンラインII』でGGO(ガンゲイル・オンライン)というMMORPGにダイブした際、アバターが少女のような見た目となった。性転換したわけではなく、あくまで外見のみが少女のようになっただけだったが、ファンは親しみを込めてこの姿を「キリ子」と呼ぶようになった。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『ソードアート・オンライン アリシゼーション』とは、ライトノベル『ソードアート・オンライン』を原作とするアニメである。 キリトは過去に因縁がある死銃事件の実行犯による襲撃を受け、昏睡状態に陥る。キリトが目覚めると、そこは現実世界とそっくりな仮想世界・アンダーワールドだった。彼はそこで出会った少年・ユージオと共に、世界の中心「セントラル・カセドラル」を目指す。 現実世界での極秘プロジェクトと仮想世界での事件がリンクする世界観で、冒険や絆、バトルを描くSFアクション系ファンタジー。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第1話『アンダーワールド』)のあらすじと感想・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第1話『アンダーワールド』)のあらすじと感想・考察まとめ

仮想世界へフルダイブするマシンを使用した極秘プロジェクトが行われる中で、キリトはマシンで仮想世界にダイブするアルバイトをしていたが、フルダイブ中の記憶は消去されていた。そんなある日、キリトは現実世界で因縁がある「死銃(デス・ガン)事件」の実行犯・ジョニー・ブラックに襲われ、昏睡状態になる。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第1話『アンダーワールド』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

【SAO】キリトのソードスキルまとめ【ソードアート・オンライン】

【SAO】キリトのソードスキルまとめ【ソードアート・オンライン】

『ソードアート・オンライン』の舞台となるSAOでは、魔法といったものが存在しない代わりにソードスキルと呼ばれるものが存在する。文字通り武器によるスキルで、戦いにおいて重要なダメージソースとなっている。作中でも主人公のキリトが多くのソードスキルを披露している。ここではキリトが使用したソードスキルをまとめた。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第10話『禁忌目録』)のあらすじと感想・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第10話『禁忌目録』)のあらすじと感想・考察まとめ

キリトとユージオの側付きであるロニエとティーゼの姿が見当たらず、キリトは2人を探すために外に出た。入れ違いにならないように部屋に残ったユージオの元に来たのは、ティーゼの同室の初等練士であるフレニーカだった。彼女からロニエとティーゼに危険が迫っていることを知らされたユージオは、1人でウンベールとライオスの部屋へと駆けつける。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第10話『禁忌目録』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第6話『アリシゼーション計画』)のあらすじと感想・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第6話『アリシゼーション計画』)のあらすじと感想・考察まとめ

ラースの研究施設「オーシャン・タートル」への潜入に成功したアスナは、菊岡にキリトの居場所はどこかと詰め寄る。そこで菊岡に明かされたのは、想像を絶する壮大な目的を持つ「ソール・トランスレーター」を使った計画である「アリシゼーション計画」と、その計画でのキリトの役割だった。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第6話『アリシゼーション計画』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第5話『オーシャン・タートル』)のあらすじと感想・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第5話『オーシャン・タートル』)のあらすじと感想・考察まとめ

現実世界ではキリトは昏睡状態に陥り、行方不明となっていた。恋人のアスナを始めとした仲間たちがキリトの行方を追い、茅場晶彦の大学時代の同期・神代凜子が関わる研究がキリトの居場所に繋がる鍵なのではないかということに気づく。神代凜子に連絡を取ったアスナは、キリトが居るかもしれない人工島「オーシャン・タートル」に辿り着く。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第5話『オーシャン・タートル』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第12話『図書室の賢者』)のあらすじと感想・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第12話『図書室の賢者』)のあらすじと感想・考察まとめ

地下牢からの脱出に成功したキリトとユージオは、整合騎士エルドリエ・シンセシス・サーティワンに遭遇し、戦闘になる。その最中エルドリエが人間としての記憶を失っていることに気づいた2人は、エルドリエに過去の記憶を思い出すように呼びかけるが、更なる追手が迫って来た。 絶体絶命の2人を救ったのは、カーディナルと名乗る1人の不思議な少女だった。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第12話『図書室の賢者』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第7話『剣の学び舎』)のあらすじと感想・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第7話『剣の学び舎』)のあらすじと感想・考察まとめ

キリトとユージオはルーリッドの村を出て央都セントラルに着き、北セントリア帝立修剣学院で剣士になるために学ぶ日々を送っていた。キリトが側付きとなった学院次席のソルティリーナは、キリトの剣術にまだ見せていない強さがあると見抜き、キリトは彼女の卒業までにまだ見せていない技を見せると約束する。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第7話『剣の学び舎』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents