LiSA(リサ)の徹底解説まとめ

LiSAとは、日本の女性歌手。「SACRA MUSIC」所属。2010年に「LiSA」名義でメジャーデビュー。翌年にソロデビューを果たす。アニソンアーティストとして活動しているが、ロック系フェスティバルへの出演、外国でのライブ公演と幅広い活動をしている。また自身の魅力をよりもっと作品へ反映させていくためのオリジナルブランド「YAEVA MUSIC」を立ち上げている。

LiSAの概要

岐阜県出身。本名は「織部理沙」。幼い頃からピアノやミュージカル教室に通っていて、歌うことが大好きな子どもだった。高校時代からバンドを始め、メジャーデビューする時までバンド活動をしていた。
2010年春に放映されたTVアニメ「Angel beats!」の作中バンド「Girls Dead Monster」の2代目歌唱役としてメジャーデビュー(歌のみを担当し、それ以外は別の声優が務めた)。2011年にソロデビューし、数多くのアニメタイアップ曲をリリースしている。
オーディエンスも巻き込むライブパフォーマンスに定評があり、「ロックヒロイン」という2つ名を持つ。
アニメソングシンガーということで、男性のファンばかりと思われがちだが、独特のファッションセンスと、親しみやすいキャラクター性が相まって、女性からの人気も高い。
ソロデビュー作「oath sign」から最新作「LiSA~Best Day」「LiSA~Best Way」までのCD総売り上げは77万枚。
iTunesDL数は1700万を誇る。

LiSAの人物像

趣味は掃除、料理、映画で、よくブログやtwitterに料理やご飯の画像をアップしている。
好きな食べ物はラーメン、うどん、餅、芋、豆、きなこ、きのこ、あんこ、チョコ、パイナップル。
嫌いな食べ物は魚介(貝は特に食べられないほど)、練り物(ちくわ、はんぺん、ミートボール等)

ギター演奏や声優など、様々なことに挑戦していく傾向がある。
ミュージカルをやっていた頃からディズニーが好きで、ディズニー作品の歌を歌う人になるのが夢だった。
好きなアーティストはアヴリル・ラヴィーンやGREEN DAY、OASIS等洋楽を好む。

「LiSA用語」と呼ばれるオリジナルのワードをいくつも作っており、ネーミングに強いこだわりを持つ。「LiSA」、「LiVE」など、「i」を小文字にして他の文字を大文字にする事が多い。他にもCDは「ラブレター」、ライブは「デート」、メディア出演は「お弁当」、ファンクラブ限定配信放送は「秘密基地」と呼んでいる。また、自身のファンのことは「LiSAッ子」と呼んでいる。

LiSAの活動経歴

デビュー前

初ライブは中学2年生。3年生の先輩達に卒業ライブでのボーカルを頼まれたのがきっかけだった。当時ロックは知らなかったが、聴かせてもらったアヴリル・ラヴィーンに刺激を受け、ライブを引き受ける。アヴリル・ラヴィーン、LOVE PSYCHEDELICO、EGO-WRAPPIN'などのカバー曲を演奏した。

高校時代にはロックバンド「CHUCKY」を結成。アヴリル・ラヴィーン、NOFX、ZEBRAHEAD、GREEN DAYなどのコピーバンドをしていた。
転機が訪れたのは高校2年生。お世話になっていたライブハウスの人からの勧めで、オリジナル曲を作り始める。その結果評判が評判を呼び、地元だけでなく名古屋や大阪でもライブをするほどの人気となった。成績優秀だったが大学進学をせず、バンドを続けていくことを選ぶ。

その後二年間ほど活動を続けるがメンバーの脱退や入れ替わりが多くなり、2008年「CHUCKY」は解散した。

インディーズ時代

2008年、東京に上京し、「Parking Out」、「Love is Same All」2つのバンドに参加。ボーカルとして活動する。しかしバンドに所属していたわけではなく、あくまでソロとしての活動の一環だった。
LiSAがメジャーデビューすることになったことをきっかけに、両バンドは解散した。

メジャーデビュー(Girls Dead Monster)

2010年、TVアニメ「Angel Beats!」の2代目歌唱役として「LiSA」名義でメジャーデビュー。しかしLiSAの名前はあまり出ることはなく、発売されたCDも劇中バンド「Girls Dead Monster」名義のものだった。

「Girls Dead Monster」名義では、3枚のシングル、1枚のアルバムをリリース。
2010年春~夏の間、ライブツアー「Keep The Angel Beats!」を開催。
同年12月27日、ライブ「Girls Dead Monster Last Live -Final Operation」を持って活動を終える。

ソロデビュー後

2011年にソロデビューしたLiSAは、1stミニアルバム「Letters to U」発売を皮切りに、アニメタイアップソングの発売、ライブツアーの開催と精力的に活動を始める。元々LiSA自身がライブが大好きだったこともあり、ワンマンライブや音楽フェスと、数多くのライブに出演する。「大きな箱(ホール)も小さな箱(ライブハウス)も楽しみたい」とライブで語ることが多い。

音楽フェスへの出演も多い。アニソン系では「Animelo Summer Live」や「リスアニ!LIVE」。ロック系では、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」、「TREASURE05X 」などに出演。海外ツアーを行うなど海外活動も積極的に行っている。

ソロアーティストのため、サポートバンドと共に活動している。「らーメンズ」「にゅーメンズ」と呼ばれるサポートバンドで、2016年までは「らーメンズ」、以降は「にゅーメンズ」がサポートを務めている。

※ライブ歴、イベント歴については後述

ライブ経歴

2011年

初のソロツアーである「LiVE is Smile Always〜Letters to U〜」
初のワンマンライブ「LiVE is Smile Always〜peace sign〜」

2012年

ライブツアー「LiVE is Smile Always〜LOVER“S”MiLE〜」
ワンマンライブ「LiVE is Smile Always〜LiSANTALAND〜」

2013年

ライブツアー「LiVE is Smile Always〜best day, best way〜」
ワンマンライブ「LiVE is Smile Always〜Road to 武道館〜」

2014年

初の武道館講演「LiVE is Smile Always〜今日もいい日だっ〜」
ライブツアー「LiVE is Smile Always〜LANDSPACE〜」
ワンマンライブ「LiVE is Smile Always〜LiSAMMERLAND〜」
初の海外ライブ「〜ANOTHER GREAT DAY in Taipei〜MiNi LiVE」

2015年

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

NEW

鬼滅の刃(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品。2016年11号から2020年24号まで週刊少年ジャンプにて連載され、2019年にはufotable制作でアニメ化された。 舞台は大正時代。炭焼きの家の長男・竈門炭治郎は町へ炭を売りに行ったが、家に帰ると家族が何者かに惨殺されていた。そして一人生き残った妹の禰豆子は鬼になってしまう。炭治郎は妹を人間に戻す為、そして惨殺された家族の仇討ちの為、厳しい訓練の末に鬼狩り組織「鬼殺隊」に入隊する。炭治郎や仲間の、鬼との過酷な死闘を描く和風ダークファンタジー。

Read Article

ソードアート・オンライン(SAO)のネタバレ解説まとめ

ソードアート・オンラインは、川原礫(かわはられき)が電撃文庫で連載中のライトノベル。およびそれを原作としたアニメ作品。VRMMORPG、ソードアート・オンライン(SAO)が発表された2022年。ユーザー達は仮想世界に埋没していくが、SAOの正体はゲーム内での死が現実になる命懸けのデスゲームだった。開発者の思惑によりログアウト不能となった世界で、主人公のキリトは現実世界に戻るべく、死闘を繰り広げる。

Read Article

劇場版ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(SAO OS)のネタバレ解説まとめ

『劇場版ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(SAO OS)』とは、川原礫が手がける電撃文庫の代表作『ソードアート・オンライン』の劇場アニメ作品である。本作は、ゲーム内で死亡すると現実でも死亡するデスゲームを乗り越えた主人公のキリトこと桐ヶ谷和人とその仲間たちが、AR(拡張現実)を用いたオンラインゲーム「オーディナル・スケール」の裏で蠢く陰謀に立ち向かう物語を描いている。

Read Article

NEW

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編のネタバレ解説まとめ

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』とは、吾峠呼世晴原作によるアニメ映画作品。同氏の描いた『鬼滅の刃』54話から66話までの内容を映画化したものである。 大正時代。人食いの怪物・鬼に家族を殺された少年竈門炭治郎は、唯一の生き残りであり自身も鬼にされてしまった妹の禰豆子を人間に戻す術を探すため、鬼を狩る組織「鬼殺隊」の一員となる。幾多の戦いを経て成長した炭治郎は、新たな任務を与えられ、同期の戦友我妻善逸、嘴平伊之助、さらに鬼殺隊最強の剣士の一人煉獄杏寿郎と共に、鬼が潜むと噂される列車へと乗り込む。

Read Article

ソードアート・オンラインII(SAO II)のネタバレ解説まとめ

ソードアート・オンラインIIは、川原礫(かわはられき)が電撃文庫で連載中のライトノベル及びそれらを原作としたアニメ作品でソードアート・オンラインの続編。時はVRゲームが普及した2020年代。ゲーム内の死が現実になるデスゲーム「SAO」から生還した主人公・キリトは、デスガンというプレーヤーに撃たれた者が現実世界で変死を遂げている噂を耳にし、その謎を解明すべくガンゲイル・オンラインにダイブする。

Read Article

Angel Beats!(エンジェル ビーツ)のネタバレ解説まとめ

『Angel Beats!』とは、Key所属のシナリオライター「麻枝准」が原作・脚本を手掛けたオリジナルアニメ作品である。全13話で、2010年にTBS系で放送された。 死後の世界の学園を舞台とし、「人生」をテーマとした青春アニメ。 テストや球技大会などの日常的な学園生活、銃火器や刀剣を用いた戦いを描く非日常な生活、登場人物の送った生前の理不尽な人生、この3つを柱にストーリーが展開されていく。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『ソードアート・オンライン アリシゼーション』とは、ライトノベル『ソードアート・オンライン』を原作とするアニメである。 キリトは過去に因縁がある死銃事件の実行犯による襲撃を受け、昏睡状態に陥る。キリトが目覚めると、そこは現実世界とそっくりな仮想世界・アンダーワールドだった。彼はそこで出会った少年・ユージオと共に、世界の中心「セントラル・カセドラル」を目指す。 現実世界での極秘プロジェクトと仮想世界での事件がリンクする世界観で、冒険や絆、バトルを描くSFアクション系ファンタジー。

Read Article

目次 - Contents