アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏(AW VS SAO)のネタバレ解説・考察まとめ

『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏(AW VS SAO)』とは、2017年3月よりアートディンクから開発・発売されたPlayStation 4及びPlayStation Vita用のアクションRPGゲーム。川原礫のライトノベル『アクセル・ワールド』及び『ソードアート・オンライン』のクロスオーバー作品であり、主人公のキリトとアスナらその仲間たちが、未来からやってきた黒雪姫とシルバー・クロウたちと共に仮想世界を冒険する物語を描いている。

『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏(AW VS SAO)』の概要

『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』は、川原礫のライトノベル『アクセル・ワールド(以下、AW)』と『ソードアート・オンライン(以下、SAO)』の双方を原作とし、クロスオーバーさせたゲーム作品として2017年3月16日に制作、発売されたPlayStation 4及びPlayStation Vita用のアクションRPGゲームソフトである。ちなみに題名にある「千年の黄昏」は、「ミレニアム・トワイライト」という読み方となっている。
本作の世界観は『ソードアート・オンライン』のゲーム作品シリーズのものだが、公式設定資料集などではSAOシリーズではない番外編的位置付けとなっている。そして先述のSAOゲーム作品シリーズのひとつである『ソードアート・オンライン -ロスト・ソング-(以下、LS)』の舞台に、黒雪姫とシルバー・クロウら『AW』の登場人物たちが迷いこみ、これまで幾つかのゲーム作品で相互のキャラクターがゲスト登場していたAWキャラとSAOキャラが本格的に共演するのが特徴となっている。

『LS』と同じく背中の羽による飛行、魔法とソードスキルと呼ばれる2種類の攻撃をベースにしたアクションで戦うSAO側のキャラクターに対し、AW側のキャラクターは移動速度を一定時間大幅アップする「加速」と、キャラクター固有の必殺技と、その必殺技よりも威力が高めの心意技の2種類の攻撃でバトルを行うことになる。そしてレベルへの依存度や回復スキルによる回復量の差など、SAOキャラクターとは全く異なる使い勝手となっている。
SAO側も『LS』からいくつかの変更が行われ、魔法詠唱中の移動が可能となったり、ソードスキルは使用に必要なスキルポイントが廃止され、使えるようになるまでの時間制限を除いては連続で使用できるリキャスト制になった。一方、『LS』まで存在していた、主人公であるキリトの容姿や声などの設定を自由に変更できるキャラクターエディットが廃止された。

『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏(AW VS SAO)』のあらすじ・ストーリー

第一部

ペルソナ・ヴァベル(画面左)の初登場シーン。まるで恨みでもあるかのようにユイ(画面右)を目の敵にする態度を見せた後、自らがALOに出現させた巨大な塔へと封印してしまう。

西暦2025年の年末、キリトとアスナ、ふたりをパパとママと呼ぶ人工知能の少女・ユイはVRMMORPG「アルヴヘイム・オンライン(以下、ALO)」をプレイしていた際、ALOに見慣れないフィールドを発見する。すると突然ひとりで行ってしまったユイを追ってキリトとアスナがそのフィールドに入ると、ひとつの巨大な塔が聳え立っていた。塔に近づくふたりの前に、ブラック・ロータスと名乗る女性型ロボットの外観をした謎のアバターが現れ、戦いを挑んできた。応戦するキリトとアスナは、塔の前にいるユイの元に漆黒の仮面を被った女性のアバターが現れるのを目撃する。
ペルソナ・ヴァべルというその仮面の女性のアバターは、いきなりユイを巨大な塔に閉じ込め、門に7つの鍵をかけて行方をくらました。立て続けに起きる急展開に戸惑うキリトとアスナにペルソナ・ヴァベルは「これは神々の黄昏の始まりだ」と告げて姿を消した。その後にキリトとアスナが敵ではないことを知ったブラック・ロータスは剣を納め、自分は「ブレイン・バースト(以下、BB)」と呼ばれるVRMMOからの訪問者で、さらにBBにおいて数あるプレイヤーの中でも最強とされる7人「純色の七王」のうちひとりである「黒の王」であることを語る。

ブラック・ロータスは相棒で恋人のシルバー・クロウら仲間たちと共にBBをプレイしていたが、BBのフィールドの上空に突如として現れた巨大な影に吸い込まれてこのALOに流れ着いたという。ブラック・ロータスは剣を向けた詫びとしてキリトとアスナにユイを救う協力をすると誓い、キリトとアスナの仲間であるリズベット、シリカ、エギル、リーファ、シノン、ストレアもふたりから事情を聞いてユイを救うべく立ち上がった。

第二部

ALOに現れた見知らぬフィールドを探索する中、ブラック・ロータスは同じくALOに流れ着いていたシルバー・クロウ、スカイ・レイカー、アーダー・メイデン、メタトロンと4人の仲間と合流する。それから一行がさらに探索を進める中、ブラック・ロータスと並ぶBBのプレイヤーの中でも最強の7人「純色の七王」のひとりであるスカーレット・レインを発見するが、彼女はふたりいて、そのうちのひとりはペルソナ・ヴァベルが作り出した複製体だった。
キリトたちはふたりのスカーレット・レインに混乱させられるが、ブラック・ロータスたちは加勢しようとした際にスカーレット・レインがとった態度から彼女と複製体の見分けをつける。そして、その場に現れたスカーレット・レインの相棒であるブラッド・レパードの加勢も得て、一行はスカーレット・レインの本物を助け出し、複製体を撃破した。こうして一行に助けられたスカーレット・レインは、一行から事情を聞かされてブラッド・レパードと共に協力することを決意。さらに一行は「プロミネンス」と名前が刻まれた謎の赤いオーブを手に入れる。

その後一行は、別のフィールドで異変に巻き込まれて迷子になっていたフィリアとクライン、同じくBBで異変に巻き込まれてALOに飛ばされてきたアッシュ・ローラーとシアン・パイルとも合流。そして一行はシアン・パイルから、純色の七王のひとりであるイエロー・レディオが、ブラック・ロータスの仲間であるライム・ベルを略取したことを伝えられる。一行はライム・ベルを救うべく、イエロー・レディオが潜む神殿風のダンジョンへと向かい、仕掛けられた数々の罠をくぐり抜けた後、最奥でイエロー・レディオと対峙する。
イエロー・レディオはライム・ベルの解放の条件として、ブラック・ロータスとスカーレット・レインによる一騎討ちを一行に迫る。その姑息さに気色ばむもライム・ベルを見殺しにできないふたりは一騎討ちをするが、隙を見てシリカ、フィリア、シノン、ブラッド・レパードがイエロー・レディオに奇襲を仕掛け、ライム・ベルを奪還する。逆上したイエロー・レディオは一行に襲いかかるが、激闘の末に返り討ちに遭い、「クリプト・コズミック・サーカス」の名前を持つ黄色のオーブを残して消滅した。

第三部

本作におけるクロム・ディザスター(画面中央)の初登場シーン。原作『AW』のファンはもちろん、『SAO』のファンも息を呑むほどの凄まじく凶悪なパワーでブラック・ロータスやキリトたちの前に立ち塞がってくる。

ライム・ベルを迎え入れ、そして同じく異変に巻き込まれて迷子になっていたキリトたちの仲間であるレインとも合流し、一行は新たなフィールドをさらに探索する。すると今度は純色の七王のひとりであるパープル・ソーンが現れ、殺意に満ちた叫びと共に凄まじい雷撃の嵐を放つ。その雷撃の嵐に苦戦どころか、絶体絶命のピンチに陥るブラック・ロータスとキリトたち一行。もはやこれまでかと誰もが思ったその時、ブラック・ロータスたちの仲間の最後のひとりであるアクア・カレントが現れ、彼女の加勢によって一行は形勢逆転し、パープル・ソーンを撃破する。
そして3つ目のオーブである「オーロラ・オーパル」を手に入れ、一息をつく一行だが、どこからか凶々しい咆哮が聞こえてきた。ブラック・ロータスとキリトたちが咆哮を聞いた先へ駆けつけると、そこにはモンスターたちを大剣で切り刻む凶悪な全身鎧のアバターがいた。その凶悪な全身鎧のアバターを見てブラック・ロータスたちが表情を変えた。

凶悪な全身鎧のアバターの正体は、ブラック・ロータスたちの世界で「災禍の鎧」の悪名を轟かせた呪いの強化外装「クロム・ディザスター」だった。かつて自分も含めた5人のプレイヤーに寄生して大暴れした末、自分と仲間たちの決死の尽力によって封印されたはずの存在を前にして怒りと悲しみで胸がいっぱいになったシルバー・クロウ、そしてブラック・ロータスたちは、キリトたちと共に渾身の戦いを挑む。だがクロム・ディザスターは凄まじいパワーでシルバー・クロウを一行ともども捩じ伏せた後、どこかへと姿を消した。

第四部

数々の激闘の末に仲間たちと共にユイの元に辿り着いたキリトとアスナだが、ユイはふたりの目の前でペルソナ・ヴァベルによって消滅させられてしまう。

一行は探索を続ける中、純色の七王のブルー・ナイトとグリーン・グランデに遭遇し、彼らに戦いを挑まれる。どちらもこれまでに倒した3人の七王と同じ複製体とはいえ侮れない強さだったが、一行は激闘の末にこれらも撃破して「レオニーズ」と「グレート・ウォール」の名前をそれぞれ持つ青と緑のオーブを入手。そしてさらに探索に入ったフィールドで、ブラック・ロータスたちと対立する組織「加速研究会」の副会長ブラック・バイスと、ブラック・ロータスの宿敵にして純色の七王のひとりであるホワイト・コスモスが姿を現す。
大激闘の末、一行はブラック・バイスとホワイト・コスモスを下し、さらにユイが封じられた巨大な塔の前に現れたブラック・ロータスの複製体も撃破する。こうして一行は「オシラトリ・ユニヴァース」という名前の白のオーブ、「ネガ・ネビュラス」という名前の黒のオーブを入手し、塔の門に鍵代わりとして7つのオーブを嵌め込むことでついに門を開けることができた。そして塔へと進入したブラック・ロータスとキリトたち一行だが、塔の最上階でクロム・ディザスターが再び立ち塞がるが、さらなる大激闘の末にクロム・ディザスターも打ち破った。

塔の最上階に辿り着いた一行の前に、ペルソナ・ヴァベルがユイを連れて姿を現した。「お前を守る駒はもう誰もいない」と勝利を宣言するブラック・ロータスと、「ユイちゃんを解放して!」と叫ぶアスナに対し、ペルソナ・ヴァベルは動じた様子を見せず、近くにある操作盤に手をかざした。すると、操作盤から放つ光がユイを包み込み、彼女を消滅させてしまう。ユイを消滅させられたことへの激情に駆られてキリトとアスナがペルソナ・ヴァベルに斬りかかるが、ふたりはハエでも追い払うかのように吹き飛ばされてしまう。
「神々の黄昏が、ついに始まるのだ……!妾の、勝利だ!!」と、冷たい高笑いを残し、ペルソナ・ヴァベルは姿を消してしまった。その場に残されたキリトとアスナ、その仲間たちはもちろん、ブラック・ロータスとシルバー・クロウたちも、ユイを失った深い悲しみに暮れる。その時、巨大な塔の外にALOでは見たことのない3体のエネミーが姿を現す。それらはBBに現れた「ビーイング」と呼ばれる、エネミーの中でも高ランクに位置する神獣系のエネミーだった。思わぬ敵の登場に一行が混乱すると、ストレアの様子が突然変わった。そして、「妖精たちよ……この声が、聞こえますか……?」と、ストレアの体を借りた何者かが語りかけてきた。

第五部

ストレアの体を借りた何者かは自らを1000年後の時代にいるストレア本人だと名乗り、自分のいるこの時代にもユイがいると言った。それにキリトとアスナが驚くと未来のストレアは、ユイは自分がいる未来の世界では生きていて、過去の時代であるこの世界で起きたユイの消滅が、1000年後の彼女の時代にはまだ影響を及ぼしていないからこそ希望はあると語った。そして未来のストレアは未来のユイから過去のユイの存在をロールバックさせることでユイの消滅を無かったことにすることができると説明し、「自分がいる未来まで来てほしい」と頼んだ後、未来へと戻ってしまう。
キリトとアスナは、未来のユイがいる世界へと行けばまだユイを助けられると確信し、ブラック・ロータスら仲間たちと共に新たな手がかりを求めてフィールドの探索に戻る。そんな中、ALOの氷山地帯の上空に現れた巨大な幽霊船の中で「ザ・トリニティ」と呼ばれる指輪を見つける。メタトロンによるとこの指輪は他にも2つあり、3つ全てを揃えないことには効果は発揮されず、さらにその効果は塔の周囲に現れた3体のビーイングに対抗できるというものだった。

一行は残り2つのザ・トリニティを入手し、その力を借りてビーイングたちを打ち倒し、「加速の飛晶」「逆速の潜爪」「強化の賢眼」と呼ばれる素材アイテムを入手する。そしてリズベットとレインがALOの鍛冶屋でこれらのアイテムを使って時間操作の能力を持つ武器「太陽の飾剣」「月光の飾剣」を作成し、一行はこのふたつの武器の力で1000年後の時代、すなわち未来の世界へとタイムトラベルする。そこで一行はペルソナ・ヴァベルと出会うが、仮面を外した彼女の顔がユイと瓜二つだということに驚きを隠せなかった。

第六部

ペルソナ・ヴァベルの正体と真実を知ったキリト(画面中央右)とアスナ(画面右)は、ペルソナ・ヴァベルを止めるべく仲間たちと共に最後の決戦に挑む。

ペルソナ・ヴァベルの正体は、未来の時代のユイだった。彼女は自分を置いて先立ってしまったキリトとアスナの遺志を継ぎ、同じ人工知能であるストレアら仮想世界の住人たちと共に現実と仮想ふたつの世界を繋げるために奮闘していたが、キリトとアスナのいない1000年もの月日に虚しさと生き辛さを感じるようになり、ついには「こんな辛い思いをするくらいならいっそ消えたい」「パパ(キリト)とママ(アスナ)たちのところへ行きたい」と思考するようになった。そこでペルソナ・ヴァベルは、過去の自分を消すことで歴史の上書きを引き起こすことを思いついた。
ペルソナ・ヴァベルは過去に自分がいる世界に分身を送り込み、そこで過去の自分を消滅させた。そしてこのまま未来の自分が消滅すれば、この1000年もの間に築き上げた数々の功績もなかったことにされる。ペルソナ・ヴァベルが言っていた「神々の黄昏」はこの意味を示していた。すべてを話し終えたペルソナ・ヴァベルは、絶句するキリトとアスナに「このまま帰ってほしい」と突き放すように言うが、その時、シルバー・クロウが割って入った。

シルバー・クロウは、未来のユイはきっと心のどこかでキリトやアスナに自分を止めて欲しいのだと言う。そして、ふたりに愛され続けた彼女がどうして幸せな人生を無かったことにしようとするのかが自分にはわからないとキリトとアスナに訴えた。その時ペルソナ・ヴァベルは鬼の形相になって「虚構のママゴトに揺蕩い、現実を見ようとせぬ幼稚な発想だ……!もはや貴様らとは問答をするに値するにしない!!」と叫び、巨大な剣を手にした魔女を思わせる異形へと変貌した。
その凶悪なまでのユイの変貌に息を呑むキリトとアスナだが、1000年にも及ぶユイの努力をなかったことにはせず、そして時代を越えても自分たちがユイを愛している思いは変わらないと伝えることを決意し、それぞれの剣を手に取って最後の決戦に臨んだ。

エンディング

自らの正体と真実を知ってもなお変わらないキリト(左)とアスナ(右)の愛情を前に、ペルソナ・ヴァベルこと未来のユイ(中央)は子供のように泣きじゃくった。

決戦の末、キリトとアスナはブラック・ロータスやシルバー・クロウら仲間たちと共にペルソナ・ヴァベルを打ち破った。元の姿に戻ったペルソナ・ヴァベルは、「自分を倒したところでもう歴史の上書きが始まってるから手遅れだ」と自嘲気味にキリトとアスナに笑いかける。しかしその時、ペルソナ・ヴァベルの前にひとつの光の粒子が現れた。それはクロム・ディザスターが自らの体内に隠し持っていた、ALOで消滅したはずのユイの欠片だった。
クロム・ディザスターはブラック・ロータスたちによって封印された後、1000年もの間眠りについていた。しかし1000年後の時代で行われていた、人間の感情を仮想世界に逃がす「ソウル・リムーブ・プロジェクト」と呼ばれる計画が失敗すると共に、ひとつの結晶体となった人間の悪意によって復活してしまう。そこでクロム・ディザスターの暴走を抑えるためにペルソナ・ヴァベルが新たな装着者となり、同時に複製体の七王やブラック・バイスと並ぶ駒として使役していたのだった。

メタトロンはこのユイの欠片を見て、これをペルソナ・ヴァベルと融合させて過去の世界へと連れて帰れば、ユイは復活すると告げる。しかし同時にメタトロンは、融合する際にはふたりのユイの記憶のメモリーを初期化しなければならないとも警告する。だが、自分たちにとって大切な家族同然の存在であるキリトとアスナは迷うことなく融合を決断し、ペルソナ・ヴァベルの苦悩と努力を自分たちが記憶し、復活した過去のユイに伝えることを誓った。
キリトとアスナは、過去のユイの欠片を大事に抱えながら、「ペルソナ・ヴァベルも自分たちにとっては大切な娘だから、一緒に帰ろう」と訴えた。そんなふたりの暖かい思いと決意を前に、ペルソナ・ヴァベルはその場に頽れて号泣する。キリトとアスナも涙を流しながら、ペルソナ・ヴァベルをそっとふたりで抱きしめた。それからペルソナ・ヴァベルと過去のユイの欠片は融合してユイは蘇り、キリトとアスナ、ブラック・ロータスとシルバー・クロウたちはそれぞれの世界へと帰っていった。

『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏(AW VS SAO)』のゲームシステム

『AW』と『SAO』のキャラとで異なるアクション

tata123432
tata123432
@tata123432

Related Articles関連記事

ソードアート・オンラインII(SAO II)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンラインII(SAO II)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンラインIIは、川原礫(かわはられき)が電撃文庫で連載中のライトノベル及びそれらを原作としたアニメ作品でソードアート・オンラインの続編。時はVRゲームが普及した2020年代。ゲーム内の死が現実になるデスゲーム「SAO」から生還した主人公・キリトは、デスガンというプレーヤーに撃たれた者が現実世界で変死を遂げている噂を耳にし、その謎を解明すべくガンゲイル・オンラインにダイブする。

Read Article

ソードアート・オンライン(SAO)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンライン(SAO)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンラインは、川原礫(かわはられき)が電撃文庫で連載中のライトノベル。およびそれを原作としたアニメ作品。VRMMORPG、ソードアート・オンライン(SAO)が発表された2022年。ユーザー達は仮想世界に埋没していくが、SAOの正体はゲーム内での死が現実になる命懸けのデスゲームだった。開発者の思惑によりログアウト不能となった世界で、主人公のキリトは現実世界に戻るべく、死闘を繰り広げる。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld (SAO アリシゼーション WoU)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld (SAO アリシゼーション WoU)のネタバレ解説・考察まとめ

『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld(SAOアリシゼーションWoU)』とは、川原礫が手がける電撃文庫の代表作『ソードアート・オンライン』のテレビアニメ作品のひとつである。本作は「アンダーワールド」と呼ばれる人工の異世界を舞台に、ヒロインであるアリスが主人公のキリトこと桐ヶ谷和人とその仲間たちと共に、『ダークテリトリー』と呼ばれるその異世界の闇の領域に住む軍団と、それを裏から操る現実世界の侵略者たちの陰謀に立ち向かう物語を描いている。

Read Article

ソードアート・オンライン(SAO)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ソードアート・オンライン(SAO)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ソードアート・オンライン』とは、架空のフルダイブ型バーチャルリアリティーオンラインゲームを舞台にした川原礫によるライトノベル、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 本作は2009年より連載の続くライトノベルのアニメ化第一弾であり、アインクラッド編は剣技で戦う世界で、続くフェアリィ・ダンス編は剣と魔法で戦う妖精世界が舞台となっている。 剣と魔法による命がけの戦いからは数多くの名言が生まれ、本作の持つ世界観は類似のVRMMORPGを舞台にした作品群にも多大な影響を与えた。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(SAO アリシゼーション)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(SAO アリシゼーション)のネタバレ解説・考察まとめ

『ソードアート・オンライン アリシゼーション(SAO アリシゼーション)』とは、川原礫による架空のVRゲームを舞台とした人気ライトノベルシリーズ『ソードアート・オンライン』のテレビアニメ作品のひとつである。本作は主人公のキリトこと桐ヶ谷和人が現実世界での事故によって人工の異世界「アンダーワールド」に迷い込んでしまい、そこで出会ったユージオやアリスらアンダーワールドの住人たちと共に、現実世界への帰還を目指して冒険する物語を描いている。

Read Article

劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(SAO OS)のネタバレ解説・考察まとめ

劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(SAO OS)のネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(SAO OS)』とは、川原礫が手がける電撃文庫の代表作『ソードアート・オンライン』の劇場アニメ作品である。本作は、ゲーム内で死亡すると現実でも死亡するデスゲームを乗り越えた主人公のキリトこと桐ヶ谷和人とその仲間たちが、AR(拡張現実)を用いたオンラインゲーム「オーディナル・スケール」の裏で蠢く陰謀に立ち向かう物語を描いている。

Read Article

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(SAOAGGO)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(SAOAGGO)のネタバレ解説・考察まとめ

『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(SAOAGGO)』とは、川原礫の人気ライトノベル『ソードアート・オンライン』の時雨沢恵一によるスピンオフ作品とそのテレビアニメ作品である。本作は主人公のレンこと小比類巻香蓮が、VRゲームをプレイすることで高身長という自分のコンプレックスと向き合い、そしてピトフーイやエムらライバルたちと競い合うことで人間として成長していく物語を描いている。

Read Article

【ソードアート・オンラインII】銃の世界でただ一人、ライトセーバーで戦う少年が居た。

【ソードアート・オンラインII】銃の世界でただ一人、ライトセーバーで戦う少年が居た。

舞台を剣の世界から銃の世界に移して繰り広げられるソードアート・オンラインの続章。 GGO(ガンゲイル・オンライン)で都市伝説とされていた、謎のプレーヤーにゲームの世界で撃たれた人々が現実世界でも死を遂げる事件が発生する。主人公はその事件の調査をすべくGGOへと潜り込む。

Read Article

【命懸けのデスゲーム】ソードアートオンライン

【命懸けのデスゲーム】ソードアートオンライン

『このゲームの死が意味するのは、現実世界での死である。』 プレイヤーがゲームの舞台である「浮遊城アインクラッド」から脱出する方法はただ一つ、100層からなる浮遊城のボスを倒してゲームをクリアする事。 次々とプレイヤーが命を落としていく中、主人公たちはゲームをクリアし現実世界に生きて戻る事ができるのか!?

Read Article

【キリ子】SAO2のキリトの壁紙・画像まとめ【ソードアート・オンラインII】

【キリ子】SAO2のキリトの壁紙・画像まとめ【ソードアート・オンラインII】

『ソードアート・オンライン』の主人公であるキリトは、原作の「ファントム・バレット」、アニメ『ソードアート・オンラインII』でGGO(ガンゲイル・オンライン)というMMORPGにダイブした際、アバターが少女のような見た目となった。性転換したわけではなく、あくまで外見のみが少女のようになっただけだったが、ファンは親しみを込めてこの姿を「キリ子」と呼ぶようになった。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『ソードアート・オンライン アリシゼーション』とは、ライトノベル『ソードアート・オンライン』を原作とするアニメである。 キリトは過去に因縁がある死銃事件の実行犯による襲撃を受け、昏睡状態に陥る。キリトが目覚めると、そこは現実世界とそっくりな仮想世界・アンダーワールドだった。彼はそこで出会った少年・ユージオと共に、世界の中心「セントラル・カセドラル」を目指す。 現実世界での極秘プロジェクトと仮想世界での事件がリンクする世界観で、冒険や絆、バトルを描くSFアクション系ファンタジー。

Read Article

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』とは、時雨沢恵一によるライトノベル原作のアニメ作品。アニメ『ソードアート・オンライン』シリーズのスピンオフ作品で、同作に登場するゲーム『ガンゲイル・オンライン』を舞台とした物語が展開される。 高身長にコンプレックスを抱き続けてきた女子大生の小比類巻香蓮は、友人の勧めでVRゲーム『ガンゲイル・オンライン』を始める。低身長アバター『レン』となってゲームにのめり込む彼女は、チーム戦イベント『スクワッド・ジャム』に参加することになる。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第1話『アンダーワールド』)のあらすじと感想・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第1話『アンダーワールド』)のあらすじと感想・考察まとめ

仮想世界へフルダイブするマシンを使用した極秘プロジェクトが行われる中で、キリトはマシンで仮想世界にダイブするアルバイトをしていたが、フルダイブ中の記憶は消去されていた。そんなある日、キリトは現実世界で因縁がある「死銃(デス・ガン)事件」の実行犯・ジョニー・ブラックに襲われ、昏睡状態になる。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第1話『アンダーワールド』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

【SAO】キリトのソードスキルまとめ【ソードアート・オンライン】

【SAO】キリトのソードスキルまとめ【ソードアート・オンライン】

『ソードアート・オンライン』の舞台となるSAOでは、魔法といったものが存在しない代わりにソードスキルと呼ばれるものが存在する。文字通り武器によるスキルで、戦いにおいて重要なダメージソースとなっている。作中でも主人公のキリトが多くのソードスキルを披露している。ここではキリトが使用したソードスキルをまとめた。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第10話『禁忌目録』)のあらすじと感想・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第10話『禁忌目録』)のあらすじと感想・考察まとめ

キリトとユージオの側付きであるロニエとティーゼの姿が見当たらず、キリトは2人を探すために外に出た。入れ違いにならないように部屋に残ったユージオの元に来たのは、ティーゼの同室の初等練士であるフレニーカだった。彼女からロニエとティーゼに危険が迫っていることを知らされたユージオは、1人でウンベールとライオスの部屋へと駆けつける。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第10話『禁忌目録』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第6話『アリシゼーション計画』)のあらすじと感想・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第6話『アリシゼーション計画』)のあらすじと感想・考察まとめ

ラースの研究施設「オーシャン・タートル」への潜入に成功したアスナは、菊岡にキリトの居場所はどこかと詰め寄る。そこで菊岡に明かされたのは、想像を絶する壮大な目的を持つ「ソール・トランスレーター」を使った計画である「アリシゼーション計画」と、その計画でのキリトの役割だった。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第6話『アリシゼーション計画』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第5話『オーシャン・タートル』)のあらすじと感想・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第5話『オーシャン・タートル』)のあらすじと感想・考察まとめ

現実世界ではキリトは昏睡状態に陥り、行方不明となっていた。恋人のアスナを始めとした仲間たちがキリトの行方を追い、茅場晶彦の大学時代の同期・神代凜子が関わる研究がキリトの居場所に繋がる鍵なのではないかということに気づく。神代凜子に連絡を取ったアスナは、キリトが居るかもしれない人工島「オーシャン・タートル」に辿り着く。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第5話『オーシャン・タートル』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第12話『図書室の賢者』)のあらすじと感想・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第12話『図書室の賢者』)のあらすじと感想・考察まとめ

地下牢からの脱出に成功したキリトとユージオは、整合騎士エルドリエ・シンセシス・サーティワンに遭遇し、戦闘になる。その最中エルドリエが人間としての記憶を失っていることに気づいた2人は、エルドリエに過去の記憶を思い出すように呼びかけるが、更なる追手が迫って来た。 絶体絶命の2人を救ったのは、カーディナルと名乗る1人の不思議な少女だった。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第12話『図書室の賢者』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第7話『剣の学び舎』)のあらすじと感想・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第7話『剣の学び舎』)のあらすじと感想・考察まとめ

キリトとユージオはルーリッドの村を出て央都セントラルに着き、北セントリア帝立修剣学院で剣士になるために学ぶ日々を送っていた。キリトが側付きとなった学院次席のソルティリーナは、キリトの剣術にまだ見せていない強さがあると見抜き、キリトは彼女の卒業までにまだ見せていない技を見せると約束する。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第7話『剣の学び舎』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第9話『貴族の責務』)のあらすじと感想・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第9話『貴族の責務』)のあらすじと感想・考察まとめ

上級修剣士となったキリトとユージオだが、ユージオは自分の剣にどんな想いを込めて強くなれば良いのかと悩んでいた。そんな中、ユージオは次席のウンベールに絡まれて立ち合いの申し込みを受け、引き分けになった。上級貴族である自分が平民出身のユージオと引き分けになったことで逆恨みをしたウンベールは、ユージオを貶めるために自分の側仕えである少女を利用する。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第9話『貴族の責務』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

【SAO】アスナのかわいい画像をまとめてみた【ソードアート・オンライン】

【SAO】アスナのかわいい画像をまとめてみた【ソードアート・オンライン】

アスナは『ソードアート・オンライン』に登場するキャラクターである。SAO時代にはギルド「血盟騎士団」の副団長を務めていた。その優れた容姿やカリスマ性、冴えわたる剣技から作中でも大変な人気を誇り、無数のファンがいたほどである。人の良い性格だが、理不尽に人を害する相手に対しては毅然と立ち向かう強さを持つ。そんなアスナのかわいい画像をまとめた。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第8話『剣士の矜持』)のあらすじと感想・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第8話『剣士の矜持』)のあらすじと感想・考察まとめ

学院首席のリーバンテイン先輩との手合せで、引き分けの結果になったキリト。そんなキリトの試合を見たソルティリーナは、独自流派であるセルルト流の後継者である自分への自信を持ち、修剣士検定試合で首席の座を勝ち取る。一方、上級貴族の同期生からの嫌がらせでキリトが大切に育ててきた花が無惨にも荒らされてしまうが、仮想世界でのイメージ力がキリトに力を貸す。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第8話『剣士の矜持』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第15話『烈日の騎士』)のあらすじと感想・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第15話『烈日の騎士』)のあらすじと感想・考察まとめ

セントラル・カセドラルを上るキリトとユージオの前に現れたのは、リネルとフィゼルと名乗る2人の少女だった。何故子どもがいるのかと不思議に思うキリトとユージオだったが、リネルとフィゼルの不意打ちで毒剣を刺されてしまい、麻痺状態になってしまう。 身動きが取れない2人はリネルとフィゼルに引きずられながら、副騎士長を務める整合騎士の元へ連れて行かれる。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第15話『烈日の騎士』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

SAOの名言・名セリフまとめ【ソードアート・オンライン】

SAOの名言・名セリフまとめ【ソードアート・オンライン】

『ソードアート・オンライン』はVRMMOという仮想世界をテーマに扱った作品である。ゲームの死が現実の死に直結するゲーム「ソードアート・オンライン」に囚われたキリトやアスナたちの言葉は非常に真に迫っており、小説の読者やアニメの視聴者の心によく響いた。ここではそんな名言・名セリフをまとめた。

Read Article

SAOキャラクターの強さランキング【ソードアート・オンライン】

SAOキャラクターの強さランキング【ソードアート・オンライン】

『ソードアート・オンライン』は数々のVRMMORPGを舞台に描かれる作品だ。リアルな仮想世界へとダイブできる作中のVRMMORPGでは、心・精神力の強さがゲーム中での強さに影響を与える。ここでは主人公のキリトやそのライバルといえるヒースクリフなど、『ソードアート・オンライン』の登場人物・キャラクターの強さをランキング形式でまとめた。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第11話『セントラル・カセドラル』)のあらすじと感想・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第11話『セントラル・カセドラル』)のあらすじと感想・考察まとめ

禁忌目録に違反したキリトとユージオは罪人となり、セントラル・カセドラルの牢屋に投獄されることになった。2人を連行するために姿を現したのは、何と整合騎士になったアリスだった。しかしアリスはユージオのことを覚えておらず、雰囲気も幼い時とは全く違う物に変わっていた。 一方、現実世界では、キリトの回復を待つアスナの前に奇妙な姿のロボットが現れる。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第11話『セントラル・カセドラル』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

待ち受けに使えるSAOの壁紙・画像集【ソードアート・オンライン】

待ち受けに使えるSAOの壁紙・画像集【ソードアート・オンライン】

『ソードアート・オンライン』はゲームでの死が現実の死に繋がるSAOというVRMMORPGに閉じ込められた主人公、キリトの活躍を描く作品だ。登場人物・キャラクターが一人一人魅力的で、アニメ化や劇場映画化されるほどの人気を誇る。ここでは人気の『ソードアート・オンライン』の待ち受けに使える壁紙画像を集めた。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第13話『支配者と調停者』)のあらすじと感想・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第13話『支配者と調停者』)のあらすじと感想・考察まとめ

キリトはカーディナルが招いたセントラル・カセドラルの中の大図書室で、彼女とアドミニストレータであるクィネラとの因縁を説明された。カーディナルはアンダーワールドの秩序を守る自律型プログラムだったのだ。キリトはそれを聞いて驚くが、彼女は更にアンダーワールドに迫りくる危機を告げる。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第13話『支配者と調停者』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

SAOの高画質な画像まとめ【ソードアート・オンライン】

SAOの高画質な画像まとめ【ソードアート・オンライン】

『ソードアート・オンライン』はVRMMOという仮想世界をテーマにした作品。ゲームで死亡すると現実の世界でも死んでしまうというデスゲームに巻き込まれたキリトやアスナたちの活躍が描かれる。死というものが間近に迫ったハラハラする展開などから、絶大な人気を誇っている。 ここでは『ソードアート・オンライン』の高画質な画像をまとめた。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第4話『旅立ち』)のあらすじと感想・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第4話『旅立ち』)のあらすじと感想・考察まとめ

キリトとユージオは大怪我を負いながらも、ゴブリンたちの手からセルカを救い出すことに成功した。またゴブリンを退治したことで、ユージオは青薔薇の剣を使えるようになり、キリトに剣術を教えてもらう。そして無事にギガシスターを切り倒した二人は、剣士になるために旅立つ。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第4話『旅立ち』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

【SAO】フェアリィ・ダンス編でキリトが最後に零した言葉とは?【ソードアート・オンライン解説・考察】

【SAO】フェアリィ・ダンス編でキリトが最後に零した言葉とは?【ソードアート・オンライン解説・考察】

ALOでの戦いが描かれる『ソードアート・オンライン』のフェアリィ・ダンス編のラスト、SAOの舞台となった浮遊城「アインクラッド」が現れた際に、キリトは俯いて何かを呟いた。そのシーンはアニメでも描かれたが、原作・アニメ共に何を言ったのか明確にはならなかった。ここではあの場面でキリトが何を言ったのかを考察する。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第2話『悪魔の樹』)のあらすじと感想・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第2話『悪魔の樹』)のあらすじと感想・考察まとめ

現実世界で昏睡状態に陥ったキリトが目覚めると、そこは仮想世界を彷彿とさせる謎の世界だった。キリトは森の中を彷徨い、巨大な樹の下で1人の少年・ユージオと出会う。ログアウトが出来ない状況の中、仮想世界の謎は深まるばかりだった。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第2話『悪魔の樹』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

【SAO】シノン/朝田詩乃のかわいい壁紙・画像をまとめてみた【ソードアート・オンライン】

【SAO】シノン/朝田詩乃のかわいい壁紙・画像をまとめてみた【ソードアート・オンライン】

シノン/朝田詩乃は『ソードアート・オンライン』に登場するキャラクターで、ファントム・バレット編のヒロインである。ファントム・バレット編の舞台となるGGOでは主人公のキリトと協力して大会を勝ち上がる。普段はクールな表情が多いシノンだが、時折見せる笑顔や照れた表情が可愛らしいと読者から評判。ここではそんなシノンのかわいい画像を中心にまとめた。

Read Article

【SAO】シノン/朝田詩乃のイラスト・画像まとめ【ソードアート・オンライン】

【SAO】シノン/朝田詩乃のイラスト・画像まとめ【ソードアート・オンライン】

シノン/朝田詩乃は『ソードアート・オンライン』のキャラクターで、GGOというVRMMOでの出来事を描いた「ファントム・バレット」から登場する。現実世界の朝田詩乃は眼鏡をかけているが、仮想世界にシノンとして存在する時は裸眼である。過去のとある出来事により、自立心が強く同世代と比べても非常に大人びた性格が形成された。

Read Article

目次 - Contents