栗花落カナヲ(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

栗花落カナヲ(つゆり かなを)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。
主人公である炭治郎の同期の剣士の一人。柱に才能を認められた継子であり、蟲柱の胡蝶しのぶに師事している。
『花の呼吸』の使い手であり、並外れた視覚を有している。

栗花落カナヲのプロフィール

階級:癸 → 己 → 丁
誕生日:5月19日(本当の日付がわからないため、カナエとしのぶに出会った日にしている)
年齢:16歳
身長:選別時152cm → 9巻辺り156cm
体重:選別時44kg → 9巻辺り46kg
出身地:東京府 本所區(現:墨田区 向島)
趣味:朝から晩までシャボン玉
好きなもの:アオイの作ったもの全部、ラムネ

炭治郎の同期の剣士の一人。
サイドテールに紫色の瞳、蝶の髪飾りが特徴。スカートの隊服にブーツを着用している。
前花柱の胡蝶カナエと、蟲柱・胡蝶しのぶの義妹である。
常に笑顔を浮かべており、自ら話す事がない。これは幼少期に虐待を受けたことに原因がある。自分の意見を持っておらず、指示されたこと以外はコイントスで自身の行動を決める。しかし、炭治郎との出会いにより徐々に自身の考えで動くようになった。

『花の呼吸』を使用して戦闘を行う。
人並み外れた視覚を有している。敵の肩や視線、つま先、膝など、体全体の動きから攻撃を予測する事ができる。
蟲柱の胡蝶しのぶの『継子(才能を認められた柱の直弟子)』であり、炭治郎たちよりも早く『全集中の呼吸・常中(全集中の呼吸を常に行う事)』を体得していた。

栗花落カナヲの来歴

胡蝶カナエ、胡蝶しのぶとの出会い

虐待されて育ったカナヲ

カナヲは両親から虐待されて育った。両親はカナヲが泣くとさらに暴力を振るい、水の中へ沈めた(カナヲには兄妹がいたが、虐待により死亡したと思われる)。その行き過ぎた暴力から逃れるために、カナヲは視覚が異常に発達して致命傷を避けていた。カナヲはある時期まで痛みや辛さを感じていたが、ある時から糸が切れたように何も感じなくなった。その後、カナヲは人買いに売られてしまう。

人買いに連れられて歩いているカナヲを胡蝶カナエと、その妹である胡蝶しのぶが見つける。カナエとしのぶはカナヲを人買いから救って連れ帰った。
カナヲは虐待されていたせいで自分で考えて動くことができず、ご飯を出されても食べようとしなかった。そこでカナエはカナヲにコインを渡し、迷った時はコインを投げて決めるようにアドバイスした。その能天気な考えにしのぶは怒ったが、カナエは「きっかけさえあれば人の心は花開くから大丈夫。いつか好きな男の子でもできたらカナヲだって変わるわよ。」と微笑んだ。
それからカナヲはカナエとしのぶの妹となり、一緒に暮らすようになった。

その後、カナヲは最終選別試験を潜り抜け鬼殺隊に入隊した。同じ試験を受けていた炭治郎や善逸は傷だらけだったが、カナヲだけは汚れひとつ付かずに涼しい顔をしていた。

炭治郎との出会い

那田蜘蛛山の応援に来たカナヲ

カナヲは、下弦の伍である累と戦う炭治郎たちの応援に那田蜘蛛山へと向かう。そこでカナヲは鬼によって負傷した隊員たちの治療を先導する。そしてカナヲは禰󠄀豆子を見つけて斬りかかるが、炭治郎による邪魔が入る。カナヲは炭治郎をカカト落としにより失神させ、禰󠄀豆子の頸を狙った。禰󠄀豆子は体を小さくして逃げ続け、カナヲは攻撃してこない禰󠄀豆子に疑問を抱いた。その時、炭治郎と禰󠄀豆子を殺さないように伝令が入り、カナヲは攻撃をやめた。

当初、炭治郎たちはカナヲに敵わなかった

その後、累との戦いで負傷した炭治郎たちが『蝶屋敷(しのぶが所有する医療施設)』へと運ばれてくる。カナヲは炭治郎たちのリハビリである『機能回復訓練』に付き合うことになる。カナヲは炭治郎たちと薬のかけ合いと、追いかけっこをすることになるが、誰一人カナヲに敵わなかった。炭治郎はカナヲが『全集中の呼吸・常中』ができることを知る。炭治郎たちは鍛錬を積むことにより『全集中の呼吸・常中』を習得し、カナヲに勝つことができた。

炭治郎に心のままに生きるように決められたカナヲ

炭治郎たちは『機能回復訓練』を終え、次の任務に出ることになった。炭治郎は世話になったカナヲに挨拶に行く。
カナヲは礼を言う炭治郎に対し、ニコニコ微笑んでいるだけだった。しかし、炭治郎がいつまでたっても帰らないため、コインを投げ、表が出たために「師範の指示に従っただけなのでお礼を言われる筋合いは無いから。さようなら。」と話した。だが炭治郎は帰るどころか腰を下ろし「今投げたのは何?」「表と裏って書いてあるね。なんで投げたの?」「あんなに回るんだね。」と話し出した。カナヲは最初は受け流していたが、折れることがない炭治郎に「指示されてないことはこれを投げて決める。今あなたと話すか話さないか決めた。」と話した。すると炭治郎は「なんで自分で決めないの?カナヲはどうしたかった?」と問う。カナヲが「どうでもいいの。全部どうでもいいから自分で決められないの。」と言うと、炭治郎は「この世にどうでもいいことなんて無いと思うよ。きっとカナヲは心の声が小さいんだろうな。」と返した。
炭治郎は少し悩んだ後、カナヲのコインを持ち「よし!投げて決めよう!カナヲがこれから自分の心の声をよく聞くこと!表!表にしよう!表が出たらカナヲは心のままに生きる!」と言ってコインを投げた。炭治郎が投げたコインは表だった。炭治郎はカナヲの手を握り、「カナヲ!頑張れ!人は心が原動力だから!心はどこまでも強くなれる!」と言ってその場を去ろうとした。カナヲは慌てて「なっ何で表を出せたの?」と聞いた。すると炭治郎は「偶然だよ。それに裏が出ても、表が出るまで何度でも投げ続けようと思ってたから。」と笑顔で答えた。
炭治郎が去った後、カナヲはコインを大事そうに握った。
その後、カナヲは徐々に自分の考えを口にするようになった。

炭治郎の身を案じていたカナヲ

その後、炭治郎や同期の鬼殺隊の隊員である不死川玄弥は、上弦の肆である半天狗との戦いで重傷を負っていた。炭治郎は二ヶ月間昏睡した後に目を覚ました。炭治郎の看病をしていたカナヲは、炭治郎が目を覚ましたことに驚き、手に持っていた花瓶を落とした。そして「…大丈夫?戦いの後、二ヶ月間意識が戻らなかったのよ。目が覚めて良かった…」と言って涙を流した。しかし、他に炭治郎を心配している者がいるのにも関わらず、それを知らせなかった事により、お見舞いに訪れた『隠(鬼殺隊の事後処理部隊)』の後藤さんに「意識戻ってんじゃねーか!もっと騒げやアアア!」と叱られてしまった。

上弦の弐・童磨との遭遇

しのぶが吸収されるのを見たカナヲ

鬼の首魁である鬼舞辻無惨が、鬼殺隊の長である産屋敷耀哉の元を訪ねてくる。無惨の到来を予知していた耀哉は、家族を巻き込みながらも自爆し、無惨にダメージを与えた。そこへ炭治郎や柱たちが集結し、無惨を討とうとする。しかし一同は異空間『無限城』へと閉じ込められてしまった。

カナヲも無限城の中に入っていた。カナヲはある部屋で上弦の弐である童磨と遭遇する。童磨はカナエを殺した鬼であった。童磨はしのぶと戦い、しのぶを吸収している最中だった。それを見たカナヲは怒髪天に達し、童磨に斬りかかった。童磨はそれを躱してしのぶを吸収した。

童磨を非難するカナヲ

童磨は上弦の参である猗窩座が倒された事を察しており(炭治郎と水柱の冨岡義勇が倒した)、「悲しい。一番の友人だったのに …。」と言って涙を流した。カナヲはそんな童磨を見て「もう嘘ばっかり吐かなくていいから。」と言った。童磨はその言葉に疑問を抱く。カナヲは一番の友達が死んだというのに、顔色に全く変化がないことを指摘した。そして「貴方何も感じないんでしょ?この世に生まれてきた人たちが、当たり前に感じている喜び、悲しみや怒り、体が震えるような感動を。でも貴方は頭が良かったから嘘を吐いて取り繕った。自分の心に感覚がないってばれないよう、楽しいふり、悲しいふり。貴方には、嬉しいことも、楽しいことも、苦しいことも、つらいことも、本当は空っぽで何もないのに。滑稽だね。馬鹿みたい。ふふっ。貴方何のために生まれてきたの?」とカナヲは言った。童磨はいつも笑顔を浮かべている鬼だが、この時は真顔で「君みたいな意地の悪い子初めてだよ。何でそんな酷いこと言うのかな?」と言った。

伊之助に助けられたカナヲ

童磨は氷の血鬼術を使うが、カナエはその冷気を全く吸わなかった。しのぶが死ぬ間際に指文字でカナヲに童磨の能力を伝えてはいたが、それでも戦闘をしながら一度も冷気を吸わないのは至難の技だった。童磨はカナヲの事を「ややもすると、今喰った柱の娘より実力があるのかもしれない。」と評した。
童磨と対峙したカナヲは震えが止まらないほどのプレッシャーを感じていた。しかし、それを上回る憎悪がカナヲの中に渦巻いていた。カナヲは優れた視力により童磨の攻撃を予見し攻撃を避けていた。それに気づいた童磨は次々に広範囲に効果が及ぶ血鬼術を使用し、カナヲは遠ざけられた。距離が離れているのにも関わらず、童磨はカナヲの視界から消え、次の瞬間には日輪刀を奪っていた。そして童磨は血鬼術をカナヲに向けて放った。カナヲは成す術がなかったが、その時、天井から同期の鬼殺隊の剣士である嘴平伊之助が落ちてきてカナヲ助けた。

伊之助は傷ついたカナヲ見て「おまっ…ボロボロじゃねーか!何してんだ!怪我したらお前アレだぞ!しのぶが怒るぞ!すげー怒るからなアイツ!」と口にした。それを聞いたカナヲは悲しみの表情を浮かべた。その表情を見た伊之助は「死んだのか?しのぶ。」と問い、しのぶから優しくされたことを思い出した。そして童磨に向き直った伊之助は「咬み殺してやる塵が。」と吐き捨てた。
その後、伊之助の素顔を見た童磨は、伊之助の事を見たことがあると口にした。童磨は伊之助の母親を殺しており、伊之助が山に捨てられたのはそのためだった。母親の事を思い出した伊之助は「ただ頸を斬るだけじゃ足りねぇ!お前には地獄を見せてやる!」と叫んだ。

童磨を倒して涙を流すカナヲ

鶴の恩返し
鶴の恩返し
@tsuru-no-ongaeshi

Related Articles関連記事

NEW

珠世(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

珠世(たまよ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼の一人である。 鬼でありながら、鬼の首魁である鬼舞辻無惨の抹殺を目的としている。通常、人の血肉を喰わなければ飢餓で苦しむことになるが、珠世は体を弄り人間を喰わなくていいようにしている。 医者でもあり、鬼となった禰󠄀豆子を人間にするための研究を進める。

Read Article

鬼滅の刃(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品である。2019年にはアニメ化された。 舞台は大正時代の日本。竈門炭治郎は町へ炭を売って帰って来た。家に着いた炭治郎が目にしたのは惨殺された家族の姿だった。そして一人生き残っていた妹の禰豆子は鬼になっていた。炭治郎は鬼にされた妹を人間に戻す為、そして惨殺家族の仇討ちの為に鬼狩りの道へと進む。 炭治郎は鬼になった妹を抱えながら鬼を倒して行く。愛憎入り交じるダークファンタジー。

Read Article

NEW

鬼舞辻無惨(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん)とは、『鬼滅の刃』における最大の敵である。 人間を鬼に変えることができる唯一の鬼であり、鬼たちの首魁である無惨を倒す事こそが『鬼殺隊』の宿願となっている。禰󠄀豆子を鬼にし、炭治郎の家族を殺害したのも無惨である。 残虐非道で自己中心的な考えを持ち、自身の願いの為に人間を鬼にして回っている。自分の意に背く者であれば、鬼であっても容赦なく殺害する。 自身が鬼となった原因である『青い彼岸花』と、太陽を克服する方法を探している。

Read Article

NEW

我妻善逸(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

我妻善逸(あがつま ぜんいつ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 主人公である炭治郎の同期の剣士の一人で、炭治郎と行動を共にする主要人物の一人である。 『雷の呼吸』の使い手であり、聴力が優れている。 とてつもない臆病者で、鬼と戦うことをひどく恐れている。鬼と戦う時は、気絶しながら戦う。普段のコミカルなキャラと、戦闘時のキャラが大きく違い、そのギャップによりファンから人気がある。

Read Article

NEW

産屋敷耀哉(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

産屋敷耀哉(うぶやしき かがや)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの組織『鬼殺隊』の長である。 カリスマ性があり、個性的な人物が多い鬼殺隊の隊員たちを取り纏めている。 『1/fゆらぎ』という特殊な声と、予知ともいえるような先見の明を持っている。 鬼の首魁である鬼舞辻無惨の打倒を宿願としている。

Read Article

NEW

継国縁壱(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

継国縁壱(つぎくに よりいち)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 凄まじい才能の持ち主で、生まれつき痣を発現させ、鬼の首魁である鬼舞辻無惨を追い詰めた。全ての呼吸の源流である『日の呼吸』の使い手であり、その『日の呼吸』から派生した呼吸は、縁壱が他の剣士に自身の技を教える過程で作り出された。 炭治郎の祖先に『日の呼吸』を教えており、それが『ヒノカミ神楽』として伝えられていた。

Read Article

NEW

嘴平伊之助(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

嘴平伊之助(はしびら いのすけ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 主人公である炭治郎の同期の剣士の一人で、炭治郎と行動を共にする主要人物の一人である。 『獣の呼吸』の使い手で、触覚が異常に発達している。 赤子の頃に山に捨てられ、その後、猪に育てられた。その為、常識を知らず、非常に粗暴な性格をしている。

Read Article

竈門禰󠄀豆子(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

竈門禰󠄀豆子(かまど ねずこ)とは、『鬼滅の刃』に登場するヒロインである。 主人公・竈門炭治郎の妹である禰󠄀豆子は、ある雪の日に鬼の首魁である鬼舞辻無惨によって鬼にされてしまう。通常、鬼になってしまった者は人間を襲ってしまうが、禰󠄀豆子は兄である炭治郎を守ろうとし、生かされた。それから禰󠄀豆子は炭治郎と一緒に鬼を討ち、人間に戻る方法を探す旅に出る。 非常に愛らしいキャラクターで、国内外問わずに人気のあるキャラクターである。

Read Article

NEW

竈門炭治郎(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

竈門炭治郎(かまど たんじろう)とは、『鬼滅の刃』の主人公で、鬼を滅する組織『鬼殺隊』に所属する剣士である。『水の呼吸』と『ヒノカミ神楽(日の呼吸)』の使い手で、嗅覚に優れている。 炭治郎はある日、鬼の首魁である鬼舞辻無惨によって家族を惨殺される。唯一、生き残っていた妹の禰󠄀豆子は鬼にされていた。炭治郎は『鬼殺隊』へと入隊し、無惨の打倒と、禰󠄀豆子を人間に戻すべく戦いを繰り広げる。

Read Article

NEW

鬼滅の刃の十二鬼月と血鬼術まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 竈門炭治郎は鬼舞辻無惨により家族を惨殺され、唯一生き残った妹・禰豆子を鬼へと変えられた。炭治郎は鬼を退治する組織『鬼殺隊』に入り、禰豆子を人間に戻し、無惨を討つ旅に出る。 『十二鬼月』とは、無惨直属の配下であり、圧倒的な力を持つ鬼である。それぞれが持つ力と複雑な過去は、敵でありながらも魅力的であり、ファンからも人気が高い。

Read Article

鬼滅の刃の呼吸法と技まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 竈門炭治郎が炭を売って家へ戻ると家族は惨殺され、生き残った妹は鬼となっていた。炭治郎は鬼を滅する『鬼殺隊』へと入隊し、妹を人間に戻すため、そして諸悪の根源である『鬼舞辻無惨』を倒すための戦いを始める。 鬼殺隊士が、人間とはかけ離れた身体能力と『血鬼術』と呼ばれる特殊能力を持つ鬼と戦うために使用する操身術が『呼吸』である。鬼殺隊士それぞれに適した呼吸があり、作中では様々な呼吸法と技が登場する。

Read Article

鬼滅の刃の柱まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品である。2019年にはアニメ化された。 町に炭を売りに行った炭治郎が家に戻ると、家族が惨殺されていた。唯一息があった妹の禰󠄀豆子を連れて炭治郎が山を下っていると、禰󠄀豆子が突然暴れ出す。禰󠄀豆子は人を喰う鬼になっていた。炭治郎は禰󠄀豆子を鬼にした鬼舞辻無惨を倒すべく刀を取る。 鬼殺隊の中で最高位の剣士が『柱』である。変人が多いが、過酷な過去を背負いつつも他人を守ろうとする柱は非常に人気が高い。

Read Article

Fate/stay night [Unlimited Blade Works](Fate/stay night [UBW])のネタバレ解説まとめ

『Fate/stay night[Unlimited Blade Works]』とは、ビジュアルノベルゲーム「Fate/stay night」のアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦う物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつである遠坂凛がヒロインにしたルートを脚本としている。 2014年10月から12月にかけて第1期、2015年4月から6月にかけて第2期がそれぞれ13話ずつで放映された。

Read Article

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

活撃 刀剣乱舞(Katsugeki/Touken Ranbu)のネタバレ解説まとめ

「活撃 刀剣乱舞」とは、DMMゲームスの「刀剣乱舞」を原作に、ufotableが製作したアニメーション作品。西暦2205年、歴史を変えようとする歴史修正主義者を倒すために、物に眠る想いや心を目覚めさせる力を持った「審神者」が、刀剣の擬人化した姿である「刀剣男士」を呼び出し、歴史を守るために戦う。活撃では、かつて土方歳三の愛刀であった「和泉守兼定」を中心に、歴史修正主義者との戦いが描かれた。

Read Article

目次 - Contents