鬼滅の刃(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品である。2019年にはアニメ化された。
舞台は大正時代の日本。竈門炭治郎は町へ炭を売って帰って来た。家に着いた炭治郎が目にしたのは惨殺された家族の姿だった。そして一人生き残っていた妹の禰豆子は鬼になっていた。炭治郎は鬼にされた妹を人間に戻す為、そして惨殺家族の仇討ちの為に鬼狩りの道へと進む。
炭治郎は鬼になった妹を抱えながら鬼を倒して行く。愛憎入り交じるダークファンタジー。

炭治郎と同時期に入隊した少年。15歳。日輪刀の色は藍鼠色。
猪の被り物をしておるが、素顔は女性的で端正な顔立ちをしている。隊服はズボンのみ着用し、上半身は裸。腰や脛には毛皮を巻いている。
育手の指導を受けずに最終選別を生き残り入隊した傑物。戦いたいが故に戦うという好戦的な性格で、高笑いしながら「猪突猛進」と叫び、刀を振るう。
人の情けや優しさというものを知らずに育ったため、それが理解できない。だが炭治郎たちと行動を共にするようになってからは情緒が育ち始めているものの、その自身の変化に困惑してしまう。
粗暴な一方で精神的には打たれ弱い面があり、敗北すると人が変わったように落ち込んでしまう。

使う呼吸は『獣(ケダモノ)の呼吸』。
自身で編み出した独自の呼吸である。単純な攻撃や突進をする技が多いが、二刀で繰り出される技には破壊力がある。
山で育ったからか、皮膚感覚が以上に敏感。視認できない場所にいる者でも空気の振動によって感知することができる。さらに感情なども察知することができる。特に殺意は分かりやすいらしく、それにより敵の攻撃を読むことができる。

鬼滅隊の中で最も位が高い剣士達の総称。
鬼滅隊の隊員は鬼との戦いの中で多くの者が命を落としていく。しかし柱はそんな剣士達とは違って格段に強く、鬼滅隊を支える存在である。柱は自身が使用する呼吸に合わせて「○柱(例:炎柱、水柱など)」というくらいを与えられる
炭治郎の代には9人の柱が存在している。柱は世襲制ではなく、実力がなければなることはできない。しかし、そんな柱でさえも上弦の鬼を倒した者はいなかった。故に、炭治郎達と音柱の宇髄が倒した妓夫太郎と堕姫が、初めて上弦の鬼となる。
柱となったものは「継子」という直弟子をとって育てることがある。

冨岡義勇(とみおか ぎゆう / 声:櫻井孝宏)

”水”の呼吸法を使用する水柱。物語開始時の年齢は19歳。
鬼に変貌した禰豆子を殺そうとするが、自分を犠牲にしてでも禰豆子を助けようとする炭治郎の強い意志や飢餓状態にあっても兄である炭治郎を守ろうとする禰豆子を見て刀を収める。炭治郎に鬼殺隊に入隊するよう勧め、育手の鱗滝左近次を紹介した。
現実的で冷めた雰囲気を見せる。感情を表に出すことは滅多にないが、炭治郎の生きる気力を引き出すためにわざと厳しい言葉で叱咤するなど、情に厚い面もある。
同じ柱である胡蝶しのぶから「ほかの柱から嫌われている」と指摘されるも、強く否定するなど自覚がない様子。
柱合会議で炭治郎と禰豆子が裁判にかけられた際には、鱗滝とともに禰豆子が人を襲わないことの保証人になる。

胡蝶しのぶ(こちょう しのぶ)

蟲柱であり、蟲の呼吸の使い手。
18歳の小柄な女性。見た目の通りに非力で、鬼の首を刎ねることができないが、藤の花から生み出した鬼を殺せる毒を用いて鬼と戦う。「太陽の光に当てる」「日輪刀で首を刎ねる」以外で初めて鬼を殺す手段を編み出した。非力だがスピードに優れ、上弦の弐である童磨は「今まで会った柱の中で一番速い」と評していた。
日輪刀は独特で、刀身の中間部分の刃がなく、剣先が鉤針のような形になっている。納刀時に使用する毒を変更することができ、その際に「バチン」という音が鳴る。
栗花落カナヲを継子として育てている。

鬼に襲われている所を悲鳴嶼に助けられ、両親は殺害されたが、姉のカナエと生き延びた。その後、カナエと一緒に鬼滅隊に入隊する。その後、カナエは童磨によって殺害された。カナエは「鬼と仲良くしたい」という考えを持っており、その姉の意思を受け継ぎたいという気持ちを持っているが、鬼に姉を殺されたことから鬼への嫌悪感を拭えず、葛藤している。それ故、「鬼も人もみんな仲良くすればいい」とは言うものの、命乞いをしてきた鬼に対して「殺した人の分だけ私があなたを拷問することで仲良くすることができる」という歪んだ価値観を見せた。
那多蜘蛛山での戦いの時に禰󠄀豆子を殺害しようとするが、その後、炭治郎達と親交を深める。カナエのように、例え鬼だろうとその境遇を理解しようとする炭治郎を応援している。

無限城にてカナエの仇である童磨と戦う。しかし童磨に毒は効かず、殺害された。

煉獄杏寿郎(れんごく きょうじゅろう)

炎柱で、炎の呼吸の使い手。
柱合会議では隊律違反をした炭治郎と、鬼である禰󠄀豆子を許そうとしなかった。しかし、後に炭治郎と禰󠄀豆子と会った際には、炭治郎の心意気と人々を守る禰󠄀豆子を見て考えを改めた。その時には炭治郎を継子に勧誘していた。
鬼が出るという噂の汽車に炭治郎たちと乗り合わせた。そこで下弦の壱である魘夢と戦闘をになる。魘夢を炭治郎と伊之助に任せ、善逸、禰󠄀豆子と共に列車の乗客を守った。この時、300人いた乗客は全て生還している。しかし、続け様に上弦の参・猗窩座が襲来する。
猗窩座は練り上げられた煉獄の強さを認め、鬼に勧誘するが、当然のごとくその勧誘を跳ね除けた。猗窩座に何度も手傷を負わせるが、傷を瞬時に直し、体力の制限がない猗窩座に徐々に押され始める。そして最後には猗窩座に拳で胸を貫かれてしまう。しかし煉獄は筋肉を締めて猗窩座を捕まえ、首に日輪刀を食い込ませた。しかし腕を引きちぎって猗窩座は逃げてしまう。そして猗窩座に受けた致命傷が原因で命を落とした。今際の際、禰󠄀豆子を鬼滅隊の一員と認め、家族への言伝、そして炭治郎たちを後押しする言葉を残して死亡した。

宇髄天元(うずい てんげん)

音柱で、音の呼吸の使い手。
元忍者という経歴を持ちながら、派手好き。炭治郎達に「派手を司る神・祭りの神」と自称した。それを聞いた善逸は「アホを司ってる」と思っていた。三人の嫁がいる。善逸はそれに対し激昂していた。
元忍びであるため、気配を消すことができ、毒への耐性もある(常人より耐えれる、という程度で効かないわけではない)。忍びが時代遅れになったことに焦った父から過酷な訓練を課される。それが原因で多くの兄弟を失った。嫁も忍びの道具とされていた女性たちである。その後、父を拒否し、忍びを抜ける。そして親方様とであって鬼殺隊に入ることとなった。

鎖で繋がれた二本の日輪刀を使って戦闘をする。音の呼吸の攻撃は斬撃時に爆発起こす。
「譜面」という独自の戦闘計算式を持つ。譜面とは敵の攻撃や律動を音に変換してつくる戦闘計算式。作成には時間が掛かるが、完成すれば敵の攻撃を読んだり、敵の隙をついて攻撃することができる。

遊郭への潜入のために、女性隊員の「蝶屋敷」のアオイを無理やり連れて行こうとしていたが、そこを炭治郎達に発見されて阻止される。アオイの代わりに炭治郎達を連れて行き、潜入させるために女装させた。
遊郭を拠点としていた上弦の陸である妓夫太郎・堕姫と戦闘を繰り広げる。
炭治郎を激戦を繰り広げていた堕姫の首を難なく落とした。しかし、その後、妓夫太郎が姿を現し、二体で一つの鬼だということが発覚する。妓夫太郎との戦いで左腕、左目を失う。さらに毒もくらって窮地に陥る。しかし、炭二郎達と協力しながら妓夫太郎・堕姫を討ち滅ぼした。上弦の鬼が倒されたのは鬼殺隊の歴史の中でもこれが初めてだった。
鬼を倒したものの、毒で瀕死の状態だった。三人の嫁に遺言を残そうとしていたが、禰󠄀豆子の血鬼術により毒が消え、一命を取りとめた。上弦の陸との戦いで左目と左手を失い、柱を引退した。その後は鬼殺隊士の育成に力を入れている。

甘露寺蜜璃 (かんろじ みつり)

恋柱で、恋の呼吸の使い手。
桃色の髪で、毛先が緑色になっている。その髪と、胸元が空いた隊服が特徴的。胸元の空いた隊服は、服を作っている前田まさおのせいである。甘露寺はこれが普通の隊服だと思っていたが、しのぶの露出の少ない隊服を見て驚愕した。
「恋柱」の名に恥じず、いつも誰かにときめいている。鬼殺隊に入った理由は「添い遂げる殿方を見つけるため」。甘露寺は一見、華奢で可愛らしい外見をしているが、筋肉の密度が常人の8倍もある。変わった髪色、人並み外れた腕力、さらに大食いという要素も加わって、見合いが破断したことがある。それ以降、髪を染め、食事を抑えて普通の女の子を装おうとする。しかし、途中で自分を偽ることを辞め、人の役に立つために鬼滅隊に入隊する。

柔く薄い、甘露寺専用に打たれた鞭のような日輪刀を使用する。その刀のしなり、女性特有の筋肉の柔さ、関節の可動域の広さを生かした攻撃は、音柱の宇髄の攻撃速度をも上回る。上弦の肆である半天狗との戦いでは、敵が繰り出す雷さえも斬った。

刀鍛冶の里にて、上弦の肆・半天狗と戦っていた炭治郎の応援に駆けつけた。
半天狗が生み出した分裂体・憎珀天と戦闘を繰り広げる。憎珀天の攻撃をモロに受けてしまう。常人ならば体がバラバラになってしまうところだったが、異常な筋肉密度を持つ甘露寺は気絶したが生き延びた。人間離れしていることを噂されることを嫌って力を抑えて戦っていたが、「希望の光」と言って甘露寺を守る炭治郎たちを見て本気を出した。それ以降は一人で憎珀天を足止めした。その際、首元に花びらのような痣が浮き出た。
その後、体力に限りがない憎珀天の足止めが限界に近くが、間一髪のところで炭治郎達が半天狗の首を斬ったことで助かった。

蛇柱の伊黒に想いを寄せられており、文通をしている。
刀鍛冶の里では禰󠄀豆子を可愛がり、禰󠄀豆子からも懐かれていた。

時透無一郎(ときとう むいちろう)

霞柱で、霞の呼吸の使い手。
日輪刀を握って2ヶ月で柱となった天才。日の呼吸の使い手の子孫らしいが、詳細は分かっていない。
いつも上の空でぼーっとしている。刀を握る前の記憶を失っている。
他人に対して関心がなく、刀鍛冶の里では小鉄少年や炭治郎に暴言を吐き、暴力を振るった。

刀鍛冶の里に滞在中に上弦の肆・半天狗の急襲を受ける。炭治郎と一緒に半天狗と戦っていたが、吹き飛ばされてしまう。その後、上弦の伍・玉壺の血鬼術に苦しむ里の人々を目にする。見捨てようとしていた時透だったが、里にいる間に炭治郎に言われた「人のためにすることは、巡り巡って自分のために」という言葉を思い出し、里の人々を救った。そして玉壺と出くわし戦闘となる。

玉壺との戦闘中、玉壺の血鬼術により水の中に囚われてしまう。それを命がけで助けようとする小鉄少年を見て過去の記憶を取り戻す。
時透は双子の兄と育った。母親は肺炎で死に、父親は嵐の日に薬草を取りに行って崖から落ちて死んでいた。兄は時透に冷たく、時透のことを無能だと罵った。そんなある晩、鬼が現れ兄が致命傷を負わされる。時透は激昂し、気づけば鬼は顔を潰され、朝日に溶けていった。時透が満身創痍で家に戻ると、兄は瀕死の状態で時透に謝罪の言葉を述べていた。兄が無能と罵っていたのは、時透を戦わせないためだった。

記憶を取り戻した時透の頬には雲のような痣が浮かび、玉壺を一人で打ち倒した。

記憶を取り戻してからは、他人に対しての反応が若干柔らかくなった。特に炭治郎に対してその変化は顕著で、『柱稽古』の時、他の隊員に対しては冷たかったが、炭治郎にだけはニコニコしていた。

悲鳴嶼行冥(ひめじま ぎょうめい)

岩柱で、岩の呼吸の使い手。
いつも涙を流して、何かに嘆いている。感覚が鋭い伊之助は、悲鳴嶼を前にして「鬼殺隊最強」と称している。盲目であることを明かしている。
刀鍛冶の里で炭治郎が禰󠄀豆子よりも里の人を優先して助けた、として炭治郎を認めた。しかし、炭治郎はそれは禰󠄀豆子の判断で、自身は判断することが出来なかった、と正直に告白した。しかし、その正直な心根を評価した。

鬼殺隊に入る前は、寺で身寄りのない子供達を育てていた。ある日、一人の子供が言いつけを守らず寺に戻って来ず、一匹の鬼と遭遇する。その子供は自分が助けることを条件に、寺の場所を鬼に教えた。そうして悲鳴嶼は鬼の襲撃を受ける。子供を守るために全力を出した悲鳴嶼は強く、夜が開けるまで鬼の頭を潰し続け、鬼は朝日と共に消えた。生き残った子供は悲鳴嶼の言う事を聞いた一人だけだった。しかし、その子供は朝になってやってきた人に、悲鳴嶼が殺した、と証言してしまう。そうして冤罪をかけられてしまう悲鳴嶼だったが、そこを親方様に助けられた。その後、鬼殺隊に入り、親方様に忠義を捧げている。

鉄球が繋がれた斧状の日輪刀を使用している。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

NEW

継国縁壱(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

継国縁壱(つぎくに よりいち)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 凄まじい才能の持ち主で、生まれつき痣を発現させ、鬼の首魁である鬼舞辻無惨を追い詰めた。全ての呼吸の源流である『日の呼吸』の使い手であり、その『日の呼吸』から派生した呼吸は、縁壱が他の剣士に自身の技を教える過程で作り出された。 炭治郎の祖先に『日の呼吸』を教えており、それが『ヒノカミ神楽』として伝えられていた。

Read Article

NEW

我妻善逸(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

我妻善逸(あがつま ぜんいつ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 主人公である炭治郎の同期の剣士の一人で、炭治郎と行動を共にする主要人物の一人である。 『雷の呼吸』の使い手であり、聴力が優れている。 とてつもない臆病者で、鬼と戦うことをひどく恐れている。鬼と戦う時は、気絶しながら戦う。普段のコミカルなキャラと、戦闘時のキャラが大きく違い、そのギャップによりファンから人気がある。

Read Article

竈門禰󠄀豆子(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

竈門禰󠄀豆子(かまど ねずこ)とは、『鬼滅の刃』に登場するヒロインである。 主人公・竈門炭治郎の妹である禰󠄀豆子は、ある雪の日に鬼の首魁である鬼舞辻無惨によって鬼にされてしまう。通常、鬼になってしまった者は人間を襲ってしまうが、禰󠄀豆子は兄である炭治郎を守ろうとし、生かされた。それから禰󠄀豆子は炭治郎と一緒に鬼を討ち、人間に戻る方法を探す旅に出る。 非常に愛らしいキャラクターで、国内外問わずに人気のあるキャラクターである。

Read Article

NEW

嘴平伊之助(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

嘴平伊之助(はしびら いのすけ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 主人公である炭治郎の同期の剣士の一人で、炭治郎と行動を共にする主要人物の一人である。 『獣の呼吸』の使い手で、触覚が異常に発達している。 赤子の頃に山に捨てられ、その後、猪に育てられた。その為、常識を知らず、非常に粗暴な性格をしている。

Read Article

NEW

鬼舞辻無惨(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん)とは、『鬼滅の刃』における最大の敵である。 人間を鬼に変えることができる唯一の鬼であり、鬼たちの首魁である無惨を倒す事こそが『鬼殺隊』の宿願となっている。禰󠄀豆子を鬼にし、炭治郎の家族を殺害したのも無惨である。 残虐非道で自己中心的な考えを持ち、自身の願いの為に人間を鬼にして回っている。自分の意に背く者であれば、鬼であっても容赦なく殺害する。 自身が鬼となった原因である『青い彼岸花』と、太陽を克服する方法を探している。

Read Article

鬼滅の刃の柱まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品である。2019年にはアニメ化された。 町に炭を売りに行った炭治郎が家に戻ると、家族が惨殺されていた。唯一息があった妹の禰󠄀豆子を連れて炭治郎が山を下っていると、禰󠄀豆子が突然暴れ出す。禰󠄀豆子は人を喰う鬼になっていた。炭治郎は禰󠄀豆子を鬼にした鬼舞辻無惨を倒すべく刀を取る。 鬼殺隊の中で最高位の剣士が『柱』である。変人が多いが、過酷な過去を背負いつつも他人を守ろうとする柱は非常に人気が高い。

Read Article

NEW

鬼滅の刃の十二鬼月と血鬼術まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 竈門炭治郎は鬼舞辻無惨により家族を惨殺され、唯一生き残った妹・禰豆子を鬼へと変えられた。炭治郎は鬼を退治する組織『鬼殺隊』に入り、禰豆子を人間に戻し、無惨を討つ旅に出る。 『十二鬼月』とは、無惨直属の配下であり、圧倒的な力を持つ鬼である。それぞれが持つ力と複雑な過去は、敵でありながらも魅力的であり、ファンからも人気が高い。

Read Article

NEW

鬼滅の刃の呼吸法と技まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 竈門炭治郎が炭を売って家へ戻ると家族は惨殺され、生き残った妹は鬼となっていた。炭治郎は鬼を滅する『鬼殺隊』へと入隊し、妹を人間に戻すため、そして諸悪の根源である『鬼舞辻無惨』を倒すための戦いを始める。 鬼殺隊士が、人間とはかけ離れた身体能力と『血鬼術』と呼ばれる特殊能力を持つ鬼と戦うために使用する操身術が『呼吸』である。鬼殺隊士それぞれに適した呼吸があり、作中では様々な呼吸法と技が登場する。

Read Article

『鬼滅の刃』の主人公・竈門炭治郎を徹底解説!

鬼滅の刃は週刊少年ジャンプで連載されている和風ファンタジー作品。 作者は吾峠呼世晴。読切「過狩り狩り」で第70回JUMPトレジャー新人漫画賞の佳作を受賞した。「文殊史郎兄弟」「肋骨さん」「蠅庭のジグザグ」の読み切り作品を描いた後、2016年11号から「鬼滅の刃」が連載される。 妹の禰豆子を元の人間に戻すため、過酷な運命に対峙しながら鬼と戦っていく主人公である竈門炭治郎について徹底解説!

Read Article

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

活撃 刀剣乱舞(Katsugeki/Touken Ranbu)のネタバレ解説まとめ

「活撃 刀剣乱舞」とは、DMMゲームスの「刀剣乱舞」を原作に、ufotableが製作したアニメーション作品。西暦2205年、歴史を変えようとする歴史修正主義者を倒すために、物に眠る想いや心を目覚めさせる力を持った「審神者」が、刀剣の擬人化した姿である「刀剣男士」を呼び出し、歴史を守るために戦う。活撃では、かつて土方歳三の愛刀であった「和泉守兼定」を中心に、歴史修正主義者との戦いが描かれた。

Read Article

Fate/stay night [Unlimited Blade Works](Fate/stay night [UBW])のネタバレ解説まとめ

『Fate/stay night[Unlimited Blade Works]』とは、ビジュアルノベルゲーム「Fate/stay night」のアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦う物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつである遠坂凛がヒロインにしたルートを脚本としている。 2014年10月から12月にかけて第1期、2015年4月から6月にかけて第2期がそれぞれ13話ずつで放映された。

Read Article

目次 - Contents