鬼滅の刃(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品である。2019年にはアニメ化された。
舞台は大正時代の日本。竈門炭治郎は町へ炭を売って帰って来た。家に着いた炭治郎が目にしたのは惨殺された家族の姿だった。そして一人生き残っていた妹の禰豆子は鬼になっていた。炭治郎は鬼にされた妹を人間に戻す為、そして惨殺家族の仇討ちの為に鬼狩りの道へと進む。
炭治郎は鬼になった妹を抱えながら鬼を倒して行く。愛憎入り交じるダークファンタジー。

伊黒小芭内(いぐろ おばない)

蛇柱で、蛇の呼吸の使い手。
左右で色が違う眼と、口元を隠した包帯が特徴的。いつも蛇を連れている。
甘露寺に好意を持っているようで、文通をしている。甘露寺と仲の良い炭治郎の事をよく思っていない。

柱稽古の時は「弱い罪」「覚えない罪」「手間を取らせる罪」「イラつかせる罪」という理由で隊員を柱に縛り付け、炭治郎との訓練に障害物として使用した。異様に曲がる剣筋をしており、狭い隙間を塗って攻撃する。

不死川実弥(しなずがわ さねみ)

風柱で、風の呼吸の使い手。
体中に傷跡がある。口が悪く、気性も荒い。

鬼滅隊の隊員の中でも特に鬼を忌み嫌っている。鬼である禰󠄀豆子を連れた炭治郎を許さず、禰󠄀豆子の事も殺そうとしていた。親方様が間に入っても止まらず、禰󠄀豆子を刺し、さらに血が滴る腕を見せつけて本性を暴こうとした。禰󠄀豆子は血を拒絶して無害なことが証明されたが、それでも禰󠄀豆子を認めていない。禰󠄀豆子を刺したことにより炭治郎は実弥の事を嫌っている。

玄弥の実の兄である。
父親はろくでなしで、家庭内暴力を振るっていた。父親は誰かの恨みを買い、刺されて死亡している。それ以降は玄弥と二人で家族を守ろうとしていた。
ある晩、鬼の強襲に会い、5人の兄弟を殺害される。玄弥を守って鬼と戦うが、その鬼は母親だった。朝となり、最愛の母親、そして兄妹を失った事に呆然とする。そこへ玄弥がやって来るが、兄妹の死に加え、横たわる母親を見て気が動転しており、実弥は「人殺し」という言葉を浴びせられる。

現在、玄弥との仲は悪い。柱稽古の時に玄弥が謝ろうとしても、「俺には弟なんていねェ」と言ってあしらった。玄弥が鬼を食って戦っていると知った時には、目を潰して鬼殺隊を辞めさせようとした。

同期剣士

栗花落カナヲ(つゆり かなを)

花の呼吸を使う女剣士。しのぶの継子である。炭治郎と同期である。
那多蜘蛛山ではしのぶと共に応援に駆けつけた。その後、負傷していた炭治郎達の機能回復訓練に付き合った。その時にすでに『全集中・常中の呼吸(全集中の呼吸を常に行うこと)』を体得しており、炭治郎達を圧倒していた。

親によって人買いに売られた。そこを、しのぶと、しのぶの姉・カナエによって拾われた。
人に自身の気持ちを伝えるのが苦手で、必要がない限り喋ろうとしなかった。炭治郎が話しかけてきた時には、コイントスで話すか話さないかを決めていた。しかし、「表が出ればカナヲは心のままに生きる」というコイントスを炭治郎が強引に行い、見事に表を出した(炭治郎は表が出なければ、表が出るまでコイントスをするつもりだった)。それ以降は自身の気持ちを出すようになっていった。コイントスの時、炭治郎にときめいたような描写があった。炭治郎が妓夫太郎・堕姫との戦いの後、2ヶ月ぶりに目を覚ました時には泣いて喜んでいた。

無限城にて童磨と相対する。童磨はカナヲの前に戦っていたしのぶと比べて「今食った柱の娘より実力があるのかもしれない」と言っていた。
目が異常に良く、体の初動や敵の目線など、様々な情報から敵の攻撃を予測して戦う。

不死川玄弥(しなずがわ げんや/声:岡本信彦)

作中で唯一呼吸を使えない鬼殺隊員。武器も珍しく、日輪刀と別に、日輪刀と同じ素材でできた銃を持っている。

炭治郎と同期の鬼殺隊士。粗暴な性格をしているが、初期の頃は特に暴力的で、女堂を殴って日輪刀を催促していた。それを炭治郎に咎められ、腕の骨を折られている。それから炭治郎との仲は良くなかった。
鬼を喰って体を鬼化させ、人並み外れた筋力と再生力を発揮することが出来る。体が鬼化しているため禰󠄀豆子の血鬼術でダメージを受ける。
刀鍛冶の里で炭治郎・禰󠄀豆子と共に上弦の肆である半天狗と戦った。呼吸を使えずとも、銃と特異体質を発揮して活躍した。

風柱の不死川実弥が実兄である。
母が鬼となり、兄妹が殺された過去を持つ。兄妹を守るために実弥が戦うが、兄妹・母親が死んだ事で混乱し、結果的に母親を殺すことになった実弥に対して「人殺し」と言ってしまう。それ以降、兄妹の仲は険悪になっている。玄弥は柱を目指しているが、それも実弥に認められて謝るためである。

半天狗との戦いの後は、態度が軟化し、炭治郎達と打ち解けている。

産屋敷家

鬼殺隊をまとめあげて来た一族。千年にわたって無惨を追っている。
無惨はもともと産屋敷一族の人間である。一族から鬼を出してしまったことから呪いがかかり、一族の者は短命となってしまった。神職の一族から嫁をもらうようになって寿命が伸びたが、それでも30を超えて生きた者はいない。

産屋敷耀哉(うぶやしき かがや)

鬼殺隊の長。隊士たちからは「おやかたさま」と慕い、彼らのことを「子供たち」と呼ぶ。
大した力の信頼は厚く、過去には冤罪の悲鳴嶼を助けたり、忍を脱した宇髄を世話している。歩けなくなるまで、鬼殺隊士の墓参りを1日たりとも欠かしたことがない。
「1/fゆらぎ」という声を持つ。この声は相手に心地良い高揚感を与え、人を惹きつける。さらに未来を見越す力が高い。これは産屋敷一族の特徴である。

代々短命の一族で、顔の一部が病で変色している。柱合会議の時には病が進み、目が見えていなかった。その後、禰󠄀豆子が太陽を克服した時には立ち上がることすらままなかった。実はこの半年前に「数日で死ぬ」と医者から言われていたが、無惨を倒したいという思いで生き永らえていた。
未来を見越す力によって無惨が来ることを確信し、無惨・あまね・二人の子供を道連れに自爆した。

産屋敷あまね(うぶやしき あまね)

右の女性があまね

耀哉の妻。「代々神職の者から妻をもらい」と耀哉が発言していることから、神職に関する人間だと思われる。
耀哉が寝足りきりになった時は代理を務め、痣の言い伝えを柱たちに伝えた。
無惨が産屋敷邸に来た時、耀哉と共に自爆した。

産屋敷輝利哉(うぶやしき きりや)

中央の人物が輝利哉

産屋敷家の長男であり、跡取り。
最終選抜の時に妹と共に登場していたが、その時は髪の色にしか容姿の違いがなかった。これは産屋敷家の風習のためである。
耀哉が自爆した後、産屋敷家の長となり、鬼殺隊を導いた。この時わずか8歳で、父・母・二人の妹を亡くしたばかりだというのに涙ひとつ流さず使命を果たそうと務めた。
無限城へと隊士が落ちた後、鎹烏と愈史郎の血鬼術を使って状況を把握し、戦況を動かした。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

NEW

継国縁壱(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

継国縁壱(つぎくに よりいち)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 凄まじい才能の持ち主で、生まれつき痣を発現させ、鬼の首魁である鬼舞辻無惨を追い詰めた。全ての呼吸の源流である『日の呼吸』の使い手であり、その『日の呼吸』から派生した呼吸は、縁壱が他の剣士に自身の技を教える過程で作り出された。 炭治郎の祖先に『日の呼吸』を教えており、それが『ヒノカミ神楽』として伝えられていた。

Read Article

NEW

我妻善逸(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

我妻善逸(あがつま ぜんいつ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 主人公である炭治郎の同期の剣士の一人で、炭治郎と行動を共にする主要人物の一人である。 『雷の呼吸』の使い手であり、聴力が優れている。 とてつもない臆病者で、鬼と戦うことをひどく恐れている。鬼と戦う時は、気絶しながら戦う。普段のコミカルなキャラと、戦闘時のキャラが大きく違い、そのギャップによりファンから人気がある。

Read Article

竈門禰󠄀豆子(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

竈門禰󠄀豆子(かまど ねずこ)とは、『鬼滅の刃』に登場するヒロインである。 主人公・竈門炭治郎の妹である禰󠄀豆子は、ある雪の日に鬼の首魁である鬼舞辻無惨によって鬼にされてしまう。通常、鬼になってしまった者は人間を襲ってしまうが、禰󠄀豆子は兄である炭治郎を守ろうとし、生かされた。それから禰󠄀豆子は炭治郎と一緒に鬼を討ち、人間に戻る方法を探す旅に出る。 非常に愛らしいキャラクターで、国内外問わずに人気のあるキャラクターである。

Read Article

NEW

嘴平伊之助(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

嘴平伊之助(はしびら いのすけ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 主人公である炭治郎の同期の剣士の一人で、炭治郎と行動を共にする主要人物の一人である。 『獣の呼吸』の使い手で、触覚が異常に発達している。 赤子の頃に山に捨てられ、その後、猪に育てられた。その為、常識を知らず、非常に粗暴な性格をしている。

Read Article

NEW

鬼舞辻無惨(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん)とは、『鬼滅の刃』における最大の敵である。 人間を鬼に変えることができる唯一の鬼であり、鬼たちの首魁である無惨を倒す事こそが『鬼殺隊』の宿願となっている。禰󠄀豆子を鬼にし、炭治郎の家族を殺害したのも無惨である。 残虐非道で自己中心的な考えを持ち、自身の願いの為に人間を鬼にして回っている。自分の意に背く者であれば、鬼であっても容赦なく殺害する。 自身が鬼となった原因である『青い彼岸花』と、太陽を克服する方法を探している。

Read Article

鬼滅の刃の柱まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品である。2019年にはアニメ化された。 町に炭を売りに行った炭治郎が家に戻ると、家族が惨殺されていた。唯一息があった妹の禰󠄀豆子を連れて炭治郎が山を下っていると、禰󠄀豆子が突然暴れ出す。禰󠄀豆子は人を喰う鬼になっていた。炭治郎は禰󠄀豆子を鬼にした鬼舞辻無惨を倒すべく刀を取る。 鬼殺隊の中で最高位の剣士が『柱』である。変人が多いが、過酷な過去を背負いつつも他人を守ろうとする柱は非常に人気が高い。

Read Article

NEW

鬼滅の刃の十二鬼月と血鬼術まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 竈門炭治郎は鬼舞辻無惨により家族を惨殺され、唯一生き残った妹・禰豆子を鬼へと変えられた。炭治郎は鬼を退治する組織『鬼殺隊』に入り、禰豆子を人間に戻し、無惨を討つ旅に出る。 『十二鬼月』とは、無惨直属の配下であり、圧倒的な力を持つ鬼である。それぞれが持つ力と複雑な過去は、敵でありながらも魅力的であり、ファンからも人気が高い。

Read Article

NEW

鬼滅の刃の呼吸法と技まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 竈門炭治郎が炭を売って家へ戻ると家族は惨殺され、生き残った妹は鬼となっていた。炭治郎は鬼を滅する『鬼殺隊』へと入隊し、妹を人間に戻すため、そして諸悪の根源である『鬼舞辻無惨』を倒すための戦いを始める。 鬼殺隊士が、人間とはかけ離れた身体能力と『血鬼術』と呼ばれる特殊能力を持つ鬼と戦うために使用する操身術が『呼吸』である。鬼殺隊士それぞれに適した呼吸があり、作中では様々な呼吸法と技が登場する。

Read Article

『鬼滅の刃』の主人公・竈門炭治郎を徹底解説!

鬼滅の刃は週刊少年ジャンプで連載されている和風ファンタジー作品。 作者は吾峠呼世晴。読切「過狩り狩り」で第70回JUMPトレジャー新人漫画賞の佳作を受賞した。「文殊史郎兄弟」「肋骨さん」「蠅庭のジグザグ」の読み切り作品を描いた後、2016年11号から「鬼滅の刃」が連載される。 妹の禰豆子を元の人間に戻すため、過酷な運命に対峙しながら鬼と戦っていく主人公である竈門炭治郎について徹底解説!

Read Article

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

活撃 刀剣乱舞(Katsugeki/Touken Ranbu)のネタバレ解説まとめ

「活撃 刀剣乱舞」とは、DMMゲームスの「刀剣乱舞」を原作に、ufotableが製作したアニメーション作品。西暦2205年、歴史を変えようとする歴史修正主義者を倒すために、物に眠る想いや心を目覚めさせる力を持った「審神者」が、刀剣の擬人化した姿である「刀剣男士」を呼び出し、歴史を守るために戦う。活撃では、かつて土方歳三の愛刀であった「和泉守兼定」を中心に、歴史修正主義者との戦いが描かれた。

Read Article

Fate/stay night [Unlimited Blade Works](Fate/stay night [UBW])のネタバレ解説まとめ

『Fate/stay night[Unlimited Blade Works]』とは、ビジュアルノベルゲーム「Fate/stay night」のアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦う物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつである遠坂凛がヒロインにしたルートを脚本としている。 2014年10月から12月にかけて第1期、2015年4月から6月にかけて第2期がそれぞれ13話ずつで放映された。

Read Article

目次 - Contents