鬼滅の刃(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品である。2019年にはアニメ化された。
舞台は大正時代の日本。竈門炭治郎は町へ炭を売って帰って来た。家に着いた炭治郎が目にしたのは惨殺された家族の姿だった。そして一人生き残っていた妹の禰豆子は鬼になっていた。炭治郎は鬼にされた妹を人間に戻す為、そして惨殺家族の仇討ちの為に鬼狩りの道へと進む。
炭治郎は鬼になった妹を抱えながら鬼を倒して行く。愛憎入り交じるダークファンタジー。

千年以上前に生まれた、最初の鬼と呼ばれる存在。自身の血液を与えることにより、人間を鬼に変貌させることができる。炭治郎の家族を惨殺し、禰豆子を鬼に変えた仇である。
性格は冷酷非道で、自らの意思にそぐわない物は、人間であっても鬼でああっても決して許すことはない。珠世からは「いつも何かに怯えている臆病者」と皮肉られている。普段は人間に化けて身を隠しており、妻子持ちの実業家や着物姿の女性など、容姿を使い分けている。
鬼たちを血の呪いで支配し、生殺与奪の権を握っていて、支配下の鬼たちからは「あの方」と呼ばれ恐れられている。”日輪の耳飾りをした剣士”に深い因縁を持っているようで、同じ耳飾りをした炭治郎に追ってを仕掛ける。鬼殺隊の殲滅を狙うとともに、完全な不死となるため太陽を克服した鬼と、”青い彼岸花”を探している。

鬼滅隊の長である産屋敷一族の出身であることが明らかになった。産屋敷一族から鬼が排出されたことで産屋敷一族は呪われ、長く生きることは出来ない。
平安時代に生きていた人間。体が弱く、二十歳までに死ぬと言われていた。そんな時、ある医者に出された試作段階の薬を飲んで鬼になった。薬を飲んだ当初はその効き目を自覚しておらず、処置の途中で医者を殺害した。その後、自身が鬼になったことを自覚する。その薬に使われていたのが”青い彼岸花”である。

鳴女(なきめ)

無惨の配下の鬼。琵琶を鳴らすことで、無限城の内部を操れる。

十二鬼月

無惨直属の鬼。十二体で構成されており、他の鬼と比べて段違いに強い。その中でも上弦と下弦、六体ずつに区分されており、上弦は特に強い。上弦・下弦共に「壱」「弐」「参」「肆」「伍」「陸」の番号が振られ、数字が少ないほどに強い。
下弦の陸・累が敗れたことに無惨は腹を立て、魘夢以外の下弦の鬼を殺害している。

黒死牟(こくしぼう)

上弦の壱。6つある目が特徴。
日の呼吸を使うとされるはじまりの剣士に容姿が酷似している。炭治郎と同じ痣を持っている。
鬼殺隊の隊員だった獪岳から命乞いをされ、無惨の血を与えた。

童磨(どうま)

上弦の弐。血を被ったような髪が特徴。
普段は人間を装い、『万世極楽教』という宗教の教祖をしている。『万世極楽教』は童磨の両親が立ち上げた宗教である。童磨の瞳が虹のような色の特別な色をしていたために特別視され、教祖にされた。童磨は子供の頃から、そんな両親や、極楽を求める信者達の事を「頭が悪い」と思っており、そんな人間を救うことが自身の使命だと信じた。鬼になった現在では、極楽を求める愚かな人間を殺すことで救済できていると思っている。
いつも笑顔で飄々とした性格をしている。上弦の鬼にフレンドリーに接し、鬼殺隊士にも言動は狂っているが明るく話しかける。猗窩座が死んだと分かった際には「一番の友人だったのに…」と言って涙を流した。しかし、それを見たカナヲは「あなたの口から出る全部でまかせ」「喜びや悲しみといった感情がない」「感情があるふりをしているだけ」と指摘している。この指摘を受けた後は童磨の顔から笑みが消えている。

妓夫太郎と堕姫を鬼へと勧誘した。この時は上弦の陸だった。鬼になったのは猗窩座よりも後らしい。

蟲柱であるしのぶの姉・カナエを殺した張本人。無限城にてしのぶと相対する。しのぶの攻撃を受けて散々毒をくらうが、毒を体内で分解した。最後にはしのぶの背骨を降り、同化するような形でしのぶを喰った。その直後に現れたカナヲと戦闘を始める。

武器は二つの金の扇子。そして氷を発生させる血鬼術を持つ。これは凍てつく自身の血を霧状にして、扇子で飛ばして発生させている。この霧を吸えば肺が壊死してしまう。

猗窩座(あかざ)

上弦の参。顔と体に入る刺青が特徴。
強さを追い求め、弱者を嫌う。それ故、老いて朽ちていく人間という存在自体を嫌っている。

武器は持たず、拳のみで戦う。
血鬼術は『破壊殺』といい、身体能力を強化して放つ徒手攻撃。拳の破壊力は凄まじく、拳を撃つ衝撃波で離れた敵を攻撃できる。『術式展開 破壊殺・羅針』という技では足元に術式を展開させ、敵の闘気を読んで攻撃を察知することができる。治癒能力も凄まじく、切られた腕を次の瞬間に繋げてみせた。

下弦の壱である魘夢を倒した炭治郎達の前に突如現れ、炎柱の煉獄と戦闘を始める。
煉獄の練り上げられた強さを認め、鬼になるよう勧誘するが断られる。その後、煉獄と同等の戦いを繰り広げるが、体力の限りと、負傷に苦しむ煉獄を徐々に圧倒する。煉獄の胸を腕で貫くが、煉獄はそれを逆手にとって猗窩座の動きを封じ、首を切ろうとする。夜明けが迫っていたこともあり、猗窩座は腕をちぎって逃走した。煉獄はこの戦いで死亡している。炭治郎は逃げる猗窩座に刀を投げて刺し「卑怯者」と罵倒した。この言動に加え、無惨に炭治郎達を殺せなかったことを咎められた事により、炭治郎に憎しみを持つ。

無限城にて炭治郎・義勇の二人を相手取る。
義勇が「柱と同等」と評するほどにまで成長した炭治郎、痣を発現させた義勇、その二人を相手してもなお圧倒していた。しかし、戦いの最中でさらに強く・早く、そして闘気を消して攻撃をするようになった炭治郎に首を斬られた。これで決着がついたかのように思われたが、猗窩座はそれでもなお戦うことをやめようとしなかった。普通の鬼であれば首を斬り落とした時点で体の崩壊が始まるのだが、猗窩座は崩壊せず戦い続けた。この時の状態猗窩座を、上弦の壱である黒死牟は「更なる高み」、上弦の弐である童磨は「何か別の生き物」と形容していた。
しかし、猗窩座が人間の頃の記憶を取り戻し、戦うことを放棄したことで体の崩壊が始まり、死亡した。

生前は狛治という名前の青年で、病弱な父と暮らしていた。狛治は父の薬代のために盗みを繰り返し、奉行所に捕まって百叩きにされようとも依然として盗みを止めようとしなかった(猗窩座の刺青はこの時に入れられた犯罪者の証が元になっている)。狛治は父が生きてくれるのであればそれで良いと思っていた。しかし、父はそれを良しとせず「人様から金品を奪ってまで生き永らえたくはない」と書き残して首を吊ってしまう。それを機に狛治は自暴自棄で荒れた生活を送る。
ある日、七人の大人を素手でのしていた所に慶蔵という男が現れる。慶蔵は武道の達人で道場を開いていた。慶蔵は荒れ狂う狛治をのして連れ帰った。慶蔵の営む道場は隣接する道場から嫌がらせをされており、門下生が一人もいなかった。さらに慶蔵には病弱な恋雪という娘がおり、その世話をする者も居なかった。そこで慶蔵は狛治を弟子にし、恋雪の面倒をみさせた。慶蔵の下で暮らすようになって三年、狛治と恋雪は恋仲となり祝言を挙げる事となった。しかし、狛治が父の墓前に結婚の報告に行っている間、隣接する道場の者が井戸に毒を撒き、慶蔵と恋雪は死んでしまう。それに激怒した狛治は隣の道場を襲撃し、素手で六十七名を惨殺している。惨殺の後、呆然と歩いている所に無惨が現れ、鬼にされた。
猗窩座が強さを求めるのは父・慶蔵・恋雪という愛する人を守れなかったことが原因である。

半天狗(はんてんぐ)

上弦の肆。額にあるコブと二本のツノが特徴的な老いた鬼。常に何かに怯えている。

刀鍛冶の里を上弦の伍である玉壺と共に襲撃し、炭治郎達と戦った。
気配を隠すことに優れており、炭治郎、無一郎は襖の向こうに誰かが来ているのは分かったが、姿を見るまで鬼だと分からなかった。
危機に陥った際に生まれる感情を血鬼術により具現化して分身体を生み出す。追い込まれれば追い込まれるほどの強くなる鬼である。分身体には「喜」「怒」など、感情を表す漢字が刻印されている。「積怒」「可楽」「空喜」「哀絶」「憎珀天」「「恨」の鬼」これら6体の分身体が生み出された。本体はネズミほどの体躯で「怯」の字が刻まれている。戦闘が始まると分身体に任せて姿を隠す。小さな体であるが、その首は硬く、玄弥の日輪刀を折り、銃撃されるも無傷だった。それに加えて移動も素早い。

生前は盲目のふりをして盗みと殺しを繰り返していた。捕まった際には「儂が悪いのではない」「この手が悪い」と責任転換をしていた。打ち首前日に無惨に会い、鬼となった。

「積怒」は「怒」の字が刻まれた鬼。錫杖を持ち、雷を落として攻撃する。
「可楽」は「楽」の字が刻まれた鬼。葉でできた団扇を持ち、それを振ると突風は発生する。戦いを楽しんでおり、それを積怒に咎められていた。
「空喜」は「喜」の字が刻まれた鬼。体の半分が鳥のようになっており、口から超音波を発して攻撃する。炭治郎が足を切り落とした時には、その断片が顔に変わって攻撃した。
「哀絶」は「哀」の字が刻まれた鬼。十時槍を使って戦闘する。玄弥と戦った。
「憎珀天」は積怒が可楽、空喜、哀絶を吸収して生まれた鬼。「憎」の字が刻まれている。雷神のような太鼓を背負い、体格は子供のように小柄。喜怒哀楽、それぞれの技を使う上に、樹木を操る攻撃を繰り出す。本体を「小さき者」とし、それを狙う炭治郎達を「極悪非道」「鬼畜の所業」と罵った。半天狗が生み出す鬼の中では最も強く、痣を発現させた恋柱・甘露寺を追い詰める。
「「恨」の鬼」は「恨」が刻まれた鬼。本体が首を切られる寸前に生み出された。容姿は本体と一緒だが、体が大きい。心臓に本体を隠していた。

玉壺(ぎょっこ)

上弦の伍。目の部分に口があり、口と額に目がある。無数の手が生え、壺から体を出す異形の鬼。芸術家を気取っており、殺した人間で作品を作る。自身の作品や感性を馬鹿にされると激怒する。戦いの途中で刀を研ぐ鋼鐵塚を見つけ攻撃する。しかし、それを物ともせずに刀を研ぎ続けた鋼鐵塚に芸術家として負けたような気になり、鋼鐵塚を振り向かせることに執着していた。

壺を掌から生み出し、その壺から水や、水棲生物を模した鬼を生み出す血鬼術を使用する。玉壺はその壺を行き来できる。普段は本気を出していない。本気を出すと壺から這い出て、体が鱗に覆われる。鱗は金剛石よりも硬い。下半身は蛇のような体で、そこから生み出されるバネで縦横無尽に移動して殴撃を加える。この拳に触れたものは鮮魚へと変化する。

上弦の肆である半天狗と共に刀鍛冶の里を強襲した。
刀鍛冶職人を殺して回っていたところで無一郎と出くわし戦闘となる。水の中に閉じ込める血鬼術『水獄鉢』で無一郎を閉じ込めて窒息死を狙い、その間に刀鍛冶の里を壊滅させようとした。しかし、水獄鉢を抜け出した無一郎と再度戦闘となる。この時、無一郎は痣を発現しており、決起術を繰り出すも、ことごとくを斬られた。そこで真の姿を見せて戦うも、無一郎の動きについて行けず、首を切られて死亡した。

妓夫太郎(ぎゅうたろう)・ 堕姫(だき)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

NEW

継国縁壱(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

継国縁壱(つぎくに よりいち)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 凄まじい才能の持ち主で、生まれつき痣を発現させ、鬼の首魁である鬼舞辻無惨を追い詰めた。全ての呼吸の源流である『日の呼吸』の使い手であり、その『日の呼吸』から派生した呼吸は、縁壱が他の剣士に自身の技を教える過程で作り出された。 炭治郎の祖先に『日の呼吸』を教えており、それが『ヒノカミ神楽』として伝えられていた。

Read Article

NEW

我妻善逸(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

我妻善逸(あがつま ぜんいつ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 主人公である炭治郎の同期の剣士の一人で、炭治郎と行動を共にする主要人物の一人である。 『雷の呼吸』の使い手であり、聴力が優れている。 とてつもない臆病者で、鬼と戦うことをひどく恐れている。鬼と戦う時は、気絶しながら戦う。普段のコミカルなキャラと、戦闘時のキャラが大きく違い、そのギャップによりファンから人気がある。

Read Article

竈門禰󠄀豆子(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

竈門禰󠄀豆子(かまど ねずこ)とは、『鬼滅の刃』に登場するヒロインである。 主人公・竈門炭治郎の妹である禰󠄀豆子は、ある雪の日に鬼の首魁である鬼舞辻無惨によって鬼にされてしまう。通常、鬼になってしまった者は人間を襲ってしまうが、禰󠄀豆子は兄である炭治郎を守ろうとし、生かされた。それから禰󠄀豆子は炭治郎と一緒に鬼を討ち、人間に戻る方法を探す旅に出る。 非常に愛らしいキャラクターで、国内外問わずに人気のあるキャラクターである。

Read Article

NEW

嘴平伊之助(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

嘴平伊之助(はしびら いのすけ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 主人公である炭治郎の同期の剣士の一人で、炭治郎と行動を共にする主要人物の一人である。 『獣の呼吸』の使い手で、触覚が異常に発達している。 赤子の頃に山に捨てられ、その後、猪に育てられた。その為、常識を知らず、非常に粗暴な性格をしている。

Read Article

NEW

鬼舞辻無惨(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん)とは、『鬼滅の刃』における最大の敵である。 人間を鬼に変えることができる唯一の鬼であり、鬼たちの首魁である無惨を倒す事こそが『鬼殺隊』の宿願となっている。禰󠄀豆子を鬼にし、炭治郎の家族を殺害したのも無惨である。 残虐非道で自己中心的な考えを持ち、自身の願いの為に人間を鬼にして回っている。自分の意に背く者であれば、鬼であっても容赦なく殺害する。 自身が鬼となった原因である『青い彼岸花』と、太陽を克服する方法を探している。

Read Article

鬼滅の刃の柱まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品である。2019年にはアニメ化された。 町に炭を売りに行った炭治郎が家に戻ると、家族が惨殺されていた。唯一息があった妹の禰󠄀豆子を連れて炭治郎が山を下っていると、禰󠄀豆子が突然暴れ出す。禰󠄀豆子は人を喰う鬼になっていた。炭治郎は禰󠄀豆子を鬼にした鬼舞辻無惨を倒すべく刀を取る。 鬼殺隊の中で最高位の剣士が『柱』である。変人が多いが、過酷な過去を背負いつつも他人を守ろうとする柱は非常に人気が高い。

Read Article

NEW

鬼滅の刃の十二鬼月と血鬼術まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 竈門炭治郎は鬼舞辻無惨により家族を惨殺され、唯一生き残った妹・禰豆子を鬼へと変えられた。炭治郎は鬼を退治する組織『鬼殺隊』に入り、禰豆子を人間に戻し、無惨を討つ旅に出る。 『十二鬼月』とは、無惨直属の配下であり、圧倒的な力を持つ鬼である。それぞれが持つ力と複雑な過去は、敵でありながらも魅力的であり、ファンからも人気が高い。

Read Article

NEW

鬼滅の刃の呼吸法と技まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 竈門炭治郎が炭を売って家へ戻ると家族は惨殺され、生き残った妹は鬼となっていた。炭治郎は鬼を滅する『鬼殺隊』へと入隊し、妹を人間に戻すため、そして諸悪の根源である『鬼舞辻無惨』を倒すための戦いを始める。 鬼殺隊士が、人間とはかけ離れた身体能力と『血鬼術』と呼ばれる特殊能力を持つ鬼と戦うために使用する操身術が『呼吸』である。鬼殺隊士それぞれに適した呼吸があり、作中では様々な呼吸法と技が登場する。

Read Article

『鬼滅の刃』の主人公・竈門炭治郎を徹底解説!

鬼滅の刃は週刊少年ジャンプで連載されている和風ファンタジー作品。 作者は吾峠呼世晴。読切「過狩り狩り」で第70回JUMPトレジャー新人漫画賞の佳作を受賞した。「文殊史郎兄弟」「肋骨さん」「蠅庭のジグザグ」の読み切り作品を描いた後、2016年11号から「鬼滅の刃」が連載される。 妹の禰豆子を元の人間に戻すため、過酷な運命に対峙しながら鬼と戦っていく主人公である竈門炭治郎について徹底解説!

Read Article

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

活撃 刀剣乱舞(Katsugeki/Touken Ranbu)のネタバレ解説まとめ

「活撃 刀剣乱舞」とは、DMMゲームスの「刀剣乱舞」を原作に、ufotableが製作したアニメーション作品。西暦2205年、歴史を変えようとする歴史修正主義者を倒すために、物に眠る想いや心を目覚めさせる力を持った「審神者」が、刀剣の擬人化した姿である「刀剣男士」を呼び出し、歴史を守るために戦う。活撃では、かつて土方歳三の愛刀であった「和泉守兼定」を中心に、歴史修正主義者との戦いが描かれた。

Read Article

Fate/stay night [Unlimited Blade Works](Fate/stay night [UBW])のネタバレ解説まとめ

『Fate/stay night[Unlimited Blade Works]』とは、ビジュアルノベルゲーム「Fate/stay night」のアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦う物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつである遠坂凛がヒロインにしたルートを脚本としている。 2014年10月から12月にかけて第1期、2015年4月から6月にかけて第2期がそれぞれ13話ずつで放映された。

Read Article

目次 - Contents